TOURS
ツアー詳細

カンボジア


  • 歴史・文化を学ぶ
  • 講師・添乗員同行
  • お1人参加にお薦め

写真家の足立君江さんと行く!
カンボジア撮影ツアー2019 5泊7日
レンズを通して知ろう!素顔のカンボジア

ツアーコード:【STP-65】

写真家の足立君江さんと行く!<br />
カンボジア撮影ツアー2019 5泊7日

【催行決定!】

レンズを通して知ろう!素顔のカンボジア

今年、8年目をむかえるカンボジア撮影ツアー。
2018年に笹本恒子賞を受賞した写真家、足立君江さんが同行いたします。
足立さんは2000年から19年間、カンボジアに通い、子どもたちの成長や村の移り変わりを撮り続けています。
19年間通い続けた足立さんと一緒に行くからこそ、知ることができる、
カンボジア人の笑顔の裏側にある素顔のカンボジア。
ただ写真を撮るだけではなく、本当のカンボジア人の姿を知ることができます。

写真ははじめて!という方から本格的に撮影活動をされている方まで、どなたでもご参加できます。
ご持参いただくカメラは不問!一緒にカンボジアの素顔を撮影しに行きませんか?


 NEWS! 
2019年7月4日(木)~10日(水)
新宿御苑駅前のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で
今まで参加した方々が、撮影した写真を持ち寄って写真展を開催します。
詳しくはコチラ▼

カンボジア撮影ツアーグループ展「カンボジア村をめぐる旅」

ツアーポイント

写真家・足立さんゆかりの人々と出会う

世界遺産アンコールワットのあるカンボジア・シェムリアップで、写真家・足立君江さんゆかりの村を訪ねます。クロバイリエル村では、毎年違った様子を撮影することができ、子どもたちの成長をご覧いただく事もできます。農業の様子、かご作りをしている村、ヤシ砂糖を作っている村、など、村の人たちの生活を身近に感じていただくことができる旅です。

コークチャン村

コークチャン村

247家族、約1000人の村。農業をする傍ら、ほとんどの家族がかご作りを中心に生活しています。この村の先にはヤシ砂糖で有名なプラダック村があり、村人たちの様子を身近に感じることができます。

クロバイリエル村

クロバイリエル村

足立さんが長年通い続ける村。いつもの家族に会って、元気でいるか確かめましょう。何度行っても同じ状況はありません。この村のお母さんは生活が苦しく、タイに働きに行ったそうです。カンボジアではまだそのような家族がたくさんあり、その人たちの様子を知ることで、より素敵な写真を撮ることができるでしょう。

リエンポン村

リエンポン村

シェムリアップの街から1時間半の村。村人たちが皆で協力し、子どもたちに勉強をさせたいと学校を作りました。この村の人々は不用品となったチラシなどでバックを作り、それを売ることで暮らしを定着させています。
細い道が続き、様々な人々に出会える村です。

児童養護施設「スナーダイ・クマエ」

児童養護施設「スナーダイ・クマエ」

子どもたちの自立と、カンボジアの将来を担う人材育成を目的とした児童養護施設です。運営者のメアス博子さんとは、足立さんが初めてカンボジアを訪れた時からの深い親交があります。足立さんは十数年子どもたちの成長を見守っています。

オプショナルツアーのご案内 ※現地でお申込ください!

【11月18日】早朝のプサールー市場

【11月18日】早朝のプサールー市場

カンボジアの朝は早くから始まります。活気のある早朝の市場の様子をご案内し、撮影しましょう。
プサールー市場はシェムリアップ最大の市場で、地元の人たちの生活を知る事もできます。

写真家・足立君江さんについて
~人生を変えたカンボジア 通い続けて19年の軌跡をたどる

~足立さんとカンボジアとの出会い~

アンコールワットを撮影するためにカンボジアを訪れたのは19年前。
市場で売られていたという子ども、産まれてすぐに捨てられてしまった子ども、孤児院にあずけられた子ども、たくさんの子どもたちに出会いました。彼らは笑顔の背中に多くの苦しい現実を背負って生きています。
そんな子どもたちがとても愛おしく思えて、くりかえし村を訪ねては元気でいることを確認し、成長を見守っていきたい・・・と語る足立さん。毎年通い続けるなかで、子どもたちの成長とそのたくましさに驚かされるとともに、彼らに元気づけられているそうです。
「カンボジアで一所懸命に生きている子どもたちに出会い、私はこのままでいいのかな?
なにかできることはないのかな?と考えさせられたんです」

足立さん自身の人生を変えたカンボジアとの出会い。 「これまで出会ってきた人々の素晴らしさをたくさんの人たちに伝えたい! 健康が続くかぎり、カンボジアに通い続けたい!」 さまざまな境遇のなかで『生きていくことのすばらしさ』を伝えるために、 足立さんはこれからもカンボジアの素顔を撮り続けていきます。

写真家の足立君江さんと行く!<br />
カンボジア撮影ツアー2018 5泊7日

主な写真展(カンボジア関連のみ掲載)
2007年 個展「カンボジアの子ども」アイデム・シリウスフォトギャラリー
2007年 個展「カンボジアの子ども」カンボジア・シェムリアップ市
2008年 四人展「カンボジアの子どもたち」
2010年 個展「カンボジア 小さな命たち」アンコール小児病院待合室 アイデム・シリウスフォトギャラリー
2011年  同 個展巡回展 安曇野市碌山公園研成ホール NPO法人 フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN共催 安曇野市教育委員会後援
2012年 個展「カンボジア 子どもたち女たち」ポートレートギャラリー

主な写真集(カンボジア関連のみ掲載)
2009年 「カンボジア はたらく子どもたち」(日本図書館協会選定図書)連合出版
2012年「カンボジア 子どもたちの肖像」現代写真研究所出版局
2018年「カンボジア里の民」現研BOOKS

主な受賞歴
2018年 12月 第二回笹本恒子写真賞 受賞

ツアー日程表

1日目 11/14(木)

成田ほか各地→シェムリアップ

朝:ベトナム航空にてシェムリアップへ
(ハノイまたはホーチミンにてお乗り継ぎ)
夕刻:空港到着後、空港にて現地ガイドがお出迎え、ホテルへ
夜:ホテルレストランにて自己紹介をしながらの夕食会

【シェムリアップ泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:○】

2日目 11/15(金)

シェムリアップ郊外の足立さんゆかりの村へ

午前:アンコールクラウ村
のどかな村の風景の撮影をお楽しみください

ワットタマイへ
ポルポト時代に虐殺された方々が眠るお寺
カンボジアの残酷な歴史の跡地です

昼:市内レストラン

午後:コローサン村&チリュウ村
のんびりとした村の雰囲気をお楽しみください。
夕方は夕日鑑賞もお楽しみいただけます。

夜:市内レストラン

【シェムリアップ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

3日目 11/16(土)

シェムリアップ近郊の足立さんゆかりの村へ

午前:ローンカウ村
村の方々が民族楽器の演奏をしてくれるかもしれません

昼:市内レストラン

午後:リエンポン村
内田隆太さんが代表を務める「Share the Wind」という団体が支援している村。
村の人たちはポルポト時代の事や昔の歴史なども覚えているそうで、
当時のお話を聞く事ができるかもしれません。
また、「Share the Wind」の活動の様子を見ることができます。

夜:市内レストラン

【シェムリアップ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

4日目 11/17(日)

シェムリアップ近郊の足立さんゆかりの村へ

午前:ベンメリア遺跡
崩れた遺跡と周辺の村の撮影をお楽しみください

昼:村のレストラン

午後:スナーダイクマエ
足立さんが19年間通う児童養護施設
施設代表のメアス博子さんより、現在のカンボジアについてのお話をお伺いし、
子どもたちと写真を撮りましょう

夜:市内レストラン

【シェムリアップ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

5日目 11/18(月)

シェムリアップ近郊の足立さんゆかりの村へ

【オプショナル】早朝:プサールー市場訪問
(現地にてお支払い お一人様US$15.00)

ホテルに戻りご朝食

午前:クロバイリエル村
足立さんが毎年訪れるワンさんの家に訪問。
村の大家族の子どもたちの笑顔や動物たちなど、毎年異なる写真を撮ることができる村です

昼:市内レストラン

午後:コークチャン村・プラダック村
村の近くで夕日鑑賞もお楽しみください

夜:市内レストラン

【シェムリアップ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

6日目 11/19(火)

シェムリアップ:選べる2つのプラン
※ご予約時にお申しつけください

プラン① 8:00-15:00頃 遺跡観光プラン
アンコールワット・アンコールトムをゆっくり巡ります

プラン② 8:00-13:30頃 ハス畑とプノンクラオム村
トンレサップ湖近くで生活をする人々の様子や、きれいに咲くハス畑の撮影をお楽しみいただけます
高床式の家や魚釣りを楽しむ人々、ホテイアオイの茎で編んだかごなどを作る家
をご覧いただくことができるかもしれません

夕刻:( ご出発2 時間前までに) 空港へご送迎
夜:乗継便にて帰国の途へ

【機内泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:×】

7日目 11/20(水)

⇒成田ほか各地

午前:日本到着
~おつかれさまでした~

【食事 朝:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご了承ください。

ツアーインフォメーション

出発日 2019年11月14日(木)~11月20日(水) 5泊7日
出発地 成田空港または各地空港 
※関西、名古屋発着も可能です、お気軽にお問合せ下さい。
定員 15名様(最少催行人数10名様)
添乗員 日本から添乗員が同行します
食事条件 朝食5回、昼食5回、夕食5回(機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空(VN) 、
別途必要代金 上記旅行代金以外に燃油特別付加運賃、航空保険料、成田ほか空港施設使用料&保安料、国際観光旅客税,カンボジア現地空港税等、合計約20,000円(2019年4月現在)が必要です。
利用予定宿泊施設 シェムリアップ:ロイヤルクラウンホテル
一人部屋追加料金 22,000円(5泊分)
ビザ カンボジアのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)
カンボジアのビザについての詳細はこちら⇒

 

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • 燃油サーチャージ、日本出発空港の空港施設使用料・保安料、カンボジア現地空港税,国際観光旅客税
  • ホテルの一人部屋追加料金
  • 日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金
  • お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金
  • カンボジアビザ取得費用(大使館実費、弊社代行手数料など)
  • ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用
  • 任意の海外旅行保険料
  • 日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

旅行代金


【成田発着】

出発日 エコノミークラス 催行状況 予約希望
11月14日(木) 199,000円
催行決定/募集中

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所】〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小山 耕太・小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所】〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二