BRIEFING, EVENT
説明会・イベント

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN主催
クラウドファンディング・キックオフ
トークイベント開催
「寄り添う障がい児ケアの未来。私たちにできること。」




フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN代表の赤尾看護師が
クラウドファンディングに挑戦します!

今回のテーマは「ラオスの障がい児ケアを一歩前へ!心に寄り添う人材を育てたい!」。
ラオ・フレンズ小児病院にて、障がい児ケアの専門家を育成し、
障がい児と家族が笑顔を取り戻し、
希望を持てるようにサポートできるクリニックを目指し、250万円を集めます。

クラウドファンディング開始日。
共に考え、一緒にスタートを見届けてほしい。
そんな思いでキックオフイベントを開催します!

日本とラオスの障がい児に対するケアの違いや置かれている現状を、
ソーシャルワーカーとして、
そして居場所づくりプロジェクトだんだん・ばぁ理事長を務める加藤雅江さん、
杏林大学医学部医学教育学教室講師の江頭説子さんをお迎えし、
ラオスから一時帰国する赤尾看護師を交えて、
日本とラオスの障がい児に対するケアの違いや置かれている現状等を
クロストーク形式で掘り下げていきます。

「いのちの選択」、「家族のサポート」、「未来像」。

私たち一人一人に出来ることはどんなことなのか、一緒に考えてみませんか?

※加藤雅江さん、江頭説子さんは、昨年の医療スタディツアープログラム赤尾看護師同行の
「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN ラオス スタディツアー」
にご参加頂きました。ツアーで感じたこともお話してくださいます。

日程:2019年7月4日(木) 19:00~21:00(18:30開場)
場所:Nagatacho GRiD B1F Space0(東京都千代田区平河町2丁目5-3)
   最寄り駅:永田町・麹町・赤坂見附 https://grid.tokyo.jp/event-space/b1f
定員: 50名(先着順ですので、お早めにお申込ください)
参加費: 無料

トークイベント参加のお申込み等
の詳細はコチラ▼
http://www.fwab.jp/archives/5149