大プリアカーンに行こう!

チョムリアップ・スオ!
4月から入社しスタディツアーを担当している山池(やまぢ)です。

カンボジア・フェスティバルに続き5月25日・26日(土日)はラオス・フェスティバル。
6月7日・8日・9日(金-日)はベトナム・フェスティバルとイベントが目白押しです。
生憎、今は雨季ですが夏前のお得な時期に是非、カンボジアはじめインドシナ諸国へ。

さて、今日はピース・イン・ツアーカンボジア現地支店オークン・ツアーの
ブログ「マオマオ・カンボジア」でも3月末にご紹介した『大プリアカーン』遺跡について。

この遺跡、アンコールワットの4倍の規模を持つ巨大寺院です!
わたしが最初にこの遺跡『大プリアカーン』(アンコール遺跡群の中のプリアカーンと
区別するため「コンポンスヴァイのプリアカーン」と呼ばれています)を知ったのは、
2000年春、タイ・ラオス・ベトナム・カンボジアを1ヶ月かけて陸路で周遊するツアーの添乗の時。

参加者が「アンコール・ワット 密林に消えた文明を求めて」ブリュノ・ダジャンス著、
石澤良昭監修/創元社 を読みながら、「この遺跡に行ったことありますか?」
と見せられたのが「大プリアカーン」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェムリアップ郊外の「東洋のモナリザ」で有名なバンテアイ・スレイ、
水中遺跡クバルス・ピアンもほんとに密林のなかにあったベンメリアも
まだまだ治安の関係で観光目的で訪問するのは厳しい時代。
遺跡の面白さもまだまだ分かっていないのに、この大プリアカーンにはなぜか強くひかれてしまい、
行きたいと思い調べると道もあるのかはっきりせず、調査隊もヘリコプターででかけるようなところだから、諦めろとクマエの友だちにも言われてしまい、カンボジアに訪問する度にずーっと行きたいと憧れていた遺跡。

乾期に「4WDでなら行けますよ」と言われ、プライベートでチャーターして(笑)出かけたのが2008年。
4WDも泥にはまり、車手押してる時に靴片方ダメにしたのはよい思い出です(^_^.)

大プリアカーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月末のオークンツアーの研修写真見ると、
綺麗に修復が済んでいるので隔世の感がありつつ、ちょっと寂しい。
「マオマオ・カンボジア」の記事はこちら▼
https://skapit.exblog.jp/28162034/

カンボジアにとって観光は貴重な収入源なので、道も遺跡も整備されるのは当然ですが、
もう少し周りの環境とのバランスを考えられないかなぁ…素人考え。
日本人には人気のベンメリアも最初に行ったときは森の中の朽ちた遺跡だったのが、
周りを綺麗にしすぎて違和感を感じます。

大プリアカーン遺跡も第三の世界遺産サンボープレイクックと抱き合わせのツアーが増えてきたので、
整備が進み過ぎて、密林の中の…というイメージが変わってしまう前に是非!

ミャンマー=カレー?

ミンガラバー!スタディツアー担当の小林です。
暖かい日が続いていますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは先週の10連休を使い、ミャンマーに行ってきました!
実は今のミャンマーは酷暑期と言われ、一年を通じ、いっちばん暑い季節でした。

特に今年は暑いらしく、熱帯地域は48℃を記録したとか….(驚)

わたしが滞在したヤンゴンも連日酷暑が続き、
42~43℃の暑さの中の活動でした。

続きを読む “ミャンマー=カレー?”

♪さくら~さくら~

皆様、こんにちは。
川井です。

春ですね~
寒暖差が激しく、暖かい日が続いたと思っていたら、また、寒かったり。
日本各地では、季節はずれの雪が降ったとか。
体調は崩されていませんか?

我が家では、娘が、無事、認可保育園に入園が決まり、
1日に入園式に行ってまいりました。
9ヶ月になった娘。ハイハイが上達し、後追いが立派なもので、
なにをするにも、それこそ、最近は、トイレも一緒の状況ですが、
例によって、入園式の支度をしていた私を追って、
机のへりに顔面を打ち、鼻血。
止血活動のため、入園式に20分遅刻・・・(^~^;)
初日から、バタバタ。
前の保育園では、2ヶ月の時からに預けていたせいか、スムーズだった受け入れも、
9ヶ月になり、人見知りが始まっているのか、環境の変化なのか、
涙、涙、涙の登園。
初めて、後ろ髪をひかれる思いを体験。
親子共々、新しい生活に早く慣れたいと思います。

さて、重度の花粉症の私ですが、季節行事ということで、
日曜日に近所の林試の森公園にて、お花見して来ました!


満開の桜に大人は昼間からのビールに幸せを感じてノリノリ♪

そんななか、娘は・・・

花より団子ならぬ、花より睡魔www
満開の桜の下、眠くて、グズグズ。
もう少し大きくならないと、桜も楽しめないかな~

母になり、初めての春。

また、来年。
娘の成長を願って☆☆☆

ミャンマーミルクティーを飲んでみよう♪

みなさま、ミンガラバー!
スタディツアー担当の小林です。

いきなりですが、ベトナムの有名な飲み物と聞くと
どんなものが想像しますか?

はい、みなさんこれをイメージしたのではないでしょうか。

そう、ベトナムコーヒーです。
ベトナムはコーヒーが非常に有名です。

それでは、ミャンマーだと何を思い浮かべますか?

続きを読む “ミャンマーミルクティーを飲んでみよう♪”

食事から修行?!してきました~

皆様、こんにちわ。
川井です!

今日は、先日、主人の知人の紹介で、初めて精進料理を頂いたので、
そちらをレポートしたいと思います。

精進料理を辞書で調べると、次のようにでてきました。
精進料理とは・・・
仏教の戒律に基づき殺生や煩悩への刺激を避けることを主眼として調理された料理。

まだまだ、お恥ずかしながら、ジャンキーなお食事が大好きな私www。
精進料理というと、質素で味気ないイメージだったので、正直、主人に連れて行かれる感覚でしたが、
いい意味で、思っていたものと全く違いました!

今回伺った、お店がコチラ↓↓

六本木にある、精進料理 宗胡 - SOUGO - さん。
HP http://www.sougo.tokyo/

私達は、ランチのコースを頂いたのですが、ボリュームたっぷりで、大満足でした!!

野菜のおかき揚げと、玉ねぎのポタージュ。
玉ねぎの美味しさに感激☆

白味噌の優しいお味の椀に野菜の蒸ししゃぶしゃぶ。

菜の花が春っぽい、茶わん蒸しと蕪のフライ。
このフライ、一度下ゆでしてあって、サクッ、ジュワ―と新しい食感。

〆は、めかぶのお蕎麦。こんな時期でも、冷たいお蕎麦がちゅるんとおいしいんです。
デザートには、おしゃれなレモンのゼリーでさっぱり。

ごちそうさまでした☆

大変失礼致しました。
お腹いっぱいになるの?と疑っておりましたが、満腹です!
ヘルシーなお食事で罪悪感もないし、女性には、嬉しい限りです♪

僧侶には必須の食事、食事もまた修行のひとつとしてあるので、、、
お腹を満たしながら、心も満たされた、おいしい修行でした(^▽^)♪♪♪

(川井)

ベトナム・フエで出会った“とある物”♪

みなさま、こんにちは!
2019年一本目のブログを担当します小林です。

2019年もピースインツアースタッフ一同、
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、今年は「挑」という文字を目標に掲げましたが、
自分の今まで挑戦したことのないことにたくさん挑戦をする一年にしてみたいと思っております。
早速、今年のまず1個目の私のチャレンジをおひとつご紹介☆

わたしの初チャレンジは、こちら!

続きを読む “ベトナム・フエで出会った“とある物”♪”