ソウル・フードはあひる?

海旅行で、現地の食べ物に挑戦するのが楽しみという人も多い筈。

日本の「ソウル・フード」と言えば「納豆」を挙げる人が多いのでは無いでしょうか。
実は「納豆」は東南アジアや中国でも広く食べられており、日本独特と言うわけではないのです。

わたしは関東の出身ですが、日本納豆の粘り気と匂いがどうしても苦手で好き嫌いは、
ほとんど克服したのにこれだけは食べられません(^_^.) 
因みにカンボジア納豆は食べられます(笑)

気になる方は「謎のアジア納豆」(高野秀行著/新潮社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の本題は、東南アジアや中国で食べられているアヒルの雛が孵化しかけたゆで卵です。

ベトナムでは「ホヴィロン」または「チュヴィロン」、カンボジアでは「ポンティアコーン」、
フィリピンでは「バロット」または「バロッ」。

以前漫画の「美味しんぼ」で紹介されて知名度があがったようですが、高級食材と言うわけではなく、
屋台や食堂でよく見かけます。滋養強壮にいいと言われているそうです。

日本人は見た目からはいってNGな人が多いようで…。

弊社のスタディツアーの一部では、ベトナムでの夕食ビュッフェのメニュー、
大学生同士の夕食交流で登場することもちらほら。

スタディツアーに限らず興味のある方は是非、ご賞味下さい。

今回の写真は控えめにいたします…(笑)。

本物の一品に触れられる伝統の森(カンボジア)

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月休み、いかがお過ごしになられましたか?
お正月ならではのご馳走もたくさん食べられたのではないでしょうか?
私はというと年のせいなのか。。。
最近は食事も「量」より「質」と思うようになりました。

食べ物に限らず、本当に質の高いものに触れると思わず何とも言えないため息が出てしまいますよね。
そう思わせてくれる一品がカンボジアで作られています。
それはIKTT(クメール伝統織物研究所)・伝統の森で織られる絣の布たちです。

続きを読む “本物の一品に触れられる伝統の森(カンボジア)”

今年の夏はカンボジア!

みなさま、こんにちは!
坂井です。

前回のブログから随分と時間が空いてしまい、
とても久しぶりです。

さてさて、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?
台風の影響で予定が崩れてしまった方もいらっしゃると思いますが、
残りの休日も有意義な時間をお過ごしください!

夏は花火大会やお祭りなどイベントも多く、
個人的には好きな季節ですが、毎日暑いですね。。。とても暑い。。。
涼しい場所に自然と足が進んでしまうことないですか?(笑)

私個人としましては、夏はツアーの添乗でカンボジアに行きます。
今年も7月27日から8月2日まで、「体育を教える活動」で
高校生と一緒にカンボジアに行ってきました。

運動会の様子をご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む “今年の夏はカンボジア!”

日本のアンコールワットに行ってきました!

みなさま、チョムリアップスーオ!
スタディツアー担当の小林です。

梅雨入りをしたとある日曜日。
実は初めてとなりますが、日本でカンボジアを感じるスポットである
アンコールワットに行ってきました。
続きを読む “日本のアンコールワットに行ってきました!”

皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。

皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。

「懐かしい名前」と思ってくださった方、ご無沙汰いたしております!
約1年半の産休&育休を終え、先日、無事に職場復帰いたしました。

皆さまのおかげで、約1年半、子育てどっぷりの生活をさせていただきましたが、
すべてが人生初めてのことであっという間の日々でした。
子育ては、仕事とはまた違った喜びと大変さがありますね。
そして、世のお母さまたちはすごいな!と改めて感じております。

娘の誕生に伴い、現地からも素敵なプレゼントをいただきました。

 

 

 

 

 

「夏に着せてね」とエスニックなワンピース。

続きを読む “皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。”

大プリアカーンに行こう!

チョムリアップ・スオ!
4月から入社しスタディツアーを担当している山池(やまぢ)です。

カンボジア・フェスティバルに続き5月25日・26日(土日)はラオス・フェスティバル。
6月7日・8日・9日(金-日)はベトナム・フェスティバルとイベントが目白押しです。
生憎、今は雨季ですが夏前のお得な時期に是非、カンボジアはじめインドシナ諸国へ。

さて、今日はピース・イン・ツアーカンボジア現地支店オークン・ツアーの
ブログ「マオマオ・カンボジア」でも3月末にご紹介した『大プリアカーン』遺跡について。

この遺跡、アンコールワットの4倍の規模を持つ巨大寺院です!
わたしが最初にこの遺跡『大プリアカーン』(アンコール遺跡群の中のプリアカーンと
区別するため「コンポンスヴァイのプリアカーン」と呼ばれています)を知ったのは、
2000年春、タイ・ラオス・ベトナム・カンボジアを1ヶ月かけて陸路で周遊するツアーの添乗の時。

参加者が「アンコール・ワット 密林に消えた文明を求めて」ブリュノ・ダジャンス著、
石澤良昭監修/創元社 を読みながら、「この遺跡に行ったことありますか?」
と見せられたのが「大プリアカーン」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェムリアップ郊外の「東洋のモナリザ」で有名なバンテアイ・スレイ、
水中遺跡クバルス・ピアンもほんとに密林のなかにあったベンメリアも
まだまだ治安の関係で観光目的で訪問するのは厳しい時代。
遺跡の面白さもまだまだ分かっていないのに、この大プリアカーンにはなぜか強くひかれてしまい、
行きたいと思い調べると道もあるのかはっきりせず、調査隊もヘリコプターででかけるようなところだから、諦めろとクマエの友だちにも言われてしまい、カンボジアに訪問する度にずーっと行きたいと憧れていた遺跡。

乾期に「4WDでなら行けますよ」と言われ、プライベートでチャーターして(笑)出かけたのが2008年。
4WDも泥にはまり、車手押してる時に靴片方ダメにしたのはよい思い出です(^_^.)

大プリアカーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月末のオークンツアーの研修写真見ると、
綺麗に修復が済んでいるので隔世の感がありつつ、ちょっと寂しい。
「マオマオ・カンボジア」の記事はこちら▼
https://skapit.exblog.jp/28162034/

カンボジアにとって観光は貴重な収入源なので、道も遺跡も整備されるのは当然ですが、
もう少し周りの環境とのバランスを考えられないかなぁ…素人考え。
日本人には人気のベンメリアも最初に行ったときは森の中の朽ちた遺跡だったのが、
周りを綺麗にしすぎて違和感を感じます。

大プリアカーン遺跡も第三の世界遺産サンボープレイクックと抱き合わせのツアーが増えてきたので、
整備が進み過ぎて、密林の中の…というイメージが変わってしまう前に是非!

カンボジアでフレンチはいかが?

みなさま、チョムリアップスーオ!
スタディツアー担当の小林です。

今日は最近の私のお気に入りレストランをご紹介。

シェムリアップ市内にある5つ星のビクトリアホテル内にある
フレンチレストラン「「Le Connaisseur(ル・コネスール)」」みなさんご存知ですか?

シェムリアップ有数のフランス料理店として有名なのですが、
先日個人旅行でカンボジアを訪れた際に訪問することができました。

口コミが非常に高いレストランなので、期待度マックスで店内にはいりました。
※おなかが空いているときは閲覧注意です。笑

今回は、コース料理をオーダーしていたため、
こんな素敵なメニューが机に置いてありました・・・☆

可愛いお花がついているもの嬉しい♪

続きを読む “カンボジアでフレンチはいかが?”

日本のパスポートが世界一位!?

みなさん
こんにちは!坂井です!

今日で10月も終わり、明日から11月です。
10月はあっという間に、日々が過ぎ去っていきました。

2018年も残り2ヶ月。
1日1日を大切にしようと思います。

 

さて、先日、ネットニュースを見ていましたら、
気になる記事を見つけまして。。。 続きを読む “日本のパスポートが世界一位!?”