テーブルの上のソレは、無料か否か。

P1030291

ベトナムのローカル食堂だけではなく、レストランに行った時に注意していただきたいこととして、テーブルの上に予めおいてあるパンや、饅頭や、注文していないのに店員が持ってきた料理は料金がかかるとことです。
日本ではなかなかないことなので、実際に遭遇すると「どうして!?」と思われると思います。そうしたケースに遭遇してしまった場合のための基礎知識として頭の片隅に入れておいていただければと思います。これは観光客向けのレストランでも、在住者がよくいくレストランでも、どこでも起こりうることです。

ローカルレストランなどに行くと、頼んでいないのに、肉団子やサラダやおまんじゅうが出てきたりします。サービス?と思って食べると、お金がかかるのです。自分のうっかり「付だし?」と思って食べて、悔しい想いをしたことがあります。自分が注文したものと同じくらいの金額になってしまうのです。なお、これは外国人だけにしているのではありません。ベトナム人にも同じなのです。
少しでもビジネスを、ということのようなのですが、注文させるようにすれば、気持ちもいいのにねえ、と毎回思います。

また、フォーやフーティウのお店で、フォーなどを頼んで出てきた野菜は、無料です。ここが難しいところかもしれませんね。
それから韓国料理にいくと、あれこれ付出しがでるのも同じです。

以前、客のほとんどが旅行客という店でよく行われていたのが、頼んでいないのに、何か和え物や、スープが出てきて、サービスか、と思ったら、店員のお小遣い稼ぎだったということがありました。ネットの掲示板などで「注意」と警告が出ていたこともあり、私は「注文していないから下げて」と言って、事なきを得ましたが、今はその店、閉店しています。まあ、そうなるでしょうね・・・。

そういうこともあって、いざお会計というときにしっかりレシートを確認する必要があります。おいしいご飯と、飲み物の最後に、ちょっと興ざめではありますが、ご注意を。だから、ローカルレストランでは、飲んだビールをテーブルの下に並べておくのです。何本飲んだか、忘れてしまいますしね。
なんだかよくわからないものは、「これって、何?」と聞いても大丈夫です。
ちょっとしたことではありますが、覚えておくと便利な知識です。

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

ベトナムのスタディツアー フエ「子どもの家」をたずねて

2015年の2月、3月に、一生の記憶に残るスタディツアーに参加してみませんか?
現在でこそ、格安航空券を売る旅行会社さんなどもボランティアツアーをしていますが、弊社はその昔昔より、スタディの要素が大変濃いツアーを行ってきました。
その人気スタディツアーのひとつがダイヤモンドビッグ社、地球の歩き方とコラボしておこなっている「ベトナム フエ『子どもの家』をたずねて」です。
このツアー内容は、不定期で内容の見直しを行っているので、数年前に参加された方が体験した内容と、現在募集している内容が異なることがあります。
それは、現地が必要としている支援のお手伝いをしているからなのです。
日本からベトナムにボランティア活動へ行く人々がしたいことをするのではなく、現地ベトナムでどんな支援やお手伝いが必要か、そして私たちがお手伝いできることを見極めて、毎年交流内容を少しずつリニューアルしています。
例えば、フエの王宮そばにある「子どもの家」の施設の手すりや壁のペンキ塗りや、なかなか行楽で外出することのない子ども達と一緒にハイキングに行ったり、情操教育のお手伝いもさせていただいております。

また、最近はベトナム南部の商業都市ホーチミンでも1泊しております。ベトナムビジネスの中心であるホーチミンは、ベトナムの縮図ともいえる場所で、フエで体験してきたこととホーチミンで見聞きしたことを比べていただくと、より学びが深くなると考えております。同じ100ドルをフエとホーチミンで比べると・・・、何ができるでしょうか。

近年では、大学生だけではなく高校生の参加も増えています。
現在は、下記の出発日で募集中。
2/6→あと数名で催行決定見込み
2/27→催行(ツアーを行うこと)決定。
3/6
3/20

ツアーの内容はこのブログでもご案内していますが、もっと詳しい内容が知りたい、という方はピースインツアーまでお電話でご連絡ください。
03-3207-3690 http://www.pitt.jp/

 

http://arukikata-campus.jp/tour/volunteer/interchange/030_2.html

このサイトからは24時間、お申込み受付中★

世界遺産の街ホイアン 歴史と生活を体験しよう

 

P1080815

ハノイ、ホーチミンには行ったことがある、という方も、実はベトナム中部はまだという方も多いのではないでしょうか。
歴史的建造物の町並みが世界遺産になった古都フエ、古くから商業で栄え、ミーソン遺跡にもほど近いダナン、また古い町並みが世界遺産になったホイアンなど見どころがたくさん。ベトナム再訪ツアーにおススメのエリアです。
なかでも、写真好きの方、遺跡好きの方、お散歩好きの方におススメなのが、古都ホイアン散策です。
満月の夜には、ランタン祭りがあることは、このブログでも弊社のHPでもご案内しておりますが、それ以外の日も楽しめるポイントがたくさん。

私のお勧めは、午前中にホイアンの旧市街をのんびりと歩いてみることです。来遠橋や福建会館など、写真ポイントは山ほど。路地裏の路地裏にまで足を運んでみると、頭上に揺れる鳥かごから美しい鳥の鳴き声が聞こえてきたり、アオザイ美女とすれ違ったり、おいかけっこをして遊ぶ子どもに会ったり、なんともタイムスリップできるような、不思議な感覚に。旧市街につらなる家々の壁が、この写真にあるような黄色ががった色なのですが、これがまたきれいなのです。そうそう、このブログのトップ画面の、たくさんランタンがつるされている写真もホイアンです。

そしてできたら、日中はホテルに戻って軽く昼寝をすることをおすすめします。日本よりも気温が高いホイアン。頑張りすぎて、へばってしまうことも多いので、この時間に昼寝をしておくと、そのあと体が楽です。プールのあるホテルの場合は泳がなくとも、軽くつかっておくと、体温が少し穏やかになりますよ。

 

hoi an riverside

夕暮れの時間には、また旧市街に戻ってくることをおすすめします。
少しずつ暮れていくにつれてランタンの灯りも強くなって、幻想的な雰囲気になるのです。

長い歴史と、そして昔から変わらず受け継がれている生活習慣、またオーガニック農法を守るチャークエ野菜村や伝統的な漁業方法を守り続ける漁村等、周囲に見どころが多いのもこの世界遺産の街ホイアンの歴史。
子ども連れでも、大人だけの旅でも楽しめるポイントがたくさんです。

弊社のベトナム担当一押しの、「世界遺産の街ホイアン 自然と生活を体験する旅3泊5日」、この機会にいかがでしょうか?
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-29
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

ベトナム航空 機内での楽しみ方【機内食】

P1030414

ベトナム航空を利用することがとても多い私ですが、なんといってもおすすめは、ベトナムの伝統衣装をきた乗務員の皆さんでしょう。

日本線には日本人乗務員が一人、搭乗していることが多いですが、ベトナム人スタッフもかたことの日本語を話す人が最近増えています。

また、最近全体的にサービスが向上しているなあと思うことも多いです。

先日登場した際に見かけた男性乗務員は、とても丁寧なベトナム語を話し、笑顔もとっても気持ちのよい方でした。

 

飲み物サービスの種類が案外多いのもベトナム航空。

仕事で搭乗することが多いので、頼むのはもっぱらソフトドリンクですが、まわりの方をみていると、

案外いろんな飲み物を作ってくれるようですよ。

ベトナムからカンボジアまでの、1時間以内の国際線は、最近機内食がなくなってしまい、

お水のサービスだけになってしまいました。お写真は、その昔のsgn-rep(ホーチミン-シェムリアップ)線での

サンドイッチサービス。かみごたえのあるパンで、ちょっとした軽食にぴったりでした。

han-rep(ハノイ-シェムリアップ)線の、ベトナムハム盛り合わせの機内食もおいしかったものです。

そうそう、食後のあったかい飲み物ですが、コーヒーがおすすめ。

コーヒー豆の生産地らしい、しっかりとした味わいです。

 

それから、ベトナム航空のマイレージカードはお持ちでしょうか。スカイチームに加盟しており、日系の航空会社が加盟していないのがイタイですが、作っておくと便利だと思います。ちなみに、加盟している航空会社は2014年12月現在、次の通りです。

◆スカイチームに加盟している航空会社:大韓航空M、エールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア航空、アエロフロート航空、デルタ航空、中国南方航空、CSAチェコ航空、ケニア航空、タロム航空、エア・ヨーロッパ、中国東方航空、チャイナエアライン、アエロメヒコ航空、サウジアラビア航空、ミドル・イースト航空、アルゼンチン航空、ガルーダインドネシア航空(突然、変更になることもあります)

 

旅行期間や年齢など、いろいろな条件はありますが、お得な航空券が増えてきたのもベトナム航空の特徴。

時々、弊社HP内でもお得な航空券をご案内しております。ぜひご確認ください。

http://www.pitt.jp/tariff/vietnam/index.php
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

ほかほかごはんのお弁当

P1020540

ベトナムのお昼時。

自宅にもどって食事をとれる職場もあれば、社員食堂を利用したり、周辺にある食堂を利用するなど、職場によって異なります。

以前、ベトナムで働いていた時に一番お世話になったのが、コムビンザン(人民食堂、平民食堂と呼ばれる一般のベトナム人がいく食堂です)です。

ベジタリアン用のメニューがあったり、魚料理が豊富だったり、いろいろありましたが、私がよく注文したのが写真にある豚料理。

ホーチミンの近くのビエンホアは豚が有名ということもあり、ホーチミンでもよく豚肉料理を見かけました。

ご旅行で数日ベトナムに滞在するのであれば、一食くらい、ローカル食堂で食べてみてはどうでしょうか?

P1020541

写真のように、お弁当箱で持ち帰りにもしてもらえます。かならずほかほかごはんです。冷たいご飯はありえないのがベトナムです。これをベトナム風ほか弁、と呼ぶ方もいます。

「マンベー ドゥック ホン?」で通じるはず。おためしあれ~。
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

 

ベトナムビザ、入国の条件が変更になりました。

以前お伝えしましたか、ベトナム入国の条件や、ビザについて、アレコレと変更になりました。

ベトナム出張や、ご旅行の前に焦らないようにぜひ下記のページをご確認下さい。

www.pitt.jp/others/news-vn-visa2014.php

 

★ベトナムビザの申請条件が変更になりました。ぜひ、こちらからご確認ください【2015年1月記】

http://www.pitt.jp/blog/?p=847
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

ベトナムに必ずもっていくもの② 紙のおハナシ

P1030087

ベトナムに旅行する時だけではなく、海外旅行に行くときはほぼマスト!かと思いますが、ポケットティッシュとウェットティッシュは必ず持っていったほうがいいかと思います。
普段、なんでもミニタオルで済ませている私ですが、ベトナムに仕事でもプライベートでも行くときは、必ずこの両者は持っていきます。ただ、ウェットティッシュはスーツケースにいれっぱなしだったりしますが。

というのも、トイレの紙問題があります。
ホテルに宿泊される場合は、ドミトリー形式のホテルだとしても、トイレに紙があると思いますが、とにかくベトナムのいろいろな場所で、
「えええええ~~~!紙がない」
ということが、かつて何度もあった私です。

「紙が~~~」ということのなるのが多いのがベトナム人のご家庭にお伺いしたとき。そうしたおうちのトイレには、便座の後ろにある水のタンクの後ろからシャワーホースのようなものが出ていることがあります。
それで、洗うのです。ええ、洗うのですよ。洗うんです。

トイレの紙事情は、家庭によって異なるので、紙は必ず常備という家庭もありますし、水で洗うおうちもあります。
洗ったあとはどうするんだ?と思うのですが、なにかきっとコツがあるんだろうなあと思いつつも、謎です。

それから、ウェットティッシュ。
ベトナムにあるレストランのおしぼりは、有料であることが多いです。
すっごく高いわけでもなく、はらっても5000ドンくらいですが、料理代以外は一切払いたくない!という方には、ウェットティッシュを持っていくといいかと思います。

写真はまちなかにある公衆トイレ。使用に当たっては少しお金を払う必要があります。旅行者にはややハードルが高いので、スーパーや(ここも紙がない)ショッピングモールのトイレをおすすめします。

 
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

日本とベトナムの習慣の違い 【お箸の国の人だけど。】

P1070707

 

ベトナムも日本もお箸を使って食事をしますが、手を使うことも、スプーンを使うことも、ともにしますね。
日本では、手巻き寿司やおにぎりなどを手でたべます。ベトナムもおかずを野菜で巻いたり、ライスペーパーで巻いたりして食べます。
最近、NHKで「さらめし」という番組を見ました。
初めは、ベトナムでいうところのコムディア、cơm đĩaだったりしてね~と思っていたのですが、そうではありませんでした…。「働く人のランチ」なのですね。
そうおもうと、ベトナムのコムディア、cơm đĩaも「働く人のランチ」です。

 

DSC_0003

ローカル食堂で、おもにランチなのですが、ひらたいお皿にメインと付け合せの野菜をのっけた「さらめし」のことをコムディア、cơm đĩaというんです。写真のような食堂で指差しで注文できますよ。
もちろん、持ち帰りもOK。在住中も大変便利に利用させていただきました。
このコムディア、cơm đĩaのお米ですが、細かく砕かれたお米を使っている店も多いので、箸ではなかなかつかめず、スプーンと箸、またはスプーンとフォークの取り合わせで食べることが多いのです。そのため、平たいお皿に盛られたおこめも最後の最後まですくって食べられて、便利です。

コムディア、cơm đĩa食べてみたいと思われた方。
見つける目安は、店の近くに漂う、炭火で肉を焼くにおいと煙です。
魚や肉や、ベジタリアンやたくさんのコムディア、cơm đĩaのお店がありますが、ベジタリアン食堂以外は、どこも味をつけた豚肉を炭火で焼いたものが一番人気。
町歩きの時に、どこかからいい匂いがしたら、試してみてください、ベトナムのさらめしを。

 

ベトナム料理研究家伊藤忍先生監修のツアーでもローカル食堂へいきますよ★

「ベトナムの食と暮らし探訪 ホーチミン編」

http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-09

 

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

sửa chữa xe HONDA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

sửa chữa xe HONDA

このベトナム語は「バイクの修理をするよ」という意味です。
バイクはベトナム語でxe máyです。
でも、修理屋さんの看板にはどこにもxe máyとは書いてないことのほうが多いです。
じつはこのxe HONDAは、オートバイの意味なのです。

もちろん、スズキもカワサキもヤマハも修理してくれますので、ご安心を。

xe HONDAが一般名詞としてベトナム人に定着しているのは、やはりその品質の高さ。ホンダのバイクにのることは、かつてのベトナムドリームでした。日本人だと分かると
「俺のバイクはホンダだぜ、品質がほかとは違うんだ」
と、ホンダであれ、ヤマハであれ、満面の笑みで褒めてくれます。
そうやって褒められるたびに、日本人が積み上げてきた技術とそれを信頼して丁寧に使ってくれるベトナム人をはじめとした外国の方々に、つくづく感謝の気持ちでいっぱいになります。

最近では車が以前よりも手に入りやすくなったこともあって、その地位を自動車に奪われていますが、一般庶民にとって、まだまだバイクは一家の財産。年収を上回る金額で売られているバイクを手にいれて、大切に大切に使ってきたのです。

何でも、戦争の前にベトナムに入ってきた日本製のホンダのバイクを、いまだに丁寧に丁寧にメンテナンスをして乗っている人もいるとか。
少しレトロな形のホンダカブもまだまだ走ってますよ~。

 

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

日本とベトナム習慣の違い【スーパー】

海外旅行にいくと、必ず地元のスーパーに行く、という方も多いでしょう。
ベトナムのスーパーもベトナムならではの食品や、お土産に手頃なものも安価でたくさん売っています。また日本企業が現地に工場を持っていたりすることもあり、日本製品がずいぶん増えてきました。金額ははりますが、最近では日本のチョコレートや化粧落とし、下着なども買え、商品によってはベトナムで買ったほうが安いものもあります。

 

P1030122

ところが、このスーパー、気を付けていただきたいのが、お店に入るのに、荷物を預けなくてはいけないことです。小さなスーパーでも同じです。
携帯やカメラ、お財布だけ持って店内に入るのですが、その他の荷物はロッカーに預けます。ロッカーのある場所に、警備員やスタッフがいますので、荷物を渡し、鍵をかけてもらい、その鍵を受け取ります。
店内で買い物をしたら、またロッカーがある場所に戻り、鍵を出せば、預けた荷物を受け取ることができます。

なぜ、このようなシステムなのか、というと、防犯上の対策のようです。日本では考えられないことですが、コンビニやスーパーでは「私は○○を盗みました」と書かれた紙を持っている人の写真が入口に貼ってあるほどなのです。
面倒な手続きも、安心して買い物をするため、と考えれば仕方がないことかと思います。
また、ベトナムではスーパーだけではなく、警備員が常駐しているお店も多いです。駐車場担当と兼任している警備員も多いようです。

荷物を預けるのはちょっと…、という方は、あらかじめ荷物を少なくして、また貴重品などはホテルの金庫に預けておくとよろしいかと思います。

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/