PITのオンラインツアー

PITのオンラインツアー

世界を一変させた新型コロナウィルス。
私たち旅行業も未曾有の大打撃を受けています。
ピース・イン・ツアーがずっと一緒に仕事をしてきたインドシナの旅行業も例外ではありません。
現地を応援したい。私たちの仕事である旅のご案内ができないこの状況の中で、何かできることはないかと考え、このオンラインツアーを企画しました。
気軽に人と会えない今だからこそ人と人とのつながりの大切さに気付かされます。
今回ご案内するオンラインツアーは、ピース・イン・ツアーがずっと大事にしている大切なつながりをもとに出来上がりました。
皆さんもインドシナとつながってみませんか?


現地事務所メッセージ






カンボジアでたくましく生きる人たちとつながる

ゴールデンウィーク旅行(カンボジア・アンコールワット)

誰もが一生に一度は訪れたいと願うアンコール遺跡群。 毎日世界各国から多くの人が訪れるこの地、カンボジアも今は誰一人外国人観光客の姿はありません。日本のような助成金制度もなく、観光業だけで生きてきたカンボジア・シェムリアップの街は今とても苦しい状況にあります。そんな中でもたくましくカンボジアで生きる人たちとつながり、直接質問をし、お話を伺います。新型コロナウィルスの影響によって変わったもの、変わらないものを知り、今、本当に必要なものとは何かを一緒に考えてみませんか?



カンボジア 伝統の森を訪ねる旅
IKTT(クメール伝統織物研究所)GM岩本みどりさんとつながる

職人である村人が幸せでないと世界一の布はできない」というIKTT設立者・森本氏の教えのもと、その生活環境の維持を担ってきた岩本さん。布の売上のみでスタッフの給料や維持経費等のすべて賄うIKTTにとっても、新型コロナウィルスの影響は例外ではありません。新型コロナウィルスの影響によって始められたIKTT AID、「奇跡の村」と言われる伝統の森の今の様子などを岩本さんよりリアルな言葉でお聞きします。また、IKTTで織られる布の洗練された織りの技法、自然染色の技術、布に描かれる模様、そのインスピレーションの源となるアンコール遺跡群の魅力を岩本さんの解説のもと、オンラインで伝えます。IKTTオリジナルのシルクハンカチ付きプランもご用意しています。


カンボジア 子どもの栄養改善について考える旅
オンラインで社会企業NOMPOPOK代表の大路紘子さん・福原明さんとつながる


カンボジアの抱える社会問題のひとつに、子どもの栄養不良があります。子どもたちは、普段から食の安全や栄養についてほとんど考慮されていない市販のお菓子を多く消費しています。「カンボジアの子どもたちに栄養や健康的な食生活の大切さをお菓子を通じて伝える」をモットーに起業したお菓子製造・販売企業であるNOM POPOK の大路紘子さんと福原明さんとオンラインでつなぎ、カンボジアの現状そして未来への活動をお話し頂きます。NOMPOPOKのキャラクターグッズのボトルホルダー付きプランもご用意しています。


インドシナと繋がり、学び、応援するオンラインツアーを現地と一緒に企画進行中です。
随時、発表していきますので、楽しみにお待ちください!