ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー旅行の専門店です。

MYANMAR

 MENU

ミャンマー  水と大地の物語~エーヤーワディー河流域の歴史を巡る10日間~

  • 世界遺産

  • 遺跡

  • 歴史・文化


水と大地の物語~エーヤーワディー河流域の歴史を巡る10日間~
世界遺産ピュー遺跡をはじめ、バガン、マンダレーの歴史をより深く理解する

ツアーコード:【MYP-NH11】

水と大地の物語~ エーヤーワディー河流域の歴史を巡る10日間
*最少催行人数2名様(別途追加代金にて1名様も可)の少人数制、専用車・専用ガイドのプライベートツアーでご案内。
*ヤンゴン現地デスクもあり、日本語対応で安心サポート!
ミャンマーの歴史を知るためのスペシャルプラン

ミャンマーの歴史を知るためのスペシャルプラン

世界遺産にも登録されたピューの古代都市遺跡群や、幾千もの仏塔建築で知られるバガン、最後の王朝が栄えたマンダレーなど、ミャンマーの古都の数々をご案内します。ミャンマーの母なる河・エーヤーワディー河に沿って、上流へ向かう約700キロの旅程となります。この旅を通じて、2000年以上に渡る、「水と大地の物語」に思いを馳せてみませんか?

ツアー構成協力:石川和雅氏

ツアーポイント

第一幕 ~インドと東南アジアの出会い~

2014年にミャンマー初の世界遺産に登録されたピューの都市遺跡群。ここでは、登録の決め手となった、東南アジア最初期の仏教建築物に注目します。

ミャンマーで初めて世界遺産に登録されました

ミャンマーで初めて世界遺産に登録されました

今も残るタイエー・キッタヤーのパゴダ

今も残るタイエー・キッタヤーのパゴダ

タイエーキッタヤー遺跡より出土したヒンドゥーの神々のレリーフ

タイエーキッタヤー遺跡より出土したヒンドゥーの神々のレリーフ

ピイは遺跡の西、エーヤーワディー河流域に位置する古くからの港町です。
ピィはエーヤーワディ川流域に位置する港町です

ピィはエーヤーワディ川流域に位置する港町です

ピィの河岸

ピィの河岸

第二幕 ~水を大地に巡らせる~

ピューの都市遺跡群は、地形をたくみに利用した都市計画でも高く評価されており、現在も水田が多いのが特徴です。ベイタノー遺跡では、都市と水の関係に注目です。

ベイタノー遺跡

ベイタノー遺跡

かつての王女が池に水を引き、水浴びに使ったといわれるインジー湖

かつての王女が池に水を引き、水浴びに使ったといわれるインジー湖

ベイタノー周辺は水を運ぶのに欠かせない壺作りでも有名です。

ベイタノー周辺は水を運ぶのに欠かせない壺作りでも有名です。

マグウェの街は、エーヤーワディー河中流域最大の街として、長く栄えてきました。
マグウェ・ミャタルンパゴダからの眺望

マグウェ・ミャタルンパゴダからの眺望

マグエの市場

マグエの市場

第三幕 ~水と大地の主~

11世紀に成立したバガン王朝のもとで、仏教文化が空前の発展を遂げます。どのような信仰が行なわれていたのでしょうか。王朝の前期には王が建立したパゴダが多く、後期になると功徳を積むため、多様な人々が建立しています。このパゴダを年代順にご案内いたします。また、現代まで脈々と受け継がれる農村の人々の暮らしを見学します。

仏教文化が空前の発展を遂げるバガン

仏教文化が空前の発展を遂げるバガン

バガン近郊の村では暮らし見学をします

バガン近郊の村では暮らし見学をします

前期に建立されたアベヤダナ

前期に建立されたアベヤダナ

第四幕 ~塩と綿のふるさと~

ハンリン遺跡では、他のピュー遺跡には見られない特産品、塩が産出します。ここでは、ピュー時代の交易活動に注目します。

のどかな雰囲気が残るハンリン遺跡

のどかな雰囲気が残るハンリン遺跡

博物館には銀貨が展示され、この時代の交易に使用されていたものといわれています

博物館には銀貨が展示され、この時代の交易に使用されていたものといわれています

保存状態の良い骨壺埋納坑もあります

保存状態の良い骨壺埋納坑もあります

塩田

塩田

ハンリンで採れる塩

ハンリンで採れる塩

ハンリンでは温泉も湧いています。

ハンリンでは温泉も湧いています。

その後、18世紀後半にハンリンの北にあるシュエボーで、 最後の王朝となるコンバウン王朝が興ります。

シュエボー王宮の敷地内にある初代国王アラウンパヤー王の墓塔

シュエボー王宮の敷地内にある初代国王アラウンパヤー王の墓塔

第五幕 ~河の道は世界を結ぶ~

19世紀半ばに建設されたマンダレーは、急速に発展を遂げた世界商業の結節点となり、多様な文化が混淆する都市となりました。

マンダレーの街並み

マンダレーの街並み

マンダレーでいちばん大きいゼージョーマーケット

マンダレーでいちばん大きいゼージョーマーケット

マンダレー周辺に残る歴代の都とともに、コンバウン時代の文化遺産を巡ります。

王宮

王宮

シュエナンドー僧院

シュエナンドー僧院

終幕 ~河が海に出会う街~

19世紀半ば、イギリスによって近代都市として整備された国際港湾都市ヤンゴン。今も歴史的な街並みがよく残されています。

植民地時代の面影が残るパンソーダン通り

植民地時代の面影が残るパンソーダン通り

シュエダゴンパゴダには歴代の国王が寄進した梵鐘もあります

シュエダゴンパゴダには歴代の国王が寄進した梵鐘もあります

ツアー日程表

1日目

日本⇒ヤンゴン

午前:日本より全日空直行便にて空路ヤンゴンへ
夜:着後、ホテルまでご送迎

【ヤンゴン泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:×】

2日目

ヤンゴン⇒ピイ

午前:陸路にてピイへ(約5時間)
(車内にて、ガイドよりミャンマーの歴史レクチャー)

第一幕 インドと東南アジアの出会い~

午後:タイエー・キッタヤー遺跡見学
博物館や今も残るパゴダ、ベイタノー王妃墓等を見学します
※ご希望に応じて、眼鏡をかけた仏像のあるシュェミェッマンパヤーへご案内致します
夕刻:ピイのシンボル・シュエサンドーパゴダ見学
夜:夜市散策

【ピイ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

3日目

ピイ⇒マグウェ

朝:ピイの朝市見学
午前:陸路にてベイタノー遺跡へ(約3時間)

第二幕 ~水を大地に巡らせる~

午後:ベイタノー遺跡見学(初期仏教建造物の遺構、 インジー湖等)
夕刻:マグウェ市内散策(ミャタルンパゴダ等)

【マグウェ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

4日目

マグウェ⇒バガン

午前:陸路にてバガンへ(約2.5時間)
~途中、精霊信仰の山・ポッパ山観光~
午後:ホテルにて休憩

第三幕 ~水と大地の主~

夕刻:パゴダのテラスより夕日鑑賞

【バガン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

5日目

バガン滞在

午前:バガン観光
バガン考古学博物館、早期のパゴダから後期のパゴダへご案内
王宮跡見学
午後:バガン近郊の村散策(ミンナントゥー村)
~水の確保手段やヤシの木の利用、油の製造法などを見学~

【バガン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

6日目

バガン⇒マンダレー

朝:国内線にてバガンよりマンダレーへ

第四幕 ~塩と綿のふるさと~

午前:着後、ハンリン遺跡へ(約2.5時間)
午後:ハンリン遺跡(塩田、代表的な骨壺埋納坑、博物館)&シュエボー観光(王宮、マハーナンダ池)
~帰路、帰路、エーヤーワディー河のビューポイントへ~

【マンダレー泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

7日目

マンダレー滞在

第五幕 ~河の道は世界を結ぶ~

終日:マンダレー観光
(シュエナンドー僧院、クトードォパゴダ、王宮、マハムニパゴダ、ゼージョー市場、文化博物館等)

【マンダレー泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

8日目

マンダレー⇒(国内線)⇒ヤンゴン

午前:インワ観光
午後:アマラプラ観光
夕刻:国内線にてヤンゴンへ

【ヤンゴン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

9日目

ヤンゴン滞在

終幕 ~河が海に出会う街~

終日:ヤンゴン市内観光
(シュエダゴンパゴダ、国立博物館、パンソーダン通り散策等)
夜:空路(全日空直行便)にてご帰国の途へ

【機内泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

10日目

朝:成田着

【食事 朝:機内 】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

最少催行人数 2名様※ただし、1名様でご参加の場合、別途167,000円の追加代金で承ります。(1人部屋追加代金含む)
添乗員 なし(現地日本語スルーガイドにて各地をご案内いたします)
食事条件 朝食8回、昼食8回、夕食7回(機内食を除く)
利用予定航空会社 全日空(NH)
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。⇒ 別途料金一覧表
  • 各航空会社が定める燃油特別付加運賃、航空保険料
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等
  • 現地空港諸税
利用予定宿泊施設 ヤンゴン:パノラマホテル
ピィー:ラッキードラゴンホテル
マグェー:ナンタイトゥホテル
バガン:ルビートゥルーホテル
マンダレー:ホテルヤタナポン
※または同等クラス(スタンダード)
一人部屋追加料金 8泊分:39,800円
ビザ ミャンマーのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)
ミャンマーのビザについての詳細はこちら

【 旅行代金に含まれるもの 】

  • 往復航空券(日本~ミャンマー往復)
  • 日程表に明記された移動費用
  • 全行程のホテル代(2~3人部屋利用)
  • 日程表に記載のある食事(※機内食を除く)
  • 現地ミャンマー人ガイド費用
  • 日程内観光地での入場料

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • ミャンマー国際線空港税、燃油特別付加運賃+航空保険料、 ミャンマービザ
    ミャンマービザ取得代行も承ります
  • 日程表に記載のない宿泊、空港送迎、観光、食事等のサービス
  • 飲物代、チップ、ホテルでの電話・ミニバー等の個人的費用

旅行代金

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp