日本のアンコールワットに行ってきました!

みなさま、チョムリアップスーオ!
スタディツアー担当の小林です。

梅雨入りをしたとある日曜日。
実は初めてとなりますが、日本でカンボジアを感じるスポットである
アンコールワットに行ってきました。
続きを読む “日本のアンコールワットに行ってきました!”

皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。

皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。

「懐かしい名前」と思ってくださった方、ご無沙汰いたしております!
約1年半の産休&育休を終え、先日、無事に職場復帰いたしました。

皆さまのおかげで、約1年半、子育てどっぷりの生活をさせていただきましたが、
すべてが人生初めてのことであっという間の日々でした。
子育ては、仕事とはまた違った喜びと大変さがありますね。
そして、世のお母さまたちはすごいな!と改めて感じております。

娘の誕生に伴い、現地からも素敵なプレゼントをいただきました。

 

 

 

 

 

「夏に着せてね」とエスニックなワンピース。

続きを読む “皆さま、こんにちは。ピース・イン・ツアーの八井です。”

大プリアカーンに行こう!

チョムリアップ・スオ!
4月から入社しスタディツアーを担当している山池(やまぢ)です。

カンボジア・フェスティバルに続き5月25日・26日(土日)はラオス・フェスティバル。
6月7日・8日・9日(金-日)はベトナム・フェスティバルとイベントが目白押しです。
生憎、今は雨季ですが夏前のお得な時期に是非、カンボジアはじめインドシナ諸国へ。

さて、今日はピース・イン・ツアーカンボジア現地支店オークン・ツアーの
ブログ「マオマオ・カンボジア」でも3月末にご紹介した『大プリアカーン』遺跡について。

この遺跡、アンコールワットの4倍の規模を持つ巨大寺院です!
わたしが最初にこの遺跡『大プリアカーン』(アンコール遺跡群の中のプリアカーンと
区別するため「コンポンスヴァイのプリアカーン」と呼ばれています)を知ったのは、
2000年春、タイ・ラオス・ベトナム・カンボジアを1ヶ月かけて陸路で周遊するツアーの添乗の時。

参加者が「アンコール・ワット 密林に消えた文明を求めて」ブリュノ・ダジャンス著、
石澤良昭監修/創元社 を読みながら、「この遺跡に行ったことありますか?」
と見せられたのが「大プリアカーン」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェムリアップ郊外の「東洋のモナリザ」で有名なバンテアイ・スレイ、
水中遺跡クバルス・ピアンもほんとに密林のなかにあったベンメリアも
まだまだ治安の関係で観光目的で訪問するのは厳しい時代。
遺跡の面白さもまだまだ分かっていないのに、この大プリアカーンにはなぜか強くひかれてしまい、
行きたいと思い調べると道もあるのかはっきりせず、調査隊もヘリコプターででかけるようなところだから、諦めろとクマエの友だちにも言われてしまい、カンボジアに訪問する度にずーっと行きたいと憧れていた遺跡。

乾期に「4WDでなら行けますよ」と言われ、プライベートでチャーターして(笑)出かけたのが2008年。
4WDも泥にはまり、車手押してる時に靴片方ダメにしたのはよい思い出です(^_^.)

大プリアカーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月末のオークンツアーの研修写真見ると、
綺麗に修復が済んでいるので隔世の感がありつつ、ちょっと寂しい。
「マオマオ・カンボジア」の記事はこちら▼
https://skapit.exblog.jp/28162034/

カンボジアにとって観光は貴重な収入源なので、道も遺跡も整備されるのは当然ですが、
もう少し周りの環境とのバランスを考えられないかなぁ…素人考え。
日本人には人気のベンメリアも最初に行ったときは森の中の朽ちた遺跡だったのが、
周りを綺麗にしすぎて違和感を感じます。

大プリアカーン遺跡も第三の世界遺産サンボープレイクックと抱き合わせのツアーが増えてきたので、
整備が進み過ぎて、密林の中の…というイメージが変わってしまう前に是非!

カンボジアでフレンチはいかが?

みなさま、チョムリアップスーオ!
スタディツアー担当の小林です。

今日は最近の私のお気に入りレストランをご紹介。

シェムリアップ市内にある5つ星のビクトリアホテル内にある
フレンチレストラン「「Le Connaisseur(ル・コネスール)」」みなさんご存知ですか?

シェムリアップ有数のフランス料理店として有名なのですが、
先日個人旅行でカンボジアを訪れた際に訪問することができました。

口コミが非常に高いレストランなので、期待度マックスで店内にはいりました。
※おなかが空いているときは閲覧注意です。笑

今回は、コース料理をオーダーしていたため、
こんな素敵なメニューが机に置いてありました・・・☆

可愛いお花がついているもの嬉しい♪

続きを読む “カンボジアでフレンチはいかが?”

日本のパスポートが世界一位!?

みなさん
こんにちは!坂井です!

今日で10月も終わり、明日から11月です。
10月はあっという間に、日々が過ぎ去っていきました。

2018年も残り2ヶ月。
1日1日を大切にしようと思います。

 

さて、先日、ネットニュースを見ていましたら、
気になる記事を見つけまして。。。 続きを読む “日本のパスポートが世界一位!?”

めぐみさんラストツアー

スオスダイ!!
先日カンボジアから帰ってきました、中居です。
実は「めぐみさんラストツアー」の添乗に行っておりました。

ピースインツアーアンコール代表の
「大塚めぐみ」さんが、9月末を持って日本に帰国を決意し、
そのカンボジアへの熱い想いと皆様への感謝をこめて企画された
「めぐみさんラストツアー」。

続きを読む “めぐみさんラストツアー”

★平成最後の夏★

皆さん、こんにちは!!

坂井です!!
久々のブログになります。

さてさて、気が付けば8月も終り、9月ですね。
今年も残り4か月を切りました。時が進むのは早いですね~

9月に入り、記録的猛暑と言われた夏も去ろうとしておりますが、
皆さんにとって今年の夏は、どんな夏になりましたか? 続きを読む “★平成最後の夏★”

カンボジアのオフシーズンをおすすめする理由

こんにちは。ピース・イン・ツアーWEB担当のYAZAWAです。本日は8/23。1年の3分の2が過ぎようとしていますね。時の経過が早いです~。

8月、カンボジアは「雨季」の最中です。
(熱帯モンスーン気候に属するカンボジアは、5月~10月にかけて雨季に入ります)
ひたすら雨が降り天気が悪い・・、というイメージがあるためか、この時期の旅行は敬遠されがち。
しかし、実はこの時期ならではのメリットがあるのをご存知でしょうか?

まずは、雨季に撮影したカンボジアの写真をご覧ください。


田舎の広大な景色


雨季は田植のシーズン。このような爽やかな景色にも出会えます。


草花が美しく輝く季節でもあります

ゲリラ豪雨的に、午後の一時だけバケツをひっくり返したような雨が降ることが多いですが、この時間帯を上手に過ごせれば、雨季の旅行、メリットがたくさんあるのです。

雨で緑が美しく輝き、遺跡を包む森が生き生きします!
写真撮影が主目的で、敢えて雨季に旅行される方もいらっしゃいます。乾季と雨季でカンボジアの景色を見比べてみるのも楽しみ方のひとつ。

こちらはベンメリア遺跡。乾季と雨季でそれぞれ違った趣がありますね~。


乾季のベンメリア


雨季のベンメリア

個人的に好きな遺跡で、雨季の方が趣があって好みです。
アンコールは豊富な水資源に支えられて繁栄した王朝なので、水が豊かになる雨季はアンコール本来の姿が見られる季節ともいえます。雨に濡れた彫刻がより色鮮やかになり、それがかえって美しく感じられます。

その他、オフシーズンのメリットとして挙げられるのは・・
・ベストシーズンと比べると空いていて観光しやすい
・航空券やホテルの料金が下がり予約も取りやすい傾向が
・雨が降った後は涼しくなり過ごしやすい
・フルーツの種類が乾季より豊富♪(マンゴスチン、ランブーダン、ザボンetc..)

注意点もあります
雨上がりは空気が澄む分、太陽の光が非常に強く、日焼け止め対策は必須。熱中症と脱水症状にも要注意!帽子をかぶったり、適度な塩分を摂取しながらの水分補給を心掛けてください。
また、9月~10月は1年の中で最も雨量が多くなり、市内や遺跡が冠水することもあるため、注意が必要です。


運が良ければ雨上がりの虹に出会えるかも。

あなたにとっての「カンボジア・ベストシーズン」を見つけに行きませんか!?(矢澤)