ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、教育旅行·スタディツアーの専門店です。

【社会人・大人向け】海外スタディツアー(ボランティア)特集

社会人にもおすすめ!地球の歩き方 海外ボランティア・スタディツアー

スタディ(ボランティア)ツアーとは学生のためのもの!?そんな印象をお持ちの方も多いのでは?
ピース・イン・ツアーのスタディツアーは社会人の参加実績も多数!社会人歓迎のポイントと、社会人向けのツアーをご紹介します。 近年では、主婦の方やリタイアされた方など、学生以外の方からのお問い合わせが増えています。



1. 子どもたちとの交流も、観光も楽しみたい!そんなあなたには・・・

カンボジアスタディツアーボランティア

カンボジア 図工の楽しさを伝える活動

情操教育がほとんど行なわれていないカンボジアで、参加者が先生になり、小学校と児童養護施設の子どもたちに図画工作の特別授業を届けます!
※リピート率NO.1のツアーです。

★スタッフからひとこと
「図工の楽しさを教える活動」は、リピートされる方が一番多いツアーなのです。それだけ達成感や充実感がある内容となっています。交流をたっぷり&主要な遺跡観光も含み、無理のないスケジュールなのでどなたでもご参加いただけます。

★参加者アンケート(一部抜粋)
コース名の「社会人限定!~」という言葉に興味を持ちました。ツアーで最も良かったことは児童養護施設(スナーダイクマエ)で代表のメアス博子さんからお話を聞けたことです。学校でのメンコ作りなど、子どもたちが夢中で遊んで作ってくれて嬉しかったです。そして自分たちも日本の昔遊びの良さを再発見できました。

このツアーのお客様の声を見る⇒

2.  東南アジアの実情を知りたい&仏教を通じて深く学びたい、そんなあなたには・・・

カンボジアスタディツアーボランティア

社会人限定!仏教国カンボジア 教育の未来を考える6日間

日本人で唯一カンボジア政府宗教省(日本の文科省にあたる組織)に所属し、内戦によって崩壊したカンボジアの仏教・教育の復興支援に最前線で携わってきた手束耕治先生とともに、カンボジアの歩みを振り返る社会人限定のツアーです。

★スタッフからひとこと
カンボジアの復興支援における一人者、宗教省の手束耕治先生が解説する貴重なツアー!教育関係の方に多くご参加いただいております。

★参加者アンケート(一部抜粋)
今回のツアーで最も良かったのは、手束さんの生レクチャー、お寺での貴重な体験、トゥールスレン博物館です。一人旅が多いのですが、今回同行の5人の仲間、添乗員、ガイド、特別講師、ドライバー、全ての方々との出会いに恵まれ、素晴らしい旅になりました。中身が濃く、充実したあっという間の中4日間でした。

このツアーのお客様の声を見る⇒

3. カンボジアの現状を肌で感じたい!そんなあなたには・・・

カンボジアスタディツアーボランティア

社会人限定!カンボジア 国境の町ポイペトで自立支援について考える6日間

タイとの国境付近の都市ポイペトで自立支援を目的としたNPO団体を運営している古川さんの協力のもと、急成長を遂げるカンボジアを肌で感じ、人びととの触れ合いを通じて、本当に求められる自立支援について考えます。

★スタッフからひとこと
カンボジア2回目の人もおすすめ!タイとの国境、ポイペトが今熱い! 活躍する古川さんから直接話を聞けるのも大きなポイント!

このツアーのお客様の声を見る⇒

4. 知られざるミャンマーで観光・大学生と交流・生活風景を撮影したい!そんなあなたには・・・

ミャンマースタディツアー
 新企画 

写真家ジョンソン・リーと国立文化芸術大学生が案内する 知られざるミャンマー写真撮影の旅

写真家ジョンソン・リーが同行&日本語でご案内!鉄道や青空市場などヤンゴンの日常を撮影。ミャンマー国立文化芸術大学の学生も同行しオススメ写真スポットへ。大学で学生がどのような視点で撮影を学んでいるのかを知ることもできる、撮影と学びと交流の旅です。

★スタッフからひとこと
弊社WEBサイトで使用しているミャンマーの写真のほとんどがジョンソン・リー氏が撮影されたもの。素敵なリーさんの写真の数々にはスタッフ全員いつも驚かされます。リーさんが同行するので一般のツアーでは行けない場所に訪問できますよ!


番外編. 現地で活躍する団体を訪ねるツアーも参加者募集中!





よくある質問

①1人で参加するので不安です。他にも1人参加者はいますか?

約8割の方がお1人で参加されていますのでご安心ください。また、参加者の皆さまで協力をしながら創り上げるツアー内容のため、年齢の差はなく、参加メンバーと仲良くなれるのが特徴です。同じ目的を持った方々が参加しますので、すぐに仲良くなれることでしょう。


②スタディツアーは、学生がたくさん参加しているイメージがあります。社会人が参加しても大丈夫ですか?

はい。もちろん参加可能です。(※但し、高校生限定ツアーを除く) 参加時期やツアー内容によって参加者の属性が大きく異なりますが、近年の傾向として社会人の参加が大幅に増えています。特に、教育関係施設の職員の方や教員の方に多くご参加いただいた実績がございます。 不安な場合は、お電話にてお気軽に弊社までお問い合わせください。 スタディツアー専門のスタッフがご希望に合ったプログラムをご紹介いたします。


③社会人限定のスタディツアーの実施時期は?

お盆・年末年始などの大型連休に実施されることが多いです。そのため、出発時期は旅行のピークシーズンにあたるので、早期の段階で満席となることも予想されます。お早めのお申込がおすすめです。


④現地の治安が不安です。

どのコースも危険なエリアでの活動は避け、安全面を最優先に日程を組んでおります。しかし、観光客を狙ったスリや詐欺もなかには存在しますのでご注意ください。また、上手な日本語で話しかけてくるカンボジア人によるトラブルも起きております。町中で見知らぬ人から「美味しい店を知っている」などの誘いがあっても断った方が無難です。トラブルに巻き込まれないためにも夜間の外出はお控え下さい。なお、カンボジアのシェムリアップ市内を始め、訪れる全ての場所において地雷の撤去は完了しております。


⑤予防接種をしていく必要はありますか?

厚生労働省検疫所の発表によると、カンボジアへの渡航前の予防接種は必須ではありません。現地では蚊などを媒体とした感染症を防ぐ為に、虫除けスプレーや香取線香等をご準備ください。また、感染症も保険金の支払い対象となる海外旅行保険にご加入いただくようお願い致します。




カンボジアには現地オフィスがあるので安心です!

カンボジア現地オフィス

高校生にもおすすめ!地球の歩き方 海外ボランティア・スタディツアー

20年以上カンボジアを知り尽くした日本人スタッフが代表を務める弊社カンボジア現地オフィスがあり、日本語が話せるスタッフも多く在籍しているので困ったときには日本語で相談できます。
スタッフ、ガイド紹介はこちら⇒

★カンボジア現地代表よりメッセージ
現地では、スタディツアーに特化した専門スタッフとガイドが皆様を全力でサポートしますので、お1人様でも安心してカンボジアにいらしてくださいね。皆さまのご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております!




スタディツアー企画者のコダワリ

交流準備日(カンボジア・スタディツアー)

カンボジアに到着後、すぐに小学校や施設には訪問せず、【翌日をまるまる「交流準備日」として設定】しています。この活動をより良いものにしていただきたいという企画側の想いがあるからです。準備日には、今回の活動を作り上げていくために皆さま全員で活動内容を考案したり、施設・学校に行った際の役割分担など、交流のための準備を行います。

交流準備日(カンボジア・スタディツアー)

また、【なぜカンボジアで活動を行うのか】といった歴史も学んでいただきます。実際に異国での交流体験自体は難しい事ではありません。しかし、それが現地のためにならないものでは意味がないと考えます。ただの自己満足で終わってしまうこともあります。


歴史を学ぶ(カンボジア・スタディツアー)

【現地が何を欲しているのか、なぜ皆さまに活動をしてもらうのか】を、しっかりと理解したうえで、今回の活動に参加していただきたいと思っています。企画側の意見として、皆さまの活動が現地にとって良いものにするためにも、事前の準備は大切だと考えています。

《海外スタディツアー、ボランティア関連ページ》
実際に訪問する小学校はどんなところ?⇒
カンボジアNGO「スナーダイ・クマエ」の活動内容について⇒


海外スタディツアー、ボランティア参加者の皆様からたくさんの感想を頂いております!

海外ボランティア・スタディツアー参加者の声

説明会も開催しています。日程や対象コースはこちらからご確認ください。↓



その他、コース内容の詳細や質問など、お気軽にお問い合わせください。
(株)ピース・イン・ツアー
TEL:03-3207-3690(担当:小林・中居)

> お問い合わせ

スタディツアートップページへ >>