日本とベトナム習慣の違い【スーパー】


海外旅行にいくと、必ず地元のスーパーに行く、という方も多いでしょう。
ベトナムのスーパーもベトナムならではの食品や、お土産に手頃なものも安価でたくさん売っています。また日本企業が現地に工場を持っていたりすることもあり、日本製品がずいぶん増えてきました。金額ははりますが、最近では日本のチョコレートや化粧落とし、下着なども買え、商品によってはベトナムで買ったほうが安いものもあります。

 

P1030122

ところが、このスーパー、気を付けていただきたいのが、お店に入るのに、荷物を預けなくてはいけないことです。小さなスーパーでも同じです。
携帯やカメラ、お財布だけ持って店内に入るのですが、その他の荷物はロッカーに預けます。ロッカーのある場所に、警備員やスタッフがいますので、荷物を渡し、鍵をかけてもらい、その鍵を受け取ります。
店内で買い物をしたら、またロッカーがある場所に戻り、鍵を出せば、預けた荷物を受け取ることができます。

なぜ、このようなシステムなのか、というと、防犯上の対策のようです。日本では考えられないことですが、コンビニやスーパーでは「私は○○を盗みました」と書かれた紙を持っている人の写真が入口に貼ってあるほどなのです。
面倒な手続きも、安心して買い物をするため、と考えれば仕方がないことかと思います。
また、ベトナムではスーパーだけではなく、警備員が常駐しているお店も多いです。駐車場担当と兼任している警備員も多いようです。

荷物を預けるのはちょっと…、という方は、あらかじめ荷物を少なくして、また貴重品などはホテルの金庫に預けておくとよろしいかと思います。

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト