☆お花見をする外国人観光客☆


皆さん、こんにちは!
坂井です!

前号のメルマガの編集後記にて、
平成最後のお花見を検討中という話をしたのですが、
実際にお花見をしてきました!

 

 

人混みがあまり好きではない為、
今まではサラッと桜を見る程度でしたが、
桜のもとで、日中からお酒を飲むのも気持ちいいなと思いました!笑

 

さて、そんなお花見中、至る所で外国人が夢中に桜を撮っている光景や、
日本人と同じように、ブルーシートを広げ、片手にお酒を持ち、
楽しそうにお花見している光景を見ました。

海外では、公共の場で飲酒すると罰せられるところもあり、
外国人からすると、日本の花見は異様な光景かもしれませんね。

もちろん桜そのものに美を感じ、鑑賞する外国人も多いと思いますが、
日本独自の花見を体感したい外国人も多いのかなと思いました!

 

年々、訪日外客数は増加しており、
JNTO(日本政府観光局)が発表した最新の情報によると、
2019年2月の訪日外客数は前年同月比3.8%増の260万4千人で
2月として過去最高を記録したようです。

2020年には東京オリンピックも控えており、
今後も訪日外客数は右肩上がりで進んでいくのではないでしょうか。

日本を訪れる目的は、観光であったり、留学であったり、ビジネスであったり、
人それぞれだと思いますが、多くの外国人が訪日してくれることは、
日本人の私からしてみれば、とても嬉しいことですし、
日本の文化などに触れ、日本の良さを知ってもらえれば、なお嬉しいですね!

 

弊社はアウトバウンドがメインの為、
残念ながらインバウンドを手配する機会は、ほとんどありません。

添乗でカンボジアに行くと、現地の子どもたちに、
「日本ってどんな国か知ってる?」と質問をするのですが、
なかなか答えが返ってこない時があります。

そんな時に、「いつかこの子たちを日本に招待したいな~」なんて思ったりもします。
口では簡単に言えますが、難しいですね。。。

 

なんとも面白みのないブログになってしまいましたが、
平成最後のお花見から、普段あまり考えたことがなかった、
インバウンドについて考えることができました!

普段の生活の中で、いざ意識してみると、
意外と外国人って多いなと思いました!
どこから来たのだろう?となるのですが、
私には話しかける勇気がないので、分からずしまいです。。。

是非、皆さんも意識してみてはいかがでしょうか?
皆さんの周りにも、たくさん外国人がいるかもしれませんよ!

お読みいただき、ありがとうございました。