「鳥に出会う旅」に出かけよう!


みなさま、こんにちは!PITの小林です。

インドシナは乾季突入ということで、観光のベストシーズンに入りました!
カンボジアもミャンマーもとても観光に適した時期です。

そんな12月・・・実は、インドシナ以外にも「ベストシーズン」入りをしたものがあるのです!

そうそれは、「バードウォッチング」です。

ピースインツアー=バードウォッチング??


と思った方もいるかと思いますが、実はグループ会社「風の旅行社」では、
バードウォッチングの講座を開講していること、ご存知でしたか?^^

今回は、先月行なわれた

渡り鳥「ケリ」に会いに行く!
そんなレポートをお届けします♪

バードウォッチングは鳥を好きな人ではないと参加できない?
そんな印象をお持ちの方も多いかもしれません。

いやいや、そんなことないのです・・・!
バードウォッチング初心者の私でも十分に楽しめました。

今回訪問をしたのは、静岡県・富士市の浮島ヶ原。

今回の目的は、渡り鳥である「ケリ」に会う事。
ケリとは、渡り鳥であり、通常であれば関東には出没しない鳥として有名。
今のシーズン限定で静岡に現れるという、レアもの。

集合は、8:00町田駅。
約2時間程度かけて静岡を目指します。

この講座のポイントは、「初心者でも楽しめる!」ということ。

望遠鏡を持っていない方でもレンタルがありますし、
バードウォッチングのプロである講師も同行してくれます。

今回は、講師として峯尾さんが同行してくださいました。

初めての参加という事もあり、全く鳥を見つけられない私・・・笑

そんな中、講師が鳥を見つけくれては、その場所を望遠鏡でセットしてくれるので
初心者でも様々な鳥に出会うことができました。

今回はラッキーなことに通常は見ることの出来ない、
こんな鳥にも出会えました。

こちらは、「アリスイ」という鳥です。

アリスイは、へびのような動きをしてとてもすばしっこいので、
なかなか出会うことが出来ないそう。

なんと貴重な機会・・・!

今回は、枯葉の中からこんにちは。
小さい鳥なので、表情までお伝えできませんが、とても可愛い顔をしています。

さて、続いては今回の目玉である「ケリ」。
田んぼの中で発見をすることが出来ました。

見てください。この赤い目。
とっても綺麗な顔をしている鳥です。

この田んぼで出会えたのは、2匹のケリ。
か、かわいい・・・!

このシーズンしか見れない鳥ということで
皆さんじっくりと観察をしていました。

裸眼でみると点にしか見えない鳥が望遠鏡をのぞくと表情まで観察できるからバードウオッチングは面白いです。

こちらは、「もず」という鳥です。

とても可愛い表情をしていますね。

楽しい1日はあっという間に終わり、
18:00には町田市内に戻ってきました。


初めてのバードウオッチング。

なんとなく興味があるけど、詳しくないな。というあなた!

鳥に詳しくなくとも、
「冬を楽しみたい人」・「ピクニック気分」でも参加大歓迎です。

シーズンインしたバードウォッチング!数多くの出発設定日がございます。
初心者も大歓迎なプログラムです。

是非、一度「鳥に出会う旅」に行ってみてはいかが??

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓※画像をクリック。

 

~最後に~
鉄塔に泊まった可愛い鳥に出会いました。
この鳥の名前は、「ノスリ」。

降りるのが怖いのか、しばらく鉄塔の端にとまったまま。
「もっと近くでみてみたい!」と参加者の皆さんで近づくと、ぱっと逃げてしまいました。


鳥は種類によっても違いますが、
ロシアから南下している鳥もいるそうですよ。

日頃ビザや飛行機の手配の仕事をしているからか、
鳥には国境がなく、どこにでも自由に飛び立てるなんてうらやましい・・・!
そんなことを考えた楽しい週末でした。笑

 

(小林)