MYANMAR

 HOME  >   マンダレー発着 モンユワ&ザガイン 1泊2日

  • 遺跡

  • 歴史・文化


マンダレー発着 モンユワ&ザガイン 1泊2日

ミャンマーの隠れた必見スポットへ

【 マンダレー発着 現地ツアー 】

ツアーコード:【 MYC-19 】




ツアーポイント


★古くから交易で栄えた町モンユワへご案内

チンドウィン川の東岸に発達したモンユワは、古くから交易で栄えたところです。まだ外国人観光客にはあまり知られていませんが、多くの仏像や仏教寺院がたたずむ、ミャンマーらしい魅力がいっぱいのこの町へご案内いたします。
(写真左)針山のような塔が林立した本堂が特徴的なタウンボッデー寺院



★モンユワ周辺の主な見どころ

ボディ・タタウンの仏像   ボディ・タタウン 1万体の仏像
立像が見下ろす村ボディ・タタウンには、中心になる塔を囲んで約1万体の仏像が並んでいます。塔に登ると、規則正しく並ぶ仏像を眺めることができます。
ザガインから3時間ほど車を走らせると突然、130メートルもある立像レーチョン・サチャー・ムニが視界に入ります。写真左下の女性は身長150cmです。    
タウンボッデー寺院の仏像   タウンボッデー寺院 胡一族の寄付で立てられた病院
本堂の内部に58万体もの仏像を安置するタウンボッデー寺院。   タウンボッデー寺院の隣には、タイガーバームの胡一族の寄付で建てられたかつての病院があり、入り口には胡兄弟の像が立っています。
モンユワのポーウィン山   ポーウィン山の壁画
死火山となったポーウィン山は、多くの洞窟寺院があることで有名です。岩肌に開いた多くの穴のなかは仏像が納められた寺院になっています。   洞窟のなかには状態のいい美しい壁画が残されており、中にはインワ王朝時代(13世紀~14世紀)の壁画も残っています。


マンダレー発着 モンユワ&ザガイン1泊2日 スケジュール


日程 スケジュール 食事
1日目 朝:ホテルを出発しザガインへ
午前:ザガイン観光(カウンムードー、パゴダ、ザガインヒル)
午後:その後、モンユワへ
夕刻:着後、モンユワ観光(タウンボッデー寺院、シュエターリャウンパゴダを見学)
<モンユワ泊>
×
昼食
夕食
2日目 午前:洞窟で知られるポーウィン山へ
午後:マンダレーへ
夕刻:着後ホテルへ
朝食
×
×



ご利用ホテル


都市 ホテル
モンユワ モンユワホテル
モンユワホテル


ツアーインフォメーション

最少催行人数 1名様
添乗員 なし(現地日本語ガイドまたは英語ガイドがご案内します)
食事条件 朝食1回、昼食1回、夕食1回
利用予定ホテル

モンユワ・ホテル(または同等クラス)

その他 ※日本発着の国際線航空券の手配がない場合、ご参加人数、手配件数に関わらず、お1人様あたり¥2,160の手配手数料を申し受けます。
ミャンマー行きの航空券を探す⇒ 


【 旅行代金に含まれるもの 】

  • ホテル1泊、税金&サービス料込み
  • 日程表に記載された国内移動(国内航空券または専用車)
  • 日程表に記載された空港送迎、市内観光(現地ガイドつき)
  • 日程表に記載されたお食事

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • ヤンゴンまでの国際線航空券
  • 国際線航空券に付随する航空保険料、燃油特別付加運賃
  • 現地空港税
  • 各寺院・パゴダへのカメラ持ち込み料
  • ミャンマービザ代(弊社で代行も承ります)
  • 飲物代、ガイド・ドライバー等へのチップ、その他個人的諸費用


現地でかかる入域料・観光入場料をご確認ください。⇒一覧表はこちら
※現地で直接お支払いください。


旅行代金(お1人様あたり)を確認する

モンユワ ホテル   モンユワ ホテル
出発日 1名様利用 2名様利用 3名様利用 ご予約希望
2016年10月01日~2017年09月30日71,200円39,200円39,200円

※現地発着ツアーのみ(航空券手配がない場合)の手配をお申込みの場合、ツアー代金とは別に、弊社の取扱手数料として、お1人様あたり\2,160を申し受けます。

※21:00~08:00にヤンゴン発着のフライトをご利用の場合、片道につき下記追加料金がかかります。
2016年6月~2017年3月出発分【1名様参加時:2,400円】】【2~3名様参加時:1,600円(1名様あたり)】詳しくはお問合せ下さい。

このツアーについて問い合わせる