ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、教育旅行·スタディツアーの専門店です。

CAMBODIA

 MENU

カンボジア  カンボジア・伝統の森を訪ねる旅

  • 世界遺産

  • 遺跡

  • 歴史・文化

  • 暮らし・生活体験

  • 田舎・農村

  • ふれあい・交流

  • 学び


カンボジア・伝統の森を訪ねる旅
クメールの伝統を繋ぎ創造する森で暮らす人びとに出会う

ツアーコード:【CBP-53】

カンボジア・伝統の森を訪ねる旅
アンコール遺跡群にみられるクメールの高い芸術を受け継ぎ、それをピダンや絣の布という形で新しい伝統に創造する「伝統の森」。
このツアーでは「伝統の森」をじっくりと訪問し、そこで暮らす人々に出会います。
伝統の森で年に一度開催される蚕祭りに合わせたツアーはこちら≪カンボジア・伝統の森を訪ねる旅~蚕祭り編~

伝統の森とは?

1996年、森本喜久男氏が内戦下で途絶えかけていたカンボジア伝統の絹織物の復興と伝統的養蚕の再開を目的としてIKTT(Institute for Khmer Traditional Textiles ;クメール伝統織物研究所)を設立。IKTTのプロジェクトとして2003年「伝統の森・再生計画」が開始された。荒れ地を開拓するところから始め、小屋を建て、井戸を掘り、畑をつくり、野菜・桑・綿花を栽培し、養蚕をし、自然染色の素材となる木々を植え、自給的な染め織りが可能な工芸村を立ち上げた。自然染料による染織を核にしつつも、人びとの暮らしの再生と、人びとの暮らしを包み込む自然環境の再生に取り組む。この「伝統の森」は、現在では、敷地のほぼ半分を木々の再生エリアとして保全・育成しつつ、約100人が暮らす「新しい村」として行政的認可を得るまでに成長している。持続可能な開発(SDGs)を学べる場でもある。
IKTTホームページ:http://www.iktt.org/index.html
伝統の森 全景

伝統の森 全景

工房の様子

工房の様子

森で暮らす子どもたち

森で暮らす子どもたち

【この活動はSDGs(Sustainable Development Goals )達成に向けて取り組んでいます】

SDGsとは.......
”Sustainable Development Goals”の略称で、経済・社会・環境の面で、人類と地球が持続的に発展していくために設定された17のゴールです。
2015年の国連総会で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で、
2016年から2030年までの国際開発の指針として掲げられました。
詳しくはこちら⇒https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

古代から現代まで変わらぬクメールの高い芸術性に触れる

伝統の森で織られている絣の布には、古代の人々の宗教観や美意識がたくさん込められており、それはアンコール王朝時代に一流の彫り師によって彫られたバンテアイスレイの彫刻にも共通しています。最高傑作をつくり出すために人々が最大限の努力をし創造して受け継いできたもの、それが伝統となって現代、この布にも受け継がれています。「新しいものをつくるには古いものを知らないといけない」という意識のもと古の先人たちへの敬意を忘れません。
「生命の樹」の下にはナーガが描かれています

「生命の樹」の下にはナーガが描かれています

小さな生命樹を囲い守るように描かれたナーガ

小さな生命樹を囲い守るように描かれたナーガ

絡み合う蛇(ナーガ)という意味の名前のニャックポアン遺跡

絡み合う蛇(ナーガ)という意味の名前のニャックポアン遺跡

古より残るベンメリア遺跡のナーガ

古より残るベンメリア遺跡のナーガ

自然と共存する人々が織り成す最高のアート作品づくり体験

とても丁寧な手仕事の中で織られていく絣の布たち。森の桑を食べて育った蚕から座繰りをし、括り、染め、織りの工程を経て世界にひとつだけのアート作品になっていきます。このツアーではその工程を間近でご見学いただきます。
【①括り】柄に合わせて括る作業には緻密な計算が必要です

【①括り】柄に合わせて括る作業には緻密な計算が必要です

【②染め】鮮やかな黄色はプロフーという樹皮が染料

【②染め】鮮やかな黄色はプロフーという樹皮が染料

【③織り】カタンコトンと機織り機の音が森に響きます

【③織り】カタンコトンと機織り機の音が森に響きます

自然のものだけで布をつくり、「全ての植物には色がある」 というように自然染色の高い技術もあります。IKTTの布は、 黄金のシルクの風合いとともに、5年後、10年後、さらに美しさ が増すのが特徴。 このツアーではシルクのハンカチの自然染色を体験します。
染料となる(ラックカイガラムシの巣)

染料となる(ラックカイガラムシの巣)

 ラックカイガラムシの巣は鮮やかな赤になります

ラックカイガラムシの巣は鮮やかな赤になります

インディアンアーモンドの葉は重厚な黒色に

インディアンアーモンドの葉は重厚な黒色に

伝統を繋ぎ創造する森の人びとと触れ合う

伝統の森では伝統的な織りや染めはもちろんのこと、未来のカンボジアへの新しい布づくりも始めています。伝統の織りと染めを受け継いだ女性たちが自分たちのアイディアで新しいデザインをつくりだしていく森に暮らす人々のパワーも感じられます。森の一家庭を訪問し、森での暮らしぶりを垣間見ることができます。
伝統の森の一家庭を訪問

伝統の森の一家庭を訪問

森で暮らす子どもたちは元気いっぱい

森で暮らす子どもたちは元気いっぱい

家族団欒のお食事に交ぜてもらいます

家族団欒のお食事に交ぜてもらいます

IKTTゼネラルマネージャー岩本みどりさんより

「職人である村人が幸せに暮らせる環境を作ること。これが今の僕の仕事でもあるのかな」森本喜久男

「職人である村人が幸せに暮らせる環境を作ること。これが今の僕の仕事でもあるのかな」森本喜久男

カンボジアの田舎の森の中、今ここは「奇跡の村」と呼ばれ、世界各国からお客様が訪れます。良い布を作る上で、勿論良い糸が必要です。しかし、良い糸や技術だけでは世界一の布は出来ない。「心を込める」こと、これが大切。それには職人の心が幸せでないといけないと、森本は言います。「伝統の森」はカンボジアの伝統的な手法で、芸術品ともいわれる、美しいシルクの織物を作っています。そこには、それを作り出す人々の幸せな暮らしや自然環境があります。是非、カンボジアの素晴らしい芸術と自然、そして、それを生み出す「環境」を職人である村人と共に過ごす時間の中で感じてください。

※IKTTでの略歴
森本氏のアシスタント業務を経て、森本氏が亡くなった現在はその意志を引き継ぎ、経営や商品のプロデュース等を手がける。

現地では特別レクチャーを受けた現地日本語ガイドがご案内いたします

旅の良し悪しはガイドによって決まるとっても過言ではありません。本ツアーはIKTTゼネラルマネージャー岩本みどりさんによる特別レクチャーを受けたカンボジア人日本語ガイドがご案内いたします。伝統織物について、IKTTで織られる絹織物と遺跡とのつながりなどをきちんと理解した現地ガイドがご案内するので、更に理解が深まります。
現地レクチャーの様子

現地レクチャーの様子

ガイドの表情も真剣そのもの

ガイドの表情も真剣そのもの

岩本みどりさんと現地ガイドたち

岩本みどりさんと現地ガイドたち

ツアー日程表

1日目

成田ほか各地⇒シェムリアップ

朝 :空路にてシェムリアップへ(乗り継ぎ)
夕刻:空港到着後、空港にて現地ガイドがお出迎え、ホテルへ
夜 :市内レストランにてご夕食

【シェムリアップ泊/食事 朝:✕ 昼:機内 夕:〇】

2日目 

シェムリアップ

終日:遺跡見学~古より連綿と続くクメールの高い芸術性を体感する
**アンコールワット、アンコールトム、ニャックポアン、バンテアイスレイその他
夜:アプサラダンスを観ながらのご夕食

【シェムリアップ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

3日目 

シェムリアップ

午前:ベンメリア遺跡
ピダンにも描かれるベスト・オブ・ナーガを見学
昼:ローカル食堂にてご昼食
午後:伝統の森
着後、岩本みどりさんによるご講話(「伝統の森」について詳しくお聞きします)
その後、工房見学(カンボジアの職人が実際に作業している職場を見学します)
森散策(桑畑や染料の材料となる樹木畑を見学・散策します)  
夕刻:大自然に沈む夕日を森の中から鑑賞
夜:高床式家屋にて獲れたての野菜や新鮮な肉を使ったご夕食
~夜は虫の音や鳥のさえずりを聴きながら、
電気のない豊かな自然の暮らしをお楽しみください~

【伝統の森IKTTゲストハウス泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

4日目

シェムリアップ

早朝:プレアコー(牛の像)の前で朝日鑑賞朝の森散歩
午前:シルクのハンカチ自然染色体験(絞り染めの技法で、白、黄色、緑色に染め分けし、オリジナルのハンカチを作ります)   
その後、森で暮らす一家庭を訪問&交流
昼:伝統の森の一家族と一緒に家族団欒のご昼食
午後:岩本みどりさんとお茶会(フィードバック)
その後、シェムリアップ市内へ戻り、伝統マッサージ+カンボジア式サウナのチュポン体験(シャワー付き)
夕刻:(ご出発2時間前迄に)空港までご送迎
夜 :乗継便にて帰国の途へ

【機内泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:✕】

5日目

⇒成田ほか各地

朝:日本到着
~ありがとうございました~

【食事 朝:機内 昼:✕ 夕:✕】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご了承ください。

出発地 成田空港または関西空港 
※名古屋、福岡発着も可能です。お気軽にお問合せ下さい。
定員 6名様(最少催行人数2名様)
添乗員 なし
食事条件 朝食3回、昼食3回、夕食3回(機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空、全日空+アンコールエア、タイ国際航空
別途必要代金 上記旅行代金以外に燃油特別付加運賃、成田ほか空港施設使用料&保安料、
国際観光旅客税,カンボジア現地空港税等、合計約21,000円(2019年9月現在)が必要です。
利用予定宿泊施設 シェムリアップ:ロイヤルクラウンホテル 又は 同等クラス、IKTTゲストハウス
一人部屋追加代金

6,700円(2泊分)
※IKTTゲストハウス滞在時は一人部屋希望の方も相部屋でのご案内となります。

ビザ カンボジアのビザ(査証)が必要です。(別途、取得代金がかかります)
カンボジアのビザについての詳細はこちら⇒


【 旅行代金に含まれないもの 】

  • 燃油サーチャージ、日本出発空港の空港施設使用料・保安料、カンボジア現地空港税、国際観光旅客税
  • ホテルの一人部屋追加代金
  • 日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金
  • お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金
  • カンボジアビザ取得費用(大使館実費、弊社代行手数料など)
  • ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用
  • 任意の海外旅行保険料
  • 日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【受託販売】株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所】〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小山 耕太・小林 奈々
【TEL】03-3207-3690 【FAX】03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp

【旅行企画・実施】株式会社 風の旅行社 早稲田営業所 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所】〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】高嶋 達也
【TEL】03-6228-0840 【FAX】03-3207-6343
【E-mail】:eigyo@kaze-travel.co.jp