ピース·イン·ツアーは、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー旅行の専門店です。

VIETNAM

 MENU

ベトナム  絶景ハロン湾+世界遺産候補ドンラム村を巡る旅

  • 世界遺産

  • 歴史・文化

  • 自然・絶景

  • クルーズ


絶景ハロン湾+世界遺産候補ドンラム村を巡る旅
【ANA羽田発】バーヤ号に泊まる&歴史的集落ドンラム村を訪ねる4泊5日

ツアーコード:【VNP-NH15】

ハノイ北部をゆく、ハロン湾クルーズ+世界遺産候補ドンラム村を巡る旅3泊5日弊社ツアーの特徴
*最少催行人数2名様(別途追加代金にて1名様も可)の少人数制
*専用車・専用ガイドのプライベートツアーでご案内!
*ホーチミンに現地オフィスもあり、日本語対応で安心サポート!
ベトナム航空で行く同プランもございます。

世界遺産のハロン湾1泊2日クルーズはもちろん、初日のハノイ到着後には現地の人たちが集う憩の場、街かどの"ビアホイ"と呼ばれる屋台風の居酒屋に立ち寄ってみたり、次期世界遺産候補として有力視されている"ドンラム村"を自転車に乗って観光する、ひと味違うベトナム・ハロン湾旅行のご提案です。

ハロン湾+ドンラム村を巡る旅のツアーポイント

歴史的集落、ドンラム村を訪ねる

趣のあるドンラム村の建造物

世界遺産候補のドンラム村は、昔ながらの伝統家屋と景観を残し、古代の英雄・フンフン王・ゴクエン王を輩出したことでも有名な農村です。2005年には9つの集落のうち、5つの集落(モンフー・カムティン・ドンサン・ドアイザップ・カムラム)が国家文化財に指定され、世界遺産を目指しています。ドンラム村は、周囲を塀と溜池で囲み、各集落の入口には門を設けるという閉鎖的な構成が特徴です。集落内では通り抜けの可能な比較的太い街路から、多数の袋小路が枝分かれし、住宅が密に配され、壁には煉瓦、日干し煉瓦、この土地の地下から切り出したラテライトが用いられ、集落に色彩の統一感をもたらしています。
ドンラム村のおもな見どころは、村の伝統家屋、ミア寺、モンフーディン(集会所)、お菓子作り工房などがあり、ハノイの喧騒から離れた静かな伝統村の見学は歴史的にも建築としても見どころが沢山ある新しい観光スポットです!

ドンラム村の田園風景

心落ち着く田園風景が広がります

ドンラム村の入口の門

村の入口。集落ごとに門があります

ドンラム村の集会所

集会所。歴史を感じる内装

ドンラム村のお寺

ドンラム村の中心にあるお寺

ドンラム村のお菓子工房

飴のお菓子作り工房を見学

ドンラム村で作ったお菓子

工房で作られたお菓子とお茶でひと休み

ドンラム村のハス畑

一面に広がるハス畑

ドンラム村の古民家

趣のある古民家が並びます

ドンラム村の伝統家屋で昼食

ドンラム村の伝統家屋で昼食

バーヤ号に泊まるハロン湾クルーズ

ハノイから日帰りで行ける景勝地、世界遺産ハロン湾。
けれども、ハロン湾の本当の美しさは、時間ごとにさまざまな表情を見せる雄大で幻想的な景観にあります。
古くから中国・アジアに伝わる帆掛け船・ジャンクスタイルのクルーザー船に乗って、優雅なクルーズの旅をお楽しみください。このツアーで船舶する"バーヤ号"は、木の温もりが伝わる客室に、海の幸をふんだんに取り入れた豪華な食事、スタッフの笑顔・・・。ハロン湾の洞窟や水上村の訪問に加え、カヌーやイカ釣りなどのアクティビティも楽しめます。

バーヤ号(ハロン湾クルーズ)

世界遺産ハロン湾クルーズについてもっと知りたい方はこちら

バーヤ号の詳細はこちら

ハロン湾・バーヤ号のご紹介

動画でバーヤ号クルーズを見る

動画でクルーズ気分(外部サイト)

ハロン湾クルーズ特集ページ~魅力と楽しみ方

ハロン湾クルーズ特集~魅力と楽しみ方~

◆スタッフブログ~『ハロン湾の日帰り観光ってどうよ??~弊社が1泊2日をオススメする理由』

日程表 ハロン湾クルーズ&ドンラム村を巡る旅

※青い文字をクリックすると写真が開きます

スケジュール

1日目
羽田⇒ハノイ

午前(08:55頃):全日空にてハノイへ
午後(12:15頃):ハノイ空港にてお出迎え、専用車にてホテルまでご送迎
夕方:ベトナム名物・ビアホイでハノイ生活体験(揚げ豆腐&1ドリンク付)※ドリンクは生ビールまたはソフトドリンクとなります。
⇒ビアホイでの体験写真はこちら
ビアホイとは?
ハノイを中心にベトナム各地にある大衆酒場。仕事終わりのベトナム人や庶民の憩いの場として、またバックパッカー達にも人気。 アルコール度数は3~4%と低く、ビア・サイゴンよりもさらに薄味です。もちろんソフトドリンクだけでも雰囲気をお楽しみ頂けます。
夕方:ハノイ旧市街ご散策
夜:ハノイ市内レストランにてベトナム料理のご夕食

【ハノイ泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:○】

2日目
ハノイ⇒ハロン湾
8:00 ホテルロビーにガイドがお迎えに参ります→陸路にてハロン湾へ(約3.5時間)
昼頃:船着場到着後、ジャンク船へ乗船
船上にてシーフード料理のご昼食
各種アクティビティー&観光をお楽しみ下さい (SUNG SOT洞窟見学、クッキングデモンストレーション、水上生活村見学、カヤック、スイミングなど)
夜:船上にてご夕食。釣り、映画上映などご自由にお過ごし下さい。

【ジャンク船泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

3日目
ハロン湾⇒ハノイ

早朝:朝日を横目にタイチクラス(太極拳)
遅めの朝食後、船着場へ
10:30頃:帰港、陸路ハノイへ
途中、バッチャン陶器村をご見学&お買物など
夕刻:ハノイ着後、水上人形劇観賞
夜:自由夕食

【ハノイ泊/食事 朝:○ 昼:ブランチ 夕:×】

4日目
ハノイ⇒ドンラム村⇒ハノイ⇒ホーチミン(またはハノイ)

午前:ベトナムの昔懐かしい伝統家屋や風景がそのまま残るドンラム村へ
到着後、自転車に乗り換えて村散策
※徒歩見学も可能です。伝統家屋や村の中心の集会場やお寺をご見学(村の伝統菓子を作るお菓子工房にてご休憩)
昼:伝統家屋にてご昼食
昼食後、ハノイのホテルへご送迎
午後:自由行動
夜:市内レストランにてご夕食

【ハノイ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

5日目
ハノイ⇒羽田

午前:空港へご送迎
午後:(13:55頃)全日空にてご帰国の途へ
夜:(21:05頃)羽田空港着

【食事 朝:○ 昼:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション(ハロン湾クルーズ&ドンラム村を巡る旅)

出発地 羽田発着限定。ただし、東京⇔大阪、東京⇔名古屋の日本国内線の追加は無料です。その他の国内線は別途追加料金にて承ります。
最少催行人数 2名様 ※ただし、1名様でご参加の場合追加代金84,000円にて催行可能。1人部屋追加料金を含みます。
利用予定ホテル 【ハノイ】 QUOC HOA
【ハロン湾ジャンク船】 バーヤ号 
※空室がない場合、その他のクルーズ船にてご案内させて頂きます。
ホテルの
アップグレード
追加料金でホテルのアップグレードも可能です。お問合せ下さい。
1人部屋追加費用 3泊分:36,400円
3名様ご参加 ジャンク船は3名1部屋のご利用ができません。3名様ご参加の場合は2部屋をご利用いただくことになります。1部屋追加代金(ジャンク船)¥28,800
添乗員 なし(現地ではベトナム人の日本語ガイドがご案内いたします)
ハロン湾船上ではお客様のみとなり、ガイドは同船致しません。
食事条件 朝食3回、昼食3回(ブランチ1回)、夕食4回(機内食を除く)
利用予定航空会社 全日空(ANA)
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。
別途料金一覧表
  • 各航空会社が定める燃油特別付加運賃、航空保険料
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等
  • 現地空港諸税
ビザ ベトナムの法改正により、2015年1/1以降、 前回のベトナム出国日から入国までの期間が30日未満の場合は、ビザを取得しなければならなくなりました。 ベトナムビザ案内はこちら⇒

【 旅行代金に含まれるもの 】

  • 往復航空運賃(全日空利用)
  • 日程表に明記された移動費用
  • 全行程のホテル代(2~3人1室利用)、最終日のレイトチェックアウト(18:00まで利用可)
  • 食事:朝食3回、昼食3回(ブランチ1回)、夕食4回(機内食を除く)
  • 現地ベトナム人日本語ガイド費用

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • 燃油特別付加運賃、日本出発空港の空港施設使用料・保安料、ベトナム国際線空港税、航空保険料
  • ホテルの1人部屋追加料金、お部屋をアップグレードする場合の追加料金
  • 日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金
  • お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金
  • ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用
  • 任意の海外旅行保険料
  • その他、個人的な出費
  • 日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp

旅行代金