飴細工


P1100776

テト前の花市場や、年末のカウントダウンで人がたくさん集まるところなどで、見かけることが多いのがこれ。

あまりに鮮やかなので、初めは粘土かなあと思っていたのですが、「あめ」ですよとベトナム人に教えられ、

日本のよりも発色が鮮やかだなあ、とこの露店がでているたびに見入ってしまいます。

このお写真はハノイのホアンキエム湖のほとりで見かけた飴細工を作るお兄さん。

飴があったかいうちに、あれこれ細工を施すため、お兄さんの前にあるアルミのお盆は温められていました。

発泡スチロールのなかに、火の元なんて大丈夫なのかなあとよぎる一抹の不安。しかし、ここはベトナム(笑)。

 

しかし、これ、作ってもらったあとに食べるのかどうなのか、わかりませんが・・・。

たぶん、食べないと思いますが、まさか、食べるのかな・・・。

食べられるもので作っているので、食べられますが、食べるのは個人の判断ということかな?

 

P1100775

しかし、かわいいですよね。

これは子供だけじゃなく、大人もほしくなるぞ~~。

写真の、これはたぶんあの有名な猫でしょう。

そして、真ん中より少し左あたりに黄色いピカなんとかも。

P1100774

 

今のベトナムは、来月のテトに向けて、忙しく動いているところです。

この飴細工、きっと花市場などの現場でも見かけることが多いと思います。

 

 
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト