はじめまして!東洋大学の吉野寛人です!


みなさま、こんにちは!
きょうは、これから三日間ピース・イン・ツアーの夏の「インターンシップ」に
参加してくれる大学生のご紹介です!
一日目、パソコンに向かって気合充分、意気込みを書いていただきました!
ちょっと緊張しているかな、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして!インターンシップ生として三日間ピース・イン・ツアー様にお世話になります、
東洋大学の吉野寛人と言います!よろしくお願いします!

今現在、ピース・イン・ツアー様のスタディーツアーとは別のスタディーツアーですが、
東南アジアの国のラオスと、アフリカのタンザニアのスタディーツアーを経験を通して、
そこで得た知見をもとに学生生活をアクティブに、そして様々なことにチャレンジをしています。

さて、インターンシップに参加させてもらう上で、自分の今の目標である
「大学生のモチベーションを変えたい」、そういった目標があり、
インターンシップに参加することに決めました。

今現在、自分はいち大学生として、自分たちと同世代の大学生を見ていて、
「大学生活をもっと有意義に使うべきなんじゃないか」、と感じる部分がよくあります。
例えば「授業をあと〇〇回休める!」とか言っていたり、
授業サボって出席番号だけ出して帰ってしまう人がよくいます。
それを目の当たりにして「なぜ授業料を親に払ってもらってまで大学に通っているのに、
まともに授業を聞かないのだろう?」そういった疑問がありました。
別に遊んだりすることを否定している訳ではありません。ですが、勉強をしつつ遊ぶべきだと思います。
そうでないとあっという間に四年間過ぎて、
何も残らない四年間になってしまうと思います。

だからこそそういったモチベーションが下がってしまっている大学生の「心」を変えることができるのは、
自分は「スタディーツアー」だと思っています。
スタディーツアーは、「楽しいもの」ですし、「たくさんの経験を得る」ことができます。
それだけでなく、その後の学生生活の充実度も違います。
「何かを成し遂げた」そういった達成感だってあります!!

大学生のモチベーションを少しでも変革できるように、
この三日間たくさんのことを吸収したいと思います!

三日間よろしくお願いします!

 

<タンザニアスタディーツアー参加した時の写真>

これはマサイ族とジャンプで競っている時の写真です。笑

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプ力があると、彼女ができます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ラオススタディーツアー参加した時の写真>

ラオスの小学校で子供たちと。