ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー、教育旅行·スタディツアーの専門店です。

VOICE

お客様の声カンボジア編

【カンボジア・図工】想像以上に現地の生活、教育を知ることが出来ました

 立沢 綾香 / ご出発日:2017年08月11日

1. 今回のツアーを選んで頂いたのは、どんな期待をされたからでしょうか?
コース名の社会人限定!図工の楽しさを伝える活動という言葉に興味を持ちました。仕事の中で、日本の教育や福祉について自分の中で感じたり、考えたりすることが多く、カンボジアではどのような教育が行われているのか知りたくなりました。

2. 参加される前はどんなことを不安に感じていましたか?
初めてのコースという事で、具体的にどのような活動をするのか分からず、何をどう伝えられるのかが不安でした。

3. 実際に参加されてみて、事前の期待と比較していかがでしたか?
想像以上に現地の生活、教育を知ることが出来ました。村の方におもてなしをして頂き、牛車に乗せて頂き、貴重な体験ができました。また、スナーダイクマエの訪問や現地の学校への訪問は、ただその場所に行って一方的に活動するのではなく、今後その場で活用してもらえる活動ができたのではないかと感じました!

4. 今回のツアーで、どの部分が最も良かったですか?
スナーダイクマエでメアス博子さんのお話を聞けたことです。カンボジアの未来のために、子どもの未来のために活動されているのが印象に残りました。特に「他の人に関心を持つ」という言葉が心に残り、現在の日本の問題でもある無関心が頭に浮かんできました。常にあなたを見ているよ、というのが子どもたちも安心に繋がり、子どもたちの笑顔につながっていると思いました。また、現地の学校でのメンコづくり、遊びでは、子どもたちが夢中で作っていてうれしかったです。そして自分たちも日本の昔遊びの良さを再発見することが出来ました。

5. 皆様の熱い思いを好きなだけご記入下さい!!
とても楽しい旅になりました。発展してきているカンボジアのために継続した支援が必要だと分かりました。また、その支援がカンボジアの方の力での発展になればと思います。教育が進み、図工などの主要教科以外となり今後道徳が必要になると感じました。勉強になる旅でした。ありがとうございました。


[お客様がアレンジされたツアー] → 図工の楽しさを伝える活動~日本の昭和から学ぶ5・6日間
[お客様がアレンジされたツアー] → 【催行決定!】カンボジア図工の楽しさを伝える活動~日本の昭和を振り返る6日間~