ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー個人旅行の専門店です。

CAMBODIA

 MENU

カンボジアカンボジア現地発着 (ホテル付) ツアー一覧  プノンペン立ち寄りプラン2泊3日

  • 世界遺産

  • 遺跡

  • 歴史・文化

  • 戦争の歴史


プノンペン立ち寄りプラン2泊3日
カンボジア現地ツアー

【プノンペン発着 現地ツアー】

ツアーコード:【CBC-09PNH2N3D】

◆プノンペン発着&プノンペンに2泊するプランです。

アジア各地からシェムリアップへの直行便が劇的に増えたことで、プノンペンを経由しないアンコール遺跡観光が主流となりましたが、カンボジアの首都プノンペンには様々な見どころがあります。

特に、カンボジアが歩んできた苦難の歴史や、クメール芸術の至宝とも言われる彫刻・仏像類、のどかな田舎町のシェムリアップとはまた違う首都の活気ある生活風景に触れるには、プノンペンは欠かせない目的地と言えるでしょう。そんなプノンペンに立ち寄るにはどうしたらいいの?という方に、便利なプノンペン立ち寄りプランを設定しました。

※プノンペン⇔シェムリアップ間の国内線も別途お手配できます。
カンボジア国内の移動はこちら⇒[国内線航空券ページへ]

ツアーポイント

国立博物館

国立博物館

クメール様式の赤茶色の屋根が特徴的なこの博物館には、カンボジア全土で出土したクメール芸術の粋とも言える国宝級の彫像などが多数収蔵されており、アンコール遺跡見学の前に訪れると、アンコール王朝の歴史など大変勉強になる。特に中庭に鎮座する「ジャヤヴァルマン7世」の像は必見。 ※入場料US$3|08:00~17:00|無休※館内は写真撮影禁止

キリング・フィールド

キリング・フィールド

プノンペン郊外約12kmのチューンアエク村にある、ポル・ポト時代(1975~1979)の虐殺現場のひとつ。のどかな道をしばらく走ると慰霊塔が見えてくる。その慰霊塔の中にはこの地で処刑された方々のおびただしい数の頭蓋骨が収められ、周辺の大地には今なお人骨の破片が転がっている。プノンペンから車で約30分。※入場料US$5|08:00~17:00|無休

王宮&銀寺

王宮&銀寺

王宮は、現在、国王の公務と居住の場となっているため、特別な場合を除いては閉鎖されているが、中央の即位殿等の外観を望むことができる。王宮のすぐ南に隣接する銀寺は、床に銀の板が敷き詰められており、宝石を散りばめた金銀の仏像や、海外の王室などから贈られた宝物が所狭しと収められている。銀寺は土足厳禁で、袖なしのシャツや短パンでの入場は不可。基本的には無休だが、王宮行事の関係で予告なしに休館になることもある。
※入場料2万5000R(US$6.25) 08:00~11:00、14:00~17:00|無休 ※王宮の即位殿と銀寺内は写真撮影禁止
※(持ち込み料/ビデオUS$5)

トゥール・スレン博物館

トゥール・スレン博物館

元は高校の校舎であったが、ポル・ポト時代には悪名高き「S21」と呼ばれる反革命分子を収容する刑務所として使われ、厳しい拷問と数々の処刑(粛清)の舞台となった。その負の歴史を後世に伝えるため、あえて当時の痛ましい傷跡をそのまま残す博物館として運営されている。※入場料US$2|07:00~17:30|無休

ワット・プノン

ワット・プノン

「プノンペン(「ペンの丘」の意)」という町の名前の由来となった、ペン夫人が建立した丘が起源とされる最も歴史のある寺院のひとつ。現在も人々の信仰を集めるこの寺院は、市内唯一の丘の上に立ち、市民の憩いの場としても賑わっている。象乗りができることでも有名。中国の援助で作られた大きな花時計もある。※入場料US$1|07:00~18:00|無休

独立記念塔

独立記念塔

1953年のフランスからの独立を記念して1958年に建てられた塔。塔から川寄りには緑豊かな公園が整備され、市民の憩いの場になっている。夕方には出店で賑わう。※入場不可|無休

【日本橋】

トンレサップ川にかかる全長約700mの橋。正式名称は「カンボジア日本友好橋」。1973年にクメール・ルージュによって爆破されたが、1994年に日本の援助で修復された。橋を渡った先の国道沿いには、大きなレストランが並び、週末には多くの市民で賑わう。※入場料無料|無休


【トンレ・バティ】

プノンペンから車で約1時間の所にある湖畔の行楽地。湖の辺には、12世紀後半ジャヤヴァルマン7世によって建立されたワット・タプローム等の遺跡(寺院)や涼み小屋がある。※入域料US$3


【キエン・スヴァイ】

メコン川沿いにある、プノンペン市民にとって最も手軽な週末の憩いの場。トンレ・バティーのように、多くの涼み小屋がある。軽食を売る出店が立ち並び、休日はいつも地元の人々で賑わう。

ツアー日程表

スケジュール
1日目
午前:各地⇒プノンペンヘ
夕刻~夜:空港にてお出迎え、ホテルまでご送迎

【プノンペン泊/食事 朝:× 昼:× 夜:×】
2日目
午前:プノンペン半日観光
(国立博物館、銀寺、セントラル・マーケット他)
午後:午後:ツォールスレン博物館、
キリングフィールド見学

【プノンペン泊/食事 朝:○ 昼:× 夜:×】
3日目
午前:空港までご送迎
⇒カンボジア国内線にてシェムリアップへ(08:20/09:10)

【食事/朝:△ 昼:× 夜:×】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

<現地ツアー代金に含まれるもの>

●プノンペンのホテル2泊
●プノンペン⇒シェムリアップ間片道航空券
●空港~ホテル間送迎往復
●日程表に記載のプノンペン市内観光
●プノンペンでの専用車&現地日本語ガイド
●ホテルでの朝食1回または2回

旅行代金(お1人様あたり)を確認する

出発日 1名様利用 2名様利用 3名様利用 ご予約希望
2016年10月01日~2017年12月28日127,200円67,500円-

※現地発着ツアーのみ(航空券手配がない場合)の手配をお申込みの場合、ツアー代金とは別に、弊社の取扱手数料として、お1人様あたり2,160円を申し受けます。

このツアーについて問い合わせる