ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー旅行の専門店です。

STUDY TOUR

 MENU

ミャンマー  ビクトリア山トレッキングと伝統織物に触れるスタディツアー

  • 遺跡

  • 歴史・文化

  • 自然・絶景

  • 少数民族

  • トレッキング

  • スタディツアー


ビクトリア山トレッキングと伝統織物に触れるスタディツアー
ミャンマー西部、山と共に生きる人々との交流を深める7日間の旅

ツアーコード:【STP-13】

ミャンマー チン州・ビクトリア山トレッキング

「日本のニュータウン開発」に、創成期から携わってきた日本住宅公団(現都市再生機構)の「ワンダーフォーゲル同好会」を母体として、山と共に生きる地域づくりを目指して設立されたNPO法人・ふろんてぃあタウン工房。標高3,053m、ミャンマー西部に位置するビクトリア山へのトレッキングと、そこに住むチン族が育んできた質の高い織物技術見学を組み合わせた、山と共に生きる地域づくりを考え学ぶスタディツアーです。

~「ふろんてぃあタウン工房」とは?~

ふろんてぃあタウン工房

日本住宅公団(現都市再生機構)の「ワンダーフォーゲル同好会」が、設立40周年記念事業として2013年3月、ミャンマーの仏教遺跡のまちバガンの西方、チン州のナマタン国立公園にあるビクトリア山(3053m)への遠征調査登山を実施。これが「ビクトリア山プロジェクト」の始まりです。
「ふろんてぃあタウン工房」は、郊外の新しいまちづくり・環境づくりで培った日本のニュータウンの開発技術を活かし、ミャンマーの辺境(フロンティア)の地での「山づくり」(山の魅力を高める環境保全活動)と「まちづくり」(山麓の村の生活を向上させる地域おこし活動)を目指す「ビクトリア山プロジェクト」に取り組んでいます。
「ふろんてぃあタウン工房」
http://www.sun-net.cc/machidukuri/
第3回遠征調査のレポート
http://www.pitt.jp/voice/diary/06.php

★こんな方におススメ★

自然が好きな方、織物などのクラフトが好きな方、世界の「ふろんてぃあ」に興味をお持ちの方、ご参加をお待ちしております!

ツアーポイント


①ビクトリア山トレッキング


ふろんてぃあタウン工房制作の登山マップを手にビクトリア山トレッキング楽しみます。このあたり一帯は、国立公園に指定されており、野生の蘭を始めとする多様な植物が自生、280種を超す鳥類が棲息していたりと、まさに自然の宝庫です。

ビクトリア山登山道

登山道

トリカブト

道中で見つけたトリカブト

ミャンマーのビクトリア山頂

山頂付近のパゴダピーク

ビクトリア山の高山植物

ビクトリア山の高山植物

◆ふろんてぃあタウン工房制作の登山マップとは?
ふろんてぃあタウン工房の登山マップ

ビクトリア山を訪れる人々と、山と共に生きる山麓の人々との交流を深めるツールとなる登山マップです。
「ストーリーマップ=語りかける地図」というタイトルのもと、マップのカタチをした本のつもりで、日本には百名山を目指した山の登り方があることを紹介しており、2014年に噴火した「御嶽山」がビクトリア山と表裏一体になっています。
ふろんてぃあタウン工房は、“山の魅力を高める環境保全活動”と“山と共にある観光産業の育成”の両立を目指して、目的を共有できる団体のネットワークづくりに力を注いでおり、御嶽山での登山道整備活動や木曽路の一里塚復元などに取り組んできた「木曾ユネスコ協会」との連携を深め、国内外で持続的な活動を行う体制の確立を目指しています。
※本ツアー参加の方には、この登山マップをプレゼントいたします。

②織物技術見学

独自の風習を持つ山の民・チン族の織物はミャンマーの中でも質が高いと評判です。チン族の民家にて機織りの様子を見学し、地域産業を守り育てている山の人々たちとの交流を深め、山の暮らしを学びます。(現地事情により機織はご見学できない場合がございます。)

チン州の機織り(ミャンマー)

機織りの様子

チン州の織物(ミャンマー)

チン族の織物

入れ墨を入れたチン族

顔に入れ墨を入れたチン族の女性

チン州(ミャンマー)

チン族の集落での暮らし

バガン遺跡観光も充実

世界三大仏教遺跡のひとつ・バガン遺跡にもご案内いたします。

バガンのパゴダ

寺院のテラスから見えるパゴダのパノラマ風景

操り人形ショー(バガン)

夜はレストランで操り人形劇ショーをお楽しみ下さい

ヤンゴン半日市内観光

ミャンマーの人々にとって最大の聖地・シュエダゴンパゴダに参拝します。

シュエダゴンパゴダ(ミャンマー)

ミャンマーの人々の聖地・シュエダゴンパゴダ

アウンサンマーケット(ヤンゴン)

ヤンゴンで一番大きな市場・アウンサンマーケット

日程表【羽田発着】ビクトリア山トレッキングと伝統織物に触れるスタディツアー

スケジュール

1日目(4月22日)

羽田⇒ヤンゴン

午前:タイ航空(経由便)にて羽田よりヤンゴンへ
夜:空港にてお出迎え後、市内レストランにてご夕食&自己紹介

【ヤンゴン泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:○】

2日目(4月23日)

ヤンゴン⇒バガン⇒チン州(カンペレッ町)

早朝:空路バガンへ
終日:着後、専用車にてチン州・カンペレッ町へ(所要約8時間)
午後:カンペレッ(標高約1300メートル)着後、ホテルへ

[カンペレッ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夜:○]

3日目(4月24日)

カンペレッ滞在

朝:専用車にてビクトリア山(ナマタン)国立公園のトレッキングスタート時点(標高約2700メートル)へ(約45分)
終日:着後、標高3053メートルの山頂までトレッキング(片道約2時間)
午後:下山し、周辺の集落を巡り、機織している民家や市場にて織物見学

[カンペレッ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夜:○]

4日目(4月25日)

カンペレッ⇒バガン

午前:専用車にて遺跡の町バガンへ(約8時間)
午後:着後ホテルへ

[カンペレッ泊/食事 朝:○ 昼:○ 夜:○]

5日目(4月26日)

バガン滞在

午前:バガン遺跡群観光(シュエズィーゴォンパゴダ、アーナンダ寺院、タビニュー寺院、ダマヤンヂー寺院、他)
午後:バガン近郊の村めぐり(村人の生活風景や民家を訪問)
夕刻:パゴダのテラスよりイラワジ河に沈むサンセット観賞
夜:市内レストランにて操り人形劇ディナーショー

[バガン泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○]

6日目(4月27日)

バガン⇒ヤンゴン⇒ご帰国の途へ

午前:空港までご送迎、空路にてヤンゴンへ
午後:ヤンゴン半日市内観光(シュエダゴンパゴダ、アウンサンマーケット、スーレーパゴダ周辺散策他)
夕刻:(出発の2時間前迄に)空港までご送迎
夜:タイ航空にてヤンゴンよりご帰国の途へ

[機内泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:×]

7日目(4月28日)

⇒羽田

早朝:羽田空港着
~お疲れさまでございました~

【食事 朝:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

出発日 2017年4月22日(土) 5泊7日間
最少催行人数 4名様
添乗員 なし。現地ではミャンマー人日本語ガイドと、ふろんてぃあタウン工房のスタッフが同行します。
食事条件 朝食5回、昼食5回、夕食5回(弊社手配分)
利用予定航空会社 タイ国際航空
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。⇒ 別途料金一覧表
  • 各航空会社が定める燃油特別付加運賃、航空保険料
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等
  • 現地空港諸税
利用予定宿泊施設 下記または同等クラスでのご案内
ヤンゴン…パノラマホテル
カンペレッ…スカイパレスホテル
バガン…フローラルブリーズホテル
一人部屋追加料金 5泊分:29,000円
ビザ ミャンマーのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)
※ ミャンマーのビザについての詳細はこちら

【 旅行代金に含まれるもの 】

  • 利用運送機関の運賃・料金(エコノミークラス席利用料金とします)
  • 送迎バス等の料金(移動等のバス又は車代)
  • 観光の料金(バス料金、ガイド料金、入場料金)
  • 宿泊の料金(2~3人1室利用、税、サービス料金含む)
  • 食事の料金(朝食×5回、昼食×5回、夕食×5回)
  • 手荷物運搬料金(航空会社の規定重量、容積、個数の範囲内)
  • 団体行動中の心付

【 旅行代金に含まれないもの 】

上記の他は旅行代金に含まれません。その一部を例示します。
  • 運送機関が課す付加運賃・料金(例:燃油特別付加運賃)
  • 日本国内の空港施設使用税、旅行日程中の空港税及び出入国税等
  • ミャンマービザ⇒ミャンマービザ取得代行も承ります
  • 超過手荷物料金(規定の重量、容量、個数を越える分について)
  • クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイドに対する心付、飲物代、その他追加飲食費等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サービス料
  • 渡航手続関係諸費用(旅券印紙代、予防接種料金、渡航手続取扱料金)
  • 希望者のみが参加されるオプショナルツアーの料金
  • お一人部屋を利用される場合の追加代金
  • 日本国内のご自宅と集合地・解散地間の交通費、宿泊費等
  • 傷害・疾病に関する医療費及び救援に関わる費用

旅行代金

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp