ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー旅行の専門店です。

VOICE

お客様の声海外ボランティア編

【カンボジア・音楽】愛を感じました。

 匿名 様 / ご出発日:2017年03月18日


開発途上国といわれる場所を一度訪れ、実際に見てみたかったです。さらに、将来、音楽×英語を活かせる職に就きたいという思いを再確認すると同時に、現状を見た上で自分にできることは何か考えたかったため参加しました。
 実際に参加してみて、確かに多方面で開発が遅れていると感じたが、人々の心はとても豊かで子どもも大人もとても純粋で、また必ずカンボジアに戻ってきたいと思いました。音楽を素直に楽しむ姿に感動し、もっとカンボジアの子どもたちに音楽を教えたくなりました。普段は音楽の授業に親しみがない子どもたちがほんの少しの時間で音階を覚え、歌を歌ったり、鍵盤ハーモニカ―で演奏したり・・・子どもたちの笑顔は宝だなと思ったし、本当にツアーに参加できて良かったと感じた部分です。
 カンボジアの人々の笑顔、あたたかさはとても心を打つものがありました。授業はもちろん、他の観光でもたくさんの人に出会い、それぞれの場所で愛を感じました。正に小林さん(添乗員)がおっしゃっていた「幸せの基準」、価値観がいい意味でとても変わりました。ぜひまたカンボジアへ来たいです!日本に帰ってからも将来に向けて頑張ろう!という気持ちになりました!ありがとうございました。

【カンボジア・音楽】全てにおいて期待以上でした!

 角田七海 様 / ご出発日:2017年03月18日

 小学校に訪問して音楽を教えられたことはもちろん、一緒に走りまわって遊ぶことができ、元気のいい子どもたちにとても良い刺激をうけました!もっといたかったです(2日は行きたかった!笑)
 ななさん、本当にありがとうございました!!このツアーに参加してカンボジアのイメージが変わり、国際関係学に興味があったため、すごく楽しかったです。またカンボジアに来たいし、もっと沢山の人に来てほしいです!他のツアーにもいっぱい参加してみたいです!ありがとうございました!

【カンボジア・音楽】カンボジアの国の印象が変わった。

 M / ご出発日:2017年03月18日

 音楽のボランティアが海外で出来るなら・・・と参加を決めました。小学校に行けたことが最も良かったです。カンボジアの国の印象が変わりました。 
 このツアーに参加してみて行ってよかったなと思います。もし迷っている人がいるなら、とりあえず行ってみろ!と言いたいです。

【カンボジア・音楽】参加してよかったと心から思いました。

 土井優里花 様 / ご出発日:2017年03月18日

 発展途上国の現状を自分の目で見たいと思いからこのツアーを選びました。また、「魚を与えるだけではなく、魚の釣り方を教えられる人になりたい」、その第一歩として歌う人が殺されてきたこの国で音楽を教えたいと思いました。
 今回のツアーで、「ドレミ当てクイズ」が最も良かったです。学年を問わず、楽しく音階を学べる方法だと思いました。1つの音に合わせて体を動かす子どもたちの笑顔はとても輝いていました。
 実際に参加してみて、音楽の大切さを改めて実感しました。バラバラの地域に住んでいるメンバーが、一つの歌を一発で合わせられることに感動しましたし、子どもたちが楽しそうに音楽を学ぶ姿を見て心から参加して良かったと思いました。

【カンボジア・音楽】カンボジに対するイメージが180度変わった。

 岩田果穂 様 / ご出発日:2017年03月18日

 参加のきっかけは、村や島という場所で音楽を教える職業に就きたいと考えており、そのためのステップにちょうど良いと思ったからです。自分の中で明確な答えが出そうだなと思いました。
 実際に参加してみて期待以上でした。何もかも。全てがサイコーでした。ご飯も食べやすく、虫も全然いなくて、不安に思うことは何もありませんでした。将来の夢もはっきりしました。いろんな話をきいて体験したことで、人間的にも成長できたと思うし、久しぶりに毎日が刺戟的で充実していました。
 今回のツアーでは、小学校に行ったのが一番良かったです。子どもたちの元気さは運動不足の私でも、ずっと走って遊んでいられるようなエネルギーをくれました。最後に「音楽好き?」ときいたとき、他のどの教科よりも大きい声で「好き」といってくれたときは涙がとまりませんでした。その日はずっと寝る前に子どもたちの顔が頭から離れませんでした。
 本当に思い出に残りまくった5泊6日でした。小学校は何年経っても絶対忘れないです。何より、カンボジアに対するイメージが180度変わったのが一番大きな変化かなと思います。カンボジアと言えばアンコールワットしか知らなかったけど、今はもっとたくさん言えます。食べ物、乗り物、何よりカンボジアの人たちは笑顔が素敵な人たちばかりでとても良い国だなと思いました。カンボジアの小学校の子たちはとても生き生きしていて、裕福な私たちの方が目に光をともしていないなと思いました。今回の活動はこれからの人生にとってターニングポイントとなり、とても良い日を過ごせました。ななさんの安心感はとても大きかったです。この感動をどう伝えればよいのか分かりませんが、何度でも参加したいと思えるぐらい幸せでした。本当にありがとうございました。

【カンボジア・音楽】この出会いは私にとって宝物です。

 みず / ご出発日:2017年03月18日

 言葉が通じないことにもどかしさや危機感を自分自身に思わせたく、発展途上国ならより一層それができると思い、参加しました。
 実際、音楽の交流を通じて言葉が通じなくても共感できることに気づけた反面、色々子どもたちともっと話したいのに伝えられないというもどかしさも感じることができました。やっぱり色々な言葉が話せるようになりたいと思うことができ、満足です。
 今回のツアーでは、村の小学校に行くことができたことはもちろん、村の子どもたちが住んでいるお宅を訪問させていただけたことが大変よかったです。このようなツアーに参加しなければ自分では絶対に行くことができないので貴重な体験になりました。
 私は正直子どもがそんなに得意ではありませんでしたが、カンボジアの子どもたちがキラキラした目で私の手を握り、笑いかけてくれたのを見てすごく自分に自信がつきました。カンボジアの子どもたちからむしろ色々なことを気づかせてもらったなと本当に感謝しています。参加して本当によかったです。

【カンボジア・体育】「幸せ」の意味を考え直した

 匿名様 / ご出発日:2017年03月14日

現地の子ども達と直接触れ合うことのできるツアーだったため、参加しました。
実際参加してみて、普通の旅行では味わえない体験ができて非常に良かったです。
子ども達と直接触れ合えて良かったし、カンボジアの方々と触れ合って、「幸せ」の意味を考えました。日本にいる自分は、いつも色々なことを求めすぎていたんだなと感じました。ありのままの姿で、、飾らずに、生きて行こうと思いました。
素敵な体験をありがとうございました。オークン!!

【カンボジア・体育】この一週間は絶対に忘れられない宝物になった。

 内山 佳映 様 / ご出発日:2017年03月14日

 インターネットで、この“村の小学校の子供たちに体育を教える活動”を見つけ、写真など、以前参加された方々のコメントを読んで直に「楽しそう」という気持ちでいっぱいになり、元からスポーツが大好きなので、このツアーに参加すると決めました。
 今回のツアーで一番思い出に残ったことは、”子ども達の笑顔”です。声の壁など本当に関係なく、笑顔で遊び、子ども達と接するだけですぐお互いのことを分かり合えるような空間を作ってくれました。私の人生の中で、この一週間は絶対に忘れることのできない宝物になりました。大切だと思える仲間、添乗員さんと現地スタッフさんに出会うことができ、本当にラッキーでした。私は高校生で、大学生の方々と仲良くなれるかなどとても不安でしたが、年齢など関係なく、すぐに仲間たちとも打ち解けることができました。本当にあっという間の濃い一週間を、大好きな仲間とスタッフさんと過ごせたことは、このスタディツアープログラムのおかげだと思っています。この一週間で感じたことや、実際に見たことは、今後の将来に生かしていきたいと思っています。もうすでに、メンバーたちとは再訪したいと話しているので、そのときはまた現地スタッフや添乗員さんのお力を借りると思うので、その時はよろしくお願いいたします。本当に、このツアーで学んだことは、大いに今後の将来へとつなげていけたら良いなと思っています。また、カンボジアに戻り、同じメンバーで再訪できることを願っています。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】最高な仲間ができて幸せです。

 佐藤 春菜 様 / ご出発日:2017年03月14日

 ボランティア活動に興味があり、日本人ともカンボジア人とも出会いがあり、充実した経験ができると思ったので参加しました。
 初海外という事もあり、食事やツアー参加に馴染めるか心配でした。
 たった一週間だったとは思えないほど、想像した以上に素晴らしい経験ができ、濃い時間を過ごしました。子ども達と交流し、たくさんのことを教えてもらい、たくさんの感動を与えてもらいました。そして、何より最高な仲間ができて幸せです。一生忘れられない思い出になりました。

【カンボジア・体育】「幸せってなんだろう」と考えさせられました。

 徳力 凪紗 様 / ご出発日:2017年03月14日

 私は将来子どもと関われるような仕事がしたいと考えているので、日本とは全く環境の違うカンボジアの子ども達と関わることで学べるだろうと思ったからです。また、カンボジアでの地雷のことや、アンコールワット、トムなどの遺跡のこと、カンボジアの歴史のこと、環境などをしることによって、自分の視野を広げたいと思ったから、このツアーに参加しました。行く前は、カンボジアの治安、トイレ、食べ物、厚さ、言葉、子ども達に体育の楽しさを伝えたり、一緒に触れ合えることができるのか、不安に感じていました。実際に参加してみて、それらの不安は全て解消されました。言葉もバスの中で少しレクチャーがあったので、コミュニケーションが取れました。言葉が通じなくてもコミュニケーションが取れるんだなと感じました。
 最も良かったことは、子ども達の笑顔です。私たちがタイヤを埋めるとすぐに子ども達が楽しく遊んでくれて、タイヤが壊れてしまったら、子ども達自らスコップと鍬を持って直していて、その姿を見て感動しました。また、先生が「今、幸せですか?」と質問すると子ども達全員が「幸せ!」と答えていて、とても感動しました。「幸せってなんだろう」と考えさせられました。
 一番思い出に残ったことは、運動会での子ども達の笑顔です。子ども達がどの競技も全力で楽しそうに動いていて、とても嬉しかったです。自由時間では、縄跳びやボールを使って楽しく遊んでいて、日本の子ども達もカンボジアの子どもも同じなんだなと感じました。お別れのときには気付けば涙があふれていて、最後に子ども達が抱きついてきてくれてとても嬉しくて感動しました。頑張った甲斐がありました。子どもたちも泣いてくれている子がいて驚きました。体育の楽しさを伝えられて良かったと思いました。

【カンボジア・体育】一生忘れられない思い出になった。

 山村 夏乃 様 / ご出発日:2017年03月14日

 将来子どもに関わる仕事がしたくて、発展途上国と呼ばれる国の子ども達を支援したいと思ったので参加しました。また、体を動かすことが大好きなので、体育の授業が無いカンボジアの子ども達に体育の楽しさを伝えたいと思ったことも参加した理由です。
 ツアーに参加する前は、食べ物やコミュニケーション、参加者と仲良くできるかなど不安だらけで、一週間もやっていけるかとても不安でした。でも2日目にはみんなとても仲良くなれて、最高の思い出になりました。見る景色全てが初めてで、とてもわくわくしました。もっと長くカンボジアにいたいし、小学校にも行きたいと思います。日本に帰ったらこのツアーで経験したことをたくさん伝えていきたいと思います。心から最高だと思えるツアーで良かったです。
 また、絶対にカンボジアに帰ってきたいです。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】子ども達の笑顔が見れてとても満足!

 レン 様 / ご出発日:2017年03月14日

 カンボジアの子どもと触れ合えるという機会はなかなか無く、またカンボジアは決して裕福とは言えず、そんな中でどういった生活をしているのかという気持ちから参加しました。
 一番思い出になったのは、やはり、子ども達の笑顔です。事前準備含めて、みんなで頑張ったからこそあの笑顔が見られたのではないかと思いました。やはり、みんなに会うまで不安が大きく悩みましたが、楽しくて良かったです。私事では、サソリやタガメといったものも食べることができ、良かったです。またぜひ参加してみたいと思いました。

【カンボジア・体育】「幸せ」というものは本当は身近にある

 さえ / ご出発日:2017年03月14日

 子供も体育も大好きで、将来小学校教員を目指す上で何か自分の考えが少しでも変わり、良い経験になると思ったのが参加するきっかけです。参加する前に考えていたことはカンボジアの子どもや村の人々、様子をみて、大きく変わり、「幸せ」というものは本当に身近にあり、「幸せになる」と思って幸せになるのではないと感じ、また教育を受けれることはとても大切なことで日本の教育のありがたさを将来教員になったときに伝えたいと思いました。
 村の小学校に行って子どもたちと運動会をして、子どもたちの笑顔をみることができたことは今回のツアーで最もよかったです。メンバーみんなで作り上げて応援をして、それに全力で取り組んでいる子どもたちの姿はとても輝いていて、本当によかったし、すばらしいものだったと思います。
 最初は色々と不安が多い中でスタートしたのですが、メンバーの人柄の良さや優しさで毎日が楽しくて充実していました。カンボジアの子どもたちから様々なことを学び、教えてもらいました。このツアーでは毎日笑って、笑って、ほんとうに良い雰囲気だったのでメンバーと別れてしまうのがとてもさみしく、カンボジアから出たくない思いでいっぱいになっています。今回得たものを自分の支えにしてこれからの生活をすごしていきたいと思いました。

【カンボジア・体育】自分がやりたいこと進みたい道が明確に。

 三宅那奈 様 / ご出発日:2017年03月14日

 現地の子どもたちと関われるボランティアツアーに参加したいと思い、このツアーなら自分のしたいことに1番近いと思ったため参加しました。
 実際に今回のスタディツアーでは自分の期待していた以上のものが得られました。小学校の訪問では自分がやりたいこと進みたい道が明確になり、また他の参加者との交流も学ぶことばかりでした。
 小学校に訪問し、子どもたちと関われたことが最も良かったです。子どもたちと運動会をしたり、遊ぶことによって自分のこれからの進路を決めることができました。子どもたちから学ぶことも本当に多かったです。

【カンボジア・体育】今度は1人でも参加したい!

 39 / ご出発日:2017年03月14日

 最初、本当に不安に思うことが多かったのですが、日本では体験できないような貴重な体験をさせていただきました。皆で考えた準備運動のやり方を教えたり、皆で作り上げた運動会、またスコールの中での子どもたちと遊んだこと、折り紙を教えてあげたこと、小学校でよくやる遊びを私が教えてもらったこと、全てが忘れられない思い出です。私たちは村の小学校の子供たちに”体育”を教えましたが、私は小学校の子供たちから”勉強を受けることが出来る大切さ””幸せの定義”など普段当たり前のように出来ることが、実際には当たり前ではないのだということを教えていただきました。今度は1人でも参加したいです。
 貴重な体験をありがとうございました。

【カンボジア・体育】また発展途上国の発展に携わりたい

 リオデジャネイロ / ご出発日:2017年03月14日

 「発展途上国へのスタディツアーを通して子どもたちの教育に携わり、発展の手助けをすること」「自分自身の心を見直す機会になること」、この2点を期待して参加しました。
 実際に参加してみて、子どもたちとの交流の2日間がとても良かったです。最もスタディツアーとして学べた部分です。いろいろなことを学び、考えさせられました。また、自分たちで考えたことを実行することでより、達成感を味わうことができました。今回のツアーの日本語ガイドもPERFECTです。同じ仲間!のような存在です。
 不安に思っていたこと、早い段階で全てなくなりました。学べる、たのしめる、心が豊かになるスタディツアーです。こういった機会をつくれるのは今しかないだろうと思います。大学生の間にまた、発展途上国の発展に少しでも携われっていけたらと強く思うようになりました。ピース・イン・ツアーへの信頼もとても高いので他のプログラムへも参加させていただきたいです。

【カンボジア・体育】幸せとは何か。

 M.T / ご出発日:2017年03月14日

 海外ボランティアに興味があって、子どもたちと触れ合えるというところに惹かれて参加しました。実際に参加してみて、皆が良い人達で楽しくできました。子どもたちも私の名前を覚えて遊びに誘ってくれて嬉しかったです。ご飯もおいしかったです。
 最初、このツアーに参加した時はすごい心配でしたが、ガイドさんたちのサポートとツアーに参加した他のメンバーに恵まれて、とても良い5日間でした。子どもたちが幸せと言っていたのがとても印象に残っていて、幸せとは何なのか考えさせられました。もっと体育とかの楽しみを知って欲しいと思いました。
今回このツアーに参加してとても良かったです。

【カンボジア・体育】年に1回のペースで再訪ツアーをしたい。

 平川望愛 様 / ご出発日:2017年03月14日

 期待以上でした!いままでテレビとかでカンボジアの子どもたちを見たときにすごく行きたい、会いたいと思っていて、参加して子どもたちと写真を撮ったり、遊んだりしたときはすごく嬉しかった!たくさん写真を撮れたし、ずっと側に来てくれる子どももいてとてもかわいくて幸せだった。
 小学校の子どもたちとの運動会や自由時間がすごくよかった。見本を見せるとその通りに真似してくれるし、すごいみんな笑顔で、その顔を見れただけですごい幸せだった。小学校の子どもたちが歌を歌ってくれた時には泣きそうになって、がんばってそれをこらえていた。またあの歌を聞きたい!!また運動会をしに行きたい!!!
 最初は本当にこのツアーがあるのかうたがっている部分もあったけど、実際に空港に行ったら他の参加する人たちがいて、一気に不安が幸せに変わった。カンボジアについて、小学校に行って、子どもたちと触れ合って、私の思っている幸せと現地の人たちの幸せがあまりにも違いすぎてビックリした。もっとカンボジアの事を知りたいと思ったし、カンボジアの言葉も話したり、聞き取れるようになりたいと思った。そして、次回来たときは子どもたちともっと話をしたい!!!年に1回のペースで再訪ツアーをしたい。本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】最高の時間を、最高の想い出を。

 匿名 様 / ご出発日:2017年03月14日

 中学の頃からずっとカンボジアに行って、自分の目でカンボジアの文化に触れてみたいという強い想いがあったので、現地の子どもたちと関わり、観光もできるこのツアーならこれを実現してくれると思いから参加しました。また。このような活動を通してどのようなことが学べるのかとても興味深かったです。
 実際に参加してみて、学ぶことが沢山あるだろうなと想像はしていましたが、それをはるかに上回る程の貴重な経験、一生モノのつながりを得ることができました。何よりも、カンボジアはこんなにも温かくて優しい素敵な国なのだということを知ることができたこと、そしてカンボジアのことが大好きになれたこと、本当に感謝しています。
 日本にいたら関わることのない子どもたちと出逢い、交流できたことが最も良かったです。あんなにもキラキラ輝く笑顔は初めて出会いました。その笑顔を見て、幸せの意味とか、日本での自分の日常について無意識のうちに改めて見つめ直しました。自分がボランティアをしに行ったはずなのに、私が子どもたちから励まされたような気がします。
 毎日が刺激的すぎて、楽しすぎて、本当にあっという間の6日間でした。カンボジアから離れなければいけないのは寂しい反面、はやく日本に帰ってこの6日間のことやカンボジアの良いところを家族や友達に伝えたいです!あ!帰国して勉強を頑張ろうっていう気持ちもメラメラしています!今まで、テレビなどで見てきたカンボジアの子どもたちの笑顔を今、私たちがつくることができているのだと思うとすごく誇りに思いました。最高の時間を、最高の想い出を、本当にありがとうございました!!

【カンボジア・体育】自分の視野がぐんっと広がりました。

 松崎 里歩 様 / ご出発日:2017年03月07日

 ツアーということで、安全にカンボジアの子ども達と交流できると思ったのと、体を動かすのが大好きなので、好きなことを活かせる点に惹かれ、このツアーに参加しました。カンボジアの衛生面が不安でしたが、泊まったホテルがとてもきれいだったので、その点の不安はなくなりました。
 子ども達と交流したことは本当に私の人生において大きな、かけがえのない体験でした。あれだけ無垢な笑顔は今まで見たことがありませんでした。日本に居ては気付かない生き方、また幸せというものを感じることができました。また、様々な人(日本人から外国人)と関わることができ、自分の視野もぐんっと広がりました。言葉では表すことができないくらい素敵な経験をすることができました。また必ずカンボジアに来たいです(^^)!

【カンボジア・体育】お別れを惜しむくらい、充実した時間だった

 青木 杏樹 様 / ご出発日:2017年03月07日

 将来、体育教師を目指しているので、自分自身の経験になればと思い、このツアーに参加しました。
 実際に参加して、期待以上のものを得ることができました。一番は、小学生との交流です。あんなにキラキラした笑顔を見ることができて、私自身にとっても、かけがえのない経験になりました。食事やホテルも期待以上で良かったです。
 今回のツアーで一番思い出に残ったことは、小学生に体育を教える活動です。一つ一つのことにキラキラした目でとても楽しそうにしてくれる小学生に体育を教えることができて沢山の幸せをいただきました。二日間だったけれどお別れするのがとても惜しいくらい、充実した時間を過ごさせて頂きました。この経験を今後に生かしていきたいと強く思いました。

【カンボジア・体育】多くの気付きが得られた

 もえこ 様 / ご出発日:2017年03月07日

 このツアーでは、言葉が通じない環境の中でも、体を使って全力で遊ぶことで子ども達と楽しく交流できると思いました。始めにカンボジアの歴史を学んでから、村の小学校を訪れるというのがとても良いと思いました。なぜ私たちがこのボランティアをしているのかと理解して子ども達と遊ぶことで多くの気付きが得られました。
 思っていた以上にカンボジアの人々は温かく、優しかったです。それは、小学校の子供達も同じでした。キラキラした顔で全力で遊んでいく中で、私たちの様子を見ながら日陰に連れて行ってくれたりすることにとても感動しました。
 一番思い出の中に残ったことは、小学校の子供達との交流です。今までの私は言葉が通じないから、あんまり上手くないから、という理由をつけて適当にやり過ごすことがありました。でも、素直な子ども達は、言葉が通じなくても、全力で遊んだ分だけ懐いてくれました。
 

【カンボジア・体育】 非常に充実した日々を送ることができました。

 匿名 様 / ご出発日:2017年03月07日

 カンボジアの子ども達にどのように体育を教えるのか興味があり、このツアーに参加しました。一人参加なので、仲間と一週間やっていけるかどうか言葉が通じないのでコミュニケーションが取れるかどうか不安でしたが、期待していた以上のPものでとても充実した日々をおくることができました。
 二日間という短い間でしたが、子ども達に体育を教えられて、言葉が通じない中でもコミュニケーションが取れて良かったです。ガイドさんもとても丁寧で分かりやすく、おもしろかったです。
 想像以上の出来事が多くて、また日本にいたらかんじることの出来ないことが体験できて、非常に充実した日々を送ることができました。

【カンボジア・体育】もっと今を楽しんで、今を生きようと思いました。

 K 様 / ご出発日:2017年03月07日

 カンボジアへの単純な好奇心と、カンボジアの子ども達に笑顔を届けたり、楽しんでもらえたり、何か自分でもできることがあるかもしれないと思って、参加しました。
 参加前は、子ども達と仲良くなれるかが不安でしたが、すぐに仲良くなれて本当に嬉しかったです。ずっと自分たちを興味深そうに見ていて、純粋な子ども達と体力がなくなるまで遊んで、本当に楽しかったです。
 この活動に参加して、本当に多くのことを学びました。カンボジアの歴史を知ることができたのは本当に良かったです。自分の中でカンボジアへの見方が変わりました。ただ貧しい国という想像しかしていなかった自分が恥ずかしいです。
 なにより、小学校で子ども達と一緒に過ごしたことは本当に消えない思い出です。幸せな疲労感でいっぱいになりました。沢山の笑顔をもらって、自分のちっぽけさ、もっと今を楽しんで、笑顔で生きようと思いました。全力で色々なことに取り組んで、関わろうと思いました。そして、このツアーでカンボジアの子どもの将来に良い影響が出たら良いなと思います。これからも、自分にできることはないか、何をしたいのか今回感じたことを大切にして、生かしていきたいです。このような繋がりが大きくなって、色んなものになるんだと思いました。

【カンボジア・体育】自分の考えが変わったり、刺激になるようなことばかりだった

 匿名 様 / ご出発日:2017年03月07日

 カンボジアの子どもたちとたくさん触れ合い、交流することができると思い、その体験を通して今後自分のためになるような出来事に出会えると考えたので、参加しました。
 自分が期待していたこと以上に交流を通して自分の考えが変わったり、刺激になるようなことばかりで、本当に参加して良かったなあ・・・としみじみ感じるツアーでした。不便に思う事が1つもなく、色々な話をしてくれたガイドさんも最高で、たくさんのカンボジアの歴史を知ることができました。たくさんの一生の思い出になるようなことを経験することができました。不安に感じていた衛生面も、泊まったホテルはそのような心配を一つもすることなく、快適に過ごすことができました。何もかも素晴らしいツアーを作って頂き、ありがとうございます!

【カンボジア・体育】カンボジアで過ごした日々は、間違いなく私の財産になりました!

 H 様 / ご出発日:2017年03月07日

 他のスタディツアーでは体育を教えるという内容のものがなかったので、このツアーに決めました。体を動かす事は言葉が通じなくてもコミュニケーションの一つになると思っていて、それを感じたかったという気持ちもありました。
 行く前は、ごはんが口に合うか、初めての人達・子ども達と仲良くなれるか、病気にならないかなどの不安もあったけど、勇気を出して挑戦して本当に良かったです。行く前の自分より上手く言えないけど、絶対成長できていると思います。カンボジアで過ごした日々は間違いなく私の財産になりました!ありがとうございました。

【カンボジア・体育】変われるきっかけをもらった気がします。

 中田 成 様 / ご出発日:2017年03月07日

 新しい自分探しをしたり、子ども達に色々教えてあげたいと思い、参加しました。参加者は自分だけ男子だったので不安でしたが、みんな優しくて最高に良かったです。
 ツアーは全て楽しく、小学生との交流が一番心に残っています。小学校である男の子と出会って、頑張って自分から聞き出せたのが、年齢・学年・名前だけでした。14歳で小5って教えてくれて自分と4歳しか変わらないのに、小5なんだとびっくりしました。でも、その子と出会ったことで僕は、今までで1番変われるきっかけをもらった気がします。カンボジアのみなさんのおかげで、カンボジアを大好きになりました。

【カンボジア・体育】私にできることは何かと真剣に考えた。

 宮川 里菜 様 / ご出発日:2017年03月07日

 子どもと関わることや体育が大好きで、将来教師になるために、日本にいるだけでは得ることができない考え方や気持ちを経験したいと思ったので、参加しました。
 このツアーに来る前は1人参加だっため不安もたくさんあったし、カンボジアという国にもあまり良いイメージを持っていませんでした。でも、カンボジアの子ども達も大人も、本当に笑顔と明るさいっぱいで、私は体育を教えにカンボジアに来たけれど、カンボジアの人達から多くの笑顔や元気、新しい考え方をもらうことができました。
 そして、全てのことが、良い意味で期待以上でした。初めて会った仲間と仲良くなれたこと、子ども達と全力で遊んで楽しめたこと、カンボジアに住んでいる人の優しさや明るさなど、このツアーに来る前に考えていたことより何倍も多くの素敵な経験ができました。
 この経験を通して、私にできることは何かと真剣に考えたし、これから進んで行く道も、このツアーで経験したことや感じた気持ちを大切にして決めて行きたいと思います。そして、このツアーに一緒に参加したメンバーや添乗員さん、ガイドさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです!この一週間は一生忘れない宝物です。このツアーに参加して良かったです!!ありがとうございました!!

【カンボジア・体育】子ども達と汗を流してたくさん笑った時間はかけがえのないものになった

 池谷 萌美 様 / ご出発日:2017年03月07日

 元々、海外の文化に触れることや子ども達と遊ぶことが大好きで、実際にこのようなスタディツアーに参加して、自分の価値観を広げられたらいいなと思ったので参加しました。 
 今回のツアーは、一人参加ということ、言葉が通じないこと、体育を教えることなど、不安なことがたくさんありました。だけど、本当にこの11人のメンバーで、運動会を成功させることができて良かったです。ツアーに参加したきっかけは、「体育の先生になりたい」や「カンボジアに行きたかった」など各々バラバラだったけれど、同じ目標に向かってみんなで頑張るのはとても楽しかったし、すごい達成感を得ることができました。カンボジアは想像以上に暑くて、子ども達もとても元気だったから体力的にはとてもきつかったです。でも、子ども達の笑顔を見たら、逆に元気になったり、何より子ども達を笑顔にしたいという気持ちが強かったから、頑張れました。
 一番印象に残っているのは、子ども達とお別れのとき、校長先生が何か言ったら、子ども達が一斉に私たちに抱き着いてきてくれたこと。その時は何を言っているのか分からなかったけど、後で関口さんからその意味を聞いたときは涙が溢れ出ました。
 今回の貴重な体験は絶対に忘れません。本当にこのツアーに参加して、みんなと出会えて良かったです。まだ世界中の人々を私たちの力で笑顔にすることができると信じて、これからも頑張っていきたいです。

【カンボジア・体育】成長し、課題を見つけられた良い経験になった。

 山下 拓也 様 / ご出発日:2017年03月07日

 将来のため、そして、将来に大きな幅を広げたいという気持ちがあり、また、こういったツアーをするのに人生で、行くか行かないかの体験ではあると思い参加しました。そして、他の国の幸せというものも追求したいと思いました。
 海外の子ども達に体育を教えられるのか不安でしたが、スタッフさん、添乗員さんもいて一緒に集まったので、とても良い交流ができました。
 子ども達との交流では、同じ目的で参加した人々がいて、子ども達と楽しく体育を教えられ、お互いが学び成長できて、とても良かったと思っています。
 成長と課題が見つけられた、良い経験でした。

【カンボジア・体育】子ども達から、言葉で言い表せない大きなものをもらった

 熊瀬 正悟 様 / ご出発日:2017年03月07日

 自分が今までに全くやったことのないことに挑戦をして、自分の経験値として今後の自分の将来に生かそうと思ったので参加しました。
 最初は不安ばかりで正直、行く気もかなり薄かったのですが、実際に参加して周りのみんなと話していくうちに、どんどん楽しくなってきました。子ども達も人懐っこくてとても可愛くて、彼らの笑顔を見ているとこちらも自然と笑顔になりました。
 今回の子ども達との交流を通して、たくさんのことを学んだ気がします。幸せとは何なのか、自分を大切にすべきものは何なのか。子ども達から何か言葉で言い表せない大きなものをもらったと思います。それは必ず自分の将来に役立つものだし、役に立たせていかないといけないと思います。振り返ってみると、まだまだカンボジアにいたいし、帰りたくないと思いました。本当に来て良かった。ありがとう。

【カンボジア・映画】この旅での出来事は一生の財産

 MM 様 / ご出発日:2017年02月18日

 観光地だけでなく、カンボジアのローカルな文化を知り、体験でき、子ども達に世界は広いということ、新しく見たことのないものを届けられると思い、このツアーに参加しました。
 想像していた何倍も学ぶことの多い充実したツアーでした。参加する前はカンボジアの学校はどのような感じだろうくらいにしか考えていなかったのが、サビー君がガイドだったこともあり、活動について深く考えることができ、村の訪問を含め、人々の生き方や夢など大きなテーマに触れることができました。
 最も良かった点は、子ども達と触れ合って終わりだけではなく、サビー君やネイさんなどの村で育った大人の方が大人目線で子ども時代を振り返っての感想を聞かせてくれたことです。また、バスの中で細かくみんなの感想やカンボジアの方々の感想を発表する機会があり、自分の感じたことを言語化し、自分の中に落とし込めたことができてとても良かったです。
 「映画を届けた!」という実感は正直少し薄かったかもしれず、「夢を持つ・夢に向かって頑張る」というテーマに沿った前座か映画後のワークショップができたら良かったと思いましたが、子ども達の笑顔や手を振って帰っていく様子を見てきっとこの日を覚えていてくれて、感じたことを胸にとどめてくれる子がいると思えました。成果や結果は数字のような具体的なものとして現れないけれど、「映画」から得られることは教科書では絶対に学べないものだと信じたいです!
 加えて、今回は村の人々の生活も見学し、カンボジアの村では人々の目の輝きや優しさ、ゆったりとした時間の流れなど日本にはないものを感じました。今回はボランティアとしてカンボジアに行きましたが、与えたもの以上に与えられたものが多くあった旅になりました。きっとこの旅での出来事は私の一生の財産になると思うし、今の気持ちを忘れたくないと思います。

【カンボジア・映画】カンボジアにいる人たちの声を生で聞くことができて、とても有意義だった

 新山沙樹 様 / ご出発日:2017年02月18日

 World Theater Projectの根本である映画配達を実際に体験することで、今後はより深く関わることができるだろうと思い、また遺跡観光や村での牛車体験など充実した内容に魅力を感じてこのツアーを選びました。実際には、期待以上の満足感です。カンボジアの子ども達は日本の子ども達と似ているところがあれば違うところもあり、おもしろく、人懐っこくてとても可愛かったです。日本では見られないような壮大な景色にも感動しました。
 ツアーの添乗員だった佐々木さんは頼りになる存在だったし、クメール語やカンボジア事情についても尋ねたら詳しく教えて下さいました。サビーさんはとても日本語が上手で知識も豊富だったので、申し分なかったと思います。面白かったです。
 子ども達を始め、ガイドさんや駐在員、教育局の方など、カンボジアにいる人たちの生の声を聞くことができてとても有意義でした。カンボジアは想像していたよりも過ごしやすく、仲間とも仲良くなれて、帰るのが寂しいです。また必ずカンボジアへ戻ってきたいです。これからもWTPの活動にも誇りを持って取り組んでいけそうです。

【カンボジア・映画】自分自身とても成長できた

 中山香穂 様 / ご出発日:2017年02月18日

 いつも学校で日本の子ども達について勉強したり実際に関わったりしているのですが、外国の発展途上国の子ども達と直接関わってみたいと思い、このツアーに参加しました。
 子ども達と実際に触れ合い、本やインターネットでは学ぶことの出来ない貴重な体験をすることができ、自分自身もとても成長できたと思います。
 今回私は、映画の素晴らしさについて改めて考えることができました。私は絵本が大好きで、子ども達に読み聞かせをする活動をしているのですが、今回は映画ということで、元から好きではあったのですが、映画ってこんないいところがあるんだなと改めて感じること、新たに考える事ができました。私が考える映画の良さは子ども達がたくさん学ぶことのできるものであるということです。子ども達は遊びの中から学ぶとよく言いますが、カンボジアの子ども達は半日で学校が終わるため、昼休みに友達と遊ぶことはあまりないと思いますし、家に帰っても家の手伝いがあるし、十分に遊べないのだろうなと思いました。
 そのような中で、映画を届ける活動はとても有効であると思いました。最後の夕食でも言ったのですが、映画は作品を通じて何らかの魅力や愛情などについて学ぶことができます。しかも、学校に来ているみんなが見ることができるし、声優さんのおかげで物語により入りやすくなると思います。映画は子ども達への良い影響がとてもあることが分かり、もっと好きになりました。
 カンボジアは初めて訪れましたが、のんびりしていて、人々が温かく、とても良い国だと思いました。ただ、途上国なので、教育面ではまだまだ改善できる点があるなと思いました。
 今回お世話になった、たくさんの人にお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。素晴らしい6日間でした。

【カンボジア・映画】映画を見ているときの子ども達の笑顔は、忘れられません。

 匿名 様 / ご出発日:2017年02月18日

 中学生のときにカンボジアの子供達への物資支援のボランティアをした経験から、実際にカンボジアを訪れ、子ども達に直接何かをしてあげたいとおもったことと、村の様子を見てみたいと思ったので、このツアーを選びました。
 子ども達との交流を通じて、私が元気をもらいました。今回のツアーでは栄えている町と、自給自足の生活を送っている村のどちらも体験することができ、カンボジアのことを深く知れたと思います。
 最も良かった点は、小学校を訪問し、子ども達に映画を上映したことです。子ども達は、先生や医者、警察官などそれぞれ夢を持っており、映画を通してその夢の幅を広がるといいなと思いました。映画を見ているときの子ども達の笑顔は、忘れられません。ただ、上演時間が30分程度の短いものにしたほうが、子ども達がより楽しんで映画を鑑賞できたのかなとも思いました。
 ツアーに参加してみて、想像していたよりも子ども達が人懐っこかったです。午後の授業の前に学校の周りを散策していた際、手を繋いでいた子が急に走り、どこかへ行ったと思ったら、お花をとって来てプレゼントしてくれた時はとても嬉しかったです。子ども達の優しさ、純粋さに触れ合うことができた瞬間でした。また、地雷博物館は、とても印象的でした。ポルポト時代の子ども達はロボットのように地雷を埋める作業をし、その地雷により、現代の子ども達がけがを負っている現実を知り、とても胸が痛くなりました。カンボジアの歴史について学びながら観光することができ、勉強になりました。
 毎日楽しく充実したツアーでした!ありがとうございました。

【カンボジア・映画】だれもが平等にチャンスを与えられる世の中になってほしい

 匿名 様 / ご出発日:2017年02月18日

 ずっと前から自分が直接現地の人と関われるようなボランティア活動をしたかったので、子どもや村の方々と一緒に過ごせると思い、このツアーを選びました。実際に、子ども達と沢山関われて、また村の方々のお話を聞いて村の生活を覗けてすごく楽しかったです。
 今回、初めてカンボジアに来て、不安な部分もありましたが、あいさん、サビーさんを始めとする、ツアーの皆さんのおかげで本当に楽しく過ごすことができました。ごはんはおいしくて、あいさんやサビーさんの説明はすごく分かりやすく、本当にこのツアーを申し込んで良かったと思います。日本で暮らしていて進路や自分の将来について考えて自分のやりたいことがまだはっきりと見えなくて行き詰ったとき、このツアーで映画とボランティア活動、自分の好きなことどっちもできる!と思い、アルバイトして自分でお金を払うと母と約束して、このツアーに参加しました。子ども達の笑顔を見たときは、本当に本当にかわいくて、うれしくて。カンボジアの人々はみんなのびのびとして、幸せそうでした。それと同等に今の自分たちはこんなにものびのびと幸せに暮らしているのかと疑問を抱きました。東京にはカンボジアにないものがたくさんあります。でも、カンボジアには東京にないものがもっとたくさんあると思いました。衛生環境、教育環境など改善する部分はたくさんあるかもしれません。でも、今のカンボジアらしさをなくさずに発展していってほしいと強く思います。そして、学びたい子供が好きなだけ学べる環境に、誰もが平等にチャンスを与えられる世の中になってほしいと心から思いました。この六日間で学んだこと、感じたことは、私の将来に大きく関わってくると思います。とっても楽しくて、充実した六日間でした。六日間で色々な方からオークンと言われたけど、一番私がみなさんにオークンチュランと言いたいです。カンボジアのことが大好きになりました。絶対にまた来ます。オークンチュラン?

【カンボジア・映画】映画が持っている’力’を感じることができた

 亀井 稜 様 / ご出発日:2017年02月18日

 映画を初めて観る子ども達の顔が見たく、映画を通して将来への何かのきっかけを与えたかったので、このツアーに参加した。実際は、期待以上だった。子ども達の目はキラキラと輝いていて、僕自身に強く心に響いた。
 石鹸やワクチンではなく、カンボジアの子ども達に映画を与える。普通の発想からは考えられないことに強く興味を持ち、参加した。しかし、実際に映画を上映してみると、子ども達の目が映画に釘付けになり、目をキラキラと輝かせ、笑う時はどっと笑い、主人公が大変なシーンでは、不安そうな目でスクリーンを見つめていた。その姿を見て、映画が持っている”力”を感じることができたし、僕ももっと映画を好きになることができた。このボランティアに参加できて、本当に心から良かったと思う。関わってくださった全ての人達にオークン!

【カンボジア・映画】カンボジアが大好きになりました

 宮田 吉朗 様 / ご出発日:2017年02月18日

 最初は正直不安でしたが、内容が濃く楽しくて、良い意味で期待を裏切りました。
 六日間、とても貴重な体験することができました。個人手配旅行で行っていたら間違いなくこのような体験はできていなかったと思います。一番思い出に残ったことは、やはり三日目の小学校訪問です。みんなイキイキしていて、目を輝かせて遊んでいたのが印象的でした。言葉が通じなくてもここまで仲良く楽しく触れ合うことができ、とても素晴らしいと思いました。四日目の牛車体験でも個人ではできないことばかりでした。村の人達はとても優しく大自然の中で暑くて大変な中、幸せそうに暮らしていて、とても豊かだなあと思いました。五日目の遺跡めぐりでは暑くて大変でしたが、サビーが丁寧に説明してくれたおかげで、何十倍も楽しめたと同時に良い勉強にもなりました。今回はカンボジアという全く言葉も通じない国でしたが、その中でもコミュニケーションをとることができ、「オークン」(ありがとう)と言うと笑顔になってくれる人々がとても印象的で忘れません。カンボジアが大好きになりました。
 こんなに楽しくて勉強になるツアーを企画して下さり、本当にありがとうございました。

【カンボジア・映画】このツアーに参加して、映画の可能性を感じることができた

 吉田 光 様 / ご出発日:2017年02月18日

 今まで、映画から沢山のことを教えてもらったので、映画に恩返しするつもりで参加しました。その他にも、カンボジアの子どもがどのように映画を見るか、実際に見てみたかったこと、知らない世界を知り、新しい人との出会いに来たいし、参加しました。
 私は、中学・高校で六年間部活に打ち込み、部活以外のことには興味がなく、世の中のことを全く知りませんでした。大学生になったとき、そんな私に色々なことを教えてくれたのが映画でした。映画をたくさん見ているうちに、もっと世界のことを知りたいと思い、知らないことに挑戦できるようになりました。映画を見ていなかったら、このツアーに参加一人で参加しようとは思わないし、ツアーで出会ったたくさんの仲間にも出会えていません。そう考えると、とても怖くなります。ワクチンやものをあげるボランティアはたくさんあると思います。しかし、映画を見ることで、私のように色々なことを知る事で、人生を変えるきっかけに、カンボジアの子ども達もなればいいなと思います。物を与えるのはもう十分なのではないかと、カンボジアに実際に行き、思いました。このツアーに参加して映画の可能性を感じることができました。さらに映画への想いが強まりました。これからもカンボジアの人達にたくさんの映画を見てほしいなと思います。

【ベトナム・フエ】ベトナム人の優しさを間近に感じることができた。

 境野 実優 様 / ご出発日:2017年02月17日

 このツアーに参加した一番の理由は、「子どもの家」に興味を持ち、親のいない子供がどのような生活をしているのか、実際に見てみたいと感じたからです。
 今回が初めてのベトナムで、色んな人と出会えたことが、本当に良かったです。ベトナム人の優しさを間近に感じることができたし、町の雰囲気や空気など、日本との違いを本当に感じることができました。また、子ども達の生活も見れて、子どももとても優しい子たちばかりで、自分も学ぶところがたくさんありました。このように、色んな人と出会って話せて、関われたことが一番自分にとって良い体験になりました。
 昔から、恵まれない子ども達の支援やボランティアに興味があったので、今回参加できて本当に良かったです!ありがとうございました!!

【ベトナム・フエ】またすぐにでもベトナムに帰りたい。

 小倉 湧作 様 / ご出発日:2017年02月17日

 他のツアーでは行くことができないところ、特に少数民族の暮らしなどを見ることができると書いてあったので、このツアーを選びました。実際には、思った以上に多くの場所を巡ることができました。
 「子どもの家」での子ども達の交流が最も良かったです。ツアーの序盤だったため不安でしたが、あまり言葉が通じなくてもボール遊びなどで交流ができ、その後の不安が和らぎました。
 ベトナムは日本とは大きく異なっていました。心に残ったことは、彼らの笑顔で、あの陽気な笑顔は日本人には作れないなと思いました。子ども達との遊び、少数民族との交流、現地大学生との観光、どれも素晴らしい思い出です。
 またすぐにでもベトナムに帰りたいです。

【ベトナム・フエ】この旅に参加できて良かった!

 匿名 様 / ご出発日:2017年02月17日

 ベトナムにボランティアをしに行きたいと思っていたので、参加しました。期待以上に色んな人と出会えて交流ができました。普通の旅行では知る事ができないベトナムの歴史や問題を学ぶことができました。また、カトゥー族の人達は普通なら会えないから、とても嬉しかったです!この旅に参加することができて良かった!

【ベトナム・フエ】一日一日があっという間に過ぎていきました。

 匿名 様 / ご出発日:2017年02月17日

 春休みにどこか海外に行きたくて、どうせ行くなら普通の海外旅行では経験できないことがしたいと思ったので、参加しました。思っていたよりも内容が濃かったです。
 このツアーに参加して、とても貴重な経験をしたと思っています。普段会えない人たちに会い、ただの旅行では行かないような場所に行き、とても楽しかったです。一日一日があっという間に過ぎていきました。
 また機会があったら参加したいです。参加者のみんなとも仲良くなれて、このツアーに参加しなければ出会わなかっただろうし、出会いに感謝したいです。

【ベトナム・フエ】絶対にまたフエに行きたい

 細谷 花菜 様 / ご出発日:2017年02月17日

 ベトナムの人達とふれあって、日本との違いを感じてみたいと思ったので、このツアーに参加しました。日本の文化と全然違い、現地に行かなくては分からないことをたくさん経験でき、想像を超える思い出になりました。
 子どもの家も少数民族も、日本語学校への訪問もホーチミンも全部が本当に楽しかったです。その中でも子どもの家が一番思い出になりました。子ども達とごはんを食べたり遊んだり市場に行ったり、言葉はなかなか伝わらなかったけど、その分一生懸命伝わるようにお互いがんばり、とても仲良くなれてすごく嬉しかったです。お別れするのはすごく寂しかったけど、絶対にまたフエに行きたいと思いました。今回は本当に良いツアーにしていただき、ななさんを始め、一緒に行った仲間、現地の人には感謝してもしきれないです。
 このツアーで得たことは、日本に帰っても忘れません。本当にありがとうございました!!

【カンボジア・体育】人生で最高の旅になりました!!

 土田 朋也 様 / ご出発日:2017年02月14日

 中学に入って以来、ずっと部活と勉強中心の生活を送ってきて、その外側にある価値観に触れられるものを探していました。カンボジアの小学校で体育祭を開くという経験が自分に何を与えてくれるだろうかと期待しました。ただ、おなかが弱いので、食事が安全かどうかが心配でした。実際には、食事やホテルは想像していたよりもずっとしっかりしていて、不便を感じることはありませんでした。
 カンボジアの子ども達の何にでも全力で取り組む姿勢や、カンボジアの国の自由さが自分にとっては刺激的でとても良かったです。行く前は不安要素ばかりでしたが、そんなことを気にする間もないほど充実した一週間でした。人生で最高の旅になりました!!今回の旅で関わった人、全ての人に感謝します。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】人との繋がりについて知ることができた

 安田 翔吾 様 / ご出発日:2017年02月14日

 現地の人(特に子供)と深く関われることを期待していました。実際には、事前に予想していたものとは比較にならないくらい、最高に良かったです。日本語ガイドのサビーさん、サイハーさんの人柄も日本語も本当に良く、ツアーを楽しむことができました。
 子ども達と別れた後のバスの中は一番思い出に残りました。今も、書きながら目がウルウルです。カンボジアが子どもの事はもちろんですが、それよりも自分自身のことや人の繋がりやチームワークについて知ることができたと思います。

【カンボジア・体育】何も迷うことなく幸せだと答えられることは、本当に素晴らしいと感じた

 こちょん 様 / ご出発日:2017年02月14日

 発展途上国の生の教育現場を見る事ができ、自分の将来の選択肢のきっかけになることを期待し、参加しました。
 今回の旅行で一番私にとって印象的だったことは、子ども達に「幸せですか?」と聞いたときに、たくさんの子ども達が口を揃えて大声で「幸せーー!!」と答えたことです。何も迷うことなく幸せだと答えられる姿とたくさんの笑顔は本当に素晴らしいことだなと感じました。子ども達の幸せな時間にほんの少しだったけれど、関わることができて、いっぱい笑顔を向けてくれて、名前を呼んでくれて、私もとても幸せでした。カンボジアという国と人は大好きで、国は発展しても、本当に人々の優しさと明るさは今のまま変わらずいてほしいなと心から願います。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】ここをスタートにして、子ども達に夢を与えたい

 杉山 由真 様 / ご出発日:2017年02月14日

 自分の知らないことや他国の教育を知れ、子ども達と関われることを期待しました。実際は想像以上に充実していて、本当に参加して良かったと思いました。日本にはない良さを感じ、子ども達の笑顔を見る事もできました。また、カンボジアに対するイメージを変えることができ、視野も広がりました。
 今回のツアーに参加するにあたって、私はせっかく参加するのだからリーダーをやろうと決めていました。実際にリーダーをやらせてもらって、まとめることに難しいと感じたけど、このメンバーだったから運動会や体操を成功させることができたと思います。本当にこのメンバーに出会えてよかったです。
 わたしは将来、教師を目指していて、教師になったときに日本にばかりとらわれるのではなく、他の国の良さもどんどん取り入れ、より良い日本の教育を作っていきたいと思っています。実際に子ども達と関わってみて、気持ちがあれば言葉が通じなくても通じ合うことができることやスポーツや体を動かすことを通して分かち合えるものがあると実感しました。このツアーに参加したことで、もっと色んなことに挑戦したり、色々な国に行きたいと思いました。
 ここで終わりではなく、ここをスタートにして、子ども達に夢を与えていきたいです。本当に最高でした。参加して良かったです。また絶対にカンボジアに来ます。

【カンボジア・体育】子ども達の純粋な笑顔が忘れられない

 三木 耶眞仁 様 / ご出発日:2017年02月14日

 日本では経験できないこと、知る事の出来ないことが知れると思ったので参加しました。参加しても一人孤独になってしまうのではないか、小学生と仲良くなれるかが不安でしたが、参加されたメンバーはとてもフレンドリーで、とても仲良くなれたし子供たちも、元気がとてもありあまっており、今回の参加者数である15人ではとても対応しきれないほどでした。
 最も良かったことは、タイヤを校庭に埋める作業です。チームの団結力を高めることができましたし、子ども達の喜ぶ顔も見る事ができました。子ども達の笑顔が忘れられないので、また参加したいと思います。

【カンボジア・体育】自分の人生の中でとても良い時間になった

 堀川 花 様 / ご出発日:2017年02月14日

 カンボジアに元々興味があり、言葉の通じない子ども達とどのようにコミュニケーションを取れるのか、また、大学生の自分に何ができるのか、将来の仕事に役立つために参加しました。
 最初は1人で行くこと、行先がカンボジアであることで、たくさんの不安がありました。しかし、7日間を通してみんなで活動し、一緒に助け合いながら過ごし、自分の中でとても良い期待以上の経験ができました。子ども達、カンボジアの人々の笑顔から得られたものは大きかったです。当たり前が当たり前でない環境の中で、考えさせられるものもありました。そして、自分の人生の中でとても良い時間になりました。本当に行って良かったと心から思います。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】”幸せ!”と大きい声で答えるのを見て、すごく心が温まった

 しーちゃん 様 / ご出発日:2017年02月14日

 カンボジアの小学校と日本の小学校の違いを見ることができることと、カンボジアの子ども達と大好きな体育を通して、言葉が通じなくても仲良くなって笑顔をたくさん見ることができるのではないかという期待を持って参加しました。
 一番心に残ったのは、やっぱり子ども達の笑顔です!子ども達の満面の笑みをみることができて、自分も自然と笑顔になることができて、とっても幸せな時間でした!!大好きな子ども達と大好きな体育で交流できて、さらにそれが小学生のころから行きたかったカンボジアで、本当に最高でした!!また、添乗員さん、ガイドさん、バスの運転手さん、一緒に行った14人のメンバー、最高のチームに感謝です!ありがとうございました^^

【カンボジア・体育】今度は自分が発信する立場になっていきたい

 りお 様 / ご出発日:2017年02月14日

 将来の自分の選択肢を広げる事と、人として何らかの学びを得て、レベルUPしたいと思ったから、また、このツアーを通じて得たことを日本の教育にも役立たせていきたいと考え、また日本のことをカンボジアの子ども達に伝えたいと思ったので、参加しました。
 自分たちのチームも誰も知らない状態からで、不安があったけど最高のチームで一つになって子ども達と関われたこと、子ども達と関わる中で、たくさんのことを知り、得るものが多かったです。今回のツアーで知ったこと、得たものを日本でしっかり還元し、自分だけのものじゃなく、今度は自分が発信する立場になっていきたいです。7日間という短い間に15人のメンバーとしまさんとサヴィーとサイハーとウェンさんとマッカラーさんに出会う事が出来て、最高のチームになれました。全員に感謝しています。オークン。

【カンボジア・体育】自分の価値観や考え方を大きく変化させる機会になりました。

 宮嶋 沙知 様 / ご出発日:2017年02月14日

 自分のやりたいこととすごく合っていて、子どもと実際に触れ合う時間があったので、参加しました。
 今回ツアーに参加して、体を動かすことやスポーツが言葉や笑顔と同じように心をつなげるものであることが体感できてすごく嬉しかったです。また、子ども達の素直でまっすぐな目はとても素敵で幸せを感じました。ここでできたことはすごく貴重な体験であり、自分の価値観や考え方を大きく変化させる機会になりました。このツアーで出会えたメンバーは最高でとても感謝しています。

【カンボジア・体育】たくさんの出会いを通して感じたカンボジアのことを、たくさんの人に伝えたい

 ジョージ 様 / ご出発日:2017年02月14日

 初めての海外でしたが、たくさんの楽しみと出会いと感動があって、行って良かったと心の底から思いました。
 今回参加して、とっても良い思い出になりました。自分は19歳で二番目に年下なのに、すごく自由にさせてもらって生き生きとできました。はじめは、この15人プラス添乗員さんでやっていけるのだろうか、という不安があったけど、そんなの1日でふっとんで、今では帰りたくない。離れたくない。と思うくらい寂しくなりました。沢山の出会いを通して感じたカンボジアのことを日本に帰ってたくさんの人に伝えていきたいと思います。本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】自分が生きている喜び、幸せ、大切さが分かった

 みのりん 様 / ご出発日:2017年02月14日

 新たな出会いがあること、経験を積めること、感性を磨けることに期待し、このツアーに参加しました。
 参加して、自分が生きている喜び、幸せ、大切さが分かりました。カンボジアの人々、子ども達、ツアーのメンバーとの出会いを通して、自分がこれからどうしたいのか、どうなりたいのかを考えることのできた7日間でした。みんなありがとう!オークン!!

【カンボジア・体育】子ども達から見習わないといけないこともあると感じた

 荒川 絵麻 様 / ご出発日:2017年02月14日

 カンボジアのこと、特に教育・文化について知りたいと思ったことと、自分の知識や経験がどれだけ試せるか知りたかったので、参加しました。
 参加してみて、日本の学校では、体育・音楽と様々な授業があり、文房具もたくさんあり、勉強ができる環境が整っているのだと改めて感じました。カンボジアの学校では、文房具や靴が十分にない、体育を教える先生がいない、そんな環境でも、勉強への意欲には関心しました。「勉強は好き?」と質問した時に子ども達が大きな声で「好き!」と答えたときのことを今でも忘れることができません。私が小学生のころ、同じように答えられるか考えると、自信を持って答えることはできません。子どもから見習わなくてはいけないこともあるなと思いました。ツアー、楽しかったです!また参加したいです!

【カンボジア・体育】文化や環境によってそれぞれの「幸せ」があるのだと思った

 篠井 翔平 様 / ご出発日:2017年02月14日

 現地の子ども達と体育を通して触れ合うことができ、途上国の子ども達がどのような環境で、どのような教育を受けているのか知れると思ったのでこのツアーに参加しました。
 まず不安に思ったことは、他のメンバーと仲良くやっていけるかということ。そして、現地で子ども達とコミュニケーションを取れるかどうか、上手に体育を教えられるのかということでした。しかし実際に参加してみて、これらの参加前の不安は全て解消でき、最高の7日間を過ごすことができました。
 このツアーの中で行ったタイヤ埋めは、地面が固く、鍬で掘るのはすごく大変でした。でも、苦労しながら埋めたタイヤで遊んでいる子ども達を見ていると、頑張って良かったなとと思えたし、遊具のない学校に遊具を作ったという達成感もありました。
 このような経験を通して、自分の価値観は変わったと思います。ツアー前の準備のときに、寄付のものを家の中で探しているときに、私はあまり無駄なものは買わないようにしているのに、家の中からいらないものや使わないものがたくさん出てきて、結局旅行バッグ一つ分くらいになりました。ものに囲まれた中で生活している人がいる一方、ものがなくて困っている人がいるのか、と思いました。村散策をしたときに、現地の方の家を見せていただきました。木を組んだ簡素な家で正直「こんなところに住んでいるのか」と驚きました。でも、現地の人は自分は幸せだ、と言っておられて、ものに囲まれた生活が必ずしも幸せであるのではなくK、文化や環境によって、それぞれの「幸せ」があるのだと思いました。

【カンボジア・体育】幸せの形は様々

 チームババア2 様 / ご出発日:2016年12月28日

 日本とは違う文化や価値観を持つ国に行くことで、何か少しでも今の自分の持つ視野を広げられたらと思い、応募させて頂きました。カンボジアというと私の中では治安が悪く、生活環境も整っていないイメージがあったので、数日間やって行けるのか、不安はありました。実際は、予想以上に発展していて、泊まったホテルもキレイで食事も比較的口に合うものが多くて安心しました。ツアー中は、最低限の指示のみで、自主的に行わせてくれたことや、村の人とも交流があり、直にお話しさせてもらえたことが良かったです。
 最初は皆おとなしく、どうなるかなぁと思っていましたが、すぐに皆と打ち解け、小山さんやサビーさんが盛り上げてくれたおかげで充実し、楽しい日々を送ることができました。また、カンボジアへのマイナスイメージは消され、幸せの形のあり方は様々であることや、子ども達の純粋でキラキラした瞳を持つ子ども達からパワーをもらい、ボランティアは ”やってあげる”という一方的なものではないことを知りました。またカンボジアに行きたいと思えるくらいカンボジアが好きになりました。
 貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】沢山のものを得られました。

 チームK 様 / ご出発日:2016年12月24日

 海外に行って、自分のいる日本とは違う環境で生活している子供などと関わることで、視野が広がると思ったので、このツアーに参加しました。あと、アンコールワットも見てみたかった!!です。
 体育の授業が苦手で周りの人に着いていけるか、高校生で一人で行って馴染めるかが不安でした。
 軽い気持ちで参加したのですが、今回のツアーで沢山のものを得られました。カンボジアの子ども達の教育や生活などの現状が分かり、子ども達の勉強や授業の様子を見れたことが良かったです。運動会で子ども達が楽しんでくれているのが、印象に残って嬉しかったです。
 添乗員が小山さんで本当に良かったです。いつも面白い小山さんと一緒の6日間、最高でした。日本語ガイドのサビーさんは、優しいしカッコいいしカワイイし、最高です。ツアーガイドになるまでの話を聞いて、サビーさんの努力に感動しました。サビーさんの前向きさが大好きです。
 また全員で集まりたいです。パパもサビーさんも大好きです!!See you again!!

【カンボジア・体育】子ども達の透き通った目の輝きは忘れられません

 吉田ひな 様 / ご出発日:2016年12月24日

 アジアの友達から色々な話を聞き、ずっと国際問題に興味がありました。ツアーで実情を深く知ることができると思ったため、参加することに決めました。
 体育はすっごく苦手なため、私が教えられるのか不安でしたが、想像していた以上にたくさんの収穫があり、本当に本当に素晴らしい5日間でした。子ども達の透き通った目の輝きは絶対に忘れられません。私たちは全てのものに対して”当たり前”という気持ちで感謝をしないで日々を過ごしているけれど、カンボジアの子ども達の折り紙1枚を大切に持って行く姿や、すぐオークン(ありがとう)と言ってくれる姿、誰かが困っていたら自ら進んで手を差し伸べる温かさを見て、心の豊かさは環境の豊かさではなく、一つ一つのことに感謝できるかどうかなのかなと思いました。次は靴をみんなにプレゼントしてあげたいです。
 パパやこのメンバーと一緒に行けて、本当に良かったです。再行ツアー、楽しみにしています。

【カンボジア・体育】最高のツアーだった!

 ヘッドホン 様 / ご出発日:2016年12月24日

 カンボジアの歴史や住む人々の暮らしなどを見たいと思ったので、このツアーに参加しました。
 実際に参加して、子ども達と運動会をして、たくさんふれあえたことが楽しかったです。子ども達の現状も学べ、最高のツアーでした!

【カンボジア・体育】自分自身について知る良い機会だった

 匿名 様 / ご出発日:2016年12月24日

 海外の子供と関われるため、このツアーに参加しました。子どもと接する時間が少ないのではないかという懸念がありましたが、想像以上に子どもと関わることができ、とても良かったです。また、カンボジアの背景、子ども達の現状を知って臨めたので、その点も良かったです。
 言葉の通じない世界での子ども達との関わりは、とても新鮮なものでした。子ども達の様子を知れたのはもちろん良かったですが、それ以上に自分自身について改めて知る良い機会だったと思います。国内での活動だけでは気付けなかった自分のことを知れて、今後に生かせそうな気がしました。このような素敵な機会をくださり、ありがとうございました。

【カンボジア・体育】友人にこのツアーを紹介していきたい

 都竹もみの 様 / ご出発日:2016年12月24日

 自分の視野を広げていきたいという思いと、今自分の感じている”当たり前”の感覚を変えたいと思って、参加しました。
 言葉が通じないことで、お互いにお伺いを立てる感じになってしまうのではないかと不安でしたが、実際は心を動かされることばかりで、期待以上の内容でした。サビーさんが経験談を話してくれたり、カンボジアの歴史を説明してくれたりして、サビーさんのガイドがあったからこそ、充実した時間になりました。また、価値観も変わったし、今まで生きてきた環境と全く違う生活をすることで、自分を見つめ直す良い機会になりました。
 本当に毎日が発見の連続でした。めをキラキラ輝かせて私たちに全力で向かってきてくれるカンボジアの子ども達が、かわいくて仕方なかったです。幸せとは何なのか、日本で生活していて見失っている多くのことを考え直すことができました。
 また参加メンバーとの素晴らしい出会いもあり、活動外の時間もとても充実していました。友人にこのツアーを勧めたいです。

【カンボジア・体育】子ども達との交流は本当に濃かった

 ワサビLOVE 様 / ご出発日:2016年12月24日

 普通にアメリカに行くよりも、濃い体験ができると思ったので参加しました。
 期待を大きく上回り、想像していた何十倍もの体験ができました。高校最後でラストチャンスだと思い、このツアーに参加。一日目から、カンボジアと日本の文化に何回も驚かされました。子ども達との交流は、本当に濃くて、ただの旅行では感じられない温かみをかんじることができました。想像をはるかに超える思い出ができて、本当にこれから先、役立つことが沢山あると思います。再訪ツアーがあれば、進んで参加したいです。

【カンボジア・体育】道具もなく言葉も通じないのに、ギュッと手をつないでくれる子供に感激

 匿名 様 / ご出発日:2016年12月24日

 アンコールワットへの訪問、現地の小学校へ訪れるだけでなく、体操や体育を教えられること、新たに友人を作れることに期待し、参加しました。一人参加であること、体育が苦手なこと、食事や治安がふあんでした。
 実際に参加してみると、生徒数が予想していたよりも多く、多くの子ども達と遊んだり、運動会ができたりして嬉しかったです。子どもだけでなく、先生方も一緒に参加していただけたのでやりがいを感じました。体操が事前に決められたものではなく、グループごとにオリジナルのものを作れたのが楽しかったです。
 一番良かったことは、子ども達との交流です。フリータイムでは本当に自由にボールで遊んだり、折り紙をしたり過ごして楽しかったです。同時に、今まで日本の子ども達と関わる際にいかに道具と言葉に頼っていたかを痛感しました。また、運動会後に全員で振り返りをして、ツアーに参加したきっかけなどを聞く事ができて良かったです。
 日本語ガイドの方は、運動会の司会で、自分の話した言葉をその場で翻訳して伝えて下さり、貴重な経験になりました。
 子供はもちろん、先生方や村に住むお爺さんなど現地の方と交流できたのが楽しかったです。プログラムにはありませんが、運転手の方やマーケットの店員さんなどとも話すことができて、本当に温かい国だなあと思いました。子どもの名前がなかなか聞き取れなかったり、覚えられなかったりして、もどかしかったです...。2回目に名前を聞いた時の悲しそうな子どもの表情は忘れられません...。振り返りでも話しましたが、道具もなく言葉も通じないのに、ギュッと手をつないでくれる子ども達に感激しました。自分たちで埋めたタイヤで、自分たちで教えたゲームを自分たちだけの力でやる子ども達がとてもたくましかったです。

【カンボジア・体育】まずは自分の周りから、カンボジアの現状を広めていきたい。

 匿名 様 / ご出発日:2016年12月24日

 実際に自分の目でカンボジアの現状を見たいと思い、参加しました。また、子ども達と触れ合った後で、自分の中でどれくらい成長できるか知りたく、カンボジアがどんな国か単純に行ってみたいという気持ちもありました。
 参加してみると、想像以上に自分の中で得たものが沢山ありました。実際にカンボジアに来てみると、自分が考えていたこととは違うものがたくさんあり、6日間で沢山の発見がありました。
 短い時間でしたが、本当に充実した毎日でした。ツアーになじめるかどうか、仲良くなれるかどうかなどの不安はこの6日間を通じて全て吹き飛びました(笑)!それくらい、毎日が楽しかったです。
 メインの小学校訪問での子ども達との交流では、子ども達がキラキラした目で遊ぼうと手を握ってくれる姿に、逆に自分が助けられて元気をいっぱいもらいました。カンボジア流の遊びも教えてくれて、日本での生活と比べることができました。改めて、日本は恵まれていると感じました。一番驚いたことは、色々な団体が建てている数々の小学校は、あまり役立っていないという事です。テレビなどでは、裏にある問題(教師不足、授業の質など)を取り上げないため、私はこのツアーに参加していなかったら、事実を知る機会はありませんでした。私一人で教育問題を変えることは難しいですが、間違った情報が広がるのを黙って見ているのではなく、教えることはできます。まずは、自分の周りから、カンボジアの現状を広めていきたいです。本当に参加して良かったです。ありがとうございました!

【カンボジア・体育】笑顔で心が明るくなった

 チームババア1 様 / ご出発日:2016年12月24日

 就活に役立てることができると思い、参加しました。また、今までとは違う、輝いているものを見て、心を動かしたいと思ったからです。
 ツアー参加者も添乗員さんも、とても温かくて別れるのがすごく悲しかったです。日本語ガイドのサビーさんもすごく勉強熱心で、私たちのために色々説明してくれて、私も勉強頑張ろうと思いました。最後のハグは忘れません!今まで、海外に良い印象を抱いていませんでしたが、カンボジアの子ども達が笑顔でこっちを見てくれて、心が明るくなりました。
 またみんなでカンボジアに行きましょう!

【カンボジア・スナーダイクマエ】またカンボジアに来たいです!

 美野輪侑夏 様 / ご出発日:2016年12月23日

 このツアーで、外国の文化を感じたいと思い、参加しました。実際に参加すると、とても楽しく、良い経験になり、思っていたより子ども達とたくさんふれあうことができました。なので、一番思い出に残ったことは、スナーダイクマエの子ども達と触れ合えたことです。
 観光では、日本語ガイドの方が遺産で説明をしっかりしてくれたので、勉強になりました。日本語がとても上手で、優しい人だったから話しやすかったです。
 唯一の学生であり、他の参加者の方が全員社会人で、最初は仲良くなれるのか、馴染めるのか不安でしたが、皆さん良い人だったので楽しいツアーになりました。また、初めての海外でしたが、他の参加者の方、添乗員さんが様々なサポートをしてくださいました。ツアーの内容としては、子ども達の自己紹介、運動会、自由時間があり、それぞれが大変充実したものになりました。仲良くなった子は自分から寄って来てくれて、ジェスチャーを混ぜながらですが、会話をしたり遊ぼうと言ってくれたりして嬉しかったです。
 初めての海外、不安もありましたが楽しかったです。またカンボジアに来たいです!ありがとうございました!

【カンボジア・スナーダイクマエ】しっかり子ども達と触れ合えたので期待以上でした

 匿名 様 / ご出発日:2016年12月23日

 現地の子ども達と触れ合いたいという想いから、このツアーに参加しました。学校に遊具を作るツアーと迷いましたが、スタッフの方に相談してこのツアーにしました。申し込みの際、学生が多い印象でためらったので、夏・冬休みは社会人にむけてアピールしても良いのかな...と思いました。実際に参加すると、運動会やその後の交流・発表会と、限られた時間の中でしたがしっかり子ども達と触れ合えたので、期待以上でした。
 子ども達との運動会が楽しかったです。小さい子たちは思いっきり喜んでくれていて嬉しかったです。大きい子たちは少し照れながらも楽しんでくれたようだったので安心しました。トロフィーをあそこまで喜んでくれると思わなかったので、とても嬉しくなりました。
 今回、学生の参加が多いツアーと聞いていたので、交流の準備や発表に向けての打ち合わせなどで、どんな風に他の参加者の方と接したら良いか少し不安でした。でも参加者の方は皆さん気持ちの良い方ばかりで、短い時間でも協力して準備し、運動会や発表会を行うことができました。
 学生時代に戻った気分で、楽しく作業することができました。メアス博子さんと夕食をご一緒する機会を作って頂き、貴重なお話を伺うことができました。交流会だけでは知ることができなかった博子さんの想いやスナーダイクマエの歴史について直接お話し伺うことができて、本当に良かったです。ありがとうございました。今回のスタディーツアーで感じたこと、考えたことを忘れずに、日本でできることをやっていきたいと思います。

【カンボジア・スナーダイクマエ】カンボジアが大好きになりました。

 小川翔子 様 / ご出発日:2016年12月23日

 単なる観光だけでなく、現地の子ども達との交流をしたかったので、このツアーを選びました。
 参加してみて、意外と観光もしっかりできて、歴史も勉強でき、自由時間もあり、カンボジアを満喫できました。参加者の皆さんや、児童養護施設のみんなとも仲良くできました。子ども達の日本語や伝統の踊り、歌がとても素晴らしかったです。
 子ども達と一緒に遊び、歌い、発表会や運動会など過ごした時間はこれからもずっと忘れないと思います。日本の子ども達にもこのツアーでの経験を伝えていきたいと思います。
 良い方々に恵まれたツアーでした。何の事故にも遭わず、健康にツアーを満喫することができ、感謝です!カンボジアが大好きになりました。本当にありがとうございました!

【カンボジア・スナーダイクマエ】このツアーが存在したことに感謝致します。

 匿名 様 / ご出発日:2016年12月23日

 現地の人と交流できる上に、孤児院の子供達と接する中で価値観や考え方を広げる事が出来るのではないかと思ったので、参加しました。事前の期待以上のツアーでした。本当に参加できて良かったなと思いましたし、このツアーが存在したことに感謝致します。
 一生懸命に取り組む子ども達の姿を見ると、日本人の僕も負けられないなと刺激を受けました。運動やスポーツ、踊りは言葉が分からなくても世界共通のコミュニケーションツールだと感じました。一丸となって交流できたときは感激しました。
 カンボジアの子ども達が日々、一生懸命に生きているのを目の当たりにしました。スナ―ダイの子ども達が集団生活の中で、勉強や歌、踊りなどを熱心に取り組み、それを発表する場に立ち会えるのはとても有難いことだと感じました。自身の学生時代や今の生活を客観的に振り返る良い機会になりました。高校生で、これだけ気遣いができたり、言語を扱えるのかと驚きとともに刺激を受けました。カンボジアの裕福ではない人々の生活を見て、今の生活の豊かさや有難さを感じました。今日生きるための食料を得ることが、日々の活動である彼らと、海外旅行にも行けるし、食料に困っていない自分たちには雲泥の差があるなと感じました。日常に追われると恵まれている環境であることを忘れてしまいがちですが、少しカンボジアの環境や人々のことを思い出して、また前を向いて生活していくサイクルを身に着けます。心から参加して良かったです。

【カンボジア・スナーダイクマエ】一生忘れられない思い出になりました。

 Y.A. 様 / ご出発日:2016年12月23日

 アンコールワットなどの世界遺産を実際に見たかったというのと、現地に住む子ども達と触れ合ってみたかったので、今回参加しました。子ども達とふれあってみて、いつでも笑顔で明るく接してくれて、こちらも自然と笑顔になっていました。自分の事は自分で行う、という点は日本は「まだ子供だからできない」というのが多いと思うので、私自身も見習っていかないといけないなと感じました。
 最も良かった点は、スナーダイの子ども達とたくさん交流できたことです。実際に会って交流してみて、子ども達はみんんあ前向きに過ごしていて、笑顔で元気いっぱいで、私たちも自然と笑顔になっていました。異国の子ども達、児童養護施設を訪ねる機会がなかったので、貴重な経験ができて良かったです。
 ツアーに参加する前は、世界遺産を見たい!子ども達と交流したい!などそういう単純な考えでいたのですが、実際に参加してみると期待以上のツアーでした。子ども達と交流できたのが一番の思い出です。みんなそれぞれ辛い思いをしてきたはずなのに、みんながいつでも笑顔で話しかけてくれたり、明るく元気に過ごしている姿を見て、とても感動しました。まT、子ども達みんな、自分のことは自分でやったり、礼儀が正しかったりしていて、私よりも15歳以上年齢が離れている子もいるのに、とてもしっかりしているなと思いました。子ども達との自由時間で、「だるまさんが転んだ」や「おにごっこ」「サッカー」など、体を使う遊びをたくさんして、子ども達の体力すごいなと思いました。
 短い時間でしたが、一生忘れられない思い出になりました。一緒に過ごした仲間たちにも出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。

【カンボジア・ホテルインターンシップ】ホスピタリティを学んだ

 服部桃華 様 / ご出発日:2016年10月29日

 就職活動をするにあたって、海外のどんな環境でも対応し、働く力が身についていることを実践で試してみたいと思ったので、このインターンシップを申し込みました。
 実際に現地の人と共に働いたことで、現地のホスピタリティを学ぶことができて、とても勉強になりました。また、カンボジアの歴史や現状も知ることができました。最も良かったことが、お昼はインターン先のみんなとローカルな食事がとれ、夜は自分の好きなところで食事ができたところです。
 今後は、東南アジアに支社を持つ日系企業でのインターンシップがあれば参加したいと思いました。

【カンボジア・スナーダイ】先入観を持っていたことに気付いた

 神本 萌 様 / ご出発日:2016年09月23日

 孤児院がどういう場所なのか、子どもたちがどのように暮らしているのかを知りたかったので、このツアーを選びました。また、そこで暮らす子供やスタッフの方々が、訪れる観光客に何を求めているか知りたいと思いました。
 実際に参加して、先入観を持っていたことに気付きました。海外ボランティアや国際協力に元々関心があったからこそ、孤児院に観光客として行って、たった数日間で何ができるのだろうと疑問に思っていました。でもそれは、孤児院に対して可哀想なイメージを持っていて、観光客が軽々しく関わるべきではないとどこかで思っていたからでした。実際に子ども達と交流して、純粋に楽しむ顔を見て、また博子さんが「お互いが何かを与えているし、お互いから得るものがある」、添乗員の方が「そういうツアーを目指している」とおっしゃっているのを聞いて、ボランティアツアーは意味のあるものだし、与えるためのものではないと気付きました。何より、「スナーダイクマエ」という場所を「孤児院」という言葉でひとくくりにしたくないと強く思いました。
 これからも、スナーダイクマエの様子をfacebookやブログで見守っていたいし、いつかまた行きたいと思っています。
 スナーダイクマエだからこそ、添乗員さん、ガイドさんあってこそのツアーでした。本当にありがとうございました!

【カンボジア・スナーダイ】人生のターニングポイントになった

 西村 幸大 様 / ご出発日:2016年09月23日

 私は自分のデザインしたTシャツをカンボジアの子供たちに渡すことができるなら、どのようなツアーでも良いと思っていましたが、スナーダイに来れて良かったです。
 本当にこのツアーはボランティアという軽い言葉で片付けられないものがあるツアーだと感じました。海外に行くボランティアなんて一回行けば、もう同じところに来ようとは思いませんが、スナーダイクマエは本当にもう一度訪れたいと思うところで、再訪してまた次に会う時に子ども達がどうなっているのだろうととても気になりました。やはり、こういうツアーだけあって、意識のとても高い人たちが集まっているので、自分も負けていられない!という心境にもなりました。
 私にとって、人生のターニングポイントになりました!

【カンボジア・スナーダイクマエ】自分をもう一度見直すきっかけになった

 S. S 様 / ご出発日:2016年09月23日

 今回のツアーは今までの人生の中で一番濃い一週間だったのではないかと思うほど、学びや新たな発見がいっぱいの充実した時間を過ごすことができました。カンボジアに来てすごく感じたことは、カンボジア人はいつも笑っていて、その笑顔はまぶしいくらいキラキラと輝いていて、見ていてとても幸せな気持ちになりました。一方、日本の電車の中や街でふと周りを見ると朝なのに疲れた顔をしていたり、スマートフォンに夢中になっている人ばかりだから、もっと微笑み合える国になってほしいと思いました。
 一番の思い出は、スナーダイクマエのみんなと交流できたことです。普通に考えると自分の家に他人がズカズカ入ることはは嬉しい事ではないけれど、スナーダイクマエのみんなは、歓迎してくれ、驚きながらもすごく嬉しかったです。子ども達と関わる中で、何に対しても前向きで向上心があり、人のことを思いやるなど、すごいと思う部分がたくさんあり、子どもたちからたくさんパワーをもらいました。そんな子供たちの姿を見て、私自身も自分をもう一度見つめ直すきっかけとなり、自分に足りないものや、自分がどんな人になりたいかをしっかり考え直そうと思いました。本当にこの一週間は学びを得るものが多く、私の人生に大きな影響を与えてくれたと思います。
 一緒に参加したメンバーや添乗員の佐々木さん、ガイドのパナー君など、一人一人しっかりと自分があり、かっこよく、様々な考えを持っていて、憧れる人ばかりでした。そんな人たちに出会えたことも、私はすごく恵まれているなと感じました。

【カンボジア・スナーダイクマエ】別れがとても寂しかった

 瀬尾結香 様 / ご出発日:2016年09月23日

 参加する前は不安に思うことがたくさんありましたが、2日目にはもう全部吹き飛びました。
 メンバーに恵まれたということもありますが、愛さんとパナー君が私たちのツアーが上手くいくように最初から最後までサポートしてくれたので、とてもスムーズに進行しました。博子さんも子供達も外から来た私たちのことを受け入れてくれて、子どもたちはすぐ懐いてくれたので、交流しやすかったです。たった3日間だったけど子供たちに感情移入するくらい大好きになりました。別れがとても寂しかったです。
 6日間とは思えない位濃くて、そしてあっという間でした。
 また子供たちと会いたいし、メンバーと会いたいです。再訪ツアー絶対に参加するので、企画をよろしくお願いします!

【カンボジア・スナーダイクマエ】命ある今を大事にしていきたい

 匿名 様 / ご出発日:2016年09月23日

 初めての海外で、初めての福岡からハノイまで来て、不安だらけでした。仲間と打ち解けるのかということや、子ども達が懐いてくれるのかばかり考えていました。しかし、初めてスナーダイクマエを訪れ、一緒に清掃作業をしたとき、はじめは少し恥ずかしそうだった子ども達が、大きい子たちは日本語で話しかけてきてくれたり、小さい子たちも、私の名前カードを見て名前を呼んでくれたり、ちょっかいをかけてきたりして、子どもたちの笑顔につられて笑顔になりました。3日間という短い間でもたくさん関われて、別れが本当に寂しくて号泣でした。もっとカンボジア語を事前に学んで来たり、遊ぶことや教えることを深く考えてこられたりしたら良かったかなと思いました。
 博子さんとのランチで話して頂いたことは私のこれからの生き方や考え方が変わるきっかけになると思います。命ある今を大事にしていきたいです。

【カンボジア・スナーダイクマエ】言葉では表すことができないくらいたくさんのものをもらった

 井原菜月 様 / ご出発日:2016年09月23日

 このツアーにはずっと参加したいと思って楽しみにしていましたが、人生初の海外ということもあり、日にちが近づくにつれ不安が大きくなっていきました。しかし、実際にカンボジアで過ごしていくうちに「参加して良かった」という気持ちがどんどん強くなっていきました。今ではこのツアーに来れて良かったと心から思います。
 ボランティアとして行ったはずなのに、私の方が言葉では表すことの出来ないくらいたくさんのものをもらいました。子ども達の笑顔を一生忘れません。私も子供達に負けないくらい、日々頑張ります。
 あっという間の6日間でしたが、こんなに密度の濃い6日間は今までもこれからも無いと思います。一生の思い出です。素敵なツアーをありがとうございました。
 また必ずカンボジアを訪れて、子どもたちと「ただいま」「おかえり」の言葉を交わしたいです。
 また絶対行きます!

【カンボジア・スナーダイクマエ】一生懸命な姿が、私には眩しすぎた

 匿名 様 / ご出発日:2016年09月23日

 人生経験として、学生のうちに一度は海外ボランティアに参加したいと思って、今回のツアーを選びました。子どもと関わることができるボランティアを探していて、子どもと自由に関われそうだったことと、以前に行った人たちの感想を見て、スナーダイに行こうと決めました。
 今回のツアーでは、言葉では表せないほどの素晴らしい体験をさせて頂けたなと感じています。一番思い出に残ったことは、やはりスナーダイクマエの子ども達と触れ合ったことです。私はここへ来るまで、これといった夢がなく、なんとなくで過ごしてきました。でも、この旅の中で夢や希望に向かって一生懸命な姿を見て、そんそ姿が私には眩しすぎて、かっこよくて、子ども達に負けていられないな、もっと頑張ろうという気持ちにさせてくれました。
 観光でもただ見て周るだけでなく、ガイドのパナーがカンボジアの歴史や現状を話しながらの観光で、考えさせられること、学ぶことがたくさんありました。6日間という短い間だったけど、6日間とは思えないほど充実した日々で、忘れられない日々になりました。それは他の7人のメンバー、愛さん、パナー、スナーダイクマエの子どもたち、博子さん、他にも様々な人々に支えられ、恵まれていたからこそのツアーだったなと思いました。
 もし再訪するなら、遠足に行ったりキャンプをしてみたりしたいです。

【カンボジア・スナーダイクマエ】「思いやりが平和を作る」

 みな 様 / ご出発日:2016年09月23日

 応募をした時点では、子どもと関われたらいいなと思っていた程度だったので、このツアーにあまり期待はしていませんでした。ですが実際は、子ども達と関わって終わりかと思っていたら、カンボジアの勉強も沢山でき、本当に有意義で期待以上でした。
 すべてが私にとってかけがえのない宝物です。中でも一番の思い出は子ども達との交流です。私は子どもたちにたくさんのことを教えられました。その中で一番大切だなと気付かされた、教えられたことは「思いやりが平和を作る」ということです。博子さんが子ども達に思いやるようにさせているという話を聞いた後に、子どもたちの行動を見て思いました。何かが配られたら周りの人を優先に渡す、何かされたらありがとうと言う。思いやりに包まれている彼らは笑顔が絶えず、その姿を見て素敵だなと感じました。
 しかし、思いやりの大事さを教えるのは周りの大人たちです。彼らはそんな大人たちに囲まれていて幸せだなと思いました。私も思いやりを持ち、思いやりの大切さを教えてくれる人になりたいです。
 本当にありがとうございました。

【ベトナム・フエ】もっともっと人のために尽くさないとと感じました。

 渡辺亮太 様 / ご出発日:2016年09月09日

 各アジアの子供たちと触れ合いたいと当初から考えていて、カンボジアとインドに行ったので、今回はベトナムの子どもの家に行こうと思いました。子どもの家での子供たちと触れ合ったこと、色々と過去がある中で、明るく元気よく生活している姿を見て感動しました。裕福じゃなくても、明るく元気に生活ができているのを見て、自分はもっともっとひとのために尽くさないとと感じました。とても良い経験をさせて頂き、ありがとうございました。

【ベトナム・フエ】子供たちの笑顔が忘れられません

 岡本晏奈 様 / ご出発日:2016年09月09日

 海外の孤児院の子供たちと交流してみたかったので、このツアーに参加しました。一番思い出に残ったことは、子ども達の笑顔です。シャイな子供が多いように感じましたが、時間が経つにつれて、笑顔を見ることができて少しの間でしたが、来た意味があったのかな、と思いました。「子どもの家」の高校生から "大学に行きたい"、"そのために今とても勉強に力を入れている"という話を聞けて嬉しかったです。その夢が叶いますようにと祈っています。

【ベトナム・フエ】目に映るもの全てが新鮮でした。

 谷下仁美 様 / ご出発日:2016年09月09日

 海外ボランティアに興味があり、参加する事で、自分の視野や価値観が変わるのではないかと期待して応募しました。
 ベトナムに初めて来て、目に映るもの全てが新鮮で良い勉強になりました。どの部分もすごく良かったのですが、特にフエ子どもの家の子たちと一緒に運動会をしたことが、印象に残っています。言葉があまり通じない中で、スポーツを通じて、一緒に喜んだり、楽しんだりできて、心で通じることができたのではないかと思いました。
 ベトナムの街の様子や子供たちの生活を生で見て、学ぶことや考えることが多かったです。この瞬間の思いを忘れずに、日本に帰ってからも生活したいです。

【ベトナム・フエ】少数民族の方々に会えて良かった。

 たけのこ 様 / ご出発日:2016年09月09日

 アジアのことをよく知ることができ、実際にベトナムの子供たちとお話ができると期待しました。
 なかなか会うことの出来ない少数民族の方々に合わせて頂き、かつ、お話を聞かせていただくことができました。踊り、歌、楽器の演奏など、色々なおもてなしを受けることができて良かったです。

【ベトナム・フエ】沢山のものを得ることができた。

 北阿子 様 / ご出発日:2016年09月09日

 ベトナムとアオザイに興味があり、応募しました。ベトナム語を全く知らないのに、子ども達や少数民族の方達とちゃんと関わることができるだろうかということが心配でした。確かに、言葉が通じない分、会話に苦労したことも沢山ありましたが、皆が持ってきた遊び道具や共通のことをしているときは、そんなこと関係ありませんでした。
 少数民族カトゥー族の方達との時間もとても良かったです。短時間でしたが、皆優しくて素敵でカトゥー族の方達と出会えて本当に良かったです。
 最初は軽い気持ちで申し込んだのですが、参加して本当に良かったです。アオザイを着て、学校に行くのは恥ずかしかったのですが、いざ行ってみると皆温かく迎えてくれ、学生のほうから腕を組んでくれて嬉しかったです。がっつり喋れるわけでもないのに、日本語でたくさん話しかけてくれて楽しかったです。
 今回参加して本当によかったし、またスタディツアーに参加したいと強く思いました。ありがとうございました!!(^^)!!

【ベトナム・フエ】あと一か月くらいいたかった!

 大橋香月 様 / ご出発日:2016年09月09日

 行く前は、ベトナムの治安が不安でしたが、実際はすごく楽しくて、ごはんもおいしく、ガイドさんもいたのですごく楽でした。
 子どもの家の子供たち、カトゥー族、日本語学生の人達みんな優しくて、みんなとの別れがすごく寂しかったです。あと一か月くらいいたい気持でした!!また会いたい!!

【カンボジア・体育】幸せってなんだろうと考えさせられた

 猪原駿介 様 / ご出発日:2016年09月06日

 海外に行った経験がなく、どうせ行くなら楽しむだけでなく、何か成長したかった。また、これからの人生のスタートダッシュとしての皮切りになればと思って応募した。
 子供たちに体育を教えながら一緒に遊んだ部分で、幸せそうにして、人生それぞれの命と生活があってみんな違うのだと感じ、幸せってなんだろうと考えさせられました。
 このツアーでは、リーダーという今までやったことのない役割を任され、最初は驚きと自分にできるのかという不安しかなかったですが、やるうちに意外と楽しくなりました。上手くまとめられたかはよく分からないけど、任されて本当に嬉しかったです。感謝!

【カンボジア・体育】カンボジア大好きになりました。

 あーちゃん 様 / ご出発日:2016年09月06日

 不安もあったけど、参加して本当に良かったです。参加者のみんなとは体操を一緒に考えるあたりから徐々に会話も増え、最後には「皆、日本で会おう!連絡する!!」とお別れする姿を見て、本当に一つのチームになったんだなと思いました。子ども達の笑顔に元気をもらい、幸せそうに遊んでいる姿を見て、もっともっと幸せに思えるよう、今の仕事を生かした、衛生面や医療などにも関わっていきたいなと思いました。
 今回のツアーは、終わりではなく始まりです。もっともっと海外ボランティアに参加して活動していきたいなと、自分の気持ちを再確認しました。もっともっと日本人が多く参加する事を願っています。もし子供ができたら、参加させようと思いました。
 小山さん、サビーさんのおかげで、カンボジア大好きになりました。本当に本当にありがとうございました!!

【カンボジア・体育】カンボジアのことをたくさん知ることができた。

 菊池隆宏 様 / ご出発日:2016年09月06日

 海外の子どもたちと関われること、もともと体を動かすことが好きだったため、このツアーを選びました。カンボジアの子と体を使って、言葉が関係なく交流したいと思いました。
 みんなと一緒に一週間過ごせるか、カンボジアの治安が心配でしたが、参加する前に予想していたよりも実際の方が色々な体験ができ、カンボジアのことをたくさん知ることができました。
 一番思い出に残ったことは、最後にみんなでごはんを食べたときに、自分の思いや感じたことを言い合えたことで、とても良かったです。

【カンボジア・体育】人との出会いの大切さを学んだ

 橋詰加奈子 様 / ご出発日:2016年09月06日

 今回、このツアーで改めて学んだことは、人との出会いの大切さです。まず、今回一緒に参加した仲間、バラバラの場所に住んでいて、普段普通に生活していたら出会うことができませんでした。
 皆で協力し、一つの行事をやり切れたこと、本当に嬉しく思います。また、カンボジアの小学校の子供たちに出会って、子どもたちから夢を持つ大切さ、毎日笑顔で過ごす強さを学びました。この子達に出会わなければ自分が変われないまま、また同じ日々を過ごしていると思います。
 また、子どもたちも私たちと出会ったことで何かを感じ、何か変わるきっかけとなれば嬉しいです。

【カンボジア・体育】子ども達の笑顔とパワーは一生の宝物

 匿名 様 / ご出発日:2016年09月06日

 初めての海外、初めてのカンボジア。たくさんの初めてを見て食べて触れることができて、本当に楽しかったです。小学校の子供達の笑顔とパワーは一生の宝物としてすっと心に残ると思います。もっとこうしておけば良かったと感じる部分もあったので、ぜひまたこのようなツアーに参加して、できなかったことができるといいなと思いました。
 期待以上の体験が、たくさんできました。多くのことを学べて本当に良かったです!ありがとうございました!!

【カンボジア・体育】思っていた以上に、得るものが大きかった

 川北実穂 様 / ご出発日:2016年09月06日

 兄が実際にこのツアーに参加したことがあり、とても良い経験をしたと聞き、私も行きたいと思ったので参加しました。参加してみると、思った以上に得るものが大きく、本当にこのツアーに参加して良かったと感じています。
 小学校での交流は、本当に暑かったけれど、それ以上に子ども達がパワフルで、目をキラキラ輝かせて来てくれて、本当に嬉しかったし、とても楽しかったです。
 このツアーで、色々な人たちと話せて、色んな話ができて、このツアーに参加して本当に良かったです!ありがとうございました。

【カンボジア・体育】学んで、楽しんで、刺激を受けた!

 蒲池響子 様 / ご出発日:2016年09月06日

 カンボジアの子どもたちと触れ合って、普段できない体験をしたいと思ったので、このツアーに参加しました。
 実際に参加してみて一番楽しかったことは、運動会で子ども達と遊べたことです!!どんなに苦しい生活でも、元気いっぱいで、すごい笑顔で、こっちがパワーをもらいました。
 地雷博物館でアキラさんと会えました!めっちゃラッキーでした!あとは、カンボジアでしかできないこととかたくさんできて、大満足!すごいたくさんのことを学んで、楽しんで、刺激を受けた!このツアーに来た人ともすごく仲良くなれて嬉しかったです。

【カンボジア・体育】パワーをたくさんもらった

 牧野由華 様 / ご出発日:2016年09月06日

 カンボジアの子どもたちの現状を本や映画とかだけでなく、実際に目で見たいと思ったから参加しました。参加する前は、言葉が通じずに子ども達と触れ合うことができるかが不安でしたが、子どもたちのほうから無邪気に寄って来てくれました。言葉は通じないけど、体を動かしたり、踊ったりすることで、みんな笑顔に慣れて安心しました。
 最初は不安でいっぱいでしたが、とても楽しくて参加して良かったと思います。小学校訪問で無邪気な子供たちの笑顔を見て、パワーをたくさんもらいました。小さなことだけど、子ども達のために何かできたと思うとほんとに良い体験になったし、もっと何かできることはないか考えようと思いました。

【カンボジア・体育】夢に向けて努力したい

 大垣内愛紀 様 / ご出発日:2016年09月06日

 今回のツアーを選んだ理由は、自分の価値観を広げて人間力を高めたかったから、将来の夢を選択する上での可能性ややりたいことを見つけたかったから、日本と大きく異なる生活水準の中で子どもがどう暮らしているか見たかったからです。
 実際に参加してみて、今の自分では上手く表現できないほど、得るものがたくさんあったツアーでした。勇気を持ってこのツアーに参加する決断をして本当に良かった。この経験を無駄にしないように夢に向けて努力していきたいです。

【カンボジア・体育】カンボジア愛してます!また行きます!

 小澤智美 様 / ご出発日:2016年09月06日

 今回のツアーで最も良かったことは、小学校訪問です!運動会や、日本の遊びを教えてあげたり、こんな小さなことで人を笑顔にすることができるのかと感動しました。また純粋でパワフルな子ども達に勇気をもらった2日間でした。
 実際に参加してみて、期待通りのツアーでした。カンボジアの子どもたちの笑顔や現地の方々の頑張りを見たら、自分も夢や目標を持って頑張ろうと思いました。また、観光もたくさんできたので、本当に充実した7日間になりました!
 子供達の笑顔は忘れられません!このツアーを選んでよかった!
 カンボジア愛してます!また行きます!ありがとうございました!

【カンボジア・体育】「何事も一歩を踏み出す勇気」

 よっしー 様 / ご出発日:2016年09月06日

 以前から海外ボランティアに興味があり、このようなツアーに参加したいと思っていました。服などの物資を送るのではなく、実際に現地に行って自分自身目で見て、自分で何かできることをしてあげたいと思いました。
 カンボジアの治安と料理は心配でしたが、想像以上に治安も料理も良く、本当に驚きました。ホテルの人もとても感じが良く、安心でした。料理はどれも最高で痩せるどころか太りました。
 今まで生きてきた20年間の中で一番濃い一週間でした。テレビでは分からないカンボジアの現状を見て、本当に様々な感情が沸き、色々なことを考えて学びました。子ども達の笑顔は一生忘れません。そして、あの子たちの将来が豊かになるよう、今後も何らかの形でボランティアを続けて行きたいと思います。
 今回一番学んだことは、小山さんもおっしゃっていましたが、「何事も一歩を踏み出す勇気」です。
 本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】とても充実した6日間だった

 匿名 様 / ご出発日:2016年09月06日

 村の子どもたちに体育を教え、実際に子ども達がどんな学校生活を送っているのか知りたいと思ったので、このツアーに参加しました。思っていた以上に子ども達とたくさん遊ぶことができて、喜んでいる姿を見て嬉しく感じました。また、子ども達と沢山交流でき、笑顔をたくさん見ることができたので、このツアーに参加して本当に良かったです。
 6日間、とても充実した生活を送る事ができました。

【カンボジア・体育】子ども達を見て、私も頑張らないと!と思いました。

 22 様 / ご出発日:2016年09月06日

 カンボジアの子ども達と関わりたい!教育の現場を見たい!と思い、参加しました。
 小学校見学は、学ぶこと、感じることがたくさんありました。決して裕福とは言えない環境の中でも、子ども達は一生懸命勉強し、たくさん遊び、キラキラの笑顔を持っていて、本当にこの子ども達には夢や希望や可能性が沢山あると思ったし、そんな彼らを見て私も頑張らなければいけないと心から思いました。カンボジアはまだまだ発展できる国であると分かったし、そのために私たちにできる事があるならば、ぜひ力を貸したいと思いました。貴重な経験をありがとうございました(^^)!!

【カンボジア・体育】もう一度カンボジア来ます!

 澤田美咲 様 / ご出発日:2016年09月06日

 実際にカンボジアの子ども達と触れ合い、どのような生活水準にあるのか見たかったので、参加しました。食べ物が心配でしたが、予想以上にホテル、食事が素晴らしかったです。
 子ども達との交流、運動会。ガイドのサビー君。全部、良い思い出です。子ども達との交流、運動会では、あんなに体全体を使って喜んでくれて、すごく嬉しかったです。あの子たちがどんな風に成長するのか見たいので、もう一度カンボジア来ます!また、観光では、サビーが分かりやすく一生懸命説明してくれて、こっちも嬉しかったです。
 ありがとうございました。

【カンボジア・体育】とても良い経験になった

 山口晃矢 様 / ご出発日:2016年09月06日

 医療系の分野を学んでいる自分にとって、発展途上国の現状を知る事は、将来の役に立つと思ったことと、子どもが好きなので、子どもに体育を教えることは自分に向いていると思って、このツアーに参加しました。
 一人で参加するため、上手くやっていけるかどうか、言葉が通じない子供たちに上手く体育を教えることができるのか不安でした。実際は、一人で参加している人ばっかりで、小山さんサビーさんが気さくに話しかけてくれたおかげで、すぐに馴染めて楽しめました。また、言葉が通じなくても、子どもたちとコミュニケーションを取れる方法があったので一緒にスポーツをすることができました。
 体育を教える活動では、子どもたちの本当に無邪気で元気な姿を見ることができ、また一緒に遊ぶことができ、とても良い経験になりました。また、観光を通してカンボジアの文化・歴史も知ることができ、カンボジアがもっともっと好きになりました!!

【カンボジア・音楽】笑顔がキラキラしていた

 匿名 様 / ご出発日:2016年09月03日

 カンボジアの子供たちと遊びたいということと、他の参加者と友達になりたいということから、このツアーに参加しました。治安が大丈夫か、食べ物は口に合うか、英語が話せないけど大丈夫かという点が不安でしたが、どの点も全然問題なく、カンボジアの料理はおいしかったです。
 音楽の授業はとても楽しく、子ども達の笑顔がキラキラしているのを見て、ボランティアに参加して良かったと思いました。先生たちも熱心で、もっともっと上手になると思うのでこれからの成長が楽しみだと思いました。アンコールワットなどの遺跡もとても素晴らしかったです。どの点から見ても、すっごく楽しいツアーでした。

【カンボジア・音楽 】なにかしらの「きっかけ」を作ってあげたい

 柴田裕介 様 / ご出発日:2016年09月03日

 今年の冬にフィリピンの貧困地域に住んでいる子供たちに楽器を教えるボランティアをしました。楽器や子供たちのやる気は十分にあるのに、楽器を教えられる指導者がいなかったため、複雑な気持ちになったことを覚えています。今回のツアーでは、子ども達に音楽を教えて、音楽のことを好きになってもらい、なにかしらのきっかけ作りができればいいなと思い参加しました。
 行く前はクメール語の勉強が追い付かず、子ども達とのコミュニケーションがとれるか不安でしたが、音楽で子供たちと心が通じ合うことができました。カンボジアの教育事情を生で聞けたことも本当に良かったです。一番良かったのはもちろん学校訪問で、小学校で授業をさせて頂いたのを始め、子ども達との交流の時間もあって良かったです。また、家庭訪問で現地の生活が見れて、とても勉強になりました。期待以上のプログラムでした。
 現地の小学生たちに「将来の夢はなんですか」と聞いたところ、ほとんどの子が「先生」と答えました。これは国民の8割が農家で、他の職業を知らないことが主な理由だそうです。医者という職業を知らないで医者になりたいという人はいませんよね。子ども達に何かしらの「きっかけ」を作ってあげたいと思い、ツアーに参加しました。
 とある方から、「彼にとって君は忘れられない存在になっただろうね」と言われ、大変嬉しかったのを覚えています。生徒・先生、そして私も2日間で沢山のものを得たのではないかと思っています。

【カンボジア・音楽】とても素晴らしい思い出になった

 立道早央里 様 / ご出発日:2016年09月03日

 このプログラムでは、子ども達と関わる場面が多く、体調にも気を使ってくれ、とても有難かったです。先生にも音楽に触れてもらうことができ、またその手助けをすることができて嬉しかったです。カンボジアの歴史や、環境にも触れ、期待以上のものを得ることができました。
 養護教諭を目指す者としてカンボジアの村の学校を訪問し、日本の学校の設備がいかに整っているかを思い知りました。しかし、子供の目の輝きはカンボジアの子どもの方が輝いていて、考えさせられる部分がありました。このツアーに参加しなければ出会うことのなかった人と一週間を共に過ごし、仲良くなり、とても素晴らしい思い出になりました。値段の決まっていない買い物は新鮮で、値切り方を覚えてしまいました(笑)

【カンボジア・体育】期待以上のプログラムでした。

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月27日

 とても良かったです。実際に来ないと分からないカンボジアの環境や現状を知れました。
一番思い出に残ったことは、小学校の訪問です。日本の小学校と全く違いました。大きな声で歌を歌って、気温が40度近くあっても外で全力で遊んでいて、それからいつもキラキラした笑顔でいてくれて、こんなに恵まれている日本でいるのに情けないなと思いました。子供たちの方から近寄ってきてくれて、運動会のときは積極的に競技に参加してくれて、楽しんでくれて、来て良かったと思いました。子供たちにとっては、たった2日間運動を教えてくれただけのお兄さん、お姉さんで子供たちのためにカンボジアのために何ができたのか分かりませんが、私たちが来なければ感じられなかった何かを得てくれたら、本当に嬉しいです。

【カンボジア・体育】子どもたちと触れあったことは一生忘れないと思います。

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月27日

 思っていた何十倍も良い経験をさせてもらったと思います。良い意味ですごく期待を裏切られました。参加してみて本当に良かったと思うし、また来たいと思いました!!日本に帰ったら周囲の人にも勧めたいです。
 カンボジアに行く前と来てみた今では、考えや知識、感じ方が全く変わりました。今まで何度か海外に行ったことがありますが、ここまで大きな衝撃を受けたのは初めてでした。実際に現地に触れてみて観光とは違ったスタディツアーの良さを知ることができました。今回まわりきれなかった場所や、訪れた小学校など行きたい場所がたくさん増えた。

【カンボジア・体育】期待を超えて楽しかったです。

 ちゃーみー 様 / ご出発日:2016年08月27日

 私は海外へ行く際にツアー化して観光だけするのが嫌で、せっかく海外へ行くなら現地の人と交流したいという想いがありました。子どもたちの無邪気な笑顔が印象的で参加して良かったなと思います。物はお金を払えば買えるけれど、笑顔はお金で決して買うことはできないなと改めて思います。そして、笑顔をみることで癒されました。今回のツアーに参加して、仲間に出逢えて良かったです。

【カンボジア・体育】カンボジアが大好きになりました!

 りゅう 様 / ご出発日:2016年08月27日

 言葉の壁を感じることはありましたが、笑顔で通じ合えるものがあったり、自分の少しの行動で子どもたちがすごく喜んでくれたり、たくさん学ぶことができました。
 今回の旅行で、自分にも出来ることがたくさんあるんだということを実感しました。日本では当たり前になっていることが、すごく恵まれていることだったということに気付きました。最初は不安もありましたが、来てよかったと思ってます。とてもいい思い出ができました。

【カンボジア・体育】積極的に活動に参加することができた

 ありー 様 / ご出発日:2016年08月27日

 活動内容もとてもよかったですが、それ以上に細かい部分を自分たちで決められるため、積極的に活動に参加することができ,自分から行動することの大切さを学ぶことができました。自分たちがした活動がどれほどの影響を与えたのかがとても気になりました。自分たちの思い出がカンボジアの子どもたちに少しでも届けばいいなと思いました。また、今企画しているツアーの中に「再訪」があると聞きました。今回のツアーで終わらせないためにも参加したいと思いました!

【カンボジア・体育】日本とは真逆な所が多かったです。

 藤長隼斗 様 / ご出発日:2016年08月27日

 当初の期待以上でした。自分の働いている体操教室に活かすためのヒントがたくさんありました。
今回のツアーに参加してみて、子どもたちの反応に驚きました。日本の子どもたちは歳をとtyていくにつれて笑わなくなっていくけど、カンボジアの子どもたちはいくつになっても明るく笑って接してくれる。また体を動かす事にも積極的な子どもが多い。日本とは真逆な所が多かったです。これからは日本の良い所を活かしつつカンボジアの良い所を取り入れた指導を体操教室でできたらと思いました。

【カンボジア・体育】『笑顔は世界共通』

 リーダー・K 様 / ご出発日:2016年08月27日

 期待以上だった。子どもたちも積極的に接してきてくれたし、企画内容もスムーズで内容も濃く、とても良かった。活動内容全て良かったが、子どもたちとの交流部分が最も良かった。添乗員・ガイドの配慮が行き届いていて、多くの部分で自分たちで決められることができ、積極的に活動することができた。
 初めはゼミの先生に「一度海外に行ってみてください」という言葉がきっかけで軽い気持ちで参加したこのツアーだったけど、メンバーや天候、たくさんのものに恵まれ、本当に来てよかったと思えるものになりました。『笑顔は世界共通』なんだなあと改めて思いました。恵まれない環境の中、必死に生きている人々を見て、日本という恵まれた環境に生まれたことに感謝すると共に、カンボジアという国に何かしてあげられることはないのか考えさせられました。

【カンボジア・体育】本当に期待以上の1週間になりました。

 田中里奈 様 / ご出発日:2016年08月27日

 思ってたよりも子どもたちと関わる時間も多く、本当に子どもたちから沢山のことを学ぶことができました。一緒に参加した仲間たちともこんなに仲良くなれると思っていなかったので、本当に期待以上の1週間になりました。
 初めてカンボジアの子どもたちと遊んで一番思い出に残ったことは、本当にこっちの子どもたちは泣かない、よく笑うんです。私はこの笑顔を見て、今の私たちに何ができるのかをとても考えさせられました。また、一緒に旅をしてきた仲間と思い出の写真を数えきれないくらい撮って、最高に仲良くなれたことが、この旅に参加して一番よかったことです。今回この旅で学んだことを活かせるようにこれから頑張っていきたいと思います。

【カンボジア・体育】個人がそれぞれの想いをもって動けるツアー

 ゆきこ 様 / ご出発日:2016年08月27日

 予想以上にたくさんの子どもと触れ合うことができました。フリータイムや観光の時間も多くて満喫することができました。今日1日を全力で生きることだけを考えている子どもたちはすごくキラキラしていて、元気をもらいました。このツアーで感じたこと、考えたことを絶対に忘れないで自分にできることを考えていきたいです。参加して本当に良かったです!!

【カンボジア・体育】もっと広めたい。

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月27日

 期待の何十倍もよかったし、同じツアーにもう一度参加したい、もっといろんな人に参加してほしいと思いました。子どもたちと触れあって、言葉で言い表せないぐらい心に来るものがありました。もっとこのツアーのことを写真と言葉で広めてほしいし、広めようと思いました。本当に子どもたちの目はキラキラしていて、日本の子どもたちより毎日楽しそうにしていたし、もう少し触れあいたかったです。子どもたちの歌をきいた時や、最後に抱きついてくれた時は泣きました。
 このツアーに参加して、寄付の品をあまり持ってこなかった事、カンボジアの言葉をあまり覚えてこなかった事を後悔しています。子どもたちの現状をここまで深く知らなかったためだと思っています。今回行った小学校にもう一度寄付をしたいと心から思っています。
 子どもたちと触れあって、人懐っこくて、笑顔がステキで本当に遊んでいて楽しかったし、もう少しこの子たちの為になにかしたいと思いました。カンボジアの子どもたちにもっと体育を広めたいです。そのためにこのツアーのことを広めたいと思いました。子どもたちの笑顔、私たちと遊んでいる所を写真に納めれてとてもよかったです。
うまく言葉にできないけれど、本当にこのツアーにこのメンバーで参加できてよかったと思いました。

【カンボジア・体育】自分の体で感じることができました。

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月27日

 事前期待よりも良かったです。1番の思い出は子供との交流です。遊んだら素直に喜んでくれて、笑いかけたら笑ってくれて、何より考えた体操を楽しそうにしてくれたりしたことです。実際に交流するまではあまり深く子供たちの状況等を考えていなかったですが、交流・散策して、本当に勉強になりました。もっとちゃんとクメール語を覚えて、もっと自分の周りに呼びかけて寄付の品を持ってきたらよかったという後悔はとても大きいです。また再訪ツアーで同じメンバーで同じ小学校を訪ねたいと心から思いました。

【カンボジア スナーダイ-クマエ】文字にできないような大切な経験・思い出ができました。

 石井茉梨 様 / ご出発日:2016年08月19日

期待以上のツアーでした。
全てが良い経験と思い出になりましたが、とくに子どもたちに日本語授業をしたことは心に残っています。
子どもたちはとてもかわいくて、元気で、色々教えてあげられたらいいなと思っていた私のほうがむしろたくさんのことを教えてもらって、とてもパワーをもらいました。夢を自信持って堂々と話す姿を見て、私も負けてられない!と思ったし、子どもたちの夢もために私も何かやりたい!とも思いました。
言葉が通じないときも多かったけれど、それでも一緒にサッカーしたり、ジェンガしたり、カレー食べたり、笑顔を共有できたのはとても嬉しかったです。
このツアーのおかげで、大切な仲間たちにも出会うことができました。この数日間で、夢を語り合い、涙を見せあえる仲間ができたことは、私の一生の宝になりました。
日本語教員になって、またカンボジアにきて、子どもたちに教育の大切さや、日本語を教えたいです。

【カンボジア スナーダイ-クマエ】子どもたちが元気すぎて、私たちが圧倒されるくらいでした。

 森中愛里 様 / ご出発日:2016年08月19日

期待以上でした!これほどまでに充実した日を過ごせるとは思ってませんでした。知らない人が多く、不安なこともありましたが、一日目から不安が吹き飛びました!
今回のカンボジアで過ごしたすべてが私にとってとても大切な思い出になりました。
スナーダイ・クマエの子どもたちとの交流は私の考えを大きく変えてくれました。一生懸命生きること、楽しく過ごすこと、大切な人を心から大切にすることを改めて教えてくれました。
このツアーのおかげで、自分が日本ですべきことが具体的に決まり、将来の夢に向かって一直線に走り抜ける準備ができました!

【カンボジア スナーダイ・クマエ】 これからの人生に生かすことができると思った。

 K・K様 / ご出発日:2016年08月19日

孤児院あるいはカンボジアの現状を直接見直して、聞いて。肌で感じることができて良かったです。
最初、このツアーを考えた時、「子どもたちにとって私たちが来ることは迷惑じゃないのか」言い方は悪いけど、「私たちのツアーのために子どもたちの時間を奪う(利用する)のは良くないのかな」と悩みました。

でも、実際に子どもたちと遊んでみて、むしろ子供たちの方から手をとって遊ぼうと言ってくれて、日本語の授業もまっすぐな目で受けてくれて、子どもたちにとってもこの時間は楽しい思い出になったかなと思いとても嬉しかったです。

将来、国際協力をしたいと思っている私にとって、実際にカンボジアで孤児院をやっているメアス博子さんの話を生で聞けてたことは本当に良い経験になりました。「自分で決めたことを貫いて周りに流されず、失敗してもなんどでも挑戦すればいい」というお言葉がとても心に響きました。
博子さんの言葉は本当に心に刺さって、これからの人生に生かすことができると思った。

また、同じような目的をもってこのツアーに参加した同世代のみんな(参加者)と関わることができて良かったです。
ふだんあまり自分の将来の夢について口に出すことはできなかったけれど、お別れ会でみんなの前で話すことができたし、みんなの夢を聞いて、自分も頑張ろうと刺激を受けました。
まだ出会って1週間もたってないのに自分をさらけだせる仲間に出会えたこと本当に感謝しています。

1週間という短い間だったけれど、このツアーに参加しなければできない経験をたくさんさせてもらって、本当に濃い充実した時間をすぎすことができました。
添乗員さん、日本語ガイドさん、子どもたちと交流する機会をくださった博子さん、一緒にツアーに参加したみんな全員に本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ-クマエ】たくさんの素敵な人と出会うことが出来た

 湯浅麻依子 様 / ご出発日:2016年08月19日

カンボジアのイメージがガラッと変わりました。自分が思っていたよりも何倍も発展していて、良い場所でした。
スナーダイでの子ども達との出会い、日本語の授業はとても日本では出来ないことで、貴重な体験でした。人気観光地となっているアンコールワット・アンコールトム等の遺跡巡りも、何百年も前に作られた神秘的な世界に実際に足を踏み入れることが出来、良い経験となりました。思っていた以上に彫刻がきれいに残っていて美しい世界でした。
今回の一番の思い出はたくさんの素敵な人と出会うことが出来たことです。夢が曖昧でまだはっきりしていない私にとって、夢を語る子どもの姿はとてもまぶしく、刺激を受けました。
そして、何より15人と出会うことが出来ました。たった5日・6日だけだったのに色んな話しが出来、視野が広がったなと感じます。本当に大好きになってしまい、お別れがさびしいです。
不安も来るまではありましたが本当に参加して良かったです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】気付けなかった事をたくさん知れたことは本当に自分にとって一生の宝物です。

 Y・S様 / ご出発日:2016年08月19日

僕はサッカーが好きということで子どもたちと暑い中サッカーをしました。
日本語を話せる子、話せない子関係なく楽しく遊べたのがとても良かったです。
孤児院の子どもたちが想像以上に元気で元気を与えるつもりがたくさんの元気を子どもたちからもらえました!

今回のこのツアーに参加しなければ分からなかった事、気付けなかった事をたくさん知れたことは本当に自分にとって一生の宝物です。
元々、何か自分の将来に役立てるような経験をこのツアーでしたいと思い参加したので、本当に本当に良い経験を話すこと以外に触れ合うことで、自分の目、耳、口、肌で感じることで体験できたのが良かったです。

そして、今回は周りが色々な事を自分に与えてくれました。
次からは自分が周りの人の何か少しでも糧なれるようなものを伝えていけたらいいなあと思いました。
また、今回だけでなくまたカンボジアに絶対に来たいと思います。
今回は貴重な体験をさせて頂き本当に感謝しきれないです。
有難うございました。

【カンボジア スナーダイ-クマエ】良い意味でのショック

 真下晴加 様 / ご出発日:2016年08月19日

 確実に期待以上のものを得られました。正直、かわいそうだから少しでも遊んであげたいと上から目線な気持ちも参加する前はあったのですが、そんなこと全くなくて、来ないと分からないことがたくさんあると知れました。
何年たってもこのツアーに参加して良かったと思うと思います。私は、自分の大学の友人に将来やりたいこととか、貧困、教育などについてどう思ってるとか話せませんでした。でも、このツアーでは、自己紹介のときになぜ参加したのか理由を言うので、みんな似ている考えの子なんだとかやりたいこと同じとかの人がほとんどでいつもとは違う話しができて、よかったし、やりたいこととかも言えてスッキリしました。
カンボジアのことをカンボジアで学ぶから意味があるんだと思いました。カンボジアに来たら、もっとこの国のことを知りたいと思いました。
 今回のツアーで会った人はみんな、尊敬できる人です。行く前は、知らない人とだし、貧困だし、直前にやめようかと本当に思っていたのですが、来てよかったです。
これからも勇気をもって海外にとびだしていきます!

【カンボジア スナーダイ・クマエ】沢山の収穫がありました。

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月19日

思った以上に沢山の収穫がありました。参加者全員が高く強い意志を持っていて刺激を受けました。
本当の「幸せ」とは何かを考えさせられました。

実際にカンボジアの現実を直接教えて頂けたのは大きな財産です。

このツアーに参加し、多くのことを学べたことでその夢に一歩近づけたと確信しています。
このツアーが初海外なので、これを機にもっと色々な国に行って各々の教育状況について学び、大人になったらそれを世に発信していきたいです。
オークン!

【カンボジア スナーダイ-クマエ】自分を見つめ直せてよかった。

 伊東敦紀 様 / ご出発日:2016年08月19日

 実を言うと、僕がこのツアーに参加したのは、海外大学に行きたいと思っていて、その申し込みの際に書くアクティビティに使えたら良いな、というひどく利己的な理由からだった。
しかし最初は利己的な理由でもこのボランティアを通して自分を見つめ直せてよかった。もちろん、友達を(リレーション)作るという目的も見つかり、実際におちょくれる先輩もできて、嬉しかったです。
ありがとうございました!

【カンボジア スナーダイ・クマエ】歴史を学ぶことの重要さを学びました

 阿部恭佳 様 / ご出発日:2016年08月19日

ただの観光ではなく、カンボジアの歴史や色々な側面から見たカンボジアの現状を学ぶことが出来て良かったです。
歴史を学ぶことの重要さを学びました。
日本で学んでいるだけでは分からないことに気づいたり、先入観をいい意味でくつがえされたりとても濃い一週間でした。

このスタディーツアーはとても内容が充実しており、来てよかった、選んでよかったとおもいました。
ただ観光をしているだけだと、遺跡巡りなど”良い”側面しか見られなかったと思いますが、内戦や地雷について学んだり、孤児院の子どもたちと交流する機会が設けられていたことで、カンボジアのまだまだな現状を知ることができ、本当に勉強になりました。

孤児院の子どもたちと触れ合うことを通して、自分の夢ってなんだろう?どんな努力をすればいいんだろう?ということを深く考えさせられました。
それと同時に子どもたちに夢にむかってひたむきに努力することのすばらしさを教えられました。
日本に帰ったら色んな人にこの経験を伝えていきたいです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】この子たちの夢を本気で応援したい

 島田南菜子様 / ご出発日:2016年08月19日

自分が子どもたちにしてあげられたことより、子どもたちから教わることの方がとても多かったです。
子どもたちと触れ合うことが、自分を見直すきっかけにもなりました。

博子さんとお話しできたことが、とてもよかったです。
心に残る言葉をたくさんかけて頂き、孤児院での活動のフィードバックがしっかりでき勉強になりました。

帰る場所があること、自分を大切にしてくれる人がいること、それがどんなに幸せかということを改めて考えさせられました。
まっすぐな目をした子どもたちに心を動かされ、目の前にあるものに一生懸命に全力で楽しみながら取り組み、何歳になっても夢や目標を持つ続けたいと思いました。
現地に来たことで「助けたい」ではなく、「この子たちの夢を本気で応援したい」という気持ちに変わりました。
溢れるほどのたくさんの気持ちを感じたとても濃い旅でした。

【カンボジア・体育】濃厚な一週間を過ごせて幸せでした!

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月16日

 昨年もスタディツアーに参加したのですが、そのときと同様にボランティアを通じて、色んなことを学べたら良いと思って、参加しました。
 自分の周囲には体育会系の人がいないことと、自分自身運動が好きではなかったので、人間関係で共通点がなく苦労しないか心配でしたが、こどもたちに体育を教えることができてとても楽しかったです。
 参加メンバーは21人と多かったのですが、添乗員の方のおかげで、チームワークが最高に良かったです。クメール語も最初は難しかったけど、学校施設で覚えていって良かったと思いました。
 さよならパーティーのとき、みんなの熱い思いを聞いて、同じ思いでここに立てることが本当に素敵なことだと思いました。1日1日が充実していて、濃厚な一週間を素敵なメンバーと過ごせて幸せでした!!

【カンボジア・体育】素晴らしいメンバーの一員になれる

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月16日

やはり、村の小学校に行って子どもたちとふれあった時間は忘れられません。子どもたちが、私たちのことを待っていてくれるのが嬉しくて嬉しくて、またすぐに会いたいです。
子どもたちと遊んだ思い出もとても大切で、これから私たちがつなげていかないといけないと思っていますが、私は、このメンバーと1週間すごせたことに感謝しています。私がこんなすばらしいメンバーの一員になれるなんて、ぜいたくすぎると思っています。
私たちをつなげてくれた村の子どもたち、カンボジア、ピース・イン・ツアーの方々に感謝します。

【カンボジア・体育】その国の本当の姿が分かる

 辰巳遥 様 / ご出発日:2016年08月16日

出発前日に血膜炎になったりで、不安がすごく大きかったんですけど、今は参加してよかったというかめっちゃ友達とかに自慢したいです。「子どもたちに夢を与えてくれてありがとう」という言葉で、自分のために参加したのが、人に影響を与えていたのが一番心に残っています。”建物や物資よりも先生が必要”という事実を聞いた時はもしこっちで仕事を見つけるとしたら先生かなって思ったけど、日本人が経営している店に行って『物や人よりも教育が必要』だと思いました。あと、普通に旅行に行くよりもこういうツアーに参加した方が、その国の本当の姿が分かると気づいて、考え方が変わりました。
素敵なツアーをありがとうございました。オークン(^o^)

【カンボジア・体育】笑顔は共通のもの

 織田ゆきほ 様 / ご出発日:2016年08月16日

言葉の壁はあったが、笑顔は共通のものだと改めて感じることができました。思っていた以上に皆と仲良くなれ、日本ではできない経験ができて良かったです。子どもと関われたし、観光も満足できるものでした。海外で入院して、できないこともあり、後悔が残るものだったので、また再チャレンジでカンボジアに来たいです。

【カンボジア・体育】想像以上に様々な人々と触れ合うことができた

 大橋未来 様 / ご出発日:2016年08月16日

観光では行くことができない村や小学校に行けたのがとても良い経験であった。想像以上に現地の子どもたちや様々な人々と触れ合うことができた。
今回初めて海外ボランティアで不安もあったけれど、素敵な仲間や子どもたちの笑顔と出会えて、本当に参加することができて良かったと思います。行く前と行った後でカンボジアの印象も大きく変わり。とても心が豊かで幸せな国であるということが実感できました。

【カンボジア・体育】非常に有意義なもの

 匿名様 / ご出発日:2016年08月16日

自分が先入観でとらえていたカンボジアという国の印象が少し変わった。子どもたちの笑顔は、日本の子供たちに負けないくらいキラキラしていて、これからもっともっと発展していってほしい、更には、今回の活動がその一助になればいいなと思いました。運動会や交流の時に、体操や遊び方、種目の説明など、自分たちで考えて子どもたちに教えることができて、自分たちで一から作り上げることができてよかったです。
参加する前は、国の情勢だったり、他の参加者と馴染めるかなど、不安なことが様々ありましたが、1週間を通して様々な話をする中で、メンバーと協力して1つの活動を作り上げることができて、非常に有意義なものになりました。実際にカンボジアに来てみて感じることは、すごく多かったので、今回参加して本当に良かったです。

【カンボジア・体育】期待以上のものでした

 あおば様 / ご出発日:2016年08月16日

 期待以上のものでした。カンボジアに対するイメージや考え方がガラッと変わったし、教育や子どもに対する視野も広がりました。年齢も職種も、勉強していることもバラバラだからこそ、良い刺激を受けることができました。とても楽しくて、学ぶことが多くて、充実した7日間を過ごせました。カンボジアの子どもは目がとてもキラキラとしていて、「今、幸せです!」と即答していた姿がとても印象的でした。初めての海外で不安がたくさんありましたが、やさしくておもしろくてわかりやすい添乗員さんと日本語ガイドの方々、そして一緒に活動をしたメンバーでカンボジアに来れて本当によかったと思いました。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】子どもたちに夢を与えるという成果を得ることができた

 K.S様 / ご出発日:2016年08月16日

参加する前は、体育を教えることがカンボジアにとってどのような支援となるのかビジョンが見えなかったが、実際参加してみるとカンボジアの未来のために子どもたちに夢を与えるという成果を得ることができた。

学校の子ども達に体育を教えることはもちろんだが、アンコールワット観光や地雷博物館見学などの様々な活動を通して、カンボジアという国というものを深く理解することができた。

【カンボジア・体育】貴重な経験、充実した日々、最高でした!!

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月16日

 子どもたちとの交流を通して、価値ある経験ができ、体育のよさを改めて考えることができ、これからの人生に活かしたいと思えた。参加者との生活もとても充実して、参加する前の気持ちより数百倍よい経験ができた。
 幸せの価値観の違いについて考えられた。すべてのことを自分の価値観だけで判断していたことに気がついた。自分の一人の力で何かが変わるとは思わないけど、何かを変えるきっかけを与えることができるのかなと思った。

【カンボジア・体育】子どもたちの笑顔が忘れられません

 きょうすけ様 / ご出発日:2016年08月16日

期待以上でした。
実際に見て、学ぶことで気づけることは多くあり、何より子ども達の笑顔が忘れられません。

フリータイム終了間近、子どもたちがあつまってきてクメール語で必死に何かを伝えようとしてくれていましたが、最後までわからず本当にくやしかったです。語学の勉強は大事だと痛感しました。

最後に子どもたちがクメール語で何か言われてから大勢で抱きついてきてくれてとてもうれしかったです。
その言われていた意味が「また、日本の人たちに会いたい人は抱きついてきてください」だったと知り涙が出ました。



【カンボジア・体育】子ども達と純粋に触れ合っている自分に驚きました

 天野誠之様 / ご出発日:2016年08月16日

子ども達の純粋さを通して自分の仕事に対する疑念が増えたという実感はある。
日本にいる時は一日一日ただ仕事をこなし、休日はただ何もすることなく休み続ける生活を送っていましたが、この一週間は非常に内容も濃く、また純粋に子ども達と触れ合えたという自分の変化にもおどろきました。

社会人の夏休みをこのツアーに充てる事になり大なり小なりの迷いはありましたが、今では参加して自分の日々の考え方やキャリアを再確認することが出来たので非常に有意義なツアーとなりました。

添乗員さんを初め、ガイドさん、20人のツアーメイト、そしてカンボジアの人々に感謝しています。
本当にありがとうございました。オークン。

【カンボジア・体育】楽しい思い出しか残っていません

 田井中舞歌様 / ご出発日:2016年08月16日

最初にこのツアーのことを知ったとき、絶対に行くしかないと心に決めました。
不安のほうが期待を上回っていたけど、一週間振り返ると本当に楽しい思い出しか残っていません。
たくさんの人に出会い、幸せな時間でした。

体育教師になるという信念、人に夢を与え続けるという信念を持ってこれからも頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】本当にこのツアーに参加してよかった。

 亀井繁毅様 / ご出発日:2016年08月16日

不安に思っていたことがバカのように応じて本当に色々なことを学ぶことができました。
このメンバーに出会わせてくれて本当にピースインツアーの人々には感謝しています。
この21人のメンバーで本当によかったです。
出会えてよかったです。
本当このツアーに参加してよかったです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】全ての出来事が期待以上でした

 あやり 様 / ご出発日:2016年08月09日

全ての出来事が期待以上でした。

スナーダイクマエの子ども達との交流がすごく印象に残っています。
子ども達のキラキラした笑顔をたくさん見れたり、私たちも思わず笑みがこぼれたりと本当に幸せな時間を過ごしました。
発表会などでの歌やダンスも本当に上手で、生まれて初めて歌を聞いて涙がでました。

今の自分の現状を変えたいと思って申し込んでみたものの、不安で一杯だったけれども参加者のみんなと出会って6日とは思えないほど楽しくすごしたり、深い話もできたり時には泣いたりと濃い時間をすごすことができたなと思います。

本当にすべてが良い思い出で、思い切ってピースインツアーの冊子をとりよせてよかったと心から思います。
添乗員さん、ガイドさん、博子さん、スナーダイクマエのみんな、参加者のみんなカンボジアで出会った全ての人に感謝してもしきれないです。

【カンボジア・体育】人のためになることがしたいとはっきりと思えるようになりました

 匿名 / ご出発日:2016年08月02日

カンボジアの子ども達が少しでも私たちと遊んで楽しい思いをしてくれて、それが子ども達や先生方のためになってくれたらいいなと思い、このツアーを選びました。実際に参加してみて、想像していたよりも素晴らしい体験ができました。子ども達は最後に私たちに駆け寄ってくれて、泣いてくれる子もいて、自分も泣くとは思ってなかったのに、すごく泣いてしまいました。今回このツアーに参加して本当によかったです。自分の考えや将来についての目標などがしっかりと考えられたし、カンボジアのことやカンボジアの人たち、子ども達と触れ合うことで、自分の未熟さや情けなさに気付いて、これからはもっと行動をおこして人のためになることがしたいとはっきりと思えるようになりました。子ども達が幸せと大声で言ったあの時の気持ちは、一生忘れられないと思います。カンボジアの人たちは日本人に比べればまだ貧しいのかもしれないけど、私にはカンボジアの人達が本当に幸せなんだろうなと思えて、苦労もたくさんあると思うけれど、少しでも私がカンボジアの人達の役に立つことができたらいいなと思いました。これからもっともっとたくさんの世界を見て、広い視野をもって、カンボジアの人達のような、心の優しい人になりたいと思います。本当にカンボジアに来てよかったです。ツアーに関わってくれた方々、一緒に素晴らしい経験をすることができた仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また、会えるのを楽しみにしています。絶対にまたカンボジアにも行きたいです。

【カンボジア・体育】とても良かったです

  / ご出発日:2016年08月02日

言葉は通じなくても、子供たちに運動の楽しさを教えられると思い、このツアーを選びました。参加する前は、海外に行くこと自体初めてで、現地でやっていけるかとても心配でした。しかし、実際に参加してみて、本当によかったと思いました。また、子ども達との交流で、こっちが本気で向き合った分、子ども達も一緒に楽しんでくれて、最後は涙まで流してくれたことが、一番思い出に残りました。

【カンボジア・体育】本当にありがとうございました

 Tsuka. / ご出発日:2016年08月02日

想像をはるかにこえていました。行って見て分かる事、やって見て初めてわかること、この2つを体験できたのがすごく良かったです。子ども達との交流で、行く前の不安はすぐに吹っ飛び、純粋な笑顔で接することができました。別れの時、まさか自分が泣くとは思いませんでした。たった2日間の交流は自分の考え方を大きく変えてくれたと思いました。この一週間本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】得るものがたくさんありました

 藤勇斗様 / ご出発日:2016年08月02日

自分の価値観を変え、少しでも何かを得ることができ、大人になれたらないいなと思い、このツアーに参加しました。カンボジアの小学校の子供たちが、素直で純粋で寄ってきてくれて嬉しかったです。体育を教えるツアーということだったけれど、教えること以上に子ども達から得るものがあって、自分の心の底から良かったと思えるツアーで良かったです。添乗員さん、ガイドさん、頑張っていてくれて本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】カンボジアの素晴らしさを感じることができた。

 田中謙雄 様 / ご出発日:2016年08月02日

 このツアーを選んだ理由は、教師になりたいので、そのために学べることがあるのではないかと期待したからです。
 行く前は、不衛生であることに不安を感じていましたが、カンボジアの教育やその国の素晴らしさを感じることができました。
 最も思い出に残ったことは、村の小学校の子供たちに運動会を教えたことです。全世界共通で、運動会は盛り上がるものだと感じました。日本語ガイドの方には、全てに全力で、本当にお世話になりました。ガイドの方のおかげで、こんなに楽しいツアーになったと思います。このツアーを通じて、カンボジアの子供たちは、たとえお金が無くても幸せであると感じていることに非常に驚きました。
 この7日間の活動を日本に帰っても、伝えていきたいと思っています。参加者のみんなとは、また機会があればワイワイしたいですね!ありがとうございました。

【カンボジア・体育】とにかく、楽しかった!

 岩崎世奈 様 / ご出発日:2016年08月02日

 ただ海外に行くだけではなく、高校生のうちにボランティアをすることで何かを得られるのではないかと思ったので、このツアーに参加しました。
 初の海外ということもあって、チケットの扱いや乗り継ぎ、機内に持ち込めないものとか、その辺が心配でした。でも、大学生や社会人の年上の方々が引っ張って行ってくださったので安心でした。
 一番思い出に残ったことは、小学校で運動会をしたことで、色々な年齢層の人と一つのことに取り組めたのが良かったです。思った以上に、楽しかったです。

【カンボジア・体育】感動を与えてくれた子ども達に感謝

 匿名 様 / ご出発日:2016年08月02日

 英語が通じない子供たちに、どのようにして体操などの体育を教えたり、また、コミュニケーションを取り合うのか。あと、日本の子供とカンボジアの子供たちの反応の違いを実感することができるか、知りたかったので、このツアーに参加しました。
 言葉が通じなくても体で表現したり、笑顔でいると子供たちも笑顔で接してくれて、中には英語を話す子供もいたので、言葉は通じなくても、コミュニケーションは取れることが分かりました。そしてやはり、英語が話せれば距離が近くなると実感しました。運動会を行ったとき、子ども達がメダルをもらって喜んでいる姿は、とても印象的でした。自分たちで考えた体操でも、子供たちは喜んで体を動かして、参加してくれていたので、とても嬉しかったです。
 日本語ガイドの方は、私たちが子ども達とコミュニケーションを取るために必要な単語をしっかり丁寧に教えてくださいました。そして、観光では、分かりやすく、ポイントを押さえたアンコールワットの歴史について知ることができました。キャラクターも良くて、最高のガイドさんでした。
 一番に思い出に残ったことは、子ども達とお別れするときに、子ども達が泣いて駆け寄ってくれて、ハグやキスをしてくれたことです!たった2日間でこんなにも仲良くなって、感動を与えてくれた子ども達には本当に感謝しています。

【カンボジア・体育】自分の殻を破ることができた

 町光悠 様 / ご出発日:2016年08月02日

 参加前の自分とほぼ対極にこのツアーの趣旨、目的があったので、自分を変えられるかな、と思っていました。
 他のツアー参加者、添乗員、ガイドなど関係者と打ち解けることができるのかな、と思っていました。でも実際は、みんな個性があって、それを生かした仲間づくりができていて、想像していた以上に、自分を変えられたかなと思います。
 ごはんを食べるのも、子ども達と遊ぶのも、街を散策するのも、どれも最高でした!が、一番を選ぶのなら、一緒に時間を過ごした仲間、友達そのものが最も良かったと思います。
 参加する前は、虫・写真がダメ、外国=汚い、のような固定観念に縛られていましたが、それを全て変え、恥や意固地な考えを全て捨てれば、ものすごく楽しめました。自分の殻を破れたような気がします。良い経験、思い出になりました。
オークン!

【カンボジア・体育】日本の先生方や子供たちに伝えていきたい

 谷口七海様 / ご出発日:2016年08月02日

体育の授業がまだ普及されていない国では、どのようにして子供たちは体を動かして遊んでいるのか興味があったため今回のツアーに参加しました。高校生から社会人まで年齢は関係なく皆で楽しく過ごすことができて本当に良かったです。普段なかなか体験できないことをすることができて、自分の人生が大きく動くのではないかと思うほど、いい経験ができました。この活動で吸収したことを日本に持ち帰って、日本の先生方や子供たちに伝えていきたいと思います。また、もっともっとカンボジアや他の世界の国のことについて知りたいと感じました。

【カンボジア・体育】楽しいだけでなく、いろいろなことを知れて本当に良かったです。

 五十嵐妃桜様 / ご出発日:2016年08月02日

値切り交渉ができて楽しかった!ボランティアだけでなく、観光もできて毎日が充実していました。トゥクトゥクはアトラクションみたいでおもしろかったです。道を歩いているとたくさんの子どもがお土産を売りに来て、バスに乗ってもまだ売ろうとしていたことがかわいそうで悲しかった。そういう子供を助けてあげたいと思いました。

【カンボジア・体育】自分の価値観が変わった

 I ? Cambodia 様 / ご出発日:2016年08月02日

 今回、初めての海外だったので、言葉が通じないのにどうやってコミュニケーションを取ったらいいか、ということが不安でした。実際に学校に行き、子供たちが本当に素直で、体育を教える側も楽しく活動できました。それ以外では、街にいる外国人ともコミュニケーションが取れたことが嬉しかったです。
 今回のツアーは私の将来の夢の後押しになったし、新たに海外に携わる職にも就きたいと思い始め、視野も広がったし、海外への考え方が参加する前とは違う考え方になって、自分の価値観が変わりました。成長できるツアーでした。外国人とのコミュニケーションは、自分が思っていた以上に楽しくて、本当に自分が変わった良い機会でした。
 また参加したいです!

【カンボジア・体育】この縁をいつまでも続けていきたい

 越野明花 様 / ご出発日:2016年08月02日

 海外へ行くのは久しぶりで、全く知らない人とカンボジアで生活することが不安でしたが、想像していたカンボジアと違い、料理はおいしく、カンボジア人の優しさ、子ども達との触れ合い、仲間と仲良く生活できたので、とても楽しかったです。カンボジアでは、当たり前ではない体育をみんなと一緒に基本的な運動や体操を教え、たくさん遊び、交流でき、体を動かす楽しさを伝えることができました。
 一日目はどんな旅行になるか、メンバーと仲良くできるのか、色々と不安が大きかったです。でも、村での準備から次第にみんなと話すようになり、一緒にみんなでごはんを食べ、買い物をし、今まで経験したことがないことをして、とても楽しい時間でした。カンボジアの言葉や文化、生活など全く知らなかったけど、カンボジア人と話をしていくうちに慣れていき、今まではカンボジアという国、カンボジア人が大好きになりました。
 ここ1年笑顔がなかった私を、子ども達を始め、カンボジアの人々、このツアーに関わって下さったガイドさん、添乗員さん、そして仲間が笑顔にしてくれました。改めて、このようなツアーに参加して仲間ができ、とても貴重な経験ができ、少しは自分自身が成長できたと感じました。本当にみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 この縁をいつまでも続けていきたいし、またこのメンバーで同じツアーがしたいです。
 本当に本当に、みんな最高(最幸)です!!!

【カンボジア・体育】「お土産」いっぱいです。

 佐藤糸己里 様 / ご出発日:2016年08月02日

 外国の子供たちと触れ合いたかったことと、教師をしているので、日々の子供たちとの関わりを見直したかったので、このツアーを選びました。
 年齢の異なるメンバーと上手くやっていけるかどうかが不安でしたが、年齢や経験の違う仲間との関わりから、多くのことを学べました。子どもの純粋さと、それを見て一生懸命応えようとする仲間の姿に、自分も変わりたいと感じました。
 今回の旅は、一週間とは思えない位、出会いと学びがいっぱいの密度の濃いものでした。交流先の子供たちや先生、ご家族の笑顔、個性ある仲間たちと共有した経験、皆と沢山話せたことなど様々な年や経験の人達と共に過ごせることは、他ではできない体験でした。言葉に仕切れない位、たくさんの感動と学びがありました。
 お世話になった添乗員の方、日本語ガイドの方々、全ての皆さまに感謝します。ありがとうございました(^^)

【カンボジア・体育】一生の友達ができた

 浅見絵梨 様 / ご出発日:2016年08月02日

 ボランティアにもともと興味があり、その中でも今回のツアーは自分の好きな体育を教えることができるので、このツアーに応募しました。
 参加者は学生が多いので、社会人である自分が行くことが不安でしたが、社会人の方もいたし、学生とも上手くやっていくことができました。
 小学校訪問最終日での子供たちとのお別れのとき、”もう一度会いたかったら、抱き着いてください”という言葉で、子ども達は、迷いなく私たちのところに飛び込んできて、ずっと腕を離さなかったことが一番の思い出です。2日間の交流だったけど、こんなにも別れを惜しんで私たちを必要としてくれている気持ちが直に伝わってきました。
 みんなとツアーに参加して、すごく楽しかった!今回限りではなく、一生の友達としてこれからもよろしく!!!

【カンボジア・体育】最高の思い出ができた

 ゆにこーん 様 / ご出発日:2016年07月26日

 今回、国際交流、大好きな子どもたちと直接触れ合い遊ぶ、カンボジアという国がどのような国かを知ることができるという点に魅力を感じ、体育ツアーに応募しました。
 参加する前は、治安の面に不安を抱いていましたが、その心配には及ばず、実際はとても良かったです。最高でした!
 特に良かった点は、たくさんの国の人と関わることができ、カンボジアの人々の国民性の良さをよく知ることができた点です。日本語ガイドの方も、説明が分かりやすく、信頼できました。
 今回のツアーに参加して、カンボジアの人々の優しさと笑顔が大好きになりました。この国の人々は幸せなんだと思います。最高の思い出ができました。カンボジアにまた来たいです。
 高校生の方。来て損はありません!!最高の経験ができるので、とてもおすすめです。

【カンボジア・体育】カンボジアのイメージがガラッと変わった

 さつき / ご出発日:2016年07月26日

 教育に興味があり、体育・運動が好きなこと、また、一人で参加する事により、少しでも良い刺激を受けられたいと思ったことと、保育士になりたいという気持ちが本当かを確かめたくて参加しました。
 このツアーに参加する前までは、治安が悪い、汚い、物がないのではないかと不安でした。実際に行ってみると、日本に比べて物は確かに少ないし、汚いですが、みんなのびのびして明るく、仲が良く、キラキラしていました。本当に幸せそうだと思いましたし、日本より幸せだと思いました。
 最も良かった点は、子ども達と触れ合えた点ですが、もう少しその時間が長ければ良かったのにと思いました。
 ツアーガイドの方はとても良く、明るくて優しくて癒されました。
 最初は不安だったし、こんなことで子ども達は喜ぶのだろうかとか色々考えていました。私たちは、遊びや体育を教えに行きましたが、逆に笑顔にさせられ元気をもらいました。カンボジアと聞いて最初はあまり良いイメージを持たないかもしれませんが、行けば必ずカンボジアのイメージがガラリと変わります!これは行った人にしか、絶対分かりません。本当にこのツアーに参加して良かった!!ツアーのみんな、一週間、本当にありがとう!!めちゃくちゃ楽しかった!!一生忘れない大切な思い出になりました。みんなが大学生になったとき、再訪ツアーに行こうね!!
 カンボジアの人々、ツアーガイドの方々、最高の仲間、最高の思い出をありがとうございました!!

【カンボジア・体育】人生でこんな素敵な経験ができるとは

 石田陽毬 / ご出発日:2016年07月26日

 海外の貧しい子供たちや人々を助けることができたら嬉しいと思ったので、このツアーを選びました。ですが、最近、世界各地でテロが多発しているので、日本に生きて帰れるかが心配でした。
 実際に参加してみて、生きて帰れそうで安心しました。思った以上に、参加メンバーと仲良くなれたし、カンボジア人も明るく可愛らしい人が多くて、カンボジアが大好きになりました。何よりも、子ども達との小学校での交流がとってもとっても楽しくて、私はすごく幸せになりました。
 小学校では、子ども達に様々なことを教えて、とても喜んでくれたので、すごく良かったです。とりあえずそれが一番ですが、おいしいいものがいっぱい食べれたこと、自由行動の時間があったのも良かったです。
 ガイドの方の日本語は聞き取りやすく、分かりやすかったです。とても親切でかわいく、一緒にいてくれて嬉しかったし、楽しかったです。超最高のガイドさんです!!
 今回、カンボジアのことは全部は知れなかったと思うけど、カンボジアの子供たちに必要なのは、寄付金ではなく、教育や愛情なんだなとしることができました。またカンボジアに来たいし、これからも目を向けていきたいです。このツアーに参加して本当に良かった!人生でこんな素敵な経験ができるとは思っていませんでしたよ。周りもいい人ばっかりで、みんなを見習って、私ももっと立派な女性になる努力をしようと思いました。みんな大好き!また会いたい!最高のツアーでしたね★ありがとうございました!

【カンボジア・体育】この国のことをもっと知りたい

 大田紘子 様 / ご出発日:2016年07月26日

 このツアーは、安全に海外に行けそうだと思い、学べることがありそうだと思ったので参加しました。
 参加前は、他の参加者と仲良くなれるか、物が足りなくて困らないか、食べ物の安全が不安でしたが、実際はとても安全で、学ぼうと思えばいくらでも学べました。
 最も良かった部分は、3・4日目の小学校訪問で、メインの活動なだけあってとても充実していました。ガイドの方も、良い人だったし、助けられました。
 カンボジアはとても安全で楽しかったけれど、このツアーだけでカンボジアのすべてを知る事ができたとは思っていません。でも、これをきっかけに、この国をもっと知りたいと思えました。

【カンボジア・体育】私にできる小さなことは、伝えていくこと

 ピーチ 様 / ご出発日:2016年07月26日

 自分の将来を明確にするきっかけになればいいなと思い、このツアーに参加しました。関西空港からの出発が3人だけだったので、どんな子が来るのかすごく不安でしたが、とても楽しかったです。
 実際に参加しないと分からないような経験が沢山でき、とても満足しています。ツアーでは、子ども達との交流時間がもう少し多い方が良かったと思いましたが、将来を決める大きなきっかけになりました。泊まったホテルでも、スタッフの方々が、すごく優しい人ばかりで、ごはんも全ておいしかったので、嬉しかったです。
 ガイドの方は、すごく笑顔の可愛い方で、独学で勉強した日本語もすごく上手くて驚きました。次回もあるなら、お願いしたいです。
 日本にいるときに思っていた、「カンボジアの子ども達は貧しくて全然幸せじゃない」という考えがすごい偏見だということに、実際に行ってみて気付きました。日本では、当たり前のこともカンボジアでは、当たり前ではないこと、日本ほど物がありふれていないこと。そういったことも多数あるけれど、私には、カンボジアの人々はとても幸せに見えたし、すごく笑顔が素敵と感じました。他の参加者の方が言っていたように、私にできる小さなことは、伝えていくことだと思うので、まず家族や友人など、身の回りの人に色々話してみよう思います!

【カンボジア・体育】時間が止まればいいのにな、と本当に思いました。

 足立夏保 様 / ご出発日:2016年07月26日

 今まで東南アジアに行ったことがなかったので、カンボジアの環境・生活を知る、また、学校に行っている子供たちと実際に触れ合って、笑顔を見たいと思ったので、このツアーに参加しました。
 メンバーと仲良くなれるか、子ども達が楽しんでくれるか不安でしたが、最高のメンバーでしたし、子ども達も楽しんでくれました。
 期待通り、カンボジアの生活、人柄を知ることができ、何より実際学校に訪問し、子ども達と時間を共有して、子ども達の純粋さ、優しさを心の底から感じることができました。期待以上の結果でした!
 最も良かったのは、学校訪問での子供たちとのフリータイムです。運動会を楽しんだ後の子ども達との時間や、2日目のフリータイムは子ども達が、必死になって楽しそうにボールやお絵かき、ダンスを共にして、時間が止まればいいのにな、と本当に思いました。
 ガイドの方は、本当に笑顔が素敵で、日本語がお上手で、遺跡めぐりのときの説明も分かりやすくて、本当に全てにおいて感謝しています。
 子ども達のかけよってくれたときの笑顔、メンバーと夜の盛り上がった時間、一緒にバギーに乗ってたくさん写真を撮ったり、おそろいのものをたくさん買いに行ったり、全てが良い思い出です!

【カンボジア・体育】カンボジア大好きになった

 森日和 様 / ご出発日:2016年07月26日

 世界の貧しい子供たちに何かあげられるものがあれば良いなと考え、自分の知らない人、知らない土地で過ごすことによって、コミュニケーション能力が養われると思ったので、このツアーに参加しました。
 一週間を過ごす人たちと仲良くなれるか、環境の違いに慣れるかが不安でした。実際に参加してみて、自分が何をあげられたかは分からないけど、子ども達の輝く笑顔を見られて、逆に私がたくさんのことをもらいました。カンボジアの人々の優しさに直接触れることができる、良い機会でした。
 ガイドの方は、すばらしかった!!とても興味深い話や、分かりやすい案内をしてくれて、楽しいツアーになりました。
 今回のツアーに参加して、カンボジアが大好きになりました。沢山の人に支えられて楽しむことができました。

【カンボジア・体育】再訪問までにレベルアップした自分で行きたい

 きゃにゃこ 様 / ご出発日:2016年07月26日

 カンボジアの国を知りたい。自分が成長したい。いろんな人から刺激を受けたい、与えたい。東南アジアで運動会を教えたい。東南アジアの子供に触れたい。このような思いから、このツアーに参加しました。
 参加してみて、天気に恵まれ、子供たちと沢山触れ合えました。運動会が大成功し、事前の期待以上のものを得、最後を感動して、涙が出るほどでした。マッカラーさんのガイドもとても良く、一緒にいる時間が楽しかったです。参加者メンバーに出会えたことも本当に良かったです。みんなは私の一生の宝物です。最強高校生第一期生!ありがとう、また日本で会おう!
 私は、カンボジアがこんなにも温かい雰囲気で明るい国だとは思いませんでした。小学校を訪問して明確に感じました。私は、今回のツアーを通して感じたことを日本でSNSを使って沢山の人に伝え、一人でもカンボジアに少しでも足を運んだり寄付をしてくれる人が増えるように活動していきたいと思います。また再訪問までに、クメール語を勉強して、レベルアップした自分で行きたいなと思います。お世話になったみなさん、ありがとうございました。

【カンボジア・体育】キラキラした最高の笑顔で元気をもらうことができた

 大谷奈緒子 様 / ご出発日:2016年07月26日

 どのくらい自分一人でできるか、自分が裕福なのかを実感し、カンボジアがどれだけ貧しいのかを知り助けたいと思い、このツアーを選びました。
 実際に参加してみて、日本では勉強は嫌々やる人が多いですが、カンボジアでは勉強したくてもできない子がいるんだと思いました。私は、一人では何もできないと感じました。
 ツアーでは、小学生と触れ合える時間がとても多くて良かったです。小学生のかわいい笑顔を沢山見て、パワーをもらうことができました。子ども達が笑顔でかけ寄って来てくれて、ハグしてくれたことがとても嬉しかったです。
 一緒に参加したメンバーは、同年代だったので、共有できる考え方がすごく多く、たくさんの刺激をもらうことができました。また、みんなでたくさんのところに行って、たくさんの思い出を作れました。一週間がとても短く感じたので、この7日間で仲良くなれたメンバーと一緒に、また絶対みんなでカンボジアに行きたいと思いました。

【カンボジア・体育】カンボジアの未来は明るい!

 菊地更紗 / ご出発日:2016年07月26日

 最初、ボランティア活動に興味があり、調べていたのですが、このツアーは短い期間ながら内容が濃く、体育を教えるという具体的な目的があったので、自分にも出来るだろうと思い、参加することに決めました。
 行く前は自分にはどうせ大したことはできないだろうと思っていましたが、普段自分が当たり前のようにしていることを教えるだけで、あれほど喜んでくれることに感激しました。
 他のメンバーとは、6日間上手くやっていけるか不安でしたが、最高のメンバーでした。みんなとカンボジアで同じ時間を過ごせて、本当に良かったです。ガイドさんも、とても優しく、頼りがいがあり、最高のガイドさんでした。メンバーの一人が観光中具合が悪くなったときも優しく声を掛けながら看病してくれました。カンボジアについて教えてくれるガイドであり、同時にみんなのお母さん的存在でした。
 村の小学校での2日間は、とても思い出に残りました。6日あるうち、子供と触れ合えたのは2日だけでしたが、本当に本当に密度の濃い時間でした。私たちが教える一つ一つのことに一生懸命、心から楽しんで取り組んでいる子どもの姿は、見ているだけで、こちらまで幸せになりました。カンボジア語が分からなくても、あれほど通じ合えたのは、子ども達が本当に素直だったからです。一つのことにとことん熱心に取り組むことができるカンボジアの子供たちは、これから多くのことを学び、吸収し、成長するのだろうと思います。本当にこの国の未来は明るいです!今回のツアーでは少しでも、子ども達の成長の手助けができたのではないかと思います。一回り成長して、みんなでまたカンボジアに行きたいです!

【カンボジア・ホテルインターンシップ】カンボジアの文化を知ることができた

 M 様 / ご出発日:2016年06月25日

 このインターンシップを選んだ理由は、ホテル業界に興味があり、大学在学中に何らかの形でその業界で働いてみたいと思ったからです。また、海外インターンシップにチャレンジしたいという目標があり、海外で働くこと、ホテル業務を経験することの二点を達成するため、申し込みをしました。
 実際に参加し、ホテルのレセプション業務については一通りマスターすることができました。また、海外で働き、外国の方へ接客をしたことはとても良い経験でした。それだけでなく、コーヒーブレイクを通してのマネージャーとの会話により、カンボジアの文化等を直接聞けたことが非常に為になりました。
 今回のツアーで最も良かった点は、レセプション業務を一通り学べた点です。カンボジアの文化はもちろんのこと、他の国の色々な話題をシェアできたことも良かったです。
 今後は、旅行会社、飲食店、ショッピングモールでのインターンシップがあれば参加したいと思います。

【カンボジア・音楽】本当に最高の仲間と出会えた

 三浦陸 様 / ご出発日:2016年03月26日

 今回参加するにあたって、不安が3つありました。1つ目は、仲良くなれるのか?2つ目は、言葉が分からない。3つ目はそもそも乗り気ではなかった、ということです。相当キツイと思っていましたが、悩んでいたことが今では懐かしいです(笑)本当に最高の仲間と出会うことができて、それだけでこのツアーに参加して良かったと思います!心配していた言葉も、どうにかなりました。
 このツアーに参加しようと思った理由は、一度だけでも良いからギターの音色を聴いてほしいから、というものでしたが、そのこと以外にも子供たちとの交流を楽しむことができ、期待していた以上の経験をすることができました。また、ガイドさんたち自身がすごく楽しそうで、今回のツアーが良いものとなったのは、ガイドさんたちのおかげだと思いました。
 一つ、悔しかったことは、歌自体は歌えていたのですが、どんどんテンポがずれていってしまったことです。なので、今度行くときは、「合わせる」練習をしたいと思いました。
 本当に楽しかったです!また来年、必ず来ます!!
 

【カンボジア・音楽】将来は貧しい子供たちにも教育の機会を与えられるような職に就きたい

 斉藤智子 様 / ご出発日:2016年03月26日

 元々私は、別のツアーを申し込んでいたのですが、この音楽でつながる交流でも自分がずっと続けてきたピアノのスキルが生かせると思い、参加を決めました。
 このツアーに行く前は、一人での参加で、他の参加者の皆様と仲良くなれるか心配でしたが、皆とても良い人で、すぐに馴染むことができました。初めて会ったとは思えない位、皆で仲良くでき、協力して音楽を教えることができました。また、子ども達との交流活動を終えてみるとなんだかとても胸が温かくなりました。最も印象に残ったことは、子ども達と交流している中での、フリータイムです。始めは、クメール語が全く分からない中でどう子供たちと接したらよ良いか分かりませんでしたが、子ども達から積極的に私の所に来てくれて、名前まで覚えてくれて、とても嬉しかったです。
 移動のバスの中では、ガイドの方からカンボジアの歴史や文化についてのお話を聞くことができ、とてもタメになりました。また現地コーディネーターの方も、授業を進行していく中で的確な指示をくださったので、とても助かりました。
 今回、初めてカンボジアに行きましたが、技術面やインフラ面などで言えば確かに新興国かもしれないけれども、人の優しさなど日本では薄れてきている人間の良いところが今も健在していると思いました。将来は、貧しい子供たちにも教育の機会を与えられるような職に就きたいなと改めて思いました。ありがとうございました!
 

【カンボジア・音楽】教師になりたいという思いが強くなりました

 工藤真祐子様 / ご出発日:2016年03月26日

 カンボジアの子供たちは、とても積極的ですぐになついてくれて、2日間では物足りないぐらい充実していました。自分に飛びついてきてくれたり、名前を呼んでくれたり、折り紙をプレゼントしてくれたりして、とても楽しかったです。子どもに授業をするのはとても面白くて、教師になりたいという思いが強くなったツアーでした。参加して本当に良かったです。ありがとうございました。

【カンボジア・音楽】子供たちの無邪気さと笑顔に沢山の勇気をもらいました

 せりちゃん様 / ご出発日:2016年03月26日

 私がこのツアーに参加したきっかけは、将来発展途上国の発展につながる仕事に携わりたくて、その前に、一度、発展途上国に足を踏み入れたかったからです。小学校訪問では子供たちの無邪気さと笑顔に沢山の勇気をもらいました。多くの不安を抱きつつ、このツアーに参加しましたが、参加したメンバーがとても優しく、様々な場面で助けられ、いつの間にか不安もなくなっていました。今回のツアーで学んだこと、出会った人々の優しさ、作った思い出、そして、6日間をともに過ごした最高のメンバーのことは絶対に忘れません。本当にありがとう。

【カンボジア・音楽】現地の人達はみんな優しくてとてもシャイでした

 仙波瑠璃様 / ご出発日:2016年03月26日

 今回初めてこのツアーに参加して、一番印象に残ったことは、現地の人達はみんな優しくて、とてもシャイだということです。現地の小学校に交流に行って、言葉が全くわからないし、方言がきついと聞いて、本当に音楽を教えることができるのかなと思っていたけど、ジェスチャーとか、へたくそなクメール語でも一生懸命分かろうとしてくれていて、とても嬉しかったです。小学校の子供たちは自分が大切にしているものや貴重な紙とか絵を書いてくれたり等、自分ができないなと思ってることもできていて、とても優しい心を持っているんだなと思って、これから自分も優しい心で人と接しようと思いました。

【カンボジア・音楽】彼らが「幸せです」と言っていて、心がすごく温まった

 ICAMBODIA様 / ご出発日:2016年03月26日

 最初はカンボジアにあまり良い印象持ってなかったけど、みんな優しくてとても明るくてフレンドリーで良かった。先生も生徒も陽気でとても楽しかったです。こういう人たちが日本で教育うけたら本当に立派になるんだなと思いました。最後に彼らが「幸せです」と言っていて、心がすごく温まったし、みんなの笑顔、そして2日間お兄ちゃんになれて本当に良かったです。メンバーも最高でした。

【カンボジア・音楽】カンボジアの人の良さ、温かさを身近に感じることができた

 豊田萌恵様 / ご出発日:2016年03月26日

 「貧しそうな国」「欲深い国」そんなイメージを持ちながらあまり好印象ではなかった今回のボランティアで、カンボジアの人の良さ、温かさを身近に感じることができて印象がガラッと変わった。
 私たちが思っているその国の必要だと思っていることは、その国の子供たちや大人にとって本当に必要だと思ってなかったりもするっていうのを学んだ。いろんな便利物を同情して寄付しても実際に私たちがその現地に行って使い方などを教えないと意味のないことなんだと学んだ。

【カンボジア・音楽】幸せとは何かを強く考えさせてもらえる貴重な体験でした

 匿名 / ご出発日:2016年03月26日

 ツアーなので、最初からあまり不安はありませんでした。ただ、”どんな人と関われるのか”、”子ども達の反応は?”とそこには多少不安がありましたので、学校に行ってその気持ちがなくなりました。そして、「教える」と思っていた自分の教育に対する気持ちが変わったことが大変大きな収穫です。伝える、ともに学び、ともに育つ、保育士の仕事をしている私にとって初心にかえるきっかけとなりました。子ども達のパワーは私たちの5倍。でも今現在で持っているモノ(日常生活で必要なモノ)は100分の1にも満たないように思います。でも彼らは迷いなく幸せと答えてくれました。幸せとは何かを強く考えさせてもらえる貴重な体験、ありがとうございました。

【カンボジア・音楽】カンボジアの子供たちはたくさんの笑顔をくれました

 匿名 / ご出発日:2016年03月26日

 6日間、実質5日間のこのスタディツアー、とりあえず本当にあっという間で毎日楽しく過ごすことができました。小学校を訪問させて頂いた2日間、これ以上に今後良い経験ができるのかと思うくらい素敵な時間を過ごすことができました。みんな、手を引いて一緒に遊ぼうと言ってくれて、お花や指輪や風鈴や、なによりもたくさんの笑顔をくれました。質問コーナーの時、添乗員さんが”今、幸せですか?と聞いていたらどう?”と言われてて、正直、現地の方の家を訪問したあとだったので、そんなことを聞いてもいいのかな・・・と思ってました(笑)けど、子ども達の反応が私が想像していた答えと全く違っていて、子ども達は即答で”幸せ”って大きな声で答えていました。あの時、涙がでそうでたまりませんでした。日本と違い何もかもが貧しいこの国で『幸せ』を感じれる子供たちのきれいであったかい心に私まで浄化された気持ちになりました。

【カンボジア・音楽】実現できるかは、私のこれから次第ですがそんな形でもカンボジアの教育に携わることができたらなと思います。

 匿名 / ご出発日:2016年03月19日

 ガイドさんたちがとても優しく、日本語でわかりやすく説明してくださり心からすごいなぁと思っていました。ここまで、日本語を話すためにかかった努力の時間を考えるといろいろと考えさせられました。ジョークも、とても面白かったです。 
 小学校で、子供たちと先生方が私たちを見つめるまなざしや、子供たちのはじけるような笑顔、先生がたまににこっとしている様子が頭から離れないです。また、音楽の授業がないカンボジアでどのように教えて、伝えていくのだろうと興味深かったのですが、わかりやすく数字にしたり、体操やクイズにするのかということに、なるほどなと思いました。このことは、日本で初めて幼稚園で鍵盤ハーモニカに触れる子供たちと共通していることなのだと感じました。同じ教え方を日本でもやってみたいです。日本では、整っているのがあたり前の教育制度や学校環境ですが日本とは比較できないほどの違いで、言葉が出てこないです。必ず、カンボジアの子供たちや学校の環境について、大学の友達に話して知ってもらいたいと思います。カンボジアの小学校の子供たちは、日本の子供たちが持ってないものをいっぱい持っているなと感じました。一緒に遊んでいてキラキラしている笑顔は、初めてでした。何より、じゃんけんをしてあっちむいてホイをしたり、なわとびしたり、けんばんをしたり、絵を描いたり、自転車に乗ったり、折り紙をしたり、目が合うとニコッとしてくれたことは、目に焼き付いています。分かれる時に、涙を流していた子供たちの大きく成長いく様子を一年ごとくらいには、知りたいと強く思いました。実現できるかは、私のこれから次第ですがそんな形でもカンボジアの教育に携わることができたらなと思います。

【カンボジア・音楽】村の小学校の子供たちの笑顔と目の輝きは、今日のツアーで最高の、何も変えることができない大きな収穫です。

 高津果林様 / ご出発日:2016年03月19日

 村の小学校の子供たちの笑顔と目の輝きは、今日のツアーで最高の、何も変えることができない大きな収穫です。空気が抜けかけて汚れたボール1つや縄跳び1本で本当にたくさんの子供が喜んでいる姿に、元気や感動はもちろん、生きていることの実感を初めて得たと言っても過言ではありません。本当に素晴らしい体験ができました。
 今回のピースインツアーの皆様には大変お世話になりました。おかげさまで最後まで安全に活動を終えることができました。本当にありがとうございました。今後もたくさんのツアー参加者にカンボジアのすべてを伝えて下さい。私も頑張ります。

【カンボジア・音楽】あの、純粋な姿は忘れません。

 東奈穂様 / ご出発日:2016年03月19日

一番の思い出は、子供たちの笑顔です。何をするにも楽しそうで、日本語で遊び方とか音楽を教えているのを真剣な目で聞いて、できる限りやろうとしている姿にとても感動しました。あの、純粋な姿は忘れません。

【カンボジア・音楽】「心が貧しいのは先進国の日本」だった。

 おーにし様 / ご出発日:2016年03月19日

 ずっとこういうことがしたいと思っていながら、いつしか現実を見えざるおえなくなって、きっとムリなんだろうなと思っていた。沢山の人に心配をかけて、応援してもらってここまでこれた。一緒にツアーを通して、語り合って泣き合える仲に六日間でなれると思ってなかった。貧しい国だけど、心が豊かで温かい人々。暗い過去を背負いながらも笑顔で未来を子供たちに託す先生方、子どもの笑顔からは大切なことが伝わってきた。笑顔は「一番の共通語」。言葉が通じなくても「心」は通じる。子ども達、先生、村の人々と触れ合う間で、逆に「心が貧しいのは先進国の日本」だったと思った。日本は便利になりすぎて、いらないものを手に入れすぎている。カンボジアには日本の様になってほしくない。先進国になってもっと発展してほしいけど、このままのカンボジアであってほしい。音楽と笑顔だけは忘れないでほしい。次は、日本の子供たちを笑顔にしてあげたい。

【カンボジア・音楽】この旅がこれからの始まりになりそうで、本当に楽しみだ。

 なおぴー様 / ご出発日:2016年03月19日

 カンボジアの過去については、ポルポト政権下で大量虐殺が行われたことも知ってはいたが、その背景や、ポルポト死後にも教育が後退していたことは知らなかった。学校があっても教えてがいなければ、子ども達は学ぶ機会を得られない。今回は、音楽に焦点をあてて、子供たちにその楽しさを伝え、さらに先生たちにも音楽の基礎を教えることができたと思う。少しずつであっても、教育のレベルがあがって、子供たちがより幸せになってくれれば本当にうれしい。このような素晴らしツアーを考えて下ったすべての方々ありがとうと言いたい。カンボジアの子供たちは、何をするにも目がキラキラと輝いていて、エネルギーに満ち溢れていて、物的に貧しい状態にあっても心はとても豊かだと感じた。彼からはたくさんの幸せと感動を与えてもらった。先生方が、子供たちにカンボジアをより良い国にしてほしいという思いで教育を行っているという事実からは、カンボジアの未来は明るいと思えた。それでもまだまだ教育の水準は低く、課題も山積みだと思う。少しでも手伝いができたらなといいなと思うし、自分に何ができるか考えたい。 
 短い間ではあったが、カンボジアの実情を知れば知るほど日本の未来が心配になった。豊かさはお金では買えないし、便利になったから幸せになれるわけでもない。日本は恵まれていて、それなのに時間を浪費し、心が貧しくなってしまった人々がたくさんいる。一人でも多くの日本人がこういった事実に気づけばもっといい世の中になるんじゃないかと思った。今回、唯一の社会人かつ男としてこのツアーに参加した。参加者の高校生、大学生たちがびっくりするくらいしっかりしていて、自分の意志をもって行動しているのをみて、とても刺激をうけた。やっぱり日本の未来も明るいんじゃないか。という自分自身が何かしらの形で社会へ貢献できたらなと思った。ここまで何か思いを突き動かされる旅だったとは。本当に参加して良かった。この旅がこれからの始まりになりそうで、本当に楽しみだ。

【カンボジア・音楽】環境も全然違うけど、私はカンボジアもカンボジア人も大好きです。

 ひなの様 / ご出発日:2016年03月19日

 子供たちの集中力と、知りたい!!っていう思い、積極すぎるって言っていいほど積極すぎる姿勢。知らないことも知っているって言っちゃう、日本人は恥ずかしがって知っても手あげたりしない。カンボジアの子供たちのそういう姿勢を見て、自分も見習わなきゃってなって思いました。環境も全然違うけど、私はカンボジアもカンボジア人も大好きです。
 ちょっとしたおもちゃでもすごい笑顔で、めちゃくちゃ元気で何年ぶりだろってくらいに動きましたね。(笑)疲れたけど、子供たちと遊んでる時は全然疲れなかった。ずっと笑顔でいれました。あたたかくてステキだった。また、カンボジアに行きたい!!

【カンボジア・体育】ツアーには自分の夢への小さな小さな一歩のつもりで参加したけど、本当に人生に大きな影響を与える六日間となりました。

 匿名 / ご出発日:2016年03月15日

 今回のこのツアーに参加して自分の将来の夢がさらに強くなりました。こんな自分でも何かしてあげられるんだと思ったし、もっともっと勉強しねければならないとも思いました。自分の周りには同じような夢を持った人はいないし、夢すらないような友達がいっぱいいる中で、今回しっかりと夢をもって語り合える仲間と出会えたことは本当に嬉しかったです。このツアーには自分の夢への小さな小さな一歩のつもりで参加したけど、本当に人生に大きな影響を与える六日間となりました。本当にこのツアーに参加して良かったです。これからの人生に生かしていきます。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】この旅で起こったことが全てが本当に幸せで、忘れられない時間となった。

 上田結香様 / ご出発日:2016年03月15日

 この旅を通じて、自分が今まで見てたものって本当に少しのものだったと感じた。カンボジアの子供たちが、自分の作ったタイヤの遊具やボールでとっても楽しそうにしている姿が本当に純粋でかわいかった。運動会とっても喜んでくれて夜まで頑張った疲れが全て飛んでいきました。
 私の中では、先生が「またお姉さんたちに会いたかったら抱きつきに行きなさい」といったときに、子供たちが全力で走ってきたことや、あやにも行ったことがすごく印象的で幸せだだなと感じました。
 もう一つは、窓の外から自分たちの休憩室を見ていた子供を連れて踊りの輪の中に入ったら、手をつないで足を動かして音楽に乗ってくれたことが嬉しかった。
 この旅で起こったことが全てが本当に幸せで、忘れられない時間となった。かけがえのない友やすてきな添乗員、ガイドと出会えた。この旅に感謝しています。本当に本当に最高でした。また、皆で来ようねー!!!

【カンボジア・体育】この気持を、「今」で終わらせるのではなく、今後もずっとたくさんの人に伝えていきたいし、今回の旅で出会えた繋がりを大切にしたいと思いました。

 市場里奈様 / ご出発日:2016年03月15日

 私の中で、子供たちの笑顔がこんなにも純粋できらきらしてものかという感動が一番大きかった。一人一人、わたしたちのことを慕ってくれて、運動会もとても喜んでくれて、今、私がこの最高の瞬間にいることが本当にうれしく、ツアーに参加して本当によかったと感じています。コーディネーターの方も、ガイドの方も本当に優しく、一人一人を気遣ってくれて楽しませてくれて本当にこの2人でよかったと感じています。ただ単に体育を子供たちに教えるとおいうことだけでなく、子供たちからとてもたくさんのことを学びました。この気持を、「今」で終わらせるのではなく、今後もずっとたくさんの人に伝えていきたいし、今回の旅で出会えた繋がりを大切にしたいと思いました。本当に今回参加してよかったです。

【カンボジア・体育】あんな笑顔が日本でも見たいと思った。

 種子田凌子様 / ご出発日:2016年03月15日

 参加者のみんなで夜おそくまで、考えたり作業したりできたことが、とても良かった。こんな活動をすることは。あまりないので、いい経験になった。村の子供たちの笑顔が、本当に純粋でキラキラしていて、すごく感動した。あんな笑顔が日本でも見たいと思った。あっという間の六日間で、たくさんの出会いと思いでができて、参加して本当によかったと思った。また機会があれば参加したいです。

【カンボジア・体育】何事にも全力な子供たちの笑顔を一生忘れません! 

 戸石衣美様 / ご出発日:2016年03月15日

 初めての運動会で、「コン・プラン・プライン」と子どもたちも、先生方も全員で応援している姿を見て、すごく感動しました。何事にも全力な子供たちの笑顔を一生忘れません! 
 今回の旅行はすごく緊張して、不安もあったけど、みんなと出会った瞬間すぐにうちとけれて、子供たちのために体操を考えたり、トロフィーを作ったりして、全員で協力して、運動会を成功させられて本当によかったです。村の子供たちは、すごく喜んでくれて、会話はできないけど、一緒に楽しむことができました。子供たちとの別れは、すごく悲しかったけど、また、ぜひこれたらいいなと思います。
 今回のこのツアーに参加して、たくさんの出会いとたくさんの思い出をつくることができて、本当によかったです。この経験は一生忘れません!!

【カンボジア・体育】無事に運動会を成功できたのが一番の思い出です。

 佐々木香南様 / ご出発日:2016年03月15日

 無事に運動会を成功できたのが一番の思い出です。日本では当たり前に行われているから、日本の子たちはカンボジアの子ほど楽しんでいないからあそこまで楽しそうにやってくれて、たくさんの笑顔が見れて本当に幸せでした。お別れの時もたった二日間しか会っていないのに泣いてくれる子供たちがいて自分も泣いて本当に濃い二日間を子ども達と過ごすことができました。今回のメンバーも本当にノリが良いし、協力的だし、一緒にできてよかった。添乗員さんと通訳さんも本当に本当に最高でした。このメンバーで再訪したいです。

【カンボジア・体育】カンボジアで学んだこともだけど、人と出会えたので、人とのつながりを大切にして、また、これからの人生頑張っていこうと思いました。

 藤本晃希様 / ご出発日:2016年03月15日

 今回の参加者は男性は自分ひとりで、周りの人たちは年上ばっかりだったので気まずいことになるかなと心配していたのですが、みなさん話かけてくれたりしてとても嬉しかったです。
 観光などいい所はいっぱいあるのですが、今回のツアーのいいなと思ったことは、色々な人と出会えたことです。添乗員さん、ガイドさん、同じツアーの参加者の方々、小学校の子供たち、先生方など、短い時間で多くの人と出会いました。カンボジアで学んだこともだけど、人と出会えたので、人とのつながりを大切にして、また、これからの人生頑張っていこうと思いました。

【カンボジア・体育】本当に「このボランティアをやってよかったな」と思った

 山浦万輝様 / ご出発日:2016年03月15日

子供たちの金メダルやトロフィーをあげた時に、笑顔で「オークン」と言って喜んでくれた時、最後に抱きつきに来てくれた時は、本当に「このボランティアをやってよかったな」と思った。
この旅で印象に残ったこと、思い出は、一番は子どもたちと一緒に笑い合ったこと。そして今回のメンバー全員で運動会を作り上げることができたこと。実際にカンボジアに来て思ったことは、靴をはいていない子供や大人がいたり、服がボロボロだったり、クーラーがなかったりと、私たちの日常生活とは真逆の場面を見たりもしたけど、お金があるからとか、裕福な生活をしているからとか、そんなの関係ないなと思った。カンボジアの人にはそんなパワフルなパワーがあって、キラッキラの笑顔があって、人と人との間に暖かさがあって、本当に素敵な国だなと感じた6日間だった。そして、この素晴らしい経験をともに過ごしたメンバーと、添乗員さんと、ガイドさんに心から感謝します。本当に本当にありがとう!!!

【カンボジア・体育】人と人とのつながりの大切さを教わりました

 匿名 / ご出発日:2016年03月15日

高校生から大学生、社会人まで様々な人がいて、いろんな思いと考えを知ることができました。カンボジアになぜ教師が少ないのかなどこのようなツアーに参加しなければわからなかったことも沢山教わることができました。
カンボジアの子供たちはすごくパワフルで遊び始めたらいつまでも遊んでいられるし、踊ることも大好きで純粋で素直な笑顔がたくさん溢れていたことがとても印象的でした。最後の子供たちとのお別れの時にみんながかけよってきてくれたことが本当に幸せでなんて素敵なことなんだろうと思いました。言葉も伝わらないし、文化も全く違うけれど、そんなことは全く関係がないことで人と人とのつながりの大切さを教わりました。今回できたかけがえのない仲間といつかまた小学校に遊びに行きたいです。

【カンボジア・体育】子ども達の笑顔は100点満点!!!

 青木美咲希様 / ご出発日:2016年03月15日

私が思っていた以上に村の子ども達は輝いていて、この笑顔を日本の子供たちにもぜひ伝えていきたいと今は思っています。そして、どんな仲間と出会えるだろうと思って参加して、今では最高の仲間と出会えたと思う。
今、この旅を振り返って頭に浮かぶのは、笑顔です。村の子どもたちの輝く笑顔、私たちツアー参加者のたわいない笑顔。本当にずっと笑顔の絶えないすばらしい旅になりました。村の子ども達はきっと大変な思いをしているだろう。そう思っていたけれど、子ども達の笑顔は100点満点!!!みんなが幸せそうで楽しそうにしているのを見て、“豊か”とはこういうことをいうのだと思いました。毎日が過ぎていくうちにメンバー13人と添乗員さん、ガイドさん。みんなの距離が縮まっていくのがすごくわかって心に残る大切な仲間ができたと思う。不安に思う時もあったけどそれを乗り越えていく私たちは強い絆が心に刻まれたはずです。体力のいるツアーだけれど、やる気と元気があれば得られる宝は本当に計り知れないです。

【カンボジア・体育】笑顔や体を動かすことで、通じ合えることを実感できました

 匿名 / ご出発日:2016年03月15日

たったの2日間の学校訪問でしたが、こどもたちとのキョリがすぐに縮まって、とても喜んでくれていたので、本当に来て良かったと思えました。言葉や文化の壁を越えて、笑顔や体を動かすことで、通じ合えることを実感できました。カンボジアのことをもっと日本に伝えたいと思います。日本もカンボジアも国は違うけど、人と人とのかかわりの中に生まれる絆やあたたかさ、笑顔は同じだと感じました。本当に参加できてよかったです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】この六日間で生きるということや自分の未来についての答えが出た気がした。

 永見優衣様 / ご出発日:2016年03月11日

 海外の養護施設施設や子供の様子を知ることができたり、考え方の違いなどが知りたかったし、言葉が通じない子供とどう関わっていけるのか、今の自分がどれだけのことができるか確かめたかったから参加した。
 思ったより、日本語が話せる子が多くて言葉の壁はあまり感じなかったです。一番良かったのは、スナ―ダイ・クマエ孤児院で子どもと交流できたこと。そこで暮らしている子共だけではなく卒業して実際日本語を使って働かれているガイドさんとも交流ができ、子どもと関わるとき困ったことがあれば一番よく知っているガイドさんに聞けたことはとても良かった。
 もし、施設を再訪したら日本で絵画展を開いているという事だったので、それを見に来ている人の生の声を伝えてあげることをしたいです。
 六日間のツアーだったけど、正直自分の人生や考え方が変わるほどのツアーでした。孤児院の子供たちを思うと優しい、笑顔が素敵、明るい、元気、日本語が上手など楽しくていい言葉ばかりでてきます。目を見るとまっすぐ。正直わたしは毎日を何気なく過ごしていました。だけど、孤児院の子に夢はなんですか?と聞かれて「保育士」とただ職業名しか言えなかった私にその子は、「わたしの夢は看護師です」と真っ直ぐ私の目を見て言ってくれて、どんな看護師になりたいのかなど夢について語ってくれました。私の漠然とした夢とは違い、本当に夢に向かって必死に頑張っているということが伝わりました。私に「ともだち」「だいすき」と言ってくれたスナーダイ・クマエ孤児院の子供たち。初めて会ったけど子供を喜ばしたいの一心で一緒に色々なことを考えたメンバーたち。本当にこの出会いに感謝です。この出会いはこのツアーだけのものじゃなくて一生ものになりました。帰国したら身近なところからできることをやっていこうと思いました。本当にこの六日間で生きるということや自分の未来についての答えが出た気がします。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】ツアーに参加したみんなと仲良くなることができてよかった。

 志田様 / ご出発日:2016年03月11日

 カンボジアの子供たちと交流してみたかったから参加した。
 やはり最も良かったのは、スナーダイ・クマエ孤児院でみんなに会って遊んで、ぎゅっと抱きしめてもらったことです。また、ツアーに参加したみんなと仲良くなることができてよかったです。
 もし再訪したら、今回のメンバーで成長したスナ―ダイ・クマエの子供たちに会いたいです。
 スナ―ダイ・クマエも子供たちが本当の兄弟のようにいて、家族の大切さを知りました。また、アンコール遺跡やトンレサップ湖をみて、カンボジアすばらしいなと思いました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】とても充実した六日間でした。

 I.M様 / ご出発日:2016年03月11日

 何か自分を成長させられるきっかけになればいいなと思ったので参加した。 
 とても充実した六日間でした。孤児院について日本は様々な問題や課題があると思います。カンボジアの孤児院にも様々な問題があると思うけど、スナーダイ・クマエ孤児院と交流させてもらって、何がこどもにとって一番大切なのか、心から笑っている子共たちの光景を見ることができました。、あた、孤児院を卒業してガイドとして活躍している先輩と子どもの関係性などを見ることができてとても温かい気持ちになりました。こんなにも温かい人に出会えて素敵な経験ができて本当によかったです。今回の交流を通して学んだことをより多くの人々の伝えることと、今自分が勉強していることをさらに深めて、次につなげていきたいと強く思いました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】六日間という期間でも充実したツアーになったのは本当によかった。

 青木恭兵様 / ご出発日:2016年03月11日

 小さい頃から関心があった海外ボランティアを行いたいと思って参加しました。
 最も良かったのは、スナーダイ・クマエの活動。二日間という日程の中で、子ども達とのフリータイム、学芸交流、昼食作りと内容の濃い交流活動だった。 
 スナーダイ・クマエ孤児院での交流活動では、子どもと接する際の注意事項の中で「もう一歩深い愛情」という言葉で聞いたとき自らの親が与えてくれた無償の愛の偉大さを痛感した。また、アンコールワット遺跡やアンコールトム遺跡の等の観光巡りは時間の配分も絶妙で充実した内容だった。
 初めての海外旅行だったけど、1人参加がほとんどのメンバーはもちろん最高の仲間たちで六日間という期間でも充実したツアーになったのは本当によかった。カンボジアの経験を糧にして、将来の夢の礎となるよう努力していきたい。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】最高の仲間と子どもたちと会えて、あっという間で本当に楽しい良い思い出の一週間になりました。

 S.M様 / ご出発日:2016年03月11日

 発表会の準備で大変なこともあったけど、子どもたちがとても喜んでくれたので本当にうれしかったでうs。子ども達の笑顔にとても助けられました。また、観光も丁寧なガイドで分かりやすかったし、さらに興味を持つようになりました。
 行くまでは、不安も多かったけど、最高の仲間と子どもたちに会えてあっという間で本当に楽しい思い出の一週間になりました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】帰宅後に真摯に自分自身と向き合いたい。

  / ご出発日:2016年03月11日

 日本語で子どもたちと交流できる、という点に魅力を感じたため参加した。
 期待通り交流できた。まだ、日本語を話すことのできない小さな子供たちとも、言葉など関係なく交流することができ期待を上回った。優しいメンバーに恵まれた。 
 「どの部分」とうよりも、全体を通してツアーの質が高かった部分が良かった。 
 孤児院での交流活動では、現在の自分の日本での生活がいかに恵まれ、いかにワガママに過ごしていたかということを痛感した。子どもたちから教わることもたくさんあるのだなと思い、感謝の気持ちでいっぱいである。今後自分が生きていくうえで何を大切にしなければならないのか、帰宅後に真摯に自分自身と向き合いたい。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】またこのメンバーでカンボジアに行ってみたい。

 西井亮様 / ご出発日:2016年03月11日

子供たちの笑顔が本当によかった。ガイドさんが良かった。現地ガイドがスナーダイ・クマエ出身の人で良かった。もう一度カンボジアにいったら、やっぱりスナーダイ・クマエに行く!それしか思いつかなかったです。
 スナ―ダイ・クマエの子供たちの笑顔が本当によかった。一緒にボランティアや観光をして、数日前に会ったばかりの感じがしないメンバーだった。
 今回のツアーで、またスタディーツアーに参加したいと思いました。またこのメンバーでカンボジアに行ってみたいと本当に本当に思いました。楽しかったです!

【カンボジア・体育】お別れ会で子供たちが抱き着いてきてくれて、最後の最後まで一人ひとりが笑顔で手を振ってくれている姿もとても印象に残っています。

 匿名 / ご出発日:2016年03月08日

 今回のツアーで一番印象に残っているのはカンボジアの人たちの笑顔と優しさです。村の子供たちと交流そたのはたった二日間だったけど、そのなかでも笑顔で元気いっぱいに走り回る子供の姿や、一緒に遊んでいるときに、ちゃんと小さい子にもボールを優しく投げてあげる姿をみて、子供たちのパワーと優しさに感動しました。お別れ会で子供たちが抱き着いてきてくれて、最後の最後まで一人ひとりが笑顔で手を振ってくれている姿もとても印象に残っています。

【カンボジア・体育】幸せの形は違うけれど自分なりにこれからの幸せを見つけていきたい。

 薄井宏世様 / ご出発日:2016年03月08日

 団体行動は好きな方ではなかったから、仲良くなることに抵抗があったがみんな良い人で良かった。
 お金があるのとない事。幸せの形は違うけれど自分なりにこれからの幸せを見つけていきたい。

【カンボジア・体育】恵まれない環境の中、いつも笑顔で、楽しそうにする生活する姿を見て、真の幸せの姿について考えさせられた。

 森秀平様 / ご出発日:2016年03月08日

 日本の子どもは負けるのや失敗が怖くて新しことにあまり挑戦しようとする意志がカンボジアの子供と比べて少ないと思った。 
 恵まれない環境の中、いつも笑顔で、楽しそうにする生活する姿を見て、真の幸せの姿について考えさせられた。

【カンボジア・体育】最後に子供たちと抱き合って子ども達の笑顔が見れた時、二日間の疲れが一気になくなりました。

 匿名 / ご出発日:2016年03月08日

 二日間の子供たちと交流を通して、とても暑いなかでの交流だったので、体力的にきついことがありましたが、最後に子供たちと抱き合って子ども達の笑顔が見れた時、二日間の疲れが一気になくなりました。このような体験ができると思ってなかったので、その時に、このツアーに参加して良かったと強く思いました。

【カンボジア・体育】あれほど純粋にひたむきに楽しんでいる姿をみてとても感動しました。

 岩坂直拓様 / ご出発日:2016年03月08日

 今回、私が一番思い出に残ったことは、小学校の子供たちと一緒にボールで遊んだり、運動会をしているときの子供の笑顔です。あれほど純粋にひたむきに楽しんでいる姿をみてとても感動しました。
 暑くて正直疲れていたけどあの笑顔をみるたびに何度でも立ち上がることができました。また一緒に参加した仲間もすごく良い人ばかりで、協力してトロフィーや応援合戦を考えたり、買い物に行ったり、すべて楽しかったです。
 このボランティアを支えて下さったすべての方々に感謝します。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】このツアーのおかげで、もっといろんな世界をみたい!知りたい!もっと子供と関わる活動がしたいと思いました。ありがとうございました

 大森あや様 / ご出発日:2016年03月08日

 私がこのツアーに参加した理由は、春休み時間あるし今しかできないことしたいなー。子供も運動も好きだし、カンボジアで運動会とか楽しそう!という思い勢い応募したからです。カンボジアについてあまり知らなかったので、実際に来て、想像と違うことがたくさんありました。宿泊したシュムリアップは特にご飯もおいしく、お店がいっぱいありとても過ごしやすかったです。カンボジアの学校では、子ども達がとにかく元気で、体操をするだけでも、とても喜んで、目をキラキラさせていて日本との違いを感じました。日本の子供にとって当たり前の事がカンボジアの子にとっては、一つ一つがわくわくすることで当たり前ってなんだろう幸せってなんだろうと考えさせられました。運動会でも本当に笑顔があふれていて、すごくステキで感動しました。今回のツアーは、毎日が充実していてとても得たものが多く参加して良かったと心から思えます。このツアーのおかげで、もっといろんな世界をみたい!知りたい!もっと子供と関わる活動がしたいと思いました。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】これからもこういったたくさんの交流うするボランティアに参加していきたいと思います。

 三國穂佳様 / ご出発日:2016年03月08日

 村の小学校でこどもたちに体育を教えるということで、自分たちでそのための準備を手伝うことができて、本当に貴重な経験になったと思います。子供たちの親の多くが出稼ぎに出て収入を得ているため、親子バラバラで生活している話を聞き、自分自身も親と小さいころから離れて生活しているため、少しでも子どもたちとたくさん遊んで寂しさとか忘れてもらえたらいいなと思って交流していました。これからもこういったたくさんの交流うするボランティアに参加していきたいと思います。

【カンボジア・体育】幸せはものでも、お金でもなく、この笑顔が一番の幸せなのかなと私は思いました。

 片岡樹里様 / ご出発日:2016年03月08日

 私がカンボジアの子供たちと出会って思ったのは、とにかく元気で好奇心旺盛ということ。暑い中でも外で走り回ったりボールで遊んでいるのを見ると、すごく楽しそうで子供たちが笑顔なのが嬉しかったです。幸せはものでも、お金でもなく、この笑顔が一番の幸せなのかなと私は思いました。最後のお別れの時、抱きついて離れようとしなかったのがうれしくもありさびしい気持ちにもなったけど、こうやって出会えてたことが、最高の思い出になりました。

【カンボジア・体育】環境には負けることなく、幸せと胸を張って言える姿は本当にかっこよかった。

 鶴田晴紀様 / ご出発日:2016年03月08日

 ツアーを通して、子供たちの生きる力を感じることができた。環境には負けることなく、幸せと胸を張って言える姿は本当にかっこよかった。教員を目指すうえで、世界の学校の状況を知ることは大切なことであり、現地に行くことでわかることもある。
 教員になって世界にはこういう状況の学校があるということを、一人でも多くの人に知ってもらいたい、伝えていきたい。シュムリアップにまた必ず行きます。オークン!

【カンボジア・体育】心の優しい子供と出会えたことにとても感謝している。

 森下桃子様 / ご出発日:2016年03月08日

 大学の授業で先生に裸足でトラック一周してこいと言われて、その後に靴をはいてもう一周した時、裸足よりもとても楽でした。そのことを考えたとき裸足であそこまでアクティブで動けるカンボジアの子供たちに靴を履かせたらどれだけの運動能力を発揮するのか知りたい、調べたいと思った。 
 一日目の折り紙をして遊んだ子どもたちが二日目も私の手をひっぱって折り紙をしようとアクションを起こしてくれて嬉しかった。それと同時に驚いたのは一日目私が教えた折り方を覚えている子がいたことだ。割と難しいものだったからなお驚いた。教えたといっても言葉がわからないから、すべて日本語で話して折り方を見せながらやっただけだったのにみんな上手に折ってくれていて、教えることは言葉だけじゃないんだなと思った。帰りの時に折り紙メンバーの一人が泣いて私も泣いてしまった。そんな心の優しい子供と出会えたことにとても感謝している。

【カンボジア・体育】何よりもカンボジア人の笑顔が本当にステキで、決して裕福なわけではないのに、みんなが幸せそうに過ごしている姿に心打たれました。

 M.M様 / ご出発日:2016年03月08日

 本当に感謝です。ガイドさんたちにはたくさんのクメール語を教えてもらったし、上手な日本語で通訳もずっとして下さって、他にも色々なことを教わった。またいつかもう一度会いたい。
 今回このツアーに参加して、日本では学ぶことのできないことをたくさん学ぶことができました。何よりもカンボジア人の笑顔が本当にステキで、決して裕福なわけではないのに、みんなが幸せそうに過ごしている姿に心打たれました。
 はじめは不安やドキドキ、ワクワクとたくさんの気持ちでいっぱいでしたが、参加してみて期待以上の経験をすることができ勇気を出して参加して良かった!!と心の底から思います。
 かけがえのない時間と思い出ができました。一生忘れないと思います。言葉に表せないくらい最高でした。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】このツアーはプラスになることしか無いので、少しでも興味と時間があればもっとたくさんの人に参加してほしい思います。

 北村梨恵様 / ご出発日:2016年03月08日

 ほんとにこのツアーに申し込んだ時は、軽い気持ちでした。参加した今、参加して本当によかったと心から言えます。私は、大学生のうちにできることは何でも、したいと思ってます。長いようで短い大学生活はあっという間に終わってしまいます。「〜してみたい!」と口でいうのは簡単ですが、実際に行動できる人そのうちのほんの一部しかいないと周りの友人を見てて思います。
 このツアーはプラスになることしか無いので、少しでも興味と時間があればもっとたくさんの人に参加してほしい思います。最高の一週間でした。もっとカンボジアに居たかった・・・・・!本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】言葉よりも思いの方が大切だと思いました。

 H.N様 / ご出発日:2016年03月08日

 今回のツアーに参加したことで、今までの遠いような気がしていたカンボジアが近く感じられるようになり、とても好きになりました。何よりも思い浮かぶのは、子供たちのキラキラした笑顔です。子供たちと国を越えて楽しいという気持ちを分かち合うことができることが本当に嬉しいです。笑顔ってつながっていくのだなぁと実感しました。言葉よりも思いの方が大切だと思いました。参加前よりも、視野を広くもって物事を考えられるなると思います。本当に参加してよかったと心から思います。

【カンボジア・体育】今回のカンボジアの子供たちに体育を教えるというツアーでしたが、とても自分のためになりました。

  / ご出発日:2016年03月08日

 今回のカンボジアの子供たちに体育を教えるというツアーでしたが、とても自分のためになりました。子ども達の無邪気な笑顔を見ていると、幸せは生活の質では測れないことを改めて実感しました。今回の一回きりの活動ではなく、子供達には今後も自分たちが教えたものをしてほしいと思います。そして、カンボジアのみんながスポーツや体育の楽しさをもっと知ってもらいたいです。また、クメール人はみんなシャイですごい性格がいいなと思いました。少しだけ日本人と似ているのかな?とも思いました。これからまだまだ発展途中であるカンボジアがどんな国になるのかとても楽しみであり、次は旅行としてもう一度行きたいです。

【カンボジア・体育】全て期待以上、想像以上でした。

 狗田 さくら 様 / ご出発日:2016年03月07日

 学生のうちにしかやらないようなことをしてみたく、将来やりたいことは何なのかと考えている今、自分の知らない世界を見ることで、何か変わるもの、得るものがあるだろうと思ったので参加しました。
 環境面が不安でしたが、ホテルは大変使いやすかったです。ホテルが良かったからこそ、毎日思いっきり体を動かして楽しむことができました。
 本当に濃い一週間でした。全て期待以上、想像以上でした。あんなにもやることがいっぱいだとも、汗をかくとも、体力を使うとも思っていませんでした。それと同時にあんなにも笑うことができるとも、パワーをもらえるとも、涙を流せるとも、いい仲間に会えるとも思っていませんでした。
 刺激を受けた出来事があります。三日目、最初のフリータイムではどうやって関わるのが良いか分からないままグランドへ出て行きました。最初、10人くらいの子供が着いてきてくれて、その10人で、3人で縄跳びをしている子と所に合流しようと連れて行きました。すると3人の子は「入ってこないで」とむすっとしていました。仲良くなってほしいなと思って間に入ってやり取りをしていると、だんだん打ち解けあって、みんなが笑顔になっていました。またムスッとしていた子たちはその後もずっと私に着いてきてくれて、お別れの時、目を見て「ありがとう」と言ってくれました。子どもの気持ちに自分が入り込むことができたんだと思ってすごく嬉しかったです。
 今回カンボジアに来ないとできない体験をすることができました。このことをしっかりと自分のものにして、自分の人生、今後自分ができることに繋げていきたいです。
 ステキな時間をありがとうございました。

【ミャンマー・商品開発プロジェクト】人生観が変わった

 田中美佐 様 / ご出発日:2016年03月07日

Q「地球の歩き方」海外ボランティア・インターンシップを知ったきっかけは何ですか?
→「海外 ボランティア」で検索をかけて

Q今回「ミャンマー ヤンゴン 商品開発プロジェクト インターンシップ8日間」を選んだ理由は何ですか?
→ミャンマーに行ってみたかったのと、海外で起業した人の話を聞いてみたかったから

Q参加前に不安だったことはありますか?また、参加してみて、その不安はどうなりましたか?
→何も得られず帰ることになるかと思ったが、とても自分の中で考え方が変わった。

Qご両親に参加を反対されましたか?
→反対されなかった。

Qミャンマーでのインターンシップはいかがでしたか?何が印象に残りましたか?
→すべてが楽しく有意義でした。自分の商品が売れたとき、スタッフのみなさんの優しさに触れたとき

Qミャンマーの歴史・文化などについて感じたこと、考えたことを教えて下さい。
→まだまだ発展途上だけど、歴史や習慣(タナカやロンジーなど)を大事にしていて感心した。

Q今回のツアー体験はどんな風にあなたの今後に活きると思いますか?
→人生観が変わった。最初「ミャンマーに行く」「2年生でインターンに行く」こと自体レアなので、不安も多かったが、今回のインターンを機に、自分の面白そうと思ったことは積極的にしていくべきだと実感した。

Qこのツアーで感じたこと、感想をお願いします!
→もっとこのインターンが催行されたらと思います。ミャンマーを他の東南アジアの国と差別化できたらもっと参加者が増えるのではと思います。

【ミャンマー・商品開発プロジェクト】人生観が変わった

 田中美佐 様 / ご出発日:2016年03月07日

Q「地球の歩き方」海外ボランティア・インターンシップを知ったきっかけは何ですか?
→「海外 ボランティア」で検索をかけて

Q今回「ミャンマー ヤンゴン 商品開発プロジェクト インターンシップ8日間」を選んだ理由は何ですか?
→ミャンマーに行ってみたかったのと、海外で起業した人の話を聞いてみたかったから

Q参加前に不安だったことはありますか?また、参加してみて、その不安はどうなりましたか?
→何も得られず帰ることになるかと思ったが、とても自分の中で考え方が変わった。

Qご両親に参加を反対されましたか?
→反対されなかった。

Qミャンマーでのインターンシップはいかがでしたか?何が印象に残りましたか?
→すべてが楽しく有意義でした。自分の商品が売れたとき、スタッフのみなさんの優しさに触れたとき

Qミャンマーの歴史・文化などについて感じたこと、考えたことを教えて下さい。
→まだまだ発展途上だけど、歴史や習慣(タナカやロンジーなど)を大事にしていて感心した。

Q今回のツアー体験はどんな風にあなたの今後に活きると思いますか?
→人生観が変わった。最初「ミャンマーに行く」「2年生でインターンに行く」こと自体レアなので、不安も多かったが、今回のインターンを機に、自分の面白そうと思ったことは積極的にしていくべきだと実感した。

Qこのツアーで感じたこと、感想をお願いします!
→もっとこのインターンが催行されたらと思います。ミャンマーを他の東南アジアの国と差別化できたらもっと参加者が増えるのではと思います。

【ミャンマー・商品開発プロジェクト】今まで生きてきた中で一番アツい一週間だった!

 淺井美穂 様 / ご出発日:2016年03月07日

Q「地球の歩き方」海外ボランティア・インターンシップを知ったきっかけは何ですか?
→ネットで

Q今回「ミャンマー ヤンゴン 商品開発プロジェクト インターンシップ8日間」を選んだ理由は何ですか?
→ビジネスを学びたかったから。ミャンマーは今とても経済成長している国で、その成長の度合いなど、自分の目で見たかったから。

Q参加前に不安だったことはありますか?また、参加してみて、その不安はどうなりましたか?
→飛行機の乗り継ぎ、治安、他の参加者がどのような人かが心配だったが、乗り継ぎは英語が分かれば大丈夫、ミャンマーは意外と安全で、参加者のみんなは優しかった。

Qご両親に参加を反対されましたか?反対された方はどのように参加に漕ぎつけましたか?
→反対された。行かない方が後悔すると言った。

Qどんなことを求めて、このツアーに参加しましたか?また、その結果は?
→自分自身の成長、友達作り、ビジネスを学びたいと思った。自分に足りない部分が良く分かり、参加者とも仲良くなれた。

Qミャンマーでのインターンシップはいかがでしたか?何が印象に残りましたか?
→ごはんはキツかった…。マーケットでは貧富の差が分かった。お金は高額だとキレイだが、低い額のお金は汚かった。これも貧富の差なのかと思った。

Qミャンマーの歴史・文化などについて感じたこと、考えたことを教えて下さい。
→日本との交友関係が意外に深い国だと思った。

Q今回のツアー体験はどんな風にあなたの今後に活きると思いますか?
視野が広がった。今まで自分がどれだけつまらない人生を歩んでいたかが良く分かった。これからの自分の課題が沢山見つかった。

Qこのツアーで感じたこと、感想をお願いします!
ごはんキツかったけど、現地の人や他の参加者すごく優しかったので、乗り越えることができた。今まで生きてきた中で、一番アツい一週間でした!!

【ミャンマー・商品開発プロジェクト】手を取り合って生きていく文化がステキ!

 宮永美駒 様 / ご出発日:2016年03月07日

Q「地球の歩き方」海外ボランティア・インターンシップを知ったきっかけは何ですか?
→家に届いた冊子

Q今回「ミャンマー ヤンゴン 商品開発プロジェクト インターンシップ8日間」を選んだ理由は何ですか?
→未来世紀ジパングのミャンマー進出企業特集を見て、ミャンマーでのビジネスに興味が沸いたから。

Q参加前に不安だったことはありますか?また、参加してみて、その不安はどうなりましたか?
→「何もない」という噂、情報の少なさが不安だった。

Qご両親に参加を反対されましたか?
→反対されなかった。

Qどんなことを求めて、このツアーに参加しましたか?また、その結果は?
→商品開発の難しさを味わいたい。ミャンマーで働く人々に会いたい!という思いで参加した。ニーズチェックなど曖昧。「売れる商品とは」について考える時間があまりなかった。自分が造ることで、生産能力なイメージしやすかった。BBQなどでお話しできた。

Qミャンマーでのインターンシップはいかがでしたか?何が印象に残りましたか?
→ミャンマー人の誠実さと優しさとユーモアが心に残った。作業中に手を差し伸べてくれたり、水を用意してくれたり、タクシー運転手がミャンマー語を教えてくれたり…といったことがあ印象に残った。

Qミャンマーの歴史・文化などについて感じたこと、考えたことを教えて下さい。
→”手を取り合って生きていく”文化がとても素敵だと思った。小さい子が両親に連れられ、寝仏にお祈りをしているのを見て、「祈る」という伝統的な行為を受け継いでいるだけではなく、宗教が家族の共通項となって絆を深めていると思った。

Q今回のツアー体験はどんな風にあなたの今後に活きると思いますか?
→長く滞在しなければ、現地の人々との交流がなければ、知りえなかったことをたくさん知ることができ、充実していたので、今後海外に行く際は、「分かったつもり」ではなくて、時間と体力を費やして国を感じることができるようにしたいと思いました。

Qこのツアーで感じたこと、感想をお願いします!
→約一週間という短い間でミャンマーのお国柄やビジネスの現状などを知ることができて有意義でした。どういった資材があるかも、何回もマーケットに行き、確認することができたので、行く前の目的を達成できました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】国境を越えた絆ができたことに感動しました。

 H.C様 / ご出発日:2016年02月26日

カンボジアの孤児院を訪ね、実際に子ども達と触れ合える機会があったので参加した。
たくさんの事を学べるだろな、とわくわくして参加しましたが、予想をはるかに上回る楽しさ、学びの深さがありました。
現地にいらっしゃる方からの中で、子ども達への思い、カンボジアへの思いを直接聞けたことが良かった。
このツアーの主の目的であるスナ―ダイ・クマエ孤児院訪問では、現地の方から直接思いを聞くことができ、共感する部分がたくさんありました。子どもたちは親を選べない・・・・離婚して引き取り手がいなかったり、虐待をうけたり、そのようなことちと関わる「大人」は本当に幸せが大きいということ。私も春から福祉系の仕事に就くため、この言葉の重みがすごく伝わりました。日本とカンボジア、国や文化が違っても、子どもが幸せに生きる権利は同じです。孤児院訪問で感じたことを家族や友達に伝えていきたいと思いました。国境を絆ができたことに感動しました。本当に参加して良かったし、出会ったすべての人達に感謝しています。大好きです。離れていても心は繋がっています。本当にありがとうございました。!!!オークン!!!

【カンボジア スナーダイ・クマエ】子供たちに出会えてほんま幸せです。

 なおみ様 / ご出発日:2016年02月26日

将来の目的がなかなか決まらなくて、何か目的が見るかるかなと思って参加した。
地元の人たちの人柄の良さ、孤児院の子供たちのしんの強さ、カンボジアに流れる空気、現地の方の素晴らしい話。全てが私にとっての宝物です。孤児院や地雷博物館の歴史を知れたことが良かったです。
 一番思い出に残ったのは、孤児院での子供たちの笑顔です。辛い過去があったことを思わせないような、本当に素晴らしい笑顔でした。子どもたいっと出会えてほんまに幸せです。5日間という短い間やったけどほんまに濃かったです。一番最初のペンキ塗りが一週間以上前に感じます・・・。そして、このツアーに参加しなかったら出会えなかったであろう一緒に行動したメンバーにも本当に感謝してます。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】カンボジアを訪れる前より格段に世界が広がった。

 H.A様 / ご出発日:2016年02月26日

日本と異なる文化を肌で感じて実際に体験し、自分の世界をさらに広げたいと思ったから。
孤児院を卒業したガイドさんでツアーをすることがスタッフの愛情を感じ、より一層スナーダイ・クマエの子供たちとの交流が濃かったことが一番よかった。 
普段、医療系の学校に通っていて閉鎖的な環境にいたのでカンボジアを訪れて、ツアーにいた仲間やカンボジアの人やカンボジアを訪れた外国人との交わり通して、世界は広く、様々な生き方、考え方、価値観を知り、カンボジアを訪れる前より格段と世界が広がった。このツアーを通して学んだこと感じたことを活かして将来の夢に向かって勉強する中で一つのことを多方面から換えられるようにしていきたい。そして、今までの人生の中でこんなに喜怒哀楽の激しい、濃い時間を送ることはなかった。一生忘れられない。携わってくれた方々に感謝です。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】一生ものの経験になりました、本当にありがとうございました。

 まろ様 / ご出発日:2016年02月26日

今まで海外に行ったことがなかったので、他国の人々に価値観を見て、視野が広がることを期待して参加した。
二日間に分けての孤児院での交流です。短い時間のなかで、効率よく交流できるようにピースインツアーの
方と孤児院の代表の方がセッティングして下さったおかげで、子どもたちとの濃密な交流ができました。たとえ暗い過去を持っていたとしても、そんな過去に縛られず、今を一生懸命に生きることの大切さをを学びました。
孤児院の子供と交流して、正直な所、虐待を受けた過去があるという事実を知って、少し同情のような気持ちがありました。しかし、それは間違いだったとすぐに気が付きました。僕は、塾講師のアルバイトをしています。その塾では、障害を持つ子供のための教室もあります。そこの先生が、現地の方と同じような言葉を言っていました。それは、「たとえ障害をもった子供でも、それを障害だと思ってはいけない。個性だと思いなさい。」というようなものです。それが、現地の方のおっしゃった、「過去に虐待を受けた子供でも、同情だとかフィルターを通してみないでほしい」という言葉と重なりました。虐待と障害はまた違いますが、その子どもが「今」を生きているのは確かです。その「今」を見ず暗い過去や障害ばかり見るのは、一生懸命幸せに生きている子供に失礼だなと感じました。大人が勝手にレッテルを貼ってはいけないのです。
このようなことを、このツアーの六日間で学ぶことができ、企画してくださったピース・イン・ツアーの方々や現地の方、子どもに心から感謝したいです。一生ものの経験になりました。本当にありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】毎日が刺激的でかつ感動の連続だった。

 遠藤更菜様 / ご出発日:2016年02月26日

当たり前の毎日がありがたいはずなのに何か変えてみたいと思って参加した。
参加してみて心に残る出来事ばかりだったし、心に残したいと心から思える出来事ばかりだった。
すごく素敵な笑顔の持ち主で、本当に心があたたまった。発する一言一言に耳を傾けたくなった。日本語で一生懸命話かけてくれて本当にうれしかった。彼のようなガイドさんがいっぱいになるといいな。
このツアー中は、毎日が刺激的かつ感動の連続だった。代表者の想いであったり、メッセージを聞いて活動に取り組むことで、しっかりとして心もちで臨めた。男の子も女の子もたくさん声をかけてくれたり、カンボジアの遊びを教えてくれたり、私の方がたくさんの元気をもらった。難しいことは抜きにして、元気いっぱい頭や体を動かして楽しい時間だった。たくさんの笑顔が溢れていた。この経験をフルに生かしてこれからも元気いっぱいに過ごしていきたい。必ずまたカンボジアに行こうと思った。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】子供たちの笑顔がキラキラしていて、とても一生懸命で素敵だなと思いました。

 岩本容様 / ご出発日:2016年02月26日

現地の子供たちと交流することができ、カンボジアの歴史を学べる魅力的なツアーだと思い参加しました。
一番の思い出は、子どもたちと遊んだことと子どもたちの歌と踊りのプレゼントです。子どもたちの笑顔がキラキラしていて、とても一生懸命で素敵だなと思いました。
スナ―ダイ・クマエ孤児院に行った時「子どもは、自分自身で環境をつくれず、周りの影響を受けてしまう。」という言葉が心に残りました。スナ―ダイ・クマエ孤児院の子供たちと出会って、子どもの強さを感じました。ツアーのメンバーはみんな子どもが好きという共通点とそれぞれの想いがあって、大学の友達とは普段話さなかったり話せないことも言うことができたし、たくさんの刺激を受けました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】日本とは違う文化を感じられて、さらに視野が広がりました。

 MIKI様 / ご出発日:2016年02月26日

 再び、スナーダイ・クマエ孤児院の子供たちと会いたくてと、前回カンボジアの地に来てとても良い国だったので参加しました。
 予想以上に日本語が上手で驚きました。今回のガイドさん、心からすごかったと思います。出来ればまた、お会いしたいです。
 日本とは違う文化をカンボジアの地で感じられて、さらに視野が広がりました。カンボジアでは、人の温かさ、思いがまた感じられ、とても居心地が良い国だと改めて思いました。二回目ということもあり、前回よりも積極的に話かけに行けたので満足です。カンボジア最高!ありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】道行く人が優しくてカンボジアは大好きな国です。

 YN様 / ご出発日:2016年02月26日

同じツアーに参加する人や子供たちの出会いが自分を成長させると思っていたから参加した。
 自分の知見が広がるというよりも、自分の改善、こうすればもっと充実した時間が過ごせたのではないかとういう点が見つかった。でも、様々な人の話が自分を成長させることになると思える心に響く話だった。
 一緒に行った人が”一期一会の出会いを大切にしたい”と言っていて、思い返してみると、本当に期間とかで話したり遊んでない人でもこの出会いは貴重なものだと思いました。
 道行く人が優しくてカンボジアは大好きな国です。他ではできない体験をさせて頂きありがとうございました。今度の旅で関わって方々本当にありだとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】子供たちから笑顔とパワーをたくさんもらいました。

 S.U様 / ご出発日:2016年02月26日

海外ボランティアをしてみたかったのと、カンボジアのツアーに参加したことのある先輩にすごく良かったと聞いて今回のツアーに参加することに決めました。
 孤児院訪問が最も良かったです。なにより子供たちの笑顔が忘れられません。子どもたちとの交流はすごく楽しくて、分かれるのが本当に辛かったです。
 この六日間、本当に短くて一瞬で終わってしまったけれど、とてつもなく濃い時間をすごせました。本当に楽しかったです。自分の人生のなかでここまで充実した時間を過ごせることはなかなかないと思います。孤児院ではボランティアで行ったはずなのに逆に私が子ども達から笑顔とパワーをたくさんもらいました。出会いに感謝。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】今回の経験は人生の宝物で幸せな時間でした。

 渡辺成美様 / ご出発日:2016年02月26日

 ”旅行”という形では感じることのできない経験ができるのではないかと思い、このツアーを選びました。
 実際に参加してみて子供たちのまっすぐな笑顔、まっすぐな瞳を見て、”孤児院”の言葉だけで感じてしまった暗さを、私は恥ずかしく思いました。文句なしに期待以上のスタディーツアーでした。もし再訪したら、子どもたちの成長を見に行きたいです。また、今回訪れることのできなかった遺跡とかにも行ってみたいです。
 今回の活動で最も印象に残っているのは、やはり孤児院の子供たちの笑顔です。初めて訪れた私たちに、笑顔で走ってよってきてくれて、一緒に体を動かしたりお話したり、普通び大学生活を送っていたら味わうことのできない多くの体験をさせてもらいました。子供たちと遊んだこと、話したこと、発表会でダンスや歌を歌ったこと、一緒にシチューを作って食べたこと、そのどれもが私にとって最高の思い出になりました。
 今回の経験は人生の宝物で、うまく言えないけれど、幸せな時間でした。ありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】たった六日間でしたが、まるでずっと一緒にいたかのような友情や絆を得ることができました。

 T.A様 / ご出発日:2016年02月26日

 日本にいるだけでは体験できないようなことを経験できると思ったから参加した。
 ボランティア観光も期待以上だった。
 ガイドさんは、孤児院についても、カンボジアという国や文化や歴史についても、とても丁寧な説明をしてくださり、とてもよかった。
 参加する以前は、1人参加ということもあり、また、女子が多いという話を姉から聞いていたので、上手くなじめるか心配でしたが、実際に参加者全員と会い、孤児院の子供たちと交流したいという共通の意志を持って活動するうちに次第に打ち解けていき、たった六日間でしたが、まるでずっと一緒にいたかのような友情や絆を得ることができました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】夢を持つことの大切さがわかりました

 辻田大様 / ご出発日:2016年02月26日

私がこのツアーで感じたことは夢を持つことの大切さと出会った人への感謝です。スナーダイクマエの子供たちには夢があります。先生、警察、デザイナーなど、どれも素晴らしい夢です。彼らはこの夢を叶えようと努力しています。そんな姿を見て、夢を持つことは努力することであり、努力をすれば夢は必ず叶うということに改めて気づかされました。私にも先生になるという夢があるのですが、もっと頑張らなければいけないと思いました。交流の制作も一緒に取り組んだ仲間がいたからこそ最高のものができたし、子ども達の姿から学ぶこともあるし、今の自分は出会ったすべての人に支えられていると思いました。別れたあとは1人になるけど、心の中でずっと支えてくれています。このように自分を支えてくれる人に感謝しなければならないと思いました。また、この人たちに自分の成長した姿を見せたいです。

【カンボジア・体育】これを機にチャレンジししてみようと思うことを見つけたので、良いきっかになりました。

 高田幸奈様 / ご出発日:2016年02月23日

 一番思い出に残ったのは、現地の女の子が私のためにお花の折り紙や指輪、花束をプレゼントしてくれたことです。私はお礼に何もしてあげることができず、ありがとうのオークンも伝わっているかわからなかったので、もっとクメール語を話せたらなと思いました。子供たちと関わった二日間は、本当に疲れたけど、それ以上に、言葉には表すことができないものを得ることができました。
 これを機に、チャレンジしてみようと思うことを見つけたので、すごく良いきっかけになりました。アンコールワットもあっとうされてパワーをもらっている感じがしました。ホテルも、想像以上にきれいで、本当に満足できる充実した生活を送れました。

【カンボジア・体育】ツアーに参加した仲間たちが本当に大きな存在となりました。

 前田佑樹様 / ご出発日:2016年02月23日

 今回のツアーで得たものの、間違いなく一番は一緒に参加した仲間たちです。初日はあまり話せず壁を感じることが多かったですが、最終日は本当に大きな存在になりました。このメンバーだから、その充実感あったり、楽しさ、結束力だったのかなと感じます。もう少しまだいたい、このメンバーと過ごしたいという気持ちが、このアンケートを書いている今、とても強くなっています。改めて本当に参加できてよかった!!

【カンボジア・体育】体育を教えたことが一番の思い出

 N.T様 / ご出発日:2016年02月23日

今回のツアーでは、小学校で体育を教えたことが一番の思い出です。子供たちと交流することは普通のツアーでは体験できないことでとても貴重な体験でした。もっと日本の方に外国について知ってもらい、もっと沢山の人に外国の楽しさや文化を知ってほしいと思いました。それと、私は実際に体験ができたので、多くの人にそれらを伝えていきたいと思いました。6日間ありがとうございました。

【カンボジア・体育】今回このメンバーで、このツアーに行けたことを本当に誇りに思います

 遠藤みなみ様 / ご出発日:2016年02月23日

今回このメンバーで、このツアーに行けたことを本当に誇りに思います。子ども達の笑顔はとても輝いていて、必ず教師になって、子ども達にカンボジアのことを伝えたいと思いました。学校の校庭で靴をはいて、ボールで遊んでいることやきれいな机で、クーラーのきいた部屋で勉強していることが当たり前ではないということを、少しでも伝えられたらなと思いました。このようなツアーに参加するメンバーなだけあって、それぞれ夢に向かって新しい目標を見つけていて、自分も夢に向かって頑張りたいと思います!富士山登って、またカンボジアに来ます!

【カンボジア・体育】日本に帰って自分が何をしていくべきか、何をしたいのかを考えるととても良い経験になりました

 S.T様 / ご出発日:2016年02月23日

実際に参加してみて、期待通り、カンボジアの子供たちの底抜けの明るさとキラキラした目がとても印象的で、体育を教えに来たのに逆に色々なことを学べました。日本に帰って自分が何をしていくべきか、何をしたいのかを考えるととても良い経験でした。今回のツアーで運動会ができたのはもちろんですが、民家に訪問させて頂けたところも良かったです。観光では目にすることのない普段の生活がわずかですが、見れて良かったと思います。今回初めて1人でボランティアをしに来ましたが、最初の頃の不安と緊張はすぐにとれ、とても楽しかったです。カンボジアの小学校で初めて運動会をするということで言葉が通じるのか心配しましたが、目を見てしっかりコミュニケーションをとることができました。子供たちにとっては初めて見る外国人であるにも関わらず、キラキラした目と笑顔で私の手をしっかり握って離さないで遊ぼうとする純粋さがとても印象的でした。最後のお別れの会の時に走って抱き着いてくれた時には、さみしさと、カンボジアに来て良かったという感動の気持ちで思わず涙が出てしまいました。このスタディーツアーの経験はこれから先もなかなか味わえない、とても良いものでした。最初は長そうに思えた6日間はとても早くて驚きました。私は今スペイン語を勉強しているので、中南米の小学校の生活の様子も見てみたいという新しい夢を見つけました。今のカンボジアの状況、子ども達の底抜けの元気さを身を持って体感できてとても良かったです。私は、今自分ができることは諦めず、何事も挑戦していき、またカンボジアに戻ってきたいと感じました。本当にこのツアーに参加できて良かったです。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】裕福が幸せのすべてではない

 笠原大樹様 / ご出発日:2016年02月23日

ボランティアに参加して、いつも思うことは、裕福が幸せのすべてではないということです。このツアーでもそれを大いに感じることができました。それぞれの国や人によって、幸せの感じ方は違うと思います。しかし、カンボジアの子供たちは、僕たちが使った後のリコーダーや、ただのボールを持っていくだけで、とても喜んでくれます。それは、日本では見られない光景だと思います。経済的には日本のが豊かですが、それが本当の豊かさなのかと考えさせられます。僕は日本より何倍もカンボジアのが住みやすい国だと思います。人はみんなあたたかくて、気さくに話しかけてくれます。日本のお金持ちで、自分のためにばかりお金を使いまくってる人達には、ぜひこのツアーなどのボランティアに参加してほしいと強く思います。また、僕たちが、カンボジアの子供たちにできることは小さなことだけれども、必ず意味があると思うし、僕たちが関わったカンボジアの子供たちが、将来、カンボジアをよりよい国にするために働いてくれることを期待しています。

【カンボジア・体育】全てがとても良い思い出です

 川上怜那様 / ご出発日:2016年02月23日

参加者全員で考えて練習して作る運動会は本当によかったです。大変っと思うこともありましたが、ステキな仲間に出会えて、笑顔で楽しんでくれる子ども達に出会えて幸せだなと感じました。
全てがとても良い思い出です。不安もあったけどすぐに打ち解けられてツアー中体育のことを一緒に練習したり考えたりとっても貴重な時間でした。ステキな仲間に出会えたことそしてステキな経験ができたこと本当に感謝します。今回のツアーで出会った人たちとずっと繋がっていたいと思いました。こんなかたちでの出会いはなかなかないので本当に一生ものです。とっても楽しくて得ることの多いツアーでした。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】“幸せ”とは物の豊富さや便利さが全てではない

 伊藤瑠夏様 / ご出発日:2016年02月23日

今回の旅行を通じて、一番に心に残ったことは、“幸せ”とは物の豊富さや便利さが全てではない、ということです。カンボジアと比べると、ゲームやインターネットが普及している日本は、子供たちの遊び道具がたくさんあります。しかし、カンボジアの子供たちのように、1つの遊びを長い時間、夢中になって、幸せと感じながら遊べているかと、考えると、違うと思います。そして、私たち大人も、贅沢な暮らしに慣れて、“幸せ”を感じにくくなっていると思います。私たちは、カンボジアの人々から、もっともっとたくさんのことを学ばなければいけないと思いました。今回の旅で出会った人々は、みんなステキで、大切な仲間です。今回の旅のことを一生忘れません。4月から教員になった時、思い出して、たくさん笑顔を作りたいです。

【カンボジア・体育】出発するまではまさか自分が感動して涙を流すことなど、想像もできませんでした

 片岡新様 / ご出発日:2016年02月23日

私は友人の影響を受けて参加を決意しました。周りの参加者もみんないい人ばかりですぐに打ち解けることができました。準備体操、応援合戦、合唱まで一から考え練習をすることで、より絆が深まりました。2日間小学校を訪れましたが、両日とも元気いっぱいの子供たちを相手に遊ぶのは、非常に疲れましたが、同時に心が癒されました。運動会は子どもたちだけでなく、先生方も楽しそうにしてくれていて嬉しかったです。出発するまではまさか自分が感動して涙を流すことなど、想像もできませんでした。6日間と短いツアーでしたが、内容が濃く毎日充実した日々を過ごすことができました。本当に一生に一度できるかできまいかの経験をすることができました。素敵なツアーを企画してくださり、ありがとうございました。

【カンボジア・体育】充実した濃い時間を過ごすことができた

 M.S様 / ご出発日:2016年02月23日

子ども達への質問コーナー。勉強は好き?先生は好き?幸せ?という質問に即答で「はい」と答えていた子供たちを見て、本当に大切なもの、子ども達にとって最も大切なことはなんなのだろうと考えさせられた。日本との差を感じた。
まずはカンボジアの人々の姿を見ていて、たくさんのことを感じ学ぶことができた。いつでも誰に対しても笑顔で、みんながみんなを家族のように思っていて、とても素敵な国だと思った。また一緒にツアーに参加したメンバーとの出会いは本当にかけがえのないものとなり、一生ものの経験と、一生ものの出会いができたと思う。誰かの役に立ちたいという思いで参加した今回のツアーだったが、何かをしてあげることよりも、得るものや学ぶことの方がとてつもなく大きかった。またいつか他のツアーにも参加してみたいし、もちろん再訪ができたら幸せだなあと思う。あっという間に6日間が過ぎてしまったけど、充実した濃い時間を過ごすことができた。参加して本当によかった。

【カンボジア・体育】みんなが幸せを感じているとっても素敵な国だと思いました

 T.K様 / ご出発日:2016年02月23日

カンボジアの国はつらい過去があったり、今でも村や町の道路の端にごみがすててあったり、はだしで外を歩いたり走ったりしている子供がいたり、日本に比べて経済的にも富んでいるとはいえない国ですが、誰もが優しかったり、とっても自由で笑顔が素敵でみんなが幸せを感じているとっても素敵な国だと思いました。日本は環境や経済的にも恵まれているのに、自信をもって幸せと答える人は少ないと思うし、子どもも自由を制限されていたり、日本は経済面や環境が恵まれてるからこその不幸せな部分でもあると感じました。カンボジアの子供たちには整った衛生環境で生活をしてもっとたくさんの夢を持ってほしいし、日本の子供には気持ちを尊重し、自由に過ごせる環境を整えることのできる仕事がしたいです。

【カンボジア・体育】20年間生きてきて1番幸せな6日間だったと思います

 変なお兄さん様 / ご出発日:2016年02月23日

とにかくカンボジアボランティアは最初から最後までずっと楽しかった。初海外ですごく不安だったけどみんなに会ってすぐ不安はふきとびました。まずカンボジアの人達の優しさを感じて日本にはもう帰りたくないと思えるほどだった。子ども達と2日間交流して得るものが多すぎて日にちがたつのが早すぎて、でも思い返せば遠い昔のような、夢のような、最高の48時間でした。地雷博物館もなかなかショッキングな物もあったけど、これがカンボジアなんだと思った。40年前の暗黒な時代の歴史も今の人達や町を見ればそのように感じる。このツアーをこのメンバーでできてすごく幸せを感じました。20年間生きてきて1番幸せな6日間だったと思います。このツアーでみんなに出会えてよかった。

【カンボジア・体育】とても感動しました

 郭中正様 / ご出発日:2016年02月16日

 今回のツアーに参加して、本当に良かったと思います。とても感動しました。メンバーと協力活動をはじめ、子ども達の元気などいろいろ感動しました。次回、この小学校にもう一度訪問したいと思います。

【カンボジア・体育】普通の観光旅行ではできない貴重な経験をすることができました

 森優希様 / ご出発日:2016年02月16日

 普通の観光旅行ではできない貴重な経験をすることができました。体を動かすことを通じて、言葉が上手にできなくても、子どもたちと心を交わすことができました。キラキラな子供たちの笑顔を見て、自分も元気になることができたし、体育の素晴らしさを実感することができました。一生この経験は忘れないと思います。日本に帰ったら、いろんな人にこの経験を伝えて、カンボジアの国のことをもっと知ってもらいたいです。

【カンボジア・体育】正直、、、「期待以上」「衝撃」でした。

 北村賢一郎 / ご出発日:2016年02月16日

 カンボジアという国には昔から興味があり、前からカンボジアには行ってみたい、あの国の人々はどんな生活をしているのだろう、本当に本やテレビで見かける「国民が優しい国」なのだろうかと、様々な不安や期待をもってこのツアーに参加しました。
 正直、、、「期待以上」「衝撃」でした。
 人々は想像以上に乏しい生活をしていましたし、なにより想像以上にみんないつも笑顔で、子ども達が声をそろえて「幸せです」と言ってくれる、みんなが幸せに前向きに暮らす、最高の国でした。
 今後もこの国を見続け、将来どんな国になっていくのか、見守っていきたいです。

【カンボジア・体育】カンボジアはとても幸せな国だよ

 林育美様 / ご出発日:2016年02月16日

 私は今回のこのツアーを行くと決めたときから、とても楽しみで、ワクワクしていました。それは「外国に行く」「子ども達と触れ合える」といった単純な考えからです。しかし、現地に着いた時、2歳の女の子がチップをもらうために観光客の脱いだ靴をそろえていたのを見て、とてつもない衝撃と、言葉にならない感情がこみあげてきました。そんな子供たちを見て「かわいそう」と思いました。
 次の日、小学校へ行った時、「幸せですか?」という質問に対し「幸せ!」と迷いなく答えた子供たちを見て驚きました。お金がなくても電気、ガスがなくても、ないからこそ「幸せ」がここにはたくさんつまっていて、「かわいそう」と思った自分を恥じました。こうやって気付けたということは、ほんの少しでも成長できたのではないかと思います。
 「カンボジアはとても幸せな国だよ」と沢山の人に知ってもらいたいです。

【カンボジア・体育】今、この瞬間を楽しむ

 滝悠様 / ご出発日:2016年02月16日

 大きな目的があったわけではなくて、楽しそうだなと興味をもって参加したツアーでしたが、よい経験がたくさんできました。
 暗い歴史があることを知っていて、言葉もあまり通じないという不安はありましたが、子ども達を含め、現地の人は親しみやすく、たくさん話せたことが嬉しかったです。日本よりもお金やものは少ないかもしれないけれど、日本にはない”今、この瞬間を楽しむ”ような感じがあるのだと思いました。また、他の参加者の人達は出身も年齢もバラバラだったけれど、それぞれ将来の目標をもっていて、そのことにも刺激を受けました。
 とても中身の濃い時間を過ごせたことに、たくさんの人に感謝したいです。

【カンボジア・体育】こんなにも充実した6日間は初めてです

 寺澤彩夏様 / ご出発日:2016年02月16日

 本当にこのツアーに参加してよかったと思います。こんなにも充実した6日間は初めてです。ツアーの目的である子供たちに体育を教えるということはもちろん、このツアーを通じて今まで知らなかった自分について気づくことができたり、自分自身が大きく成長できたと思います。また、自分は今まで小さい世界の中で生きてきたと思った。もっと広い視野を持って生活したいし、日本に帰ったら生活を見直したい。
 そしてなによりこのツアーを通じてグループのみんなに出会えたことが自分の中ですごく大きいです。たった6日間でこんな関係をつくることができるということに驚きました。本当にみんなに出会えてよかったし、子ども達からだけでなくグループのみんなから学ぶことも多くありました。このツアーで学んだこと、得たものを忘れずにこれからの人生の糧にしていきたいです。
 6日間本当にありがとうございました。また絶対みんなで集まりたいです。

【カンボジア・体育】カンボジアという素敵な国で毎日をHAPPYに過ごせたことに感謝しています

 鶴早紀子様 / ご出発日:2016年02月16日

 初日は、ガチガチの緊張、疲れもあり、ホームシックにかかっていました。でも、2日目、3日目とみんなと日を重ねるごとに、カンボジアが大好きになっていきました。日本にいるだけでは絶対に出会うことのなかった仲間と出会えたことを心から嬉しく思います。体操や応援合戦を考えたり、一緒にトロフィーを作ったり、みんなとの思い出は一生モノです。小学校では、言葉が通じないことで、不自由はあったけど、私が笑えば子供たちも笑っていて、言葉がなくても通じるモノはあることを実感しました。私たちが汗だくで埋めたタイヤや、教えた馬跳びで遊んでいる子供たちがとても愛おしかったです。お別れの時も自然と涙が出てしまい、子ども達と過ごした2日間は宝物です。カンボジアという素敵な国で毎日をHAPPYに過ごせたことに感謝しています。

【カンボジア・体育】一番の思い出は子どもたちの笑顔

 秋山莉穂 様 / ご出発日:2016年02月16日

 カンボジアに行きたいという想いがずっとあり、子ども達に体育を教える活動に興味があったため、このツアーに参加しました。また、周りを頼らず、自分の力で行動できるようになりたいという思いもありました。
 一番思い出に残ったことは、やはり子供たちの笑顔です。フリータイム・運動会などで、とてもたくさんの笑顔をもらえたので、最後のお別れがとても悲しかったです。最初はとてもシャイな子供たちや先生方でしたが、こちらから笑顔を向けて、良い笑顔を引き出すことができたのではないかと思いました。また、子ども達に限らず、カンボジアの人達は良い人ばかりだと感じました。町に行けば、ニコニコの笑顔、村に行ってもニコニコの笑顔。私のカメラ中は沢山の笑顔で溢れています。最高の思い出の品です。
 カンボジアは暑くて、日本に比べても砂っぽくて大変な部分がありますが、歴史を学び、辛い過去を見つめ直し、最後には世界遺産を巡ることができて、とても楽しかったです。最初は誰一人知らない人たちの中でまとまって行動することに不安しかなく、本当にぎりぎりの頃には行きたくない想いまで感じることがありました。実際、カンボジアには母校のプラン卒業生枠で参加することはできました。けれど、そこでは知り合いばかりでなんとなく異国で過ごしてしまうと何度も考え直し、モチベーションを上げていました。ツアー前に感じていた不安も、当日参加者に会い、成田での自己紹介の時点で消えていました。今ではずーっと一緒に過ごしてきた友達のような感覚です。同じような目的で集まったメンバーなので、とても縁を感じます。これからも繋がっていた人達です。
 個人的には、積極的に行動する精神を少し身につけられたように思います。あまり頼らず行動することで、色々な考えが浮かんでくるようでした。考えが浮かんでから共有することが大事だと思えました。日本に帰ってからも、この精神を忘れないで行動したいと思います。また、ツアーを通して観光業に興味を持つことができたので、色々と視野を広げられて良い経験となりました。今回のツアーで、小学校の子供たちと遊び、先生にも興味を持ったため、小学校の先生がどんな授業をしているのかを知れるようなものや、教育の体制がどんなものなのかを知ることができるプログラムがあったら参加したいと思いました。
 全体を通して、とても楽しく、学びが沢山あったツアーでした。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】一瞬一瞬が全ての思い出となり、自分の人生のヒントになった

 ゆみねえ 様 / ご出発日:2016年02月16日

 社会人5年目を迎えるにあたって、今後自分が社会にどう役立てるか、どう貢献できるかを改めて考える機会にしたかったので、このツアーから一つでもヒントを得て日本に持ち帰りたいという期待がありました。
 ツアーに参加して、「笑顔」ってこういうものだったなと思い出しました。村の小学校の子供たち、先生、旅の仲間たち、真っ直ぐな心で相手を分かろうと、知ろうと努力して、全力で向き合って何かを分かち、感じ合ったときの、あの満面の笑みが忘れられません。「伝える」ことの難しさ、楽しさも改めて感じました。村の小学校へ体育を教えに行ったときだけでなく、全ての場面で皆の「笑顔」が胸に焼き付いています。一瞬一瞬の場面が思い出です。カンボジアの方々が親切で穏やかで優しいという印象も強くあったためか、日を経る度に普通の街並みが温かく感じられたことがすごく楽しい体験でした。
 繰り返しますが、一日一日、一瞬一瞬が全ての思い出となり、自分の人生のヒントになったと思います。再訪ツアー、実現させたいですね。ご縁も何か運命です!また会いましょう!!本当にありがとうございました(^^)!

【担当者へのメッセージ】

ツアーコンダクターの方々阿部さん、関口さんには感謝しかありません。
色々な経験をされているからこそ、私たちにどうカンボジア、旅の楽しさを伝え、楽しませられるかを深く考えてくださったのだと思います。だからこそ、私含め、参加者の皆が、お兄さん的な存在としてお二方のことを心から本当に頼って、旅を充実させることができました。私もお二方のように、何かを人に伝える、そして一緒に感動を共有する人間になれるよう、日本に戻っても一日一日を大切に成長できるように頑張ります。

【カンボジア・体育】人間味あふれる行動や優しさを感じることができました

 福永信義様 / ご出発日:2016年01月16日

 今回が初めての海外で本当に不安だらけでした。しかし高い目標やしっかりとした夢を持った友達が集まっていて短い滞在期間ではありましたが、中身の濃い充実した旅になりました。
 カンボジアで私は「幸せ」の意味やそもそも幸せって何かということを考えさせられるようになりました。日本とは気候も文化も本当に異なる環境にカンボジアはあります。しかし、そこで出会うすべての人達の人間味あふれる行動や優しさを感じることができました。日本を豊かであるというのであれば、カンボジアは違います。しかしその中で幸せを感じながら生活をしている姿は日本に持ち帰って伝えなければならない、またそこから私たちも学ばなければならないと感じました。この経験をさせてくださった皆様本当にありがとうございました。

【カンボジア・体育】日本での当たり前は当たり前ではなかった

 中川安奈 様 / ご出発日:2015年12月23日

 ことばの通じない環境で、どのようにして自分の気持ちを伝えるかということ、日本とは違う文化の国に行って、カンボジアの良いところ、悪いところを知ろうと思い、このツアーに参加しました。
 このようなツアーに参加するのは初めてで、不安も沢山ありましたが、すぐ他の参加者とも喋れて、仲良くなれて良かったです。小学校で体育の授業を教えるというのは、日本では当たり前のことだけど、世界に出てみると、当たり前ではなくて、ちょっとびっくりしました。私たちは日本に住んでいて、本当に恵まれているんだなと思いました。例え、学校に行けていない子供でもカンボジアの人達は、キラキラした笑顔をしていて、見ている私たちまでもが笑顔になれました。
 このような経験ができて、とても嬉しいです。またこのような機会があれば、ぜひ参加したいです。そして、またカンボジアに来たいです(^^)

【カンボジア・体育】素晴らしい体験ができて本当に参加して良かった

 山村綾音様 / ご出発日:2015年12月23日

 私は日本に帰国してから海外でやり残したと思っていたことが沢山あり、学校の友人がボランティアなどに行っている中、自分はズルズルと何も行動を起こさず毎日を過ごしていたので、このツアーに参加しました。やり残したことのひとつに現地の人と触れ合うということでした。私はほとんど日本人のコミュ二ティーの中で過ごしてきて、そんなのではずっと日本にいたのと変わらないと思いました。このツアーで成し遂げることができました。住んでいる人にもできないような体験ができてさらに自分が好きなことをやることで素晴らしい体験ができて本当に参加して良かったと思います。それともうひとつは食べ物です(笑)私はベトナムに住んでいる頃、1度もフォーを食べたことがありませんでした(他の料理も)だから今回は食べず嫌いをやめて、何でも食べることにしました。きっと倍以上カンボジアを楽しめたと思います。またこのようなツアーに参加したいです。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】教えることは大変でした。でも、、、

 喜瀬知有良様 / ご出発日:2015年12月23日

 自分が思ってた以上に教えることは大変だと感じました。けどカンボジアの子供たちはすごく素直で何事も一生懸命取り組んでくれる姿を見てやりがいを感じました。日本で教員になりたいと思っていたけど、カンボジアの先生の足りなさ、字授業の不十分さを体感して、勉強をしたくてもできない、学びたくても学べないという子供たちに学ぶ機会を作れるような海外での活動を将来したいと思いました。
 初めてで不安もいっぱいでしたが、添乗員さん、現地ガイドさん、一緒に活動した14人のみなさんがいてくれたから最後まで頑張れました。本当に楽しかったです。ありがとうございました。オークン!!

【カンボジア・体育】日々の1つ1つをもっと大切にして生きていきたいと思いました

 今泉萌様 / ご出発日:2015年12月23日

 まだまだ自分が未熟だと思い知らされました。コミュニケーション不足、勉強不足、準備不足でした。そんな中でも現地の子供たちはうれしそうに楽しそうにしてくれて、ありがたかったです。日々の1つ1つをもっと大切にして生きていきたいと思いました。参加メンバー、添乗員さん、現地ガイドの方々、小学校の先生方、ホテルスタッフ、準備をしてくださったスタッフの方々との出会いと感謝、この6日間の出来事を忘れないよう、目に見える形で残していきたいし、生き方に表していきたいです。

【カンボジア・体育】自分が将来何をしたいのかを再確認することができました

 小野寺将様 / ご出発日:2015年12月23日

 私は海外にいた時に震災を経験しました。私の地元は宮城県の気仙沼市という海沿いの都市で、莫大な被害を受け、自宅は全壊して、一時期は避難所である中学校で生活しました。避難所には世界各国から様々な物資が届けられ、壁のいたるところにはフィリピンやインドネシアなど日本よりも経済水準が低い国からの応援メッセージが貼られていました。
 私はその光景を見て、受けた支援をいつか返したいと思いました。また、私は教育にも興味があり、震災の時に感じた思いと、自身の興味の両者を満たせるものはなにかと考えた時に、途上国で教育支援をしたいとぼんやり思うようになりました。そして、フェイスブックでこのスタディツアーのページを見つけて、このツアーに絶対参加したいと思いました。
 私はもともとはそれほど積極的な性格ではありませんが、このツアーではできるだけ多くのものを得たいと思っていたので、様々なことに対して積極的に挑戦するよう心掛けていました。体育を教える活動では、リーダーとして行わなければならないことはたくさんありましたが、だからこそ多くのことを得られたと思います。子ども達の喜ぶ顔を見て、この国の子供たちは本当に教育を必要としているのだなと思いました。
 ボランティアはこちらが一方的に与えるだけでなく、ボランティアによって自分たちが子ども達から得たものがあると思いました。
 2日間の活動でしたが、楽しさだったり、難しさだったりを学ぶことができて、とても実りの多いツアーでした。また、自分が将来何をしたいのかを再確認することができたと思います。

【カンボジア・体育】またカンボジアに来たいです

 中川安奈様 / ご出発日:2015年12月23日

 このようなツアーに参加するのは初めてで、不安も沢山あったけれど、すぐ他の参加者ともしゃべれて、仲良くなれてよかったです。小学校では体育の授業を教えるというのは、日本では当たり前のことだけど、世界にでてみると、日本の当たり前は当たり前でなく、ちょっとびっくりしました。私たちは日本に住んでいて本当に恵まれているんだなと実感しました。たとえ、学校にいけていない子供でも、カンボジアの人たちはキラキラした笑顔をしていて、見ている私たちまでもが笑顔になれました。このような経験ができてとても嬉しいです。また、このような機会があればぜひ参加したいです。そして、またカンボジアに来たいです。

【カンボジア・体育】大変良い経験ができました

 匿名 / ご出発日:2015年12月23日

 カンボジアの子供たちは日本の子供たちに少なくなっている良さを持っていると感じました(恵まれ物がありあまってるため?)。何事にも一生懸命で全力で取り組む姿に心を打たれました。
 ツアー全体を通じて、自分の将来について真剣に考えている若者に刺激を受け、大変良い経験ができました。

【カンボジア・体育】子ども達のキラキラの笑顔

 高橋治花様 / ご出発日:2015年12月23日

 本当にこの5日間、今まで体験できなかった、様々なことを学びました。一番記憶に残っていることは、子ども達の笑顔がキラキラしていて、日本の子供たちには見ることのできないような笑顔をしていたことです。
 今回のツアーを通じて、出会えることができた人々は私にとって大切な思い出となりました。また、ガイドさん、バスの運転手さんがいたから、ここまで楽しみ充実できました。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】初のカンボジアで経験したことは財産になりました

 匿名 / ご出発日:2015年12月23日

 子供たちのキラキラした目を見て、色々考えさせられました。日本の教育、日本人の人格、カンボジアの現状など、考えても疑問しか浮かびません。たくさんの「なぜ?」を発見できました。幸せとは何かを考えた時、日本人の思考、実生活を思い浮かべ、嫌になりました。狭い国で小さいことを気にして、苦しんだり怒ったりする状況が浮かんできて、カンボジアの子供たちのキラキラした目をたくさんの人に知ってほしいと思いました。初のカンボジアで経験したことは財産になりました。また違う形できて、もっと知りたいと思いました。それと同時にもっといろんな国を見たいと思えました。6日間ありがとうございました。楽しかったです。ピースインツアーまたお世話になります。

【カンボジア・体育】子供たちが心から喜んでくれた

 島崎臣斗様 / ご出発日:2015年12月23日

 自分は今までに海外に旅行に行くということは何回かあったけど、ボランティアという形で海外に行くことは初めてで、自分が何をできるのかと色々悩んだこともあったけど、実際に活動してみてそんなに頭で考える必要はなくて、ただこの人たちと何かしたいという気持ちで子ども達と接して、本当に必要なものってボランティアという義務感でやることじゃないんだと改めてわかって、だからこそ子供たちも自分を楽しめたし、心から喜んでくれるということが伝わって本当に嬉しかった。自分は日本でかなり贅沢な暮らしをしていて、親にも迷惑をかけていたし、これからどうなっていくのかも全然見えていなくて、でも今回このツアーに参加することができて、まだ高校1年生で何をしたらいいのかわからないだろうし迷うこともあるだろうけど、今は自分らしく精一杯生きていけばそれでいいんだなとわかって、ずっとたまっていた心のもやもやが晴れて今回自分にとってとてもいい経験になりました。

【カンボジア・体育】自分が恵まれた生活を送っているか身にしみてわかった

 入部美奈様 / ご出発日:2015年12月23日

 今回のツアーに参加するまで、私は旅行といえばニューヨーク、パリ、ロンドン、など比較的裕福な国(都市)しか行ったことがなかった。だから今回、カンボジアの生活を見て初めて世界の貧困という層を目の当たりにした。水がきれいではなかったり、服がボロボロだったり、学校にいけない子供がたくさんいたり、このような生活をしている人々がいると思うと、ありきたりのいい方にはなるが、どんだけ自分が恵まれた生活を送っているか身にしみてわかった。ですが一言で、学校の子供たちは本当にイキイキとしていて私たちの企画に興味しんしんで人なつっこくて、笑顔が素敵で運動会の時はキラキラしていて、本当に学校へ行ってよかったと思えた。

【カンボジア・体育】本当にたくさんの人に「感謝」します

 クルミ様 / ご出発日:2015年12月23日

 カンボジアに来るまではとてもドキドキしていて不安でしたが、行ってみるとみなさん本当にいい人で安心しました。添乗員さんもめちゃ面白かったです。現地ガイドさんも本当に一生懸命ガイドしてくれていい人でした。これを機に自分の考え方や当たり前のことがカンボジアでは当たり前じゃなくて、帰国したらもっとたくさんの人に感謝の大切さを知ってもらいたいです。そしてカンボジアの素晴らしさを知ってもらいたいと思います。カンボジアの人は笑顔が素晴らしくていつも元気に話しかけてくれる人が多かったです。本当にたくさんの人に「感謝」します。本当にありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。
 学校でたぶん発表会(報告会)があるので、ばっちりたくさんの人にカンボジアの素晴らしさ、今の自分たちの暮らしの大切さを知ってもらいたいと思います。そして伝えていきたいと思います。今回学んだことを忘れずにこれから生きていきたいと思います。

【カンボジア・体育】一番思い出に残ったのは子ども達と触れ合うことができたこと

 永田佳子様 / ご出発日:2015年12月23日

 やっぱり一番思い出に残ったのは子ども達と触れ合うことができたことです。日本の子供でもそんなに触れ合うことのできる機会もないのに、まして、カンボジアの子と触れ合うことができるとは思ってなくて、このツアーに参加できて本当に良かったです。子ども達とはバレーをしたり、折り紙をしたり、馬とび、なわとびをすることができて、仲良くもなれたし、体育を教えに行っているはずなのに子供たちから教えてもらうことの方が多くて、とてもいい経験になった。
 子供たちは日本の子供たちと違って遊びをしらないから教えてもらったことを何回も何回も繰り返しやってくれるし、反応が素直だし、こっちも遊びなれているはずなのに日本と遊ぶのとまた違った楽しさがあって私も嬉しかったし、楽しくできました。運動会でもみんなのキラキラした笑顔がみれてよかったです。また、いろいろな人の手をかりてこのツアーに参加させていただくことができてよかったです。たくさんのことを子供やカンボジアの方々から学ぶことができました。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】私の人生を大きく変えてくれた経験

 藤原唯様 / ご出発日:2015年12月23日

今回のツアーは私にとって一生ものになったと思います。私は進路が決まらず、何か自分を変えられるような新しい体験がしたくてこのツアーに応募しました。実際にこのツアーで子ども達と触れ合ってみて、自分の力で誰かを笑顔にできたことが本当に嬉しかったです。また、子ども達は純粋に私たちと遊んでくれて、帰るときに泣いてくれたりしている子もいて、私はこの子達の中で大きな存在になれたし、本当に2日間だけだったけど、彼らとの出会いに本当に感謝しています。このツアーで改めて人との出会いや触れ合いがどれだけ素晴らしいかというのがよくわかりました。これからも出会っていく一人一人との関係を本当に大切にしていかなくてはならないのだと思いました。また、カンボジアで約6日間すごしてみて、町や村を歩いているときに私たちに比べたら確かに貧しいながらも、今を生きていることが楽しいと言っている人が多いと聞きました。そのとき私は、日本で学校にも行けて、ごはんも食べたいだけ食べて、友達と好きなだけ遊んで、という生活をしていたことにはずかしくなった。そんな生活ができているのにもかかわらず、私は親に好きなごはんじゃなかったら怒ったりしていることがすごくアホらしくなった。そんな私とカンボジアの人々を比べてみて、私はこんなにも良い暮らしをしているのに、どうしてこんなにも一生懸命になって生活していないんだと本当に思った。将来は知識がない子供たちや親がいない子、病気の子などを助ける仕事をしたいと思いました。本当にこのツアーに参加して良かったです。このツアーに参加したメンバーや添乗員の方、子ども達、カンボジアの人々との出会いに本当に感謝しています。このツアーは私の人生を大きく変えてくれる経験でした。本当にありがとうございました。カンボジア、また来ます。

【カンボジア・体育】お別れのとき、沢山の子供たちが抱きしめに来てくれた。

 岸本朱莉 様 / ご出発日:2015年12月23日

 このツアーに参加した理由は、将来、小学校教諭になりたいという夢の実現のための参考にしたいと思ったからと、外国語に触れてみたいと思ったからです。実際に参加して、日本にいても経験しないことの連続で、期待していた以上にとても良い一週間になりました。
 はじめは、期待より不安のほうが大きく、とても緊張していました。しかし、担当の方や現地ガイドの方がとても心強く、一週間がとても早く感じました。
 自分自身、子ども達と触れ合うことで感じたことは、沢山あります。一つ目は、どんなことをしてもずっと笑顔を絶やさず、裸足で駆け回る子供たちを見て、日本とは違いとても元気だと感じました。日本の小学生、私自身の小学生時代、そんなに知らない所から来た人に親しみを持って接しないな、と思いました。二つ目は、すごくすごく子供たちと体を使って遊んだり、折り紙をしたりすることが楽しかったです。でも悔いがあります。それは、子ども達がジェスチャーや顔の表情を使って自分の思っていることを伝えようとしてくれていたのに、クメール語が分からなかったこともあり、理解することができなかったことです。「もういいや」という顔をして去っていく子もいて、すごく自分の力の無さを思い知らされました。けれど、言葉が通じなくても、ずっと傍にいてくれる子もいたし、年齢を聞いたとき、私が持っていた紙に「7」の文字があり、それを指してくれた子もいて、すごく嬉しかったです。
 このツアーを通して、教育がまだまだ行き届いていない、カンボジアの今の小学校の現状が分かりました。また知らない日本人同士で協力し合う楽しさも知ることができました。言葉が通じなくても、一緒に体を動かしたりできるということ。一度も会話が成立しなかったのに、ずっとそばにいてくれた子もいます。その子がお別れのとき、私を見つけて笑ってくれました。抱きしめに来てくれました。そのことが「すごく嬉しくて、忘れられない思い出です。

【カンボジア・文化・国際交流】行かなければわからないこと、やってみなければ感じられないことがある!

 S.C様 / ご出発日:2015年11月10日

単純にカンボジアへ行ってみたくて、どうせだったら何か経験したいな!と思ってこのツアーを選びました。現地のリアルな生活や子どもたちとの交流ができて、よりカンボジアのリアルを感じることができました。元気でがむしゃらで全力で向かってきてくれる子どもたちに出会えてよかったです。現地コーディネーターや、日本語ガイドは素晴らしかったです。ありがとうございます!ひょっとすると私たちが学校へ行ったりするのは自己満足なのかもしれません。しかし温かく迎えてくれて、正面から向かってきてくれる現地の人々に助けられ、貴重な体験ができました。PITAのスタッフさんの対応も素晴らしく、安心して何よりも楽しんで生活できました。行かなければ学べないこと、やってみなければ感じられないことがあると心から思いました。ありがとうございました!

【カンボジア】ホテルインターンシップ 日に日に自分が出来ることが増えて、接客を楽しめた

 ちはる様 / ご出発日:2015年09月22日

夏季休暇に海外でのインターンシップをしたいと思っていまして、英語を使って働いてみたいと思っていたので、今回のツアーを選びました。また、カンボジアは一度行ってみたい国の1つで、英語圏ではない国で英語を使ってみたかったので、参加するのがとても楽しみでした。
参加する前は一人参加ということで不安もいろいろありましたが、自分の今の英語力を試してみたいという気持ちでした。参加してみて、逆に1人だったからこそ、より積極的に現地のスタッフの方々、お客様とコミュニケーションを取ろうとう気持ちになり、不安はすぐになくなり、気づいたらインターンシップを楽しんでいました。
今回のツアーは日本語を話せる人がいなくて、英語やちょっとしたクメール語を使ってコミュニケーションを取りながら、インターン初日から、すぐに実践という感じで、日に日に自分が出来ることが増えて、接客を楽しめた事が良かったです。また、日本人のお客様もいらっしゃって、現地のスタッフとお客様の間に立ち、通訳のような経験をできたことがとても勉強になりましたし、よかったです。
また、ティータイムの時にアシスタントマネージャーの方からカンボジアのことや、いろいろとお話ができて、接客以外のことも学べてよかったです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】また絶対に今回のメンバーでカンボジアに行きたいと思った

 かおり様 / ご出発日:2015年09月11日

一人参加で期待よりも不安の方が大きかったけど、実際はとても楽しくツアーを終わらすことができた。最初は、本当に不安しかなかったけど、いろいろな活動していくうちに、みんなと仲良くすることができた。本当に楽しかった。カンボジア人は本当に優しい人が多いということもわかったし、カンボジアの歴史についてもよく理解することができた。また絶対に今回のメンバーでカンボジアに行きたいと思った。阿部さん、サヴィー、テンさんのおかげで本当に楽しい思い出ができました。絶対わすれません。ありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】楽しみながら、ボランティアが出来る点

 匿名 / ご出発日:2015年09月11日

子どもたちの心の豊かさは、その子たちをとりまく大人によって作られていくということをクマエのこれまでの取組の様子と目の前にした子供の姿で痛感しました。大人である自分の行動や言動をふりかえさせられました。カンボジアの歴史を学び、ややもすると愚かで悲惨な行いは、状況しだいで誰でもしてしまうということを痛感しました。確かな目を持ちしっかりと発言をしてそうならない努力をしていくことが大切だと改めて考えさせられました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】子どもたちの健やかな成長を願ってやみません

 F.Y様 / ご出発日:2015年09月11日

今回訪問するのが孤児院ということで、一人一人に心に闇のようなものを抱えている子が多く、交流は難しいのではないか、と考えていました。親がいない、またはネグレクトなどで助けられた子どもが多いと思ったからです。しかし、実際に訪問してみると、とても温かく迎え入れてくれ、かつ、たくさんの笑顔に触れることができました。ガイドをしてくれたSavyさんを含め、もちろん心に傷を負っていることは間違いありませんが、それを乗り越え、健気に生きる姿に熱くこみあげてくるものがありました。こどもたちとの交流の中で、好きな言葉を書いてもらうことがありました。そのとき、ある子が”幸せ”と書きました。それを見て私は涙がにじむのを感じたのです。しあわせは一人一人違って、日本のように発達した社会で、両親そろった家族でいることだけが幸せなのではない、と気付かされました。あたりまえのことを改めて感じさせてくれた経験でした。子どもたちの健やかな成長を願ってやみません。このツアーに関わって下さった全ての方に感謝します。ありがとうございました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】むしろ自分がたくさんのことを学ばさせていただきました

 松田和也様 / ご出発日:2015年09月11日

今回のツアーで一番思い出に残ったことは、子供達との交流です。初めは、子供達に何か少しでも教えてあげることがあればなと思い、カンボジアに来ましたが、実際に子供達と過ごしてみて、むしろ自分がたくさんのことを学ばさせていただきました。カンボジアに来て、カンボジアの人やスナーダイ・クマエの子供達や、素晴らしい仲間たちと出会えて感謝の気持ちで一杯です。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】メンバーも6人と少なかったですが、少ないからこそ団結力が強かったと思います

 片山果奈様 / ご出発日:2015年09月11日

スナーダイ・クマエ孤児院への訪問で子どもたちと関われたこと。日本語授業の準備の成果が出せたこと。今回カンボジアに初めて行きましたが、すごく満足した8日間でした。カンボジアは暗い過去があるにも関わらず、また人々が親切であり夢に向かってコツコツ小さな積み重ねを怠らない、発展するにあたって今後期待する価値がある国だから多くの観光客が最近増えているのだと思いました。また孤児院では年上の子から年下の子まで仲が良く面倒見がいいと思いました。日本語もうまく夢をしっかり持っている子が多く、むしろ夢を定められない自分が情けないと感じました。メンバーも6人と少なかったですが、少ないからこそ団結力が強かったと思います。毎日笑って楽しく過ごすことができました。また、観光では念願のアンコールワット、アンコールトム、ベンメリアに行くことができて本当にうれしかったです。

【カンボジア スナーダイ・クマエ】とても良かったです。みんな良い人でした!!

 M様 / ご出発日:2015年09月11日

カンボジアや海外ボランティアに行ってみたかったので、参加しました。思っていた以上に楽しかったです。
全てが良かったです。、出会った人々もみんな良い人でした。とても良い旅になりました。

【カンボジア・体育】子ども達の笑顔・元気・パワーは自分の原動力につながる

 N.S様 / ご出発日:2015年09月05日

「幸せですか?」「幸せです」。子ども達が問いに対して即答していたことはとても印象的で心が動かされた。正直,十分とは言えない生活をする子ども達から得るものは多く、子ども達のキラキラした笑顔・元気・パワーは、これからの自分の原動力につながると感じた。一生忘れられないきちょうな体験ができた。今回の経験を通してもっともっとカンボジアのこともだけど、日本のことも知りたいと思ったし、視野が広がったと思う。

【カンボジア・体育】本当に大満足です!

 匿名 / ご出発日:2015年09月05日

本当に大満足です!このツアーでなければ経験出来なかったであろうことが沢山経験できました。子供たちに何か与えようと思ってきましたが、逆に子供たちから元気やパワーをもらいました。また、たくさんの友達ができたことも本当に一生の宝だと感じた!世界遺産も見れて、クルージングも楽しくて、本当に大大大満足の旅行になりました。

【カンボジア・体育】一生忘れられない貴重な経験

 永徳柚木乃様 / ご出発日:2015年09月05日

期待以上の充実感でした。小学校の訪問も雨季に拘わらず晴天に恵まれ、一生忘れられない貴重な体験ができた。ツアーの中で子供たちが将来の夢を語ったり、今幸せだ!と叫んだりそんな未来が明るくなるような現場をみることができて、私も今の環境に感謝して色々なことに挑戦したいと思います。

【カンボジア・体育】参加できてとてもよかったです

 鈴木 あやめ / ご出発日:2015年09月05日

学校では何をするにしても興味深々で本当に楽しそうに笑ってくれる子供たちと触れ合って、この子たちがずっと笑顔でいられるような国、世界にしたいし、村のおばさんやアキラーさんの話はショッキングで悲しいものだったけど、伝えられる人、実際に経験した人の話を聞くことができたのは本当に良かったです。現代の人にも後世の人にも伝えて行かなければならない話だと思いました。参加できてとても良かったです。

【カンボジア・体育】一生忘れられない

 宮本 奈美 / ご出発日:2015年09月05日

姉が以前このツアーに参加し、その話を聞いて自分も参加してみたいと思って参加しました。幸せとは何か、これから自分がやるべきこと、できることは何か、とても考えさせられました。子供たちの私たちに見せてくれた笑顔を見る度、とても嬉しい気持ちになる半面、自分の心の重さに疑問を持つ機会も多かったです。みんなで一生懸命準備して成功させた運動会や子供たちの笑顔、優しさ、かけがえのない仲間たちに出会えたことは一生忘れられないと思います。

【カンボジア・体育】エネルギーを感じました

 篠田 美玖 / ご出発日:2015年09月05日

スポーツや体を動かすことが好きなので参加しました。ツアーに参加する前は、子供たちに何かしてあげよう!って思ってました。けど、子どもたちが必死に私の伝えたいことを分かろうとしてくれたり、絵を書いてほめてあげると、ハイタッチをしてくれたり、競争にチームの子が勝つと全力で喜んでいる姿を見ると、貧しい国ではあるけれど、すごい良い国になっていきそうなエネルギーを感じました。このツアーに参加して新しい自分を見つけることもできて本当に良い経験になりました。

【カンボジア・体育】みんなに出逢えてよかった!

 高瀬 佳康 / ご出発日:2015年09月05日

一人一人一生懸命生活されていて、子供達が全員・元気よく堂々と「幸せです」と言ったときは、涙があふれ出てきました。自分はなんて裕福な生活をしてきたんだろう...なのに当たり前だと思っている...「幸せ」とは何かすごく考えさせられました。もう一度、同じメンバーで同じ場所に行きたいです。みんなに出逢えてよかった!最高の思い出をありがとう。

【カンボジア・体育】最高の笑顔を見せてくれます

 匿名 / ご出発日:2015年09月05日

カンボジアの子どもも日本の子供も変わりません。純粋で、無邪気で、何事にも全力で取り組み、最高の笑顔を見せてくれます。子どもたちは、毎日を全力で過ごし、楽しみながら生きています。最後の「幸せですか?」の質問に全員が「幸せです」と答えた時、考えさせられるものがありました。恵まれた場所で生活していると高望みしがちです。もっと身の回りを振り返る必要があると感じさせられました。

【カンボジア・体育】笑いがエネルギーなんだよ!

 小松 春奈 / ご出発日:2015年09月05日

”体育”ということで、体を動かすのが得意だから自分の得意な分野を生かせる!と思ったから参加しました。カンボジア人の温かさが一番印象的でした。みんな明るくて、目が合えば笑ってくれる。笑いがエネルギーなんだよ!って途中で出会ったガイドさんが言っていて、カンボジアが暖かい国だという理由がわかった気がした。今回初めての海外だったけど、良いことも悪いことも全部良い経験でした。またカンボジアに行きたいです!

【カンボジア・体育】支援学校の教員になりたい!

 石田 基起 / ご出発日:2015年09月05日

支援学校の教員になりたい!という夢があり、普段から子どもと関わる機会が多く、色んな子どもたちを関わりたいという思いと海外の子どもたちはどんな生活をしているのか知りたかったのでこのツアーなら叶えてくれると期待していました。再訪ツアーに参加したいと思います。体育を通して子どもたちがこんなにも笑顔になるんだと驚きました。自分も自然と笑顔になり夢中で子どもたちと遊んでいて子どもと関わる時には、”笑顔”が一番大切だと気づかされました。ここで学んだことをこれからの自分の人生に活かしていきたいと思います。

【カンボジア・体育】とても勉強になりました

 匿名 / ご出発日:2015年09月05日

小学校での子供たちとの交流はとても楽しかったです。運動会もとても楽しんでもらえて、お別れするのがとてもさみしかったです。また日本にいたら知る機会のない地雷のこと、シルクの作る工程など知らないことを知れてとても勉強になりました。カンボジアの人は皆やさしくて温かくてフレンドリーで、今回このツアーに参加してカンボジアが好きになりました。カンボジアに偏見を持っている人に、自信を持ってオススメしたいです。また、このツアーを通して、それぞれの国の良さを知るために世界中に行ってみたいと思いました。

【カンボジア・体育】とても濃い一週間でした

 匿名 / ご出発日:2015年09月05日

とても濃い一週間でした. 小学校の子供たちは私たちが来るのをとても楽しみにしていて、また別れた後も私たちのことを一生忘れないという話を聞いてほんのささいなことが子供たちに大きな影響を与えているんだなと感じ、これからも興味を持ったことには積極的に行動に移していこうと思いました。今回の経験を生かして、自分の国日本や世界のことについて考え、これから自分には何ができるか、どうしたいのかをもう一度考えるきっかけになりました。

【カンボジア・体育】必ず、また来たいと感じました

 匿名 / ご出発日:2015年09月05日

カンボジアのことを知りたいという思いとボランティアを通じて何か得ることができれば...と思って参加しました。子どもたちとの交流では考えさせられることがとても多く貴重な体験となりました。今回の活動を通してもっとカンボジアのことを知りたいと思ったし、必ず、また来たいと感じました。

【カンボジア・体育】パワーをたくさんもらいました

 りさ / ご出発日:2015年09月05日

将来を考えるうえでのきっかけ探しになったらいいなと思っていて、村の小学校を訪れることはめったにできない経験だと思ったから参加しました。カンボジアで一番感じたことは、人のあたたかさです。みんな笑顔で親切な人ばかりで心がとてもほっこりしました。そして、一番心に残っているのは、小学校の子供たちにした「幸せですか」という質問の答えが皆即答で「幸せです」と答えていたことです。日本人に同じ質問したら一体どれくらいの人がすぐに幸せと答えることができるんだろうかと思いました。少なくとも私はすぐに幸せと答えることができないと思います。幸せについて考えさせられた一週間でした。パワーをたくさんもらいました。

【カンボジア・体育】本当にいい経験ができました

 横田 明日香 / ご出発日:2015年09月05日

日本で生活する中で、時間に追われて、人間関係に冷めていました。将来のビジョンの何もなくて、だから普段見れない世界を見てみたいと思って参加しました。カンボジアの人はいつも笑顔で接して下さり、また子供達は、言葉が通じないのに必死に何か伝えようとしてきたり、私たちの問いかけに全力で答えてくれました。私たちが何も心配しなくても、彼らは大丈夫なのだと思いました。仲良くなった1人の男の子がいます。私に会うたびに花束をくれました。その彼の笑顔、彼からもらったこのあたたかい気持ちはこの先も絶対に忘れません。本当にいい経験ができました。

【カンボジア・体育】運動会はとっても思い出に残りました

 はる / ご出発日:2015年09月05日

自分にとって何が大切なことが見つかるかな?と思って参加しました。思っていた以上に学んだことが多く、予想外に学ぶことがたくさんあった。子どもたちとの運動会はとっても思い出に残りました。最初はすごく不安だったけど空港についてすぐにみなさんが声をかけてくれて8日間とっても楽しくすごせることが出来ました。

【カンボジア・体育】「豊かさ」「幸せ」に基準なんてないのだ

 倉持 憲司朗 / ご出発日:2015年09月05日

たくさんの子どもや生活している人々に出会い、「豊かさ」とは何かということをとても考えさせられました。人それぞれの物差しがあり、「豊かさ」「幸せ」に基準なんてないのだということを痛感させられました。言葉では「幸せはお金じゃない」なんてあきるほど聞いていたはずなのに、それを本質の意味で理解していなかった自分が恥ずかしくなりました。このツアーで本当に多くのことを学び、考えさせられました。来てみて、余計にわからなくなったことをありました。でも自分の中で何かが変わったのは身に染みてわかります。一生忘れられない経験になりました。

【カンボジア・体育】また是非あの子供たちに会いに帰りたい

 みかん / ご出発日:2015年09月05日

子供達のまっすぐで純粋なところを見て、自分が日々、つまらにことで悩み、わがままを言っていることにすごく申し訳ないなと感じました。とってもかわいくてつれて帰りたくなりました。また是非あの子供たちに会いに帰りたいと思います。加えて、大学1年で行ったからこそ、次につながる体験が出来て良かったです。

【カンボジア・体育】学ぶことだらけの1週間でした

 武田 千幸 / ご出発日:2015年09月05日

自分が教育現場で働きたいという目標があり、その目標を達成するためにはたくさん子供たちとふれあったりしたいと思いました。ボランティアにも興味があり、どちらもできると思ったから参加しました。子供たちに最後まであきらめない心や、言葉は通じなくてもスポーツを通してつながっていけるという大切さを自分自身が身にしみて分かることが出来、本当に学ぶことだらけの1週間でした。

【カンボジア・体育】自分ももっとしっかり生きなければ

 宇治川 愛 / ご出発日:2015年09月05日

海外ボランティアに行きたいという気持ちはあったけれど、心のどこかで「ボランティアをして本当に意味があるのだろうか」というぎもんがありました。けれど、このツアーに参加して、小学校に行って子どもたちとふれあって子どもたちの嬉しそうな笑顔を見ると来て本当に良かったと思ったし、自分ももっとしっかり生きなければいけないと強く思いました。今回のツアーでたくさん考えることが多かったし、これからもこのような経験を通しながら、たくさん考え、自分なりの答えを見つけていこうと思いました。

【カンボジア・体育】運動会を開いてそれを体験した子どもたちの笑顔をたくさん見ることができた

 目黒 安璃 / ご出発日:2015年09月05日

また同じ小学校にいく2部制のツアーもいいと思った。
一番思い出に残ったことは、準備をして運動会を開いてそれを体験した子どもたちの笑顔をたくさん見ることができたこと。体操もあんなに楽しそうにしてくれて本当に嬉しかったし、顔を名前を覚えてくれた子がいたこともすごく嬉しかったです。しかし、ただ”楽しい”だけではなくて、地雷博物館や村のおばあさんのお話、歴史の講義を聞いて、カンボジアの暗い部分を知ることができ、それ以外にも”豊かさ”についてだとか様々なことを考えさせられる充実した旅でした。

【カンボジア・体育】言葉は通じなくても楽しさを共有できる

 本間 未沙燈 / ご出発日:2015年09月05日

体育というテーマにそって活動が企画されていたから参加しました。こども達の笑顔はすごくまっすぐでキラキラしていて自分も自然と笑顔になれてうれしかったです。自分が全力で活動すれば言葉は通じなくても楽しさを共有できることを知りました。自分が全力になれるのは体育だということにも気づかされた気がします。とてもよい経験になりました。

【カンボジア・体育】もらった花束にはとても感動

 リョウ / ご出発日:2015年09月05日

日常と違う文化、分野、言葉の違う状況に飛び込んでみて、狭い自分の世界を広げたいと考えたため参加しました。再訪ツアーに行けたら行きたいです。
子供が無邪気なのはかわりはなく、しかし積極性はカンボジアの方が圧倒的に上で、一緒に楽しく遊ぶことができました。訪問2日目にもらった花束にはとても感動してしまいました。今回のツアーの経験を1%でも多く、自分の成長に活かせるよう、何度も思いだしたいと思います。

【カンボジア スナーダイクマエ】すごく安心して過ごすことが出来た

 村木志帆様 / ご出発日:2015年08月28日

1日1日のスケジュールがしっかりと組まれていてすごく安心して過ごすことが出来た。孤児院ですごす時間が限られていたからこそ、より濃く意味のある訪問になったと思う。発表会の準備をしたり、子どもたちのために授業の内容を皆で考えたり、すごく貴重な体験が出来ました。ずっとカンボジアでボランティア活動をしたいと思っていましたが、周りから「カンボジアは危ないからダメ」と止められて参加できずにいました。しかし今回周りを説得しやっと来ることができて、想像以上の8日間になりました。孤児院の子どもたちと自分が少しでも関わることが出来たことによろこびと嬉しさを感じています。オールドマーケットを散策したり、遺跡を観光したりと期待していた以上のすばらしい時間を楽しむことが出来ました。是非再訪ツアーでまたカンボジアへ帰ってきたいです。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】充実しすぎているといっていいほど本当に充実した滞在

 山崎 藍 / ご出発日:2015年08月28日

孤児院の訪問と観光が一緒にできるので、カンボジアでの滞在が充実したものとなると考えたから参加しました。充実しすぎているといっていいほど本当に充実した滞在で事前の期待以上だった。初めての海外でしたが、本当に良い思い出ができました。!今回のツアーで一番印象に残っているのは、孤児院の子どもを含め、カンボジアの人たち明るさや笑顔です。初の海外ということもあり、不安がとても多かったのですが、いざカンボジアに来てみたら、今まで自分が想像していたものとは全く違い、驚きました。みんな笑顔でおしゃべり言葉が通じなくても楽しく交流することができ、うれしかったです。今回このツアーに参加したことでもっとこのような国のことについて知りたくなったし、いろいろなことに挑戦してみたいと思うことができました。ツアーがおわってもこの気持ちを忘れずにがんばっていきたいです。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】発展途上国にいくたびに「幸せ」について考えさせられます

 はるか / ご出発日:2015年08月28日

最初は不安ばかりで直前に行くのが憂鬱になっていたが、毎日が濃く、1日1日勉強になることばかりで最高の旅になりました。じぶんたちで日本語授業の内容を考えて子供たちに教える。決められた時間も自由時間もほどよい感じで良かったです。一番印象に残っていることは子供たちの笑顔です。辛い過去等を背負っているはずだが、全然そんなことを感じさせず、子供たちの笑顔から私たちの方までパワーをいただきました。メンバーのみんな、本当に優しくておもしろくていい人たちばかりで、最初不安でいっぱいだった気持ちが帰りたくないという気持ちに変わるくらい楽しむことが出来ました。メアス・博子さんから直接お話をきくという貴重な体験もさせてもらって、とても勉強になりました。発展途上国にいくたびに「幸せ」について考えさせられます。今回も日本に帰ってもう1度考えてみたいと思いました。カンボジアのボランティアツアーといってもたくさんあります。しかし、今回このピースインツアーにして本当によかったと思っています。ありがとうございました。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】私が今ある悩みなんてなんてちっぽけなんだろうと思わせてくれました

 K.N. / ご出発日:2015年08月28日

孤児院で子どもとのふれ合いが本当によかった。であえてよかった。あとは地雷博物館は衝撃的だったけど、みんな行くべき所だと思った。つらい過去がある子どもにどう接したら良いのか、すごく不安だったけど、子どもたちはすごく明るくて、私が今ある悩みなんてなんてちっぽけなんだろうと思わせてくれました。また会いたくなるあの笑顔、元気は忘れられないものとなりました。また世界遺産のアンコールワットには圧巻されたし、すごく迫力があった。私はタイのツアーにするか、カンボジアのツアーにするか迷って、終戦70周年の今年に戦争のすさまじさを知りたいと思って地雷博物館に行けるカンボジアツアーにしようと思って選びました。たくさんの人が犠牲になったり、まだまだ除去できていない地雷の怖さにショックが大きかったけど、平和の大切さを学べるすごく良い機会でした。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】夢のために頑張ろうと思うことができました

 匿名 / ご出発日:2015年08月28日

社会人になってから、新しいことにチャレンジすること、初めてのボランティア活動ということで不安でいっぱいでしたが、実際に行ってみてその不安も吹き飛びました。子どもたちは、みんな明るく元気で常に笑顔で接してくれました。日本語授業では、準備等大変でしたが、真剣に授業に取り組む子どもたちの姿を見てやってよかったと思いました。今回貴重な経験をさせて頂き、自分自身が諦めていた夢をもう一度思い出させてもらえた気がします。その夢のために、頑張ろうと思うことができました。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】子供達の心にひびくようなことができるようになって戻ってきたいです

 匿名 / ご出発日:2015年08月28日

僕は15歳で、孤児院の子供達は、歳が上の子、下の子、同い年の子がいて、全ての子とは話せなかったけれど、ある子は、デザイナー、ある子は看護師、別の子はガイドなど、それぞれ皆夢を持っていて、その夢を誇らしく笑顔で言ってくれ、僕は夢を持っていないって言ったときに自分で自分のことがはずかしくなり、次に会ったときは誇りをもって言える夢を見つけて笑顔でいいたいです。それと、子供達との別れの時に思わず泣いてしまって、ある子が笑ってのサインをおくってくれても、涙は止まらず、15年間しか生きてませんがそんなに涙がでるくらい充実した日をおくれたことはないと思うので、そんなに心にに残る時間をくださった全ての人に感謝をしています。子供達に何かをしてあげたというよりは、自分が学んだことしかないと思うので、子供達の心にひびくようなことができるようになって戻ってきたいです。そしてそういう時間をまた過ごしたいので、もし、来年行けるなら、同じメンバーでいって今回のような素晴らしい時間を過ごしたいです。本当にこのようなすばらしい時間をくださってありがとうございました。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】逆にこちらが元気づけられたぐらいでした

 岩田 舞 / ご出発日:2015年08月28日

孤児院にいる子供に初めて会った時キラキラした笑顔をまっすぐな目を向けられて、とても驚きました。虐待を受けた子供がいると聞いていたので、もっと暗い感じなのかな、どうやって接しようかなと思っていたのに、逆にこちらが元気づけられたぐらいでした。言葉が分からなくても、伝わらなくても一緒に遊ぶことはできるし、一緒に笑うこともできて、一緒に楽しむことはできるよと、教えられました。小学生、中学生でもしっかりした夢を持っていて、実現するために一生懸命勉強する姿からは、今の自分のちっぽけさに気づかされ、今後の自分について見つめ直すきっかけをもらいました。このツアーに参加して本当によかったです。

【カンボジア・スナーダイクマエ】再び熱意と目標をもって夢へ向かって努力していこうと思うことができました

 櫻井 誠 / ご出発日:2015年08月28日

事前の期待を大幅に上回りました。大学の講義のみでは知ることのできないより詳細な現状を知ることができた。自身の生き方や考え方を見つめ直す大変貴重な機会だった。日本語ガイド(マカラさん)は、日本人よりも日本人らしく一生懸命伝えようとする姿勢にこちらも自然に耳を傾けていました。私は、大学入学当初は、「企業に入って社会貢献できる活動がしたい」という夢をもって、勉学に励んでいました。大学3年生になり、夢は変わらないですが、気持ちの面でマンネリ化してきて、今回のプログラム参加にあたって、「ボランティアをしとけば来年(4年生)就職活動に使えるだろう」と心のどこかで思っていました。しかし、参加メンバーのボランティア活動への前向きな姿勢や孤児院のこどもたちの辛い過去を背負いながらも前を向いて生きる姿を見ていると、「就職活動」のために...なんて考えていた自身の考え方が情けないというか恥ずかしくなりました。皆さんのおかげで、初心に帰ることができ、再び熱意と目標をもって夢へ向かって努力していこうと思うことができました。本当に、このプログラムに参加して良かったと思うと同時に、ピースインツアーや参加メンバーのみんな、現地でお世話になった方々に感謝いたします。ありがとうございました。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】この経験を忘れることなく今後の人生に生かしたいたいです

 匿名 / ご出発日:2015年08月28日

ボランティアと観光の両方を取り組めるので、楽しいだけでなく、人の役に立つことができると思ったから。他の参加者と協力して物事に取り組めたところ。このツアーで日本では体験することのできないいろいろな事を経験できました。現地の人々の温かさや孤児院の子供達の元気さと接することで自分に足りない他人への思いやりなどを学ぶことが出来ました。本当の幸せはお金だけではなくて、人との繋がりの中で感じることが出来るのかもしれないと思いました。この経験を忘れることなく、今後の人生に生かしたいです。また自分の形でボランティア参加できたらいいなと思います。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】子どもたちとの交流がとても多く充実していてとてもよかった

 栗原 護匡 / ご出発日:2015年08月28日

将来教師になることが夢で日本だけでなく海外、特に発展途上国と言われている子どもと関わりたいことやそれらの国について知りたくてそれらを叶えられるから。行く前に比べて子どもたちとの交流がとても多く充実していてとても良かった。様々な事情がある中でも夢を持ってそれに向かって頑張っている姿を見て自分も頑張らないといけないと感じたし、まだまだ自分は色々な面で甘いと思った。また子ども達との交流で子供たちの笑顔を見て自分も笑顔になれた。ガイドさんはみな日本語が上手ですごいと思ったし、分かりやすかった。サビーくんとマカラさんに感謝したい。この旅行で一番印象的な所は、子供たちとの交流部分で、子どもからの歌の発表で子ども達が歌うと歌詞一つひとつが心にしみて泣きそうになったし、スナーダイ・クマエの子どもたちの笑顔は特別なもののように感じて、パワーをもらった。このツアーを通してやっぱり自分は子どもたちが好きだということを再確認することができたし、絶対に再訪したいと思った。子どもたちと別れる時自分が「また来るね」と言ったら子どもが「約束」と言って、ゆびきりをしたことが忘れられない。次会う時までに行きたいと思っていてそれらにも行くことができて最高だった。全てにおいて充実していたツアーで参加することができて良かった。普通の旅行では感じることのできないカンボジアの人々の人柄にもふれることができてこの国は良い国だと思ったし、カンボジアがとても好きになった。ありがとうございました。

【カンボジア・スナーダイ・クマエ孤児院】考え方が変わった貴重な一週間になりました

 飯岡 弓絵 / ご出発日:2015年08月28日

最初は不安の方が大きくて、衛生面とかにも偏見があったのですが、実際行ってみて料理もおいしくてカンボジア人も優しくてもう一度行きたいと思いました。今回、初の海外で本当に不安しかなくて大丈夫なのかと思ったのですが、いざ来てみるとスナーダイ・クマエの子供たちのために授業を考えたり、ダンスを覚えたり、とても楽しく充実した一週間を送ることができました。子供たちと接するとき、クメール語と英語と日本語とを使っていましたが、伝わらないときにすごくもどかしさを感じたので、言語の勉強をしたいなと思いました。自分の知らない世界を見て、日本にとじこもってた自分がちっぽけに感じ、また今回のツアーの参加者のみなさんもたくさん海外に行かれてて、私も機会があれば他の土地を訪れ、価値観などを広げていきたいです。考え方が変わった貴重な一週間になりました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院】私の重大なキーポイントになったと思います

 たみを / ご出発日:2015年08月28日

期待していたよりも、かなり充実した内容で、カンボジアの歴史や文化をきくことができたことや、郊外の暮らしを実際に自分の目でみられたこと、孤児院のこどもたちと密に触れ合えたこと、メアヌさんの話をきけたことなど、全てが印象深く思えました。カンボジアに来る前は、治安の面等、不安な部分をあり、さらに私は一人参加だったので、一週間が楽しみでもあり、本当にやっていけるのかと心配していました。ですが、実際に来てみたら、そのような不安や心配も忘れるくらいに良い国で、街の人がみんな陽気でフレンドリーでやさしいと感じました。スナーダイ・クマエの子どもたちやスタッフの方々も、急に訪れた私たちに優しく接してもらい、彼らのキラキラした笑顔に、私が元気付けられました。遺跡もすごくダイナミックで壮大で歴史を感じました。このツアーで、私はたくさんのことを学びました。ツアーに来る前よりも、成長した部分がたくさんあると思います。このツアーは、ただの思い出にはしたくありません。私の重大なキーポイントになったと思います。カンボジア大好き!!帰りたくない!

【カンボジア・音楽】私は子ども達の素直で明るくて、まっすぐな心、そして輝く笑顔を忘れません

 W.P / ご出発日:2015年08月25日

ツアー参加時の期待を大きく上回るものでした。初めてカンボジアに訪れるということもあって、とても緊張していましたが、村の小学校の子ども達と言葉は違っても思いっきり一緒に遊んだり、現地のガイドの方々と今のカンボジアの姿を自分自身の目で見て、実際に生活することがかけがえのない経験が得られました。カンボジアの村の小学校で子ども達と過ごした時間は、忘れられない思い出となりました!今回は子ども達に「音楽」を教えることを目的に小学校を訪れました。日本から持って行った鍵盤ハーモニカやリコーダー、カスタネット、タンバリンやマラカスなど一つひとつの楽器の音に耳を傾け、興味津々に私達の話を聞いてくれました。子ども達、主に高学年の子たちは、たった2日間でドレミの音階を覚え、最後の発表会では、「キラキラ星」を見事に演奏してくれました。また自由時間には、子ども達とビーチボールを使って遊んだり、大縄跳びをしたり、おりがみを折ったりとたくさん交流できました。子ども達は本当に人なっこく、、私達の手を握って離そうとしません。中には、たった2ヶ月で習得したという流量な英語を使って、一生懸命カンボジアに咲く花々について紹介してくれたり、とても素敵な歌を披露してくれた子たちもいます。私は子ども達の素直で明るくて、まっすぐな心、そして輝く笑顔を忘れません。

【カンボジア】ホテルインターンシップ 実践的に仕事ができ、レセプションの楽しさや難しさを知りました

 山崎 桃 / ご出発日:2015年08月25日

カンボジアでのインターンシップを探していて、ホテルでアルバイトをしていたので、自分の求めているものに当てはまったこちらのツアーを選びました。このツアーを通して、海外での接客や英語によるコミュニケーションスキルの向上、またカンボジア文化の理解がより良く出来るのではと期待して参加しました。
今回のインターンシップでは、全体を通じて本当に多くの経験ができ、期待にそうだけの事を学ぶことが出来ました。海外で実際に接客をすることで、日本でも活用出来そうなことを学び、英語でのコミュニケーションにも少し自信を持てました。カンボジア人の話す独特な英語の発音にも徐々に慣れ、カンボジア文化についてより学ぶことができ、カンボジアの人々の温かさも再確認することが出来ました。
日本との働き方の違いに戸惑うこともありましたが、それも含めて良い経験になりました。

【カンボジア】ホテルインターンシップ ホテルの方々と関わることができることが多かった

 匿名 / ご出発日:2015年08月25日

海外でのお仕事に興味があったことと、発展途上国であり、なかなか機会がなければ訪れなかったであろうカンボジアの文化について知りたいと思ったので今回のツアーに参加しました。
インターンシップに関しては特に文化の違いを多く感じました。食事などのためにマーケットへ行く時間があったことで、食べ物や伝統の踊りを見ることが出来たり、現地の方と会話をすることができ、とても満足しています。
シェムリアップの方々と関わる機会が多かったので、カンボジアの様々な姿を見ることが出来てとても良かったです。

【カンボジア・音楽】カンボジアの子どもたちは、常に明るく笑顔が多く素敵な子どもたちだと感じました

 まいまい / ご出発日:2015年08月22日

今回のツアーでは、初めて会う仲間やわからに場所でも、とても不安でした。ですが、八井さんを初め今回出会えた仲間やガイドのサビィーさん、タト小学校の校長先生や子どもたちと出会え、一生忘れない思い出が出来ました。6日間があっという間で、別れの時には涙なしでは、いられませんでした。タト小学校の子どもたちも常に笑顔でカンボジアの遊びを分かりやすく、教えてくれたり、子どもたちのために持ってきたシールや折り紙を折ってくれたり、ミサンがをくれたり、日々幸せだと感じました。最後は、子どもたち全員が「音楽の授業は楽しい!好き!」と言ってくれて教えてよかった。このツアーに参加して良かったと感じました、またこのツアーに参加したいと思います。6日間ありがとうございました。

【カンボジア・体育】また絶対にボランティアに参加したい

 あっちゃん 様 / ご出発日:2015年08月22日

小学校教諭を目指す者として、海外の教育現場を見たい、子どもと関わりたいと思って参加しました。参加してみて教育の実情を知ることができ、また、体育を通して子ども達と深く関わることができた。アンコールワットなど、カンボジアの遺跡の偉大さに感動した。
全ての行程を終え、カンボジアへ来る前の自分とは、大きく変わったように思います。作ったタイヤの遊具で、子ども達が全開の笑顔で遊んでいるのを見て、また絶対にこのようなボランティアに参加したいと思いました。

【カンボジア・体育】言葉が通じなくても楽しさというものは共有できる」

 小林 太一 様 / ご出発日:2015年08月22日

日本にいたら出来ないようなことを経験したかったから参加しました。
言葉が通じなくても楽しさというものは共有できるのだと思いました。小学校の子供たちと遊びお互いに笑顔になれたことが一番の思い出です。ツアーの仲間もみんなそれぞれ違う価値観を持ち互いの思っていることをバーで語り合ったり、くだらないことで盛り上がったりと、きっと日本にいたらこういう話はしなかっただろうと思います。ツアーのプランもとても充実していて毎日が新しい発見の連続でずっと気持ちが高ぶっていました。

【カンボジア・体育】子どもたちからエネルギーをたくさんもらいました

 りったん 様 / ご出発日:2015年08月22日

将来体育教師を目指しているので、海外の体育というものがどのようなものなのかを見たいと思って参加しました。またカンボジアのアンコールワットを見たかったからです。
子どもたちとの交流では体育といってもグラウンドのないことろで体を動かすというのが始めはびっくりしました。子どもたちの人数も多く、期待以上に充実していたと思います。子どもとの交流2日目で与えられたことはとても貴重な時間ですごくあっという間でした。体育祭(運動会)の大縄で盛り上がれて良かったです。また、ツアー内容がとても濃かったのが一番良かったです。
一番思い出に残ったことは2日目の小学校の体験の時に、フリータイムで作ってあげた(一緒に作った)12面体のおりがみをすごく大事にしてくれて喜んでくれたことです。子どもたちはパワーがすごくてとてもエネルギッシュでたくさんパワーをもらいました。カメラを向けるとみんなが顔をくっつけて寄ってきてくれて可愛いかったです。

【カンボジア・体育】本当に楽しかったです。

 杉本 恵里奈 様 / ご出発日:2015年08月22日

私は将来体育教員となるための勉強を現在しています。そこで、座学では学ぶことの出来ない側面を実際に肌で感じてみたいという期待を胸に抱いて参加しました。子供達に笑顔を与えるためにこのツアーに参加したつもりが、逆に私自身が笑顔を貰う結果となり、本当に楽しかったです。屈伸一つにとっても、笑顔で行ってくれ、行った甲斐がありました。別れ際に寂しくて泣いている子や、バスを追い掛けてくる子を見ると、何らかの形で小学校に体育というものを伝えれたと思います。

【カンボジア・体育】参加してほんとうによかったです

 やまぴー 様 / ご出発日:2015年08月22日

子ども達はとても輝いた目を持っていて自分の価値観をまた改めて考えさせるきっかけとなり、カンボジアのことについてもたくさん理解することができたのでよかったです。いろいろな人と話すことができ、この30人でまた集まれたらとても楽しいだろうと思いました。参加してほんとうによかったです。

【カンボジア・体育】子どもたちの笑顔が本当にまぶしかったです。

 笹尾 真優子 様 / ご出発日:2015年08月22日

何より、子どもたちの笑顔が本当にまぶしかったです。言葉が通じなくても、国籍が違っても、笑顔だけで心が通じるのだと身を持って学びました。このツアーに参加する時、心のどこかで「~してあげる」という上から目線な部分があったと思います。そんな気持ちに疑問を抱きながらの参加でしたが、実際に子どもたちと遊んでみると、「~してあげる」ことよりも「~してもらう」に近いと感じました。自分が子どもたちに何かを与えてあげるんだ、教えてあげるんだ、という気持ちから、自分が子どもたちから笑顔をもらっているんだ、大切なことを教えられているんだという気持ちへと変化していきました。

【カンボジア・体育】実際に自分の目で見て感じて、本当によかったです。

 高見 真由 様 / ご出発日:2015年08月22日

思うように言葉が通じなくともそれを越えたコミュニケーションをとることができ、とっても嬉しくて感動しました。支援する側、される側という見方をしていたら絶対に見えてこなかった視点を今回得ることができたと思います。今回実際に自分の目で見て感じて、本当によかったです。

【カンボジア・体育】スポーツを通じて心が1つになる

 スヌーピー / ご出発日:2015年08月22日

学校訪問で、子どもたちと準備体操をしたり、リレーやすもうをしたりしたことが、この旅行での1番の思い出です。スポーツを通じて、国籍や年齢の違う人たちの心が1つになることができるということを心の底から感じることができました。

【カンボジア・体育】人生において本当に貴重な経験

 河村 絢子 / ご出発日:2015年08月22日

通じない言語の中でお互いに伝えて理解しようとすることは私たちも子供たちも同じで、理解ができた時の感動は絶対に忘れないと思う。子供たちからパワーをもらえたし、参加したメンバーの話などを聞いて刺激を受けることもたくさんあったので、人生において本当に貴重な期間を経験できた。

【カンボジア・体育】たくさんの笑顔をもらいました。

 りなさん / ご出発日:2015年08月22日

村の小学校を訪れた時は日本との違いを感じ接し方もとまどったりしたけど、子供たちから寄ってきてくれたり、遊んであげるんではなく、たくさんの笑顔をもらいました。私たちが簡単に考えた体操を真剣にみて真似してくれたのがすごく嬉しくて、もっとたくさんの事を教えてあげたいと思いました。

【カンボジア・体育】将来のビジョンと志の高い仲間

 K・T / ご出発日:2015年08月22日

志の高い仲間と世界について良くしようと話すことをしたり、自分の将来のビジョンをはっきりさせると思ったから参加した。
小学校で自由に色々決めやらせて貰えたのが良かった。

【カンボジア・体育】また絶対にみんなで再会しましょう!!

 もりもり / ご出発日:2015年08月22日

参加した理由は自分自身1人でツアーに参加する事で経験や自信が付くと思ったから。
お別れの時に、子ども達が泣いている姿を見てたった2日間でお別れがこんなに寂しいと思う感情をお互いが抱いていることが素晴らしいことだなと思いました。このメンバーでツアーを回れたことは一生の思い出です。また絶対にみんなで再会しましょう!!

【カンボジア・体育】ボランティアという事は、どういう意味なのかものすごく考えました

 網代 健人 / ご出発日:2015年08月22日

私たち→カンボジアではなく、カンボジア→私たちといったプログラムがあったら楽しいかもしれないです。
私は、村の子ども達と出会い、カンボジアの方々と出会い、ボランティアという事は、どういう意味なのかものすごく考えました。このツアーに参加し、多くの体験をしていく上で、その考えは間違っていて、私たちの方がカンボジアの方々に気づかされ、学ばせていただく事の方が多いと強く感じました。ボランティアとは、どちらかが相手のために何かするだけでなく、お互いが協力し、お互いに得るものがあった時に初めて成立するものであり、50対50の関係で成り立たないといけないものであると、強く思いました。きっかけが何にせよ大切なものに気づく事が出来る、そんな経験を今後もたくさんしていきたいです。

【カンボジア・体育】またカンボジアに行きたいです!!

 久野 瑞季 / ご出発日:2015年08月22日

一番嬉しかったのは、村の小学校に行ったとき、子どもたちと言葉が通じなくてもジェスチャーだったり、手をひっぱって連れてってくれたり、からかいあったりと心が通じ合えることができたのが今も忘れません。今も思い出すだけで少し涙が出そうになります。((笑)このツアーに参加して、より一層海外で子どもたちに教育を教えたい気持ちが強まりました。もっと多くの人に発展途上国の人たちのことを知ってもらいたいです。またカンボジアに行きたいです。I love Cambodia! I want to draw from this experience and do my best!
Thank you very much! See you again someday.

【カンボジア・体育】ずっと忘れることのない8日間になりました。

 笹井 真美 / ご出発日:2015年08月22日

本当に、毎日考えさせてもらうことが多くて、他の参加者の方々とお話をしたりして、色々な考え方を得られて、とても良かったです。ただただ、自分の目の前にいる子を笑顔にするので必死でした。子ども達から、教わることの方が多すぎて勉強になりました。今回のツアーは、カンボジアの子ども達からもそうだけど、参加者の人達からも教わることがたくさんあってずっと忘れることのない8日間になりました。再来年でも参加したいと思っています。

【カンボジア・体育】毎日が刺激的で学びの多い一週間でした

 ぬ / ご出発日:2015年08月22日

とても優しくておもしろくて、日本語も上手で最高でした。
見知らぬ土地で、自分の知らない自分の知らない人達との関わり合い。毎日が刺激的で学びの多い一週間でした。

【カンボジア・体育】子どもたちと笑顔になれました

 遠藤 祐香 / ご出発日:2015年08月22日

子供たちとの交流に言葉は必要なく、“体を動かす楽しさ”を通して子どもたちと笑顔になれました。私たちが「カンボジアへボランティアへ行く」というと、その文章には「貧しくかわいそうな人々を助けに行ってあげる」というニュアンスが含まれていると感じます。しかし、実際に現地へ赴いて、この二つの考え方がいかに間違っているかを知りました。まず、“かわいそうな人々”という点ですが、カンボジアの人々は“全くかわいそうな人”ではありません。日本ほどは身の回りのものが揃っていなくても、彼らは学校に来て友達と笑顔で遊びます。その笑顔は日本の子供たちと何らかわりなく、彼らはとても幸せそうでした。さらに“助けに行ってあげる”という言葉ですが、この言葉を選ぶ時点で私達は、自分たちのほうが上であると考えています。

【カンボジア・体育】またツアーに参加したいと思います

 樋口 佳奈美 / ご出発日:2015年08月22日

いろいろな世界が見られる経験がしたかった。世界の子どもたちがどのような生活をしているのか知りたかった。とてもより経験ができた。参加してよかった。このツアーの皆さんと出会えたことカンボジアの皆に出会えたこと、一生の経験になりました。またツアーに参加したいと思います。

【カンボジア・体育】笑顔は万国共通であると

 ロン / ご出発日:2015年08月22日

子供たちに日本の遊びや本、紙芝居、などを教えるツアーがあれば参加したいです。
子供たちの笑顔は何よりも輝いていて、言葉や国籍に壁などはなく、笑顔は万国共通であるとこのツアーによって身を持って感じました。自分の行動、考え方、受け取り方次第でいくらでも状況は変えられることをこの旅で学びました。これは大きな前進であり、自分にとって大きな大きな成長につながったと思います。

【カンボジア・音楽】観光とボランティア2つとも体験できるところが良いと思いました

 栗原 佑佳 / ご出発日:2015年08月18日

ボランティア活動でカンボジアについて調べていたら興味を持ったため参加しました。観光とボランティア2つとも体験できるところが良いと思いました。現地コーディネーターの八井さんのおかげで安全で楽しくツアーをすることができました。私はカンボジアの小学生の実態はテレビやネットでしか見たことがなく、今回のツアーで自分の目で確認し、実際に触れ合うことができ本当によかったと思います。日本にいてはカンボジアの小学生の実態は知ることができないし、このツアーで体験したら自分自身の私生活を変えようと思えます。本当に参加して良かったです。

【カンボジア・音楽】歌はコミュニケーションのの1つだと感じました

 たけし / ご出発日:2015年08月18日

以前からボランティアで海外に行ってみたいと思っていて、海外の子ども達と触れ合えるということで今回参加しました。また、海外の教育についても凶器があったので、日本とカンボジアの音楽に対する比較をしたみたいと思いました。子ども達と触れ合うことはもちらん、言葉は英語とカンボジア語を少しずつ使って子ども達と会話を楽しむことができました。小学校訪問が一番の思い出です。子ども達と一緒に歌う機会がありました。子ども達もよく知っている「きらきら星」です。私が声をかけると、一緒に歌ってくれました。歌はコミュニケーションのの1つだと感じました。たった2日だったので、あっという間に過ぎてしまったので、またあの小学校に訪問したいです。本当に濃い5日間でした。ありがとうございました。オークン!

【カンボジア・音楽】今回のツアーではメインの学校訪問、観光、自由時間すべてにおいて充実したツアーでした

 青木 麻莉 / ご出発日:2015年08月18日

期待以上のことを経験することが多かったです。一緒に参加したメンバー添乗員、現地コーディネータ、天候、すべてにおいて恵まれました。今回のツアーではメインの学校訪問、観光、自由時間すべてにおいて充実したツアーでした。6日間のツアーは、ハードで少し短い気がしましたが、このことがかえって「またカンボジアに行きたい!」「このメンバーと学校再訪問したい」という思いが強くなりました。一緒に行動したメンバーはそれぞれ個性があって楽しかったです。学年、学校問わず仲良くできたのは本当によかったです。また、カンボジアに行きたいので、その時には、きちんとクメール語やカンボジアの歴史をちゃんと勉強してきたいです。本当にこのツアーに参加したこと、できたこと良かったです。

【カンボジア・音楽】参加して本当によかったと思いました

 小島 久範 / ご出発日:2015年08月18日

今回、カンボジア子どもたちと音楽でつながる交流活動に参加して本当に良かったと思いました。2日目、3日目の子ども達と音楽でつながる交流活動では、大変楽しかったです。子供たちの純粋に取り組もうとする姿勢や元気さを見ていると、すごく自分もうれしくなりました。また、ツアー最終日のアンコール・ワット、アンコール・トム観光もすばらしく毎日が楽しかったです。ぜひ、このツアーに再び参加したいと思いました。

【カンボジア・音楽】メンバーもツアーでの体験も最高でした

 まもちゃん / ご出発日:2015年08月18日

メンバーとも日が経つほど仲良くなり、また集まろうかとか来年も同じ学校に行きたいと心から思えました。ホテルの衛生面、セキュリティ面 etcとても良かったです。私はボランティア参加までカンボジアの歴史や現状についてあまり多くのことを知りませんでした。でも今回のツアーを通して学ぶことができました。また、内戦の悲しい歴史によって音楽という文化がなくなってしまったということに驚きました。音楽はとても楽しいものなのでこのような活動を続けていき、カンボジアに明るい音楽があふれるようになってほしいです。メンバーもツアーでの体験も最高でした。オークン!ぜひ、来年の再訪に向けて学業など頑張りたいです。

【カンボジア・音楽】一生懸命ピアニカを練習する姿、遊びながら笑顔で音楽とふれあう様子を見れたことが何よりも良かった

 だーすみ / ご出発日:2015年08月18日

私は音楽をおさないころからやっていて、中学校のときに外国の子どもたちと合唱で交流する機会がありました。その中で感じた「音楽で世界は一つになれる」という思いを再確認し、音楽のすばらしさを感じたい、子どもたちにも知ってほしいという思いで参加しました。子どもたちが音楽を楽しいと言ってくれ、一生懸命ピアニカを練習する姿、遊びながら笑顔で音楽とふれあう様子を見れたことが何よりも良かった。大満足です。あと、カンボジアの歴史も学べたこと、文化を感じれたことも良かったです。

【カンボジア・文化・国際交流】大変学びの多い6日間でした!

 まつげ / ご出発日:2015年08月18日

一番の思い出は、やはりシェムリアップの街の人々の生活に触れることができたことです。色々な紛争を乗り越え、近代化へと進んでいく中でも、依然残る貧しさというものを垣間見ることができたと思います。旅全体を通して、カンボジアの知らなかった多様な側面をみることができたことが一番の収穫でした。この経験を大切にして、ぜひ今後の人生に少しでも活かしていきたいと思いました。学生さんが多かったですが、社会人の私にとっても大変学び多い6日間でした。ありがとうございました!

【カンボジア】ホテルインターンシップ とても素敵な経験ができたと心から思いました

 宮崎 優子 / ご出発日:2015年08月18日

パソコン作業からゲストのご案内までまた接客業の真髄も学ばせていただき、大変充実したものとなりました。スタッフの皆様やツアーに参加した仲間はもちろん、飛行機、レストラン、ホテル、街中、あらゆる所で「出会い」を感じることが出来たのも素敵な経験となりました。

今回のツアーではホテルの方々と交流する機会が多くあったことがとても良かったです。
私は持ち前の社交的な性格を生かし、積極的に皆様と会話を楽しむことが出来ました。マネージャーが沢山アドバイスをして下さったので、語学力はもちろん、接客のスキルを向上させたいと強く思うことも出来ました。

【カンボジア・音楽】ツアー参加者との出会い、添乗員さん、ガイドさんとの出会い、子どもたちとの出会い、すべての出会いが素晴らしいものであり、私の人生において大きな大きな経験でした

 中田 真祐 / ご出発日:2015年08月18日

何年も続いているツアーということで安全性が高く、充実度もあると思ったので参加しました。主にボランティアを目的として参加しましたが、その中でカンボジアの歴史・生活などさまざまなことが多く学べたことは本当に良かったです。また「出会い」を一つのキーワードにしていると最初に説明いただきましたが、その通り、ツアー参加者との出会い、添乗員さん、ガイドさんとの出会い、子どもたちとの出会い、すべての出会いが素晴らしいものであり、私の人生において大きな大きな経験でした。これを機にボランティア活動というものにさらに興味が持てたので将来の夢にも影響がありそうです。人のために何かをすることはとても素晴らしいことだと改めて確認できました。

【カンボジア・音楽】学校の先生になった気分でした

 ぷーちん / ご出発日:2015年08月18日

期待していた以上に楽しいツアーでした。やっぱり知らない人といきなりボランティアをするのは不安でしたが活動や観光をとおしていく間につながれた気がします。私達がおしえた「きらきら星」を子供達がマスターしてくれたことです。学校の先生になった気分でした。私が今まで出会ったガイドの中で一番かがやいていました。お世辞とかじゃなくて本当にすばらしい方でした。彼のおかげでツアーがより一層楽しいものになったと思います。

【ベトナム・フエ】新しい友達ができたことが一番嬉しいかった

 しま / ご出発日:2015年08月14日

幼児保育学科に所属していて勉強になると感じたからこのツアーを選びました。
ベトナムの現状を学ぶことができてとてもいい勉強になりました。
普段は経験できないことが出来たし、普通では行けない所にも行くことができ、とてもおもしろく、とても勉強になった。

【ベトナム・フエ】参加して本当に良かったなと思います

 長谷部 円瑠 / ご出発日:2015年08月14日

中学生の時に地元の保育園にボランティアをしに行き、日本の子どもたちの様子を知ることができました。しかし、世界の子どもはどのような様子なのか知らんなかったので知りたいと思い、このツアーを選びました。私は将来子どもの遊びについて研究したいと考えていたので、今回のツアーを選びました。
行く前は子どもたちを元気にさせたいと考えていましたが、実際に参加してみると他社を思いやる笑顔いっぱいの優しい子どもたちによって、逆に私の方が元気をもらいました。そしてベトナム戦争のことについても学ぶことができ、このツアーに参加して本当に良かったなと思います。再びベトナムに足を運びたいなと思いました。
「子どもの家」「山岳地域」を訪ねられたことがとても良かったです。「子どもの家」では、子どもたちと一緒にご飯を食べたり、山に行って探検したりと子どもたちの素顔がみれやことが印象的でした。また「山岳地域」ではカトゥ族による伝統的な踊りを見ることができました。若い者に昔からの伝統を受け継いで欲しいいう熱い想いに感銘を受けました。
現地のコーディネーターさんや日本語ガイドさんは現地について分かりやすく丁寧にガイドしてくださり、質問などもしやすかったので安心して行動することができました。
《フエ「子どもの家」を訪ねて》に参加する前は、日本の子どものことにしか興味がなく視野が狭い中で将来何をしたいのか決めかねていました。そんな中でベトナムを訪れ、子どもたちと交流してみると純粋で他者を思いやる優しい子どもたちがたくさんいました。私は子どもたちを元気にさせたいなと考えながら交流していたのですが、逆に子どもたちに
元気づけてもらいました。またご飯を食べるときに子どもたちが「食べて」と言って自分のことよりも他人の事を気にしながら食事をよそってくれたことがとても印象に残っています。山岳地域のカトゥ族を訪れたときは、伝統的な踊りを披露してくれました。若い者に昔から続いている伝統を受け継いで欲しいという熱い想いにとても感銘を受けました。そしてベトナムで過去に起こった事件も小山先生のお話を聞いたり、戦争証跡博物館などに行き、命の大切さを知ることができました。私はこれらの経験から世界の子どもたちについて興味を持つことができ、またベトナムに行って支援したいという気持ちが強くなりました。一生忘れない良い経験ができたと思います。私はこの《フエ「子どもの家」を訪ねて》に参加して本当に良かったなと思います。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】村の子どもたちに体育を教える活動

 澤口 様 ほか6名様 / ご出発日:2015年08月09日

★海外ボランティア「村の小学校の子どもたちに体育を教える活動」にご参加頂いた7名様による再訪ツアーのご帰国後アンケートです★
↓↓↓
再訪ツアーができたことに満足しています。
ありがとうございます。
今回は本当にお世話になりました。
一番人数変更にとても時間を取らせてしまい、本当に申し訳ないと思っております。

再訪ツアー!なんとか!大成功しました。
本当にありがとうございます!
みんな満足しています!

再訪ツアーを立ててくださりありがとうございます!
感謝しかありません。
今後利用させていただく機会がありましたらよろしくお願いします!
(私何となく違う国に行ってみたいなと、、笑)

お身体に気をつけてお過ごしください。
長々とすいません。

本当にありがとうございました!!

 担当スタッフより

「村の小学校の子どもたちに体育を教える活動」からちょうど1年!
再訪ツアーをご依頼頂きありがとうございました。
学校の先生方、子ども達、ガイドとの再会は特別ですね。
是非また再訪してください。

【カンボジア再訪ツアー】村の小学校の子どもたちに体育を教える活動

 匿名 様 ほか4名様 / ご出発日:2015年08月07日

★海外ボランティア「村の小学校の子どもたちに体育を教える活動」にご参加頂いた5名様による再訪ツアーのご帰国後アンケートです★
↓↓↓
再訪ツアーということで、急だったにもかかわらず、ピースインツアーが全力を尽くしてくれたので、あたし達が想像していた以上に贅沢で最高のプランを考えてくれました。教育にも興味を持ったメンバーが多いため、子どもたちとの関わりを多くして欲しいという熱い思いにも応えてもらい、小学校だけでなく、孤児院まで行かせていただきました。

2回目ならではのカンボジアの楽しさを味わうことができました!そして、さらにカンボジアが好きになりました!
思いを行動にしたら、夢は叶うんだということにも改めて気付きました。

【担当者へのメッセージ】

ぜひ、なんらかの形でまたカンボジアに行きたいです。
素敵なツアーを企画していただき、出発前から帰国後まで全面的に支えていただいたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。違うツアーにもまた参加したいです!
ピースインツアーで、人生の中で大きな経験ができて本当によかったです。

 担当スタッフより

匿名 様
3月の「村の小学校の子ども達に体育を教える活動」に続き、
同じ小学校を再訪問するツアーをご利用頂きありがとうございました!
メンバーのまとめ役、本当にお疲れ様でした。
事前に細かくやり取りができたおかげで、少人数ながらも
学校や孤児院での交流は大成功でしたね。
また、行けそうなタイミングがあればご相談ください。

【カンボジア・体育】喜んでくれた子ども達の笑顔

 浅田 彩乃 様 / ご出発日:2015年08月01日

子どもも体育も好きでこのツアーなら楽しめると思ったから参加しました。
裕福なイメージはなく、、、だったのですが来てみたらすごく良いところで帰りたくないぐらいです。ご飯もおいしくみんな(メンバーもガイドさんもホテルの人も)優しくて面白い方ばっかりですごくいい思い出になりました。自分の作ったメダルを喜んでくれた子ども達の笑顔はすごい残っています。こんなステキなツアーを考案して下さってありがとうございました。
またみんなで集まってカンボジアに来たいと思いました。

【カンボジア・体育】また行きたいと思った

 岡田 雄大 様 / ご出発日:2015年08月01日

期待以上でとても楽しかった。
子供たちと別れをおしんでもらえてくれたことで達成感が生まれました。
小学校訪問で子どもたちのたくさんの笑顔をみれることができてよかった。みんなとても楽しそうで幸せにくらしていてカンボジアのイメージががらりと変わった。また行きたいと思った

【カンボジア・体育】笑顔がある国はとても未来があります

 横畠 梨香 様 / ご出発日:2015年08月01日

体育を教えにいったはずのなに、こっちのほうがいろいろ教えられた。日本と比べると整っていない環境にみえるかもしれないが、実際はそんなことものともしないたくましい子供たちだった。
全部良かった。学校訪問だけでなく観光もがっちりできた。またガイドさんたちのサポートが手厚く心配も解消された。
カンボジアの人々はとても笑顔でした。笑顔がある国はとても未来があります。自分もつらいときえがおでのりきりたいです。

【カンボジア・体育】カンボジアのことが好きになりました

 匿名 / ご出発日:2015年08月01日

観光だけじゃなく、プラスαのボランティアもすることで、よりカンボジアのことがわかり、充実した時間をすごせると思いました。
期待以上に中身の濃い旅行で、カンボジアのことが好きになりました。

【カンボジア・体育】子ども達の笑顔は無限大で

 あいちゃん / ご出発日:2015年08月01日

以前からカンボジアという国に興味があったことと、実際に村の小学校へ行き、現地の子ども達との関わりを通して、視野が広がればいいなと思い、参加しました。
子ども達の笑顔を無限大で、純粋な心を持っていると改めて感じました。私も現在、小学校の現場で勤務していますが、カンボジアの現状や小学校での様子などを自分の感じたことを学級の子ども達にありのまま伝えていきたいと思います。本当に最高の8日間でした。

【カンボジア・体育】子どもたちの笑顔

 櫻井 友里江 様 / ご出発日:2015年08月01日

期待以上!!!子どもたちの笑顔を見れたことが最高の思い出です。
一番印象に残っていることは、子どもたちの“笑顔”です。言葉が通じなくても、こちらが笑って接すると子どもたちが私以上の笑顔を返してくれました。決して日本より学校の環境は良くないけれど、100%のパワーで運動会や遊んでいる姿を見て、自分も日々頑張ろうと思えました。

【カンボジア・体育】とても貴重な体験でした

 TAKI 様 / ご出発日:2015年08月01日

小学校教員をしているので、海外の小学校の体育を知りたかった。日本と海外の教員事情の違いについても知れるのではないかと思い、参加した。
日本とカンボジアではそれぞれの抱えている教員の問題は違うのだと改めて実感した。子どもの様子・学校の様子も見れたので期待通り満足しています。
技というより心で正面から子どもと向き合うこと、その大切さを再確認させてもらいました。まんねり化してしまった今の自分に足りないことです。とても貴重な体験でした。きらきらした日々でした。

【カンボジア・体育】私にとって初めてのボランティア

 岡元 恵佳 様 / ご出発日:2015年08月01日

ボランティアだけでなく、その国のことについてよく知ることができました。
現地コーディネーター、日本語ガイドはすごくやさしくて、かわいくて、おもしろい!!またガイドしてほしい!!
私にとってはじめてのボランティアでした。少し不安なところもたくさんあったけど楽しめました。ボランティアについてもよく考えさせられて、人をたすけることはそうかんたんにできないんだなと思いました。また、カンボジアの人はとても幸せそうで楽しかったです。やっぱり自分が幸せでないと人を助けたり幸せにすることできないので、私は幸せに生きていこうと思いました。

【カンボジア・体育】私と同じ志を持った仲間に出会い、かげがえのない時間を共有できました。

 あやぺー / ご出発日:2015年06月23日

参加して本当に良かったし、一歩踏み出すことの素晴らしさを感じました。教育を目指している身として、改めて子どもと関わることの楽しさを感じました。子ども達との関わりで言葉の壁はまったくありません。私と同じ志を持った仲間に出会い、かげがえのない時間を共有できました。6日間だったと思えないほど毎日濃厚で充実していました。ガイドのパナーさん & サビーさんには何から何までお世話になりました。2人がいれば体調を崩しても助けてくれるので安心です。また会いたいです。もっとたくさんの人に、この活動に参加してもらい、笑顔の国カンボジアに人々、文化、歴史を知ってもらいたいと思いました。私もまだまだカンボジアについて勉強し、また行きたいです。今回は本当にありがとうございました。このツアーに関わったすべての方々、オークン!!

【カンボジア・体育】改めて人間は喜怒哀楽の大切さを体験させてくれたすばらしいツアーでした

 なべさん / ご出発日:2015年06月23日

ボランティアを通して沢山の事を経験して将来の夢に対してあしがかりになればと思い選びました。実際に体験してみて予想していたより、すごく良かったと思えた。カンボジアの文化、歴史、人々の笑顔が常にあるという想像以上のものが伝わり行って良かったと改めて感じています。まずは、アキラ博物館の地らい撤去の実態などキリング・フィールドの過去の過ちなど知りすごく心が悲しくなりました。村の小学校では、常に元気よく笑顔に溢れている子供たちにすごく感動しました。何をするにも純粋で元気を逆にくれるパワーがありました。改めて、人間は喜怒哀楽の大切さを体験させてくれたすばらしいツアーでした

【カンボジア】ホテルインターンシップ 期待以上のものを得られた

 匿名 / ご出発日:2015年06月07日

同じ職場で5年働いてきたが、他の職種を知りたいと思ったため、
ホテルで働くこと、海外で働くことを自分の視野に入れたかったので、このツアーを選びました。
期待以上!3日間という短い中でそもそも仕事内容をしっかり覚えて実践する、という事は考えておらず、海外で働くということを具体的に考えるきっかけになることを期待していた。結果、マネージャーやスタッフの子たちと話をする中で考え方の違いを知ることができ、期待以上のものを得られた。
レセプション以外の仕事も見学してみたいと思いました。

【カンボジア】ホテルインターンシップ 日本のホテル同様にホスピタリティにあふれていた

 杉田 綾乃 / ご出発日:2015年03月19日

英語を使ってお仕事をしてみたかった。
海外のホテル業を見てみたかったので、このツアーを選びました。
予想以上にカンボジア人が親切だった。
英語は予想通り発音のちがいに苦労した。
日本のホテル同様にホスピタリティにあふれていた。
インターンシップの3日間でホテルの皆さんと仲良くなれたことが良かった。
ほんとうに楽しかった。

【カンボジア・体育】笑顔が大切だと分かった!

 石塚 広樹 / ご出発日:2015年03月17日

外国の現状を自分の目で見て、自分に何ができるのかを考え参加しました。自分がどうすればいろんな人(日本~世界)と仲良くできるかが明確になった。いろんな県、違う歳の人たちと仲良くできたこと!笑顔が大切だと分かった!一番思い出に残ったことは、村の小学校に行ったとき、子供達が門の前で一列で迎えてくれたことがとても嬉しかったです。

【カンボジア・体育】2日間では足りないと思うくらい、子どもたちとの交流が楽しく、あの輝いた目、心から体育を楽しんでいる姿が見れて本当に良かった

 小村 明里 / ご出発日:2015年03月17日

初めての運動会にもかかわらず、いろいろな種目に挑戦し、転んでも、失敗しても、立ち上がって笑顔でやりきる姿から私の考えは変わりました。2日間では足りないと思うくらい、子どもたちとの交流が楽しく、あの輝いた目、心から体育を楽しんでいる姿が見れて本当に良かった。私が今回のツアーで一番思い出に残ったことは、カンボジアの子どもたちがギュッと抱きついてきてくれたことです!「地雷」という少し怖いイメージのあったカンボジアの暮らしはどうなのかなと思っていたけど、子どもたちは、心から体育を楽しんでずっと笑顔でした。日本ではありえない光景です。たった2日間なのにここまでなついてくれた子どもたち、本当にかわいかったです。残りの日の観光も、2人のガイドさんのおかげで、楽しく過ごすことができ、詳しくカンボジアについて知ることができて、充実した毎日でした。

【カンボジア・体育】3日間の仲間と子どもたちと共に動く中で子どもたちや先生たちのキラキラの笑顔をたくさん見ることができました

 堀内 美好ノ / ご出発日:2015年03月17日

子どもたちと直接ふれあうことで何が必要(今のボランティア)なのか自分で見て、聞いて確かめたいと思い、参加しました。本当に大切なことは日本の子どもたちに対しても、カンボジアの子どもに対しても同じで、ただ場を与えるだけでなく、一緒に何かをする、それをずっと続けてもらうことだと思いました。行く前はカンボジアという国は貧しい国、助けを必要としている国、と調べもせず決めつけていました。3日間の仲間と子どもたちと共に動く中で子どもたちや先生たちのキラキラの笑顔をたくさん見ることができました。カンボジアの歴史や人々の考え方、環境を知るうちにカンボジアという国が今必要としていることが少しわかりました。ただ、村に学校を建てるだけでなく一緒に遊んだり、動いたり、また運動のやり方を教えたりとそこに住む人と共に何かすることがとても大切なのだと思いました。

【カンボジア・体育】運動会をした時、子どもたちがたくさん笑っていたのが印象的でした

 佐々木 紗歩 / ご出発日:2015年03月17日

今後の人生にとって必要と感じたので、参加しました。実際に、村の学校に行って、子どもたちとふれあうことができたとこが最も良かったです。運動会をした時、子どもたちがたくさん笑っていたのが印象的でした。この運動会や体育の時間(体をうごかす時間)が習慣化してほしいと思います。そうすれば、子どもたちにとって小学校がより楽しい場所となると考えます。

【カンボジア・体育】一番感動したのは子どもたちが別れの時に、仲良くなった子が泣いてくれたことです

 まっちん / ご出発日:2015年03月17日

現地の人々と交流出来ると思い、参加しました。参加者との人間関係や現地でのことにたくさんの不安を抱えて申し込んだが、何も問題なく過ごすことができた。子どもたちと交流するにあたり、ただ遊ぶだけでなく運動会を行うことで参加者のきずなも深めることができたことです。一番感動したのは子どもたちが別れの時に、仲良くなった子が泣いてくれたことです。その子が大きくなったときにまた会いたいです。

【カンボジア・体育】たった2日間の小学校訪問だったけれど、それがカンボジアの小学校の先生や子どもたちにえいきょう

  / ご出発日:2015年03月17日

【カンボジア・体育】たった2日間の小学校訪問だったけれど、それがカンボジアの小学校の先生や子どもたちに影きょうをあたえるとは思わなかったから印象的だった

 AIMI / ご出発日:2015年03月17日

子どもたちとの交流を経験して、感動を味わい、価値観を変えたいと思い参加しました。たった2日間の小学校訪問だったけれど、それがカンボジアの小学校の先生や子どもたちに影きょうをあたえるとは思わなかったから印象的だった。運動会で応援合戦ができたこと、チームで団結できて心が一つになれたこと、子どもたちに喜んでもらえたことが最も良かったです。不安でいっぱいだったけど、すべてふっとびました。運動会をするために仲間で練習し団結しました。いつも笑っていました。でもそれだけではなくて、地雷やポルポトなどのことも学ぶことができました。カンボジアの人々の優しさ、ようきさ、楽しくしている様子とても大好きです。

【カンボジア・体育】特に子どもたちの笑がおはすてきで、心が洗われていくようでした!

 匿名 / ご出発日:2015年03月17日

大学に入学する前に、学科のメインテーマである貧困について実際に行って、自分の意見を深めたいと思い参加しました。カンボジア=貧困のイメージが強かったけど、行ってみて、現地の人大人も子供も全員が家族のような温かさをもっていて、環境は違くてもでもその人達自身の幸せがそれぞれあふれだしているのが目に見えていてあたたかい気持ちになれました。最初は不安ばかりだったけど、メンバーや現地の人全員が明るく優しく温かい人ばかりでした!やはり特に子どもたちの笑がおはすてきで、心が洗われていくようでした!目がキラキラしていて見ているこっちも幸せな気持ちになりました。「また行きたい」と素直に思えました。いつかまた行けることを楽しみにしています。

【カンボジア・体育】カンボジアの子どもたちは思っていた以上に喜んでくれてたくさんの笑顔が見れてすごく嬉しかった

 匿名 / ご出発日:2015年03月17日

体育を教える活動だったら、言葉がなくてもカンボジアの子どもたちと仲良く楽しく活動できると思って参加しました。カンボジアの子どもたちは思っていた以上に喜んでくれてたくさんの笑顔が見れてすごく嬉しかった。子どもたちとの交流ももとらんだけど、同じツアー参加者ともたくさん話せて仲良くなれて良い刺激になった。小学校の子どもたちと遊ぶのが本当に楽しかった!!!何でも喜んでくれてたくさん笑ってくれてこっちも笑顔になってすごく元気をもらえた。これからも何らかの形で支援とかしていきたいし、いつかまたカンボジアに来て小学校に再訪したいと思った。ツアーではカンボジアの人々とだけではなくて、普段話す機会のあまりない社会人や大学生とも話すことができて色んな話を聞けたのも貴重なことだったと思う。私たちの訪問で小学校の子どもたちの未来を少しでも変えられたらいいなと思っている。

【カンボジア・体育】期待していた以上に充実していたツアー

 田中 聡 / ご出発日:2015年03月17日

カンボジアの子どもたちの力になりたいと思い、参加しました。期待していた以上に充実していたツアーでした。ツアーの全部が良かったです。小学校の先生が、毎年運動会をすると言ってくれて達成感を感じた。

【カンボジア・体育】素敵なメンバー、子ども達、ホテルの方々、ガイドさんなどに出会えたことが誇りです

 田中 志津子 / ご出発日:2015年03月17日

体育が好きで、子ども達と一緒に自分ももう一度運動会を楽しみたいと思い参加しました。言葉にできないほどの気持ちで胸がいっぱいになりました。純粋に楽しくて、自分も子どもの気持ちをとり戻せました。子ども達との自由時間と最後のお別れが今回のツアーで最も良かったです。毎日過ぎるのがほんの一瞬のように感じられました!素敵なメンバー、子ども達、ホテルの方々、ガイドさんなどに出会えたことが誇りです。

【カンボジア・体育】皆同じような思いを持って参加していて、そのような人達でこのようにカンボジアという地で運動会ができたのは一生の思い出です

 佐藤 史崇 / ご出発日:2015年03月17日

カンボジアの子供達に自分の大すきな体育を教えることができるというところに期待して参加しました。体育を教えること以外に、しっかりとカンボジアという国について知ることができる機会があったことが最も良かったです。自分が想像していた以上の充実したツアーだと感じました。皆同じような思いを持って参加していて、そのような人達でこのようにカンボジアという地で運動会ができたのは一生の思い出です。また参加したいです!!

【カンボジア・体育】運動会ではそんな内向的だった女の子も目をキラキラさせて参加しており、子どもたちに体育のおもしろさ、大切さを伝えることができたように思う

 三好 いと子 / ご出発日:2015年03月17日

体育を通し、言葉は通じない子どもと交流し、体育のおもしろさ、体育の必要性を伝えたいということ、また、なかなかカンボジアの情報は日本には入ってこないため、実際に行って、自分の目で見たり感じたりし、自らの視野を広めたく参加しました。村の女の子は家庭では兄弟の世話、家事等、体を動かすことがあまりないと思うが、運動会ではそんな内向的だった女の子も目をキラキラさせて参加しており、子どもたちに体育のおもしろさ、大切さを伝えることができたように思う。村の学校で運動会を実施し、子どもたちがとても積極的に参加し、楽しそうにしてくれていたことがこのツアーで最も良かった部分です。始めは、子どもたちも突然来た私たちにとまどいのようなものがあったが、最後の運動会では距離もなくなり、言葉の壁を超え、最高の時間になった。今私たちに大切なのは、ただ学校自体を建築したり、井戸を掘るということではなく、学校で子供たちに何をどう教えるのか、またどのように生活を豊かにするのかという方法や知識を実際に現地の人に伝えることが大事なのではないかと考えた。

【カンボジア・体育】普段の生活では味わう事のできない特別な経験ができました。いつも目をキラキラさせて笑顔の子供たちは本当にかわいかったです

 竹田 実史 / ご出発日:2015年03月17日

観光では村の子供たちと実際に関わることができないがこのツアーならアンコールワットの観光もあり実際に子供たちと交流することができるので参加しました。村の小学校に行き、実際に体育を通して交流することができて本当によかったです。子供たちがたくさん来てくれて運動会も盛り上がっていてがんばってよかったなと思いました。小学校に行くという事がやはり最もよかったです。普段の生活では味わう事のできない特別な経験ができました。いつも目をキラキラさせて笑顔の子供たちは本当にかわいかったです。初めは1人で参加という事ですごく不安でした。でもすぐに他の参加者と仲良くなる事ができました。。言葉が通じない子供たちを楽しませる自信は初め全くなかったのですが、小学校について子供たちが笑顔で迎えてくれて体操を教えているとき、あそんでいる時、運動会、いつも目をキラキラさせて笑顔の子供たちを見た時は自然に私も笑顔になっていました。たった2日間の交流でしたが本当によい経験ができました。小学校だけでなく町の人々もきさくにあいさつをしてくれてすごくうれしかったです。全国のさまざまな所からあつまった仲間ともたくさんの思い出をつくる事ができました。

【カンボジア・体育】子供たちからたくさんの勇気と元気をもらった

 下川 和正 / ご出発日:2015年03月17日

カンボジアの子供たちに体を動かす大切さや楽しさを教えられると思い、参加しました。体育を教えるだけでなく、カンボジアという国についても詳しく知ることができたことがこのツアーで最も良かった部分です。一番思い出に残ったことは、閉会式が終わったあと、子供たちが笑顔で抱きつきにきれくれたこと。涙が止まらなかった、子供たちからたくさんの勇気と元気をもらった.

【カンボジア・体育】日本と比べれば貧しいかもしれないけれど貧しさを感じさせないほど幸せそうに、またいつでも笑顔で接してくれて、温かい国だなと感じた

 匿名 / ご出発日:2015年03月17日

カンボジアに対する貧しいというイメージを変えたかったので参加しました。日本と比べれば貧しいかもしれないけれど貧しさを感じさせないほど幸せそうに、またいつでも笑顔で接してくれて、温かい国だなと感じた。一番衝撃的だったのが日本人のカンボジアでの井戸や学校作りのボランティアは、間違っている事が多い事だった。だから、その事を日本人にもっと伝えて、皆に知ってもらう、皆に伝えるっていうのが、日本でできる最初の仕事なんじゃないかと思う。結構、カンボジアでは、本当に貧しいというイメージしかなかったけれど、このツアーに参加して、貧しいという言葉よりも、きちんと自給自足しているという言葉の方が正しいのではないかなと感じた。子どもたち・学校には、物(井戸etc.)は残せなかったとしても、学校は楽しいものだ、体育は楽しいんだということをきちんと伝えられたと思う。

【カンボジア・体育】現地の子とか、参加者とか関係なく、とにかくたくさんの笑顔をありがとう!

 Tomohiro / ご出発日:2015年03月17日

大学で健康スポーツについて学んでいるため、身体や運動をメインにしたボランティアに参加しました。企画名通り「教えに行くんだ」というイメージが強かったけど、向こうから歩み寄ってくれ、学ぶことも多かった。初めての海外で不安が多い中の参加だった。東は東京から西は九州まで、年齢の壁も、こえての活動で、異国の地で見た数えきれない程の笑顔でした。自分の行動が現地の子供たちにどんな影響を与えたかわからないけど、最後には走って抱きついてくれて涙まで流してくれた。少しでも、将来に、良い影響を与えれば良いなと思います。現地の子とか、参加者とか関係なく、とにかくたくさんの笑顔をありがとう!

【カンボジア・体育】日本と比較して貧しいにもかかわらず、日本人より幸せそうだというのが印象的でした

 匿名 / ご出発日:2015年03月17日

日本と違った環境で育った子どもたちは、どんな生活をしているのか、どんな遊びをしているのかをすごく見たいと思い、また日本と違った文化も見てみたいと思って参加しました。日本と比較して貧しいにもかかわらず、日本人より幸せそうだというのが印象的でした。また、みんな笑顔がたえませんでした。子どもたちははじめはシャイでしたが、少し遊んであげるとすぐとびついてきました。愛に飢えているのかなということを感じました。運動会がこのツアーで最も良かったです。

【カンボジア・体育】カンボジアの人々はとっても気さくで、たくさん話しかけてくれて、想像以上にあったかい国だった

 黒川 舞 / ご出発日:2015年03月17日

ツアーの費用は決して安いとは言えないが、だからこそ安全面や色々な場面でのケアがしっかりしていると思ったから参加しました。子供たちが、親や友達、先生、カンボジアのことが大好きだと言っていたのが印象に残った。幸せは、物やお金だけで決まるものではないということを改めて思い知った。また、カンボジアの人々はとっても気さくで、たくさん話しかけてくれて、想像以上にあったかい国だった。来る前は、危険で、知らない人に話しかけられたら注意しないといけないと思っていたけれど、来てみたら、そんな不安も消えて、現地の人とたくさん話せてとってもよかった!!年齢の違う、初めて会う人たちと1週間過ごすというレアな経験をして、本当に皆からたくさん学んだし、自分も何か頑張らなきゃいけないと思ったし、刺激をたくさん受けた8日間でした。

【カンボジア・体育】カンボジアには悪いイメージばかりあったけど、実際に来るとすごく良い国だと思った

 まみ / ご出発日:2015年03月17日

将来の夢が決まっていないので、とにかく色んなことをして様々な考えや見方を持てるようになりたいと思ったから参加しました。他の地域の日本人と交流することで、将来の夢や考え方を聞くことができ、良い刺激をもらえた。小学校でのボランティアとカンボジア観光のどっちもできたことが最も良かったです。どちらかだけではカンボジアに対する考え方が変わってきてしまうと思うので、両方できて良かった。カンボジアの子供たちが本当に純粋で良い子ばかりだったり、ホテルの人や店員も気さくで、カンボジアには悪いイメージばかりあったけど、実際に来るとすごく良い国だと思った

【カンボジア・体育】カンボジアの子供たちはとっても素直で可愛くて純粋で目がみんなキラキラしていた

 浅井 柚美 / ご出発日:2015年03月17日

体育という言葉が伝わらなくとも心が通じることできそうで、体育を知らない子供たちが喜ぶ姿を見たくて参加しました。初めは値段がそれなりにすることもあって、ちょっとどうなんだろうと思っていたけど子供たちの無邪気な笑顔を見てそんなものは吹きとんだ。カンボジアの子供たちはとっても素直で可愛くて純洲で目がみんなキラキラしていた。

【カンボジア・体育】生きてきた境遇が私たちと彼らでは本当に異なるけれど、その2つの集団の出会いから多くの笑顔と幸せが生み出される、そんな素晴らしいツアーでした

 幸野 瑠美 / ご出発日:2015年03月17日

カンボジアの子どもたちにとっての”幸せ”は何か、ということについて、ふれ合いと通じて考えてみたいと思ったことと、また、言葉を交わすことができない子たち一緒に、体を動かす楽しさを共有したく参加しました。一言で言うならば、期待以上のツアーでした。ともに体育を子どもたちと楽しめただけでなく、カンボジアの歴史を多く学べました。日本人があまりふつうには行けないような村の小学校に訪問し、「運動会」を一緒につくり挙げられた点です。多くの子どもの笑顔を見ることができました。このツアーで一番思い出に残っているのは、子どもたちとの交流です。手を振ると、にこにこして降り返してくれる。子どもが歩いているとうれしそうに手を握ってくれる子ども。私たちのごはん中にも、窓からチラリラ顔をのぞかせている子ども。彼らに共通するのは、「笑顔」です。子どもたちとは、言葉を交わすことはできません。でも、笑い合って体を動かす楽しさを一緒に味わうことはできます。生きてきた境遇が私たちと彼らでは本当に異なるけれど、その2つの集団の出会いから多くの笑顔と幸せが生み出される、そんな素晴らしいツアーでした。

【カンボジア・体育】大きな声を出したり、むじゃきな子どもたちと遊んだり、そういう当たり前だけど普段やっていないようなことがとても楽しくて、大切なことなんだということを改めて学びました

 安樂 拓人 / ご出発日:2015年03月17日

恵まれない子どもたちの現状を知り、伝えていきたいと思ったから参加しました。想像以上にハードできつかったが、でもいろいろな経験ができて、参加して良かったなと思った。大きな声を出したり、むじゃきな子どもたちと遊んだり、そういう当たり前だけど普段やっていないようなことがとても楽しくて、大切なことなんだということを改めて学びました。貴重な体験を今後の自分に活かしていこうと思います。また、参加したいと思います。

【カンボジア・体育】この短期間で私自身も心から笑ったり、泣くことができ、そしてたくさん得られるものがあった

 佐藤 友里 / ご出発日:2015年03月03日

同じ目的をもった仲間たちと絆が生まれやすいスポーツを通して今まで味わったことのない経験をしてみたかった。そして、自然と笑顔があふれてくるスポーツで子供たちのたくさんの笑顔を見ることができると思ったから。全て想像以上のものだった。熱さに慣れず、たくさん運動するのも久しぶりですぐに疲れがでたけど、そんなものは子供たちの笑顔でふっ飛んだ。この短期間で私自身も心から笑ったり、泣くことができ、そしてたくさん得られるものがあった。ただ、子供たちと触れ合うボランティアなのではなく、体育というものを通してカンボジアの子供たちに教えたり、逆に私たちがそこから学んだりすることができる。このツアーはほんとに素晴らしいと思う。一歩を踏み出す勇気の大切さをこのツアーで感じた。私は将来何をやりたいのかわからずモヤモヤしているこの感情を少しでも変えたいという目的もあり参加する一歩を踏み出した。そのおかげでカンボジアの人たちの優しさ、たくさんの笑顔に触れ、一緒に参加した人たちの考えに刺激を受け、広い視野で物事を見ようとするようになった。そして、小学校に行き、笑顔の大切さ、人との関わりの大切さをとても感じ、普段の日常生活を見つめ直すきっかけにもなった。ここでの経験は一生の宝になると思う。カンボジア大好き!!次はもう少し勉強してからもう一度行きたい。

【カンボジア・体育】子どもたちから大切なことをたくさん学びました

 矢? 千佳 / ご出発日:2015年03月03日

私は小学校の先生を目指していて、子どもに関わるボランティアをさがしていて、私の専門は体育だったので、体育の良さを子どもたちに大人に知ってもらいたく参加しました。子どもたちとこんなにも仲良くなれると思ってなかったし、こんなにも楽しそうに遊んだり、運動している姿を見て、自分が思ってた以上の体育の良さに気付かされたし、子どもたちが私たちや活動を受け入れてくれて、本当に楽しかったです。期待以上です。まず、初めにこのツアーに参加できて本当に良かったです!!!最高でした!!!カンボジアはよくテレビでみたことがありましたが、実際に来てみて、イメージと違っていることも多々ありました。”カンボジア””カンボジアの人々”を感じることができました。とてもとても良い国です。とてもとても良い人、優しい人たちの国だからだと思いました。すごくエネルギーを感じます。前に前に確実に進んでいるように感じました。カンボジアの良さを見つけると同時に日本の良さにも気づかされ、子どもたちから大切なことをたくさん学びました。

【カンボジア・体育】実際にカンボジアで五感をフルに使って充実した1週間だった

 N.K. / ご出発日:2015年03月03日

HPが他会社よりしっかりしていて、明確であったから安心して参加出来ると思ったことと、また、子どもと触れ合えるだけでなく、地雷、歴史、文化も学べ、カンボジアを知るには最適だと思い参加しました。すべてが事前の期待以上であった。ホテルはもう少し汚い所をイメージして覚悟していたので、日本と変わらなくてビックリした。想像を超えて素晴らしいツアーだった。小学校で運動会ができたこと。身体で子ども達と触れ合えたこと、カンボジアが大好きになれる・関心をもてるスケジュールであったことが最も良かった。子ども達は素直で優しくて私たちを受け入れてくれた。泣かないし(
タイヤに頭ぶつけても転んでも)強いけど、一生懸命遊ぶうちに一つ繊細な部分を見つけた。子どもたちは体で触れ合うことをとても喜んでいた。みんなが暮らしている道路沿いの住居を見学させてもらうことが出来たのは良い経験だった。このツアーに参加しなかったら、知らなかったことばかりだった。本やTVで見ているだけじゃ分からなかったことが沢山あった。知ることによって、考える機会がうまれた。実際にカンボジアで五感をフルに使って充実した1週間だった。

【カンボジア・体育】本当に自分の人生の中で宝物になる経験ができました。

 増田 愛夢 / ご出発日:2015年03月03日

期待以上のものが得られた。カンボジアという異国での暮らし、子どもたちとのかかわり、クメール人等のかかわり、すべてが予想以上に良かった。世界遺産にふれられたことはもちらんよかったが、やはり、カンボジアの子どもたちと運動会・体操等が一緒にでき、たくさんの笑顔に触れることができたことが最も良かったです。村の子どもたちに体育を教えるということで行ったが、このツアーで教えられたのは、自分たちであるのではないかと思う。まったく何もない正直貧しいというような状況の中、どの子どもたちもずっと笑顔でキラキラとまぶしかった。その笑顔に私は元気をもらった。また、自分の生活について改めて考えさせられた。子どもたちの元気にあっとうさらながらも、すごくたのしかったです。本当に自分の人生の中で宝物になる経験ができました。

【カンボジア・体育】受験勉強した人でも全く世界史を勉強してこなかった人でも、背景を念頭に置きながら体験ができることは、本当にすばらしいと思う。

 齊藤 怜奈 / ご出発日:2015年03月03日

街ではなく、「村」の子どもたちと触れ合うことができる点や、体育の授業がない環境で、運動することの楽しさについては(専門ではないけれど)伝えたいという想いを持って参加しました。パンフレットにこまかく記載されていたので、旅行前から想像しやすく、期待通り、という印象です。座学の時間をとって歴史をしっかりと学ばせていただけることと、受験勉強した人でも全く世界史を勉強してこなかった人でも、背景を念頭に置きながら体験ができることは、本当にすばらしいと思う!!!

【カンボジア・体育】カンボジアは豊じゃないけど子供達にはいつも笑顔があふれいて、大人もいきいきしていました

 K.W. / ご出発日:2015年03月03日

他のツアーとは、内容が違い、子供達との触れ合いを一番期待して参加しました。小学校での生徒との触れ合いが最もよかったです。私は発展途上国へのボランティアについて知人に紹介されるまでは、ただの自己満足、先進国のエゴだと考えていました。でも実際に自分が参加してみてそんなことは関係ないことに気づかされました。自己満足でもエゴでも現地の人が笑顔で喜んでくれたらmそれだけで価値や意義がボランティアにはあると思います。カンボジアの子供達はとても純粋で、シャイで無垢でした。様々な数値だけ見れば、カンボジアより日本の方が経済、生活水準、衛星の面で豊かです。でも、今回のツアーに参加して心の豊かさと物の豊かさは=でないと分かりました。日本は豊かな国だけど幸せですかと聞くと幸せじゃないと答える人もおおぜいいます。でもカンボジアは豊かじゃないけど子供達にはいつも笑顔があふれいて、大人もいきいきしていました。今回のツアーでボランティアについて考えるいい経験になりました。

【カンボジア・体育】この8日間のツアーを通して1番感じたことは国や言葉が違くてもお互いに笑顔でいれば何か分かり合えるものがあると感じました

 山中 香穂 / ご出発日:2015年03月03日

以前に兄がまったく同じツアーに参加したことがあり、良かったと言っていて、またカンボジアの村の小学校に体育を教えることに魅力と興味を感じ参加しました。村の小学校での運動会が限られた時間の中色々な競技、応援合戦などの交流ができて良かった。またその中で子どもたちのきらきらした笑顔が見れてよかった。この8日間のツアーを通して1番感じたことは国や言葉が違くてもお互いに笑顔でいれば何か分かり合えるものがあると感じました。村の小学校の子どもたちは私たちが来たときとてもキラキラした笑顔で迎えてきてくれてとても嬉しかったです。あの笑顔は忘れられないです。運動会では一生懸命楽しそうに競技に励んでくれて大きなパワーをもらいました。名前を覚えてくれた子どもたちもたくさんいて愛くるしく最後お別れをするときがとても寂しかったです。この経験を通して人を笑顔にさせたり、与えることは本当に素晴らしいことだなと感じました。これからもずっと笑顔を大切にしていきたいです。

【カンボジア・体育】子供たちの穏やかでキレイな心をふれ合うことで実感しカンボジアの平和さ、未来の明るさを感じました。本当にこのツアーに参加して良かったです

 杉田 優香里 / ご出発日:2015年03月03日

カンボジアの子供とふれ合うことで何か発見出来るものは何かあるかと思って参加しました。思ったより子供たちがなついてくれてとても嬉しかった。すぐ名前を覚えてくれてずっと呼んでくれていて感動しました。カンボジアの文化や古い歴史を学び日本に帰ったら個人的に勉強しようと思いました。やはり体育をするところがこのツアーで最も良かったです。みんな本当に素直でした。初めて小学校に行った日子供たちがでむかえてくれてきてくれてとても感動して思わず涙してしまいました。お別れも本当に寂しくて泣いている子供、先生がいて、このツアーに参加してよかったと思いました。私は初めての海外でカンボジアが初めての外国の地でした。また私は大学1年生で最年少でした。しかし年齢関係なく、みんなとても仲良くなり、カンボジアの方々にとてもよく接して頂きました。カンボジア人の国民性はとても心が穏やかで日本人を心良く受け入れて下さいます。小学校に訪問させて頂き私は子供たちのキラキラした笑顔が今でも忘れられません。生活は日本ほど豊かで便利ではありません。しかし、子供たちはとても幸せそうな顔をしていました。カンボジアはとても平和な国です。内戦はありましたが今はカンボジアの人々は毎日をとても平和にすごしています。子供たちの穏やかでキレイな心をふれ合うことで実感しカンボジアの平和さ、未来の明るさを感じました。本当にこのツアーに参加して良かったです

【カンボジア・体育】人と人との関わりってすばらしいですね!!

 金子 琴美 / ご出発日:2015年03月03日

現地の人々と体育(スポーツ)を教えることによってふれあい、現地の人々と深くかかわりたかったので参加しました。タイヤの遊具をつくり、子どもたちに体操や運動会を通じてスポーツの楽しさを教えられたことが最もよかったです。人と人との関わりってすばらしいですね!!

【カンボジア・体育】アイディアを出し合って考えたり、仲間と協力して1つのものを作り上げる達成感と充実感、そしてカンボジアという土地ならではの学びができました

 小畑 朱里 / ご出発日:2015年03月03日

大学でスポーツを学んでいる自分が、スポーツを活かした活動に参加して、実際に経験を積んだり、学びを活用できる活動ができることを期待して参加しました。アイディアを出し合って考えたり、仲間と協力して1つのものを作り上げる達成感と充実感、そしてカンボジアという土地ならではの学びができました。2つのチームに分けて応援や体操を考える時間をしっかりとってくれたことです。そのおかげで、工夫のこらした体操やユーモアのある応援を子どもたちに届けることができました。海外ボランティアツアーに参加してみたい。大学で学んでいるスポーツを活かした活動をしてみたい。そう思って申し込んだこのスタディーツアーでしたが、「体育を教える」ということにも関わらず、カンボジアの歴史から現状まで知ることができました。観光地としても有名なカンボジアが、こんなにも教育が進んでおらず、貧しい人々が多いとは思いませんでした。そんな中でも楽しそうにキラキラした笑顔の子どもたちが本当に可愛くてたまらなかったです。みんなで協力して準備・実行した運動会で、子どもたちが「最後まで走りきる」ということを実行してくれたことや校長先生や他の先生の涙を思い出すだけで感動がよみがえります。良い仲間と良い子どもたちと良いスタディーツアースタッフに巡り合えて本当に嬉しく思います。

【カンボジア・体育】出会いや学び、感動、たのしみなどを一度にたくさん味わえるすてきなツアーです!!!

 村上 真帆 / ご出発日:2015年03月03日

日本にいては、経験することのできない体験に魅力を感じたのと、自分が今新しい環境に1人で挑戦したかったからと、子どもとの関わりにも、体育がない環境に体育を教えるという新しい挑戦を期待して参加しました。2日間であるからこそ、1日1日が濃く、子どもたちもうまく関われ、集中もできたと思います。観光が多いのかなと思いましたが、子どもたちとの思い出がおおく、ちょうど良いバランスでした。周りは教師を目指す人が多く、自分はこの場で何を学ぶべきなのか最初は戸惑いました。しかし、小学校へ行って仲間たちが子どもと関わる姿や接し方、競技説明の伝え方など、自分のやり方と他人のやり方を比較し、学ぶ機会が多かったです。大学生の参加者が多いですが、社会人の方、目指すものがある人など自分が普段経験しない視点からの意見も得ることができました。遺せきめぐりやガイドさんの話も面白く、ホテルの人々もとてもいい方々でたくさんのすてきな出会いがありました。カンボジアの方々はほんとうに平和でやさしく、大すきになりました。出会いや学び、感動、たのしみなどを一度にたくさん味わえるすてきなツアーです!!!

【カンボジア・体育】このツアーでたくさんのステキな人たちに出会えて幸せです。関わって下さったみなさんに感謝です

 田村 遥香 / ご出発日:2015年03月03日

自分が成長するチャンスになり、これから先きっと役立つ貴重な経験をすることができると思ったので参加しました。期待以上の素晴らしいものになった。色々な不安などもあったけれど、お金や時間には代えられない貴重な時間を過ごせた。自分の考えや視野を広げる良いきっかけにもなった。いきなり村の子どもとふれあうのではなく、事前に少し知識を得ておいたり歴史を学んだりメダルや体操の準備をしておいたのがよかった。行程にも少しゆとりがあり、無理なく全日元気にツアーに参加することができた。ツアー全体で多くの学びがあり良かった。子どもたちとすごし、楽しむ姿などを見て本当に来て良かったなと感じたと同時に、私たちの方が子どもたちやカンボジアの方々から得たものが多くあるのではないかとも思いました。カンボジアと聞いたら、「貧しいイメージ」などがあがることが多いと思います。私も初めはそういうイメージもありました。しかし、実際来てみて村の子どもと交流し、貧しいから「かわいそう」「不幸せ」という思いは全くしませんでした。みんなとってもやさしく素直で元気な子どもたちでした。そんな子どもたちからとてもパワーや勇気をもらいました。しかし、教育がいき届かないことや教材や人手が足りないことは現状です。もっとカンボジアの子どもたちの教育が豊かになることを願っています。またいつかカンボジアに来て子どもの笑顔をみたいです。本当にこのツアーに参加して良かったです。このツアーでたくさんのステキな人たちに出会えて幸せです。関わって下さったみなさんに感謝です。

【カンボジア・体育】今回のツアーに参加して、人として大きく成長することができました

 重松 悠介 / ご出発日:2015年03月03日

私は今回、実際に海外に行くことで、現地の文化と歴史を知ることが出来ると思い、参加しました。実際に現地でフィールドワークすることでその国の文化や歴史を知ることができた!!今回のツアーに参加して、人として大きく成長することができました。ここに参加している人はみんなリーダーシップがとれて、見習うべきところがたくさんありました。また、村の小学校に行って、子どもたちと離れる時先生方が泣いているのを見ると、とてもこみ上げてくるものがありました。本当にいい経験になりました!!

【カンボジア・体育】子どもたちはすごく豊かな表情をしていて不便なことが多くても笑顔で過ごしている人々に感動しました

 福田 由季 / ご出発日:2015年03月03日

4月からの教員生活が始まる前に他の国の教育の現状をみてみたかったので参加しました。カンボジアの小学校に行けたことが最も良かったです。どんな子どもがいるのか想像もできませんでしたが、子どもたちはすごく豊かな表情をしていて不便なことが多くても笑顔で過ごしている人々に感動しました。このツアーには、みんな一人で来ていて、そこで、この人たちに出会えたことがとても貴重なことだなと感じています。村の小学校に行ったことや、カンボジアの街並みなど伝えたいことがたくさんできました。これは子どもたちだけに伝えるのではなく、同じ教員にも還元していくべきだと思っています。前に立って話している私を一生懸命見てくれているキラキラした目がすごく印象的です。また、世界遺産などにも行け、ガイドさんのお話など学ぶことが多くありました。

【カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院】ツアーで出会った全ての方々に感謝します

 匿名 / ご出発日:2015年02月27日

現地の方によるガイドは現地カンボジアの慣習・経済・政治など現地の人でなければ分からないような話もしてくれてとても良かった。カンボジアについて学ぶ機会が多くあったのがカンボジアでの生活をより充実させたと思う。親しみやすい方ばっかりだった。孤児院の子どもたちとの交流、子どもたちを守るスタッフ、しくみの存在を知ることを通して、子どもに関わる問題への考え方や関わり方を見つめ直すことができました。孤児院にいる時間は、あっという間に過ぎてしまい、子どもたちとの別れの時はすぐ来てしまったけれど、短い交流の中でも別れの時に「寂しい」と言って泣いてくれる子がいて、とてもありがたく感じました。この時のことは、一番思い出に残っています。このツアーに参加して、本当に良かったです。このツアーで出会った全ての方々に感謝します。

【カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院】とても刺激になりパワーをもらうことができました

 山本 永都 / ご出発日:2015年02月27日

私も4年前の震災で家族を亡くしましたが、私よりももっともっと小さいうちにつらい思いをして、それでもみんなで協力し合いながら生活していてとても刺激になりパワーをもらうことができました。これはカンボジアの国民性も関係しているからだと思いますが、無理のないスケジュールで、それでも1週間満喫できるところが良かったです。日本語ガイドさんは想像以上に分かりやすい日本語で、日本から添乗員さんがいなくても安心して過ごすことができました。スナーダイ・クマエの子どもたちは私たちが思っていた以上に日本語が上手で日本のことをたくさん知っていて、勉強熱心で協調性があり、ただただ「すごい」とずっと思っていました。私は4年前の東日本大震災で被災し、父親と祖父を亡くしました。このツアーに参加するまでずっとつらくて、昨年6月から大学を休学しています。4月からまた大学に戻りますが、どこか不安な気持ちがありました。大学に戻る前に思い出を作ってパワーをもらいたいと思ってこのツアーに参加しました。いい仲間に出会うことができ、私よりもっともっとつらい思いをしている子どもたちがいることを知り、そしてその子たちから元気をもらうことができ、自分ももっともっと頑張ろうち思えることができ、4月からまた大学で頑張れそうな気がします。

【カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院】このツアーとの出会いは自分の人生にとって大きな財産です

 匿名 / ご出発日:2015年02月27日

期待よりも遥かに良かったです。楽しみにしていたものの、初めて会う人達と初めて行く国で一緒に活動したり孤児院で交流したり不安の方が大きかったので、実際に参加してみて、本当に参加してよかったと心から思えています。今回のツアーで最も良かったのは、やはりメインであるスナーダイ・クマエ孤児院での交流活動です。カンボジアの歴史レクチャーや遺跡などの観光があったからこそ、より交流が深いものになったと感じます。サビーさん、マカラーさん本当にお世話になりました。お二人の日本語の上手さにまずとても驚き、ただ説明するだけではなくてご自分の話やご家族の話、カンボジアの習慣や沢山のことを教えてもらって本当に楽しくツアーを終えることができました。すばらしいガイドさん方でした。旅の一番の思い出は、やはり孤児院での子どもたちとの交流です。家族と離れてくらさなければならない辛い過去をもった子どもたちですが、その子どもたちの笑顔を見てこちらが元気をもらい、心が豊かになった気がします。私はすでに社会人として仕事をしていますが、日々あまり変化のない中で、このような機会に思い切って参加して本当に良かったです。4月からまた仕事の日々が続きますが、何か、どこか変わった自分がいる気がしています。ツアーの1番初めに、歴史のレクチャーがあったこと、本当によかったです。観光だけではなくて、その国の歴史を知るということがより旅の内容を濃くするということを実感し、自分の国(日本)のことも改めてよく知りたくなりました。貴重な経験をさせていただき、本当に感謝しています。このツアーとの題は自分の人生にとって大きな財産です。またカンボジア再訪したいと思います。ありがとうございました。

【カンボジア・体育】普段得ることのできない知識、感動、経験を得ることができた

 小西秀人様 / ご出発日:2015年02月23日

 とても貴重な経験ができたと思う。ありきたりな感想ではあるが非常に楽しいツアーだった。ツアー内容の体育を教えることはもちろん、添乗員の方、ツアーメンバーの中でも年上の方、年下の方との交流により、普段得ることのできない知識、感動、経験を得ることができた。行く前では心配な気持ちが強かったが帰りの今となってはとても名残惜しい気持ちでいっぱいだ。このツアーに参加して本当に良かったと心から思う。
 ツアー内容に関しては、カンボジアの子供たちが、自分たちが教えたこと、準備したことを純粋に楽しんでくれたことが、とても嬉しかった。自分たちが子どものころ何気なく行っていたことをあんなにも喜んでくれていることに、日本とのギャップを感じた。日本に帰ってもその光景は忘れないようにしたいと思う。今まで日本を出ることはあまりなかったため、自分たちの日常が日常でない場所もあると知れたことは今後の生活を見つめ直すきっかけとなってくれた。
 このツアーは視野のせまかった自分を変えるチャンスとなってくれた。
 今後も何か活動に参加したい。

【カンボジア・音楽】村の子供たちとの触れ合いがとても楽しく、とてもいきいきと楽しそうに学ぶ姿がとても印象的でよかった

 れもん / ご出発日:2015年02月21日

期待していた以上にとても充実した8日間で、小学校での活動の2日間の内容も濃く、また添乗員さんや現地のピース・イン・ツアーの方、日本語ガイドの方共に皆さん良くしてくださり、とても楽しい旅になりました。小学校での音楽を教える交流活動が、村の子供たちとの触れ合いがとても楽しく、とてもいきいきと楽しそうに学ぶ姿がとても印象的でよかった。カンボジアの子供たちと接してみて、男の子は家の仕事のためあまり学校に来れていないことやボロボロになった制服で何Kmもの道のりを歩いて学校に来ていることをしり、学べることの喜びや音楽が身近にある幸せというのを感じました。何より、音楽を教えている時の子供たちの笑顔が印象的で改めて音を楽しむということが人に与える影響は大きいと感じ、音楽との向き合い方を深く考えさせられる、また平和、幸せとは何か考えさせられる旅になりました。

【カンボジア・音楽】カンボジアの現地の人々生の生活が見ることができたことと、普通の学生旅行や観光ではできない貴重な体験をさせていただきました

 梅内 建史郎 / ご出発日:2015年02月21日

事前の期待よりはるかに良かったし、色々やらせてもらえたし、現地の事情も知ることができた。日本人のガイドさんだけでなく現地のガイドさんもついて下さり、細かい気配りができていてとても快適にツアーをこなすことができた。カンボジアの現地の人々生の生活が見ることができたことと、普通の学生旅行や観光ではできない貴重な体験をさせていただきました。7日間ありがとうございました!!

【カンボジア・音楽】お別れ会の時に子どもたちが演奏してくれたきらきら星を聴いたら、感動と喜びと達成感で一杯になりました

 上野 奈々 / ご出発日:2015年02月21日

期待通りのツアーでした!添乗員の小林さんをはじめとするスタップの皆さんが私たちを全面的にサポートしてくださり、とても活動に集中することができました。観光面もとても分かりやすい説明や面白いフォトスポットを教えて下さるなど、とても楽しかったです。今回のツアーで一番思い出に残ったのはやはり子どもたちとの交流です。実際に村の子どもたちと交流していると、”言葉の壁”があり、伝えられない事が伝えられなかったり、もっと上手な音楽の伝え方はないのかと、少しだけ力不足だったのかと不安になりました。ですが、2日目のお別れ会の時に子どもたちが演奏してくれたきらきら星を聴いたら、感動と喜びと達成感で一杯になりました。また、子どもたちとの最後のお別れの時にみんな泣きながら抱きついてきれくれた事は忘れられません。、あの姿を見て、今回の音楽でつながる活動は成功だったのだと確信することができました。

【カンボジア・音楽】本当に心に残る最高の8日間でした

 かなめろ様 / ご出発日:2015年02月21日

 子供たちが最後に涙を流してハグしてくれたことが一番印象に残っています。2日目の朝にお花のネックレスをくれたり、花束をくれたり、子ども達の優しさを感じる場面がたくさんあり、ボランティアにいったのに逆にいろいろもらいすぎました。
 私はもともとボランティア自体したことがなく、することに抵抗がありました。ただの偽善になってしまうんじゃないかなと思っていました。しかし、知り合いに、気持ちはどうであれ、向こうで全力で頑張ればいいんじゃない?と言われ、決意しました。なので、みずから、リーダーに候補し、全力でぶつかりました。すると、子ども達も私が思った以上にいつも全力で返してくれて、けんばんハーモニカも一生懸命覚えようとしてくれて、言葉は通じなくても心で通じ合えるんだなと気付けて、貧しいからかわいそうとかそんなんじゃなくて、幸せっていろんなかたちであるんだなと気付かされました。与える側の立場だったはずが、もらってばかりいました。カンボジアって聞くと治安が悪くてごはんもまずくて、怖くて生きづらい国と本当に勘違いしていて、実はホテルの人はとっても優しいし、ガイドさんも本当に親切でごはんもおいしいし、町も栄えてるし、村で貧しいからと言って全然暗くもないし、もはやみんな明るくて元気で優しくてビックリしました。問題はまだまだ山積みのカンボジアですが、未来は明るいし、私たち日本人が見習うべきところはたくさんあります。カンボジアの悪いイメージがなくなればいいなあと思います。本当に心に残る最高の8日間でした。ありがとうございました。

【カンボジア・音楽】濃い。これが素直な感想です。

 匿名 / ご出発日:2015年02月21日

 思った以上に子ども達の現状がひどく、音楽のリズムを全く知らないとはこーゆーことかと痛感しました。けれども、学ぶということへの意欲がすごく、とにかく楽しんでやってくれてとても嬉しかったです。感動でもう涙がとまらない。さよならの日に何ができたのかわからないけど、今後もずっとこの活動が続き、受け継がれていってほしい。
 濃い。これが素直な感想です。そして、あっという間でした。音楽の知識はほぼなく、リズムや音階の概念を知らない。それでも何をしても楽しそうに、そして学ぶということに意欲的に参加している姿をみて、心をうたれました。

【カンボジア・音楽】今回のツアーに参加して私の中の価値観がすごく変わりました

 松尾淳美様 / ご出発日:2015年02月21日

 ボランティアをするからには自分が貢献できることでしたいと考えていて、小さいころからピアノを習っていたので、音楽のツアーでなら貢献できると期待して選びました。
 貢献できたかはわかりませんが、教えたり、ゲームをしている最中子供たちや先生方がとても楽しそうだったので、とても良かったです。
 今回のツアーに参加して私の中の価値観がすごく変わりました。今まで私は日本で何不自由なく生活してきました。今回行く前に貧しい小学校だと聞いていたので、子供たちも物がなく不自由な生活を送っているんだろうなと思っていました。でも実際に行ってみると、たしかに子供たちの制服はボロボロだし、給食も少ないし、とても裕福には見えませんでしたが、子ども達は常に笑顔だし、何に対しても一生懸命で本当の幸せとは何かということをすごく考えさせられました。今回のツアーは私にとって本当に良い経験になりました。すごく楽しかったです。いつか今回行った小学校に再訪したいです。

【カンボジア・音楽】本当によかったです

 taka様 / ご出発日:2015年02月21日

 音楽を通じて自分たちの想いを届けることができて本当によかったです!

【カンボジア・音楽】一生心に残る経験

 MOMO様 / ご出発日:2015年02月21日

 ツアーに参加して最初は、他の参加者と馴染めるか、現地の子供たちとちゃんと交流できるか不安でした。しかし、自分が想像していた以上に子ども達が明るく元気ですぐに懐いてくれました。「子ども達に音楽を教える」という活動でしたが、逆に私が子ども達に多くの事を学ばされました。
 また、当日に初めて会ったメンバーで一層絆を深めることができました。一生心に残る経験でした。
 また、ピースインツアーのツアーでいろんなことを吸収していきたいです。

【カンボジア・音楽】オークン!

 匿名 / ご出発日:2015年02月21日

 今回は私にとって初めての海外でした。いざ、カンボジアに着いて日本との見る景色が違いすぎて驚きが隠せませんでした。ボランティアという経験を初めてで不安もありましたが、いざ村へ行くと皆が花道を作って待ってくれていて、こんな私たちとの交流を歓迎してくれて嬉しかったです。ドレミファソラシドを一生懸命きいてうたってくれたり、クイズではキラキラした笑顔でめいっぱい駆けてくれました。私は日本の子供と関わることが多いのですが、あんなに純粋で一生懸命頑張って私たちを追いかけるその姿は本当に素敵でした。お別れのとき泣きながらハグしてくれました。その姿は今も目をつぶると思い出して涙がこぼれそうになります。子ども達ともっとしゃべりたかったし、まだまだできることがあったんじゃないかと思うと、悔しい気持ちでいっぱいです。また、観光では物乞いをしている少年少女をたくさん見かけました。国がもっと保護したりできないのかと胸が痛くなりました。今回のツアーで私は大きく夢が変わりました。世界にはまだまだ苦しんでいる子供がいっぱいいます。少しでも彼らの力になれるような、携われる仕事を帰国してから見つけたいです。カンボジアは確かに日本と比べると貧しいかもしれませんが、人々が笑顔でいっぱいの魅力あふれる国でした。幸せな7日間をありがとうございました。オークン!

【カンボジア・音楽】”楽しかった”だけで終わってはいけないと感じさせられた

 匿名 / ご出発日:2015年02月21日

 今回の旅、とくに子供たちと活動した2日間は自分の中でとても大きなもの