ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー個人旅行の専門店です。

MYANMAR

 MENU

ミャンマー  ミャンマー・バガン暮らし体験の旅 4泊6日/ベトナム航空利用

  • 遺跡

  • 歴史・文化

  • 自然・絶景

  • 暮らし・生活体験

  • 田舎・農村

  • 食文化・料理


ミャンマー・バガン暮らし体験の旅 4泊6日/ベトナム航空利用
遺跡の町バガンにてミャンマーの素朴な生活を体感

ツアーコード:【MYP-09】

ミャンマー・バガン暮らし体験の旅 4泊6日/ベトナム航空利用

世界三大仏教遺跡のひとつ・バガン遺跡。急激な発展を遂げるミャンマーの中で、遺跡の町・バガンには、まだまだ素朴な生活風景が溢れています。このツアーでは、バガンにある一般家庭にお邪魔してバガン地方の郷土料理を学んだり、地元民に混じって朝市散策&喫茶店での朝食を楽しんだりと、バガン遺跡を観光しながら、素朴なミャンマーの生活に溶け込んだ体験ができてしまうプランです。

ツアーポイント

家庭訪問!そして、料理体験!!

そもそも、ミャンマー料理ってどんな料理??

そもそも、ミャンマー料理ってどんな料理??

ミャンマーは135の民族からなる多民族国家で、料理の種類も豊富。その中の約7割を占めるのは、ビルマ族の料理。ビルマ料理は米が主食で、他のアジア料理と比べると、 スパイスが控え目な味付けです。
今回は、バガンのご家庭にて、このビルマ料理の家庭の味を教えてもらいます。

今回の訪問先・モーモーさん家のお姉さんと待ち合わせをし、近所の市場へ。バガンも少し奥へ入れば、現地の人々の生活の場。ここは、地元の人々のためのローカルな市場なので、観光客はひとりもいませんでした。たくさんの食材を見ながら、今日の献立を相談してお買いものをします。

▲近所の市場へ

▲近所の市場へ

▲お肉も量り売りです

▲お肉も量り売りです

▲市場へ買い出し

▲市場へ買い出し

▲お肉屋さん

▲お肉屋さん

▲お買い物中

▲お買い物中

▲主婦の目利きは確かです

▲主婦の目利きは確かです

鶏肉をゆでて下ごしらえをし、そこに、ひょうたんの実を刻んで、にんにく、ウコン、塩、魚の味噌を入れてよく混ぜ、土鍋で煮込む。

鶏肉をゆでて下ごしらえをし、そこに、ひょうたんの実を刻んで、にんにく、ウコン、塩、魚の味噌を入れてよく混ぜ、土鍋で煮込む。

熱したフライパンに油を入れ、にんにく、玉ねぎ、唐辛子を入れて香りがするまで炒める。そこに、豚肉を加えて色がつく程度まで焼き、水と塩を加えて煮込む。肉に火が通ったら、豆味噌を入れてさらに煮込む。 ※この豆味噌がバガン地方の名産です。

熱したフライパンに油を入れ、にんにく、玉ねぎ、唐辛子を入れて香りがするまで炒める。そこに、豚肉を加えて色がつく程度まで焼き、水と塩を加えて煮込む。肉に火が通ったら、豆味噌を入れてさらに煮込む。 ※この豆味噌がバガン地方の名産です。

切ったキュウリに、にんにく・塩・ウコン・油・魚の味噌・お湯を入れて混ぜ、柔らかくする。水を入れて煮込み、沸騰したら、にんにくとスーボーの葉を入れて、一煮立ちさせて完成。※一煮立ちしたら、葉の色が変わらないように、鍋蓋を空けておくのがポイント。

切ったキュウリに、にんにく・塩・ウコン・油・魚の味噌・お湯を入れて混ぜ、柔らかくする。水を入れて煮込み、沸騰したら、にんにくとスーボーの葉を入れて、一煮立ちさせて完成。※一煮立ちしたら、葉の色が変わらないように、鍋蓋を空けておくのがポイント。

茎からとったタマリンドの葉っぱに、にんにく、塩、油、インゲン豆を混ぜて和える。

茎からとったタマリンドの葉っぱに、にんにく、塩、油、インゲン豆を混ぜて和える。

熱したフライパンに油を入れ、にんにく、豆腐、水、塩、もやしの順に入れて、強火で炒める。

熱したフライパンに油を入れ、にんにく、豆腐、水、塩、もやしの順に入れて、強火で炒める。

お姉さんに教わりながら、タマリンドの葉を茎から取ったり、大きなひょうたんを切ったり、もやしの根を取ったりと、次々と作業が進みます。おしゃべりをしながらだとついつい手が止まってしまいがちな私と違って、火鉢に火を起こしたり、お肉に下ごしらえしたりと、お姉さんの手は休まりません。さすが、働き者として有名なミャンマーの女性です!

▲火鉢に火を起こします

▲火鉢に火を起こします

▲タマリンドの葉を茎から取ります

▲タマリンドの葉を茎から取ります

▲葉っぱ取りのお手本

▲葉っぱ取りのお手本

▲ひょうたんを切ります

▲ひょうたんを切ります

▲ミャンマー料理には欠かせない、にんにくの皮むき

▲ミャンマー料理には欠かせない、にんにくの皮むき

▲手で混ぜて味を馴染ませます

▲手で混ぜて味を馴染ませます

ミャンマー料理では、潰したにんにくとショウガをよく使います。
このつぶすための鉢は、一家に一つはあると言われています。
お姉さんも、嫁入り道具として、結婚したときに買ったそうです。
そんな大事な鉢と棒を拝借して、ミャンマー料理にかかせない、にんにくとショウガを潰します。
▲すり鉢

▲すり鉢

▲嫁入り道具をお借りします

▲嫁入り道具をお借りします

▲にんにくをつぶします

▲にんにくをつぶします

地べたに置いた火鉢。そこに載ったフライパンで野菜を炒めたりと、
日本の台所とは違ったやり方も、また、楽しいですね。

▲お肉を炒めます

▲お肉を炒めます

▲土鍋でひょうたんスープを作ります

▲土鍋でひょうたんスープを作ります

▲電気コンロと火鉢の2口コンロを使い分けます

▲電気コンロと火鉢の2口コンロを使い分けます

▲ぐつぐつ煮えてます

▲ぐつぐつ煮えてます

▲スーボーの葉を入れたら、鍋蓋を少し開けておくのがポイント

▲スーボーの葉を入れたら、鍋蓋を少し開けておくのがポイント

手際のいいお姉さんのおかげで、あっという間に5品完成!
やはり、自分たちで作った料理の味は格別です。
油が多いと思われがちなミャンマー料理ですが、日本人の私にも食べやすいよう、油控え目で調理してくれるので、レストランの料理よりも食べやすく感じるかもしれません。
ひとつのちゃぶ台を囲んで、みんなで食するご飯は、旅先ではなかなか味わうことのできない家族団欒気分になります。
そのせいか、自然といつもより箸も進みます。
話題は料理のことだけではなく、家族のこと、趣味のこと、仕事のこと、仏教のこと、政治のことと、多岐に渡り、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

▲ちゃぶ台を囲んでお食事です

▲ちゃぶ台を囲んでお食事です

▲お家の中には結婚式の写真やお子さんの写真が飾ってありました

▲お家の中には結婚式の写真やお子さんの写真が飾ってありました

▲お家の中の祭壇

▲お家の中の祭壇

▲お昼にはお父さんも帰ってきました

▲お昼にはお父さんも帰ってきました

▲お邪魔したお家の外観

▲お邪魔したお家の外観

※食べ物のアレルギー、魚醤(ナンプラー)、パクチーの不得手がある場合には、事前にお知らせください。

●朝市見学&喫茶店での朝食体験

朝から活気ある市場見学。日本では見られない野菜や果物もあって興味深いです。
朝市見学でお腹がすいた後は、地元民が通う喫茶店にて、ミャンマー式の朝食をお楽しみ下さい。

▲バガンの朝市

▲バガンの朝市

▲バガンの朝市

▲バガンの朝市

▲バガンでも人気の喫茶店

▲バガンでも人気の喫茶店

▲バガン地方のモヒンガー

▲バガン地方のモヒンガー

▲地元民に人気の朝食をどうぞ

▲地元民に人気の朝食をどうぞ

●瞑想体験

ミャンマーは敬虔な仏教国。功徳を積むための行為としてはもちろんのことですが、最近はストレス発散方法としても、日々、瞑想をするミャンマー人は多いそうです。
ご希望の方には、バガン遺跡内にある、観光客にはほとんど知られていない瞑想体験が可能な洞窟へご案内いたします。
パワースポット・バガン遺跡の中にある洞窟内の静寂な空間で、こころもからだも、リフレッシュ!

▲洞窟の上にはパゴダがあります

▲洞窟の上にはパゴダがあります

▲洞窟の入口

▲洞窟の入口

▲静寂な空間で瞑想を

▲静寂な空間で瞑想を

▲管理人さん

▲管理人さん

▲洞窟内には個室もあります

▲洞窟内には個室もあります

●ヤンゴンでもローカル体験!

最近、ヤンゴンで地元民に人気のスポット、それがチャイナタウンにある19番ストリート。
いわゆる飲み屋街として有名で、夜はいちばん活気のある場所です。
仕事帰りの地元民に交じって、現地ガイドと一緒に食べ歩き&飲み歩きをお楽しみください。
※ご飲食代は、現地にてお支払ください。

▲19番通りの様子

▲19番通りの様子

▲チャイナタウンは連日縁日のよう

▲チャイナタウンは連日縁日のよう

▲みんなでワイワイ夕ご飯

▲みんなでワイワイ夕ご飯

▲串焼きも種類が豊富

▲串焼きも種類が豊富

●バガンとヤンゴンの観光も充実

世界三大仏教遺跡が眠る古都バガン

世界三大仏教遺跡が眠る古都バガン

ミャンマーの古都バガンは、ビルマ族によって最初の統一王朝が建てられた地で、世界三大仏教遺跡があることでも有名です。点在する仏塔や寺院は、王朝がおかれた約250年間の間に建設されたもので、現存するものだけでもその数は2000以上。これらの仏教建造物を馬車に乗ってめぐるのが人気です。

ミャンマー最大の都市ヤンゴン

ミャンマー最大の都市ヤンゴン

ヤンゴンはミャンマー最大の都市で、スーレー・パゴダを中心に設計されています。植民地時代の面影が残る街並みに高層ビルがそびえ、ボージョーアウンサン・マーケットをはじめとする市場では、賑やかに商品が売買されています。こうした都会の景色のなかで、文化的背景の異なるさまざまな人々の暮らしが見られ、黄金色の美しい仏塔が彩りを添えています。

ツアー日程表

1日目

日本⇒(経由便)⇒ヤンゴン

成田から空路(ベトナム航空)にてヤンゴンへ
夜:空港にてお出迎え、専用車にてホテルまでご送迎

【ヤンゴン泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:×】

2日目

ヤンゴン⇒バガン

早朝:空港までご送迎、空路国内線にてバガン(ニャンウー)へ
午前:バガン遺跡群観光(シュエズィーゴンパゴダ、アーナンダ寺院、タビニュー寺院他)
昼:バガン郷土料理のご昼食
午後:バガン近郊の村めぐり(素朴な生活風景を見学)
※ロンジー購入希望の方には、市場へご案内
夜:市内レストランにて操り人形劇のディナーショー

【バガン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

3日目

バガン

朝:訪問先家庭のお姉さんと市場へ買出し
午前:ご家庭にお邪魔し、料理教室
昼:作った料理を囲んで昼食&歓談
午後:ホテルへ戻り、休憩
夕刻:パゴダのテラスより夕日鑑賞
夜:レストランにてご夕食

【バガン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

4日目

バガン⇒ヤンゴン

早朝:馬車に乗ってバガン遺跡群の朝陽観賞へ
(天候により観賞できない場合、僧侶の托鉢風景にご案内いたします)
朝:観賞後、現地の方々の通う朝市見学&現地の方々に人気の喫茶店にてバガン地方のご朝食
午前:バガン遺跡観光または遺跡内の洞窟にて瞑想体験
午後:空港へご送迎、空路ヤンゴンへ
夜:着後、チャイナタウンを散策をしながらご夕食(ご注文&お支払は現地にて)

【ヤンゴン泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:△】

5日目

ヤンゴン⇒

終日:ヤンゴン市内観光
(シュエダゴンパゴダ、ボージョーアウンサンマーケット、チャウタッジーパゴダ、スーレーパゴダ周辺散策など)
昼:ミャンマー料理とモヒンガー
夕刻:(ご出発の2時間前までに)空港へご送迎
ヤンゴン発、空路(ベトナム航空)にて日本へ

【機内泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

6日目

⇒日本

早朝:日本各地空港着

【食事 朝:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

最少催行人数 2名様※ただし、1名様でご参加の場合、別途追加代金68,000円にて催行可能。1人部屋追加代金含む
添乗員 なし(現地日本語スルーガイドにて各地をご案内いたします)
食事条件 朝食4回、昼食4回、夕食3回(4日目のご夕食のお支払は現地にて。機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。⇒ 別途料金一覧表
  • 各航空会社が定める燃油特別付加運賃、航空保険料
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等
  • 現地空港諸税
利用予定宿泊施設 ヤンゴン : パノラマホテル、セントラルホテル、レノホテル
バガン : ルビートゥルー、フローラルブリーズ、タンテニャンウーホテル
※ホテルのアップグレードも可能です。お問合せください。
一人部屋追加料金 4泊分:16,000円(~2017年9/30)、17,500円(2017年10/01~)
ビザ ミャンマーのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)
※ ミャンマーのビザについての詳細はこちら


【 旅行代金に含まれるもの 】

  • 往復航空券(日本~ミャンマー往復)
  • 日程表に明記された移動費用
  • 全行程のホテル代(2~3人部屋利用)
  • 日程表に記載のある食事(※機内食を除く)
  • 現地ミャンマー人ガイド費用


【 旅行代金に含まれないもの 】

  • ミャンマー国際線空港税、燃油特別付加運賃+航空保険料、 ミャンマービザ
    ⇒ミャンマービザ取得代行も承ります
  • 日程表に記載のない宿泊、空港送迎、観光、食事等のサービス
  • 各地の外国人入域料、入場料、カメラ持ち込み料(※下表参照)
  • 飲物代、チップ、ホテルでの電話・ミニバー等の個人的費用

現地でかかる入域料・観光入場料をご確認ください。⇒ 一覧表はこちら
※現地で直接お支払いください。

旅行代金

【成田発着】毎日出発 2017年11月~2018年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
11月04日 ~ 12月22日 189,800円 285,800円
12月23日 ~ 12月27日 203,800円 285,800円
12月28日 247,800円 285,800円
12月29日 ~ 12月31日 247,800円 -
01月01日 ~ 01月31日 189,800円 285,800円
02月01日 ~ 03月31日 189,800円 285,800円

【関空発着】毎日出発 2017年11月~2018年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
11月04日 ~ 12月22日 189,800円 285,800円
12月23日 ~ 12月27日 203,800円 285,800円
12月28日 207,800円 285,800円
12月29日 ~ 12月31日 247,800円 285,800円
01月01日 ~ 01月31日 189,800円 285,800円
02月01日 ~ 03月31日 189,800円 285,800円

【福岡発着】月出発 2017年11月~2018年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
11月04日 ~ 12月22日 203,800円 289,800円
12月23日 ~ 12月27日 204,800円 289,800円
12月28日 208,800円 289,800円
12月29日 ~ 12月31日 254,800円 289,800円
01月01日 ~ 01月31日 203,800円 289,800円
02月01日 ~ 03月31日 203,800円 289,800円

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp