STUDY TOUR

 HOME  >   ホテルインターンシップ 体験談 [カンボジア]

ホテルインターンシップ 体験談 [カンボジア]

カンボジアホテルインターンシップ

海外のホテル実務を経験できる「カンボジア・ホテルインターンシップ」に
ご参加頂いた田中絵里菜さんにインタビュー!(参加日:2014年8月29日 4泊6日間)

英語を実践的に使いたい!と思って参加しました
と、素敵な笑顔をなげかけてくれたのは
現在大学2年生の田中絵里奈さん。
最初は周りの友達が海外ボランティアをしているのを見て
興味を持ったそうですが、
実際に参加したのはインターンシッププログラム。
英語を使って海外で働いてみたい!
という思いで行動を起こしました。
  海外インターンシップ(カンボジア)
 
──
なぜホテルインターンシップを選んだの?
田中さん
一番英語を使える!と思いました。
定員2名という少人数制も魅力的でした。
人数が多いと、参加者同士が日本語を使って話してしまうので。
実際は、ホテルで少しでも日本語を話そうものなら、
フロントスタッフたちに「英語で話して!」と言われて、
さらに英語を使う機会が増えて嬉しかったです。
──
インターンシップの内容はどうでしたか?
トレーニングとかもしっかりしているなぁ…
というのが初めの印象。
実際にプログラムがスタートすると、
スタッフの方たちが臨機応変に対応してくださって、
「ちゃんと私たちのことを気にかけてくれているんだな」
と嬉しく思いました。
説明をしてもらってもわからない時は、
何度も訊き直しました。
スタッフの方たちはみんな優しいので、
質問しやすかったです。
もっとタイトな行程かな?と緊張していたけれど、
実際は和やかなムードで仕事ができました。

海外インターンシップ(カンボジア)

──
実際にどんな仕事をするのですか?
田中さん
1日目、まずはレクチャー。
ホテルについて諸々教わって、
その後、「見て習え」とばかりに2時間ほど見学。
2日目は、チェックイン&チェックアウト時のパソコン入力を覚えました。
ウェルカムドリンクとおしぼりをお客様にお持ちする仕事をする際には、
レストランスタッフに電話をする必要があるのですが、
数字のクメール語が聞きとれなくて苦労しました。
3日目には、教えてもらったひと通りの仕事ができるようになりました。
お客様をお部屋までご案内した時に、
なんと!チップをいただきました。
1$(110円)でもカンボジアでは大金じゃないですか。
自分の仕事が認められたと感じられて、嬉しかったです。
お客様のお出迎えもまかせてもらえて、
間違えていたらスタッフの方たちに指摘してもらう…という流れでした。
あっという間に過ぎ去った3日間。
時間が過ぎるのが早かったです。
──
ホテルのスタッフとはどのような交流を?
田中さん
印象的だったのは、
クメール語を教えてもらったこと。
ノートにクメール語で書いてもらった自分の名前は宝物ですね!
あと、文化の違いには驚きました。
給料の金額を聞いて、物価の違いにもびっくりしました。
仕事後は、ホテルから歩いて行くことのできる
パブストリートやオールドマーケットなどの
賑やかなところへも連れて行ってもらいました。
ホテルのスタッフと一緒だから安心でした。
──
インターンシップ中のお食事は?
田中さん
シフト制なので、
ホテル内でフロントスタッフの方たちと
食事をする機会はありませんでしたが、
コックさんや事務作業をしている方たちと一緒にご飯を食べました。
一番偉い?コックさんは英語が話せたので料理の中身を訊いたり、
コミュニケーションをとるのが楽しかったです。
鶏の手が入っていたり、
見た目が海藻の不思議な食材が入っていたり、
驚きの連続でしたが、
滞在中に食べた料理のなかで一番おいしいカンボジア料理でした。
ロイヤルクラウンホテルの食事
レストランで提供しているお食事(一例)



──
インターンシップ中に困ったことは?
田中さん
覚えるのが大変だったので、
ホテルの施設についてのパンフレットや
何かまとめたものがあれば役に立つと思いました。
ホテルスタッフの名前が覚えにくかったので、
カタカナで名前を書いたものがあると便利だと思います。


──
インターンシップで学んだことは?
田中さん
英語を話せたことはもちろん、
実際に行ってみると、
カンボジアの現状を知ることができて衝撃を受けました。
ホテルのスタッフはみんな大学生だったけれど、
朝の6時から夕方まで働いた後に学校に行っていて、
自分はまだまだ甘いな…と感化されました。
帰国してからも、頑張らなきゃ!
と強く思いました。
将来のことは具体的にはまだ考えていないけれど、
今はどこの企業にも英語が必要だと感じるので、
インターンシップの経験を将来につなげていきたいです。

インターン中に使用していたノート
インターン中に使用していたノート



──
今後のご参加者にメッセージをお願いします!
田中さん
「わからなかったら、わかるまで質問する!」ことは大切。

わかったふりは絶対にしない。
ホテルのスタッフはみんな優しいので、
たくさん質問をしたほうが良い経験になると思います。
一人前ではないけれど、
きちんと仕事ができるようになりますよ!
インターンシップでお世話になったフロントスタッフと記念撮影
フロントスタッフと記念撮影

インターンシップ先はロイヤルクラウンホテル(カンボジア)

ロイヤルクラウンホテル
Royal Crown Hotel

  ロイヤルクラウンホテル(カンボジア)
外資系のチェーンホテルではなく、
ローカルなスタンダードクラスのホテルです。
カンボジア・シェムリアップの町の中心に位置し、
2012 年に新館を設立。
プールやスパなどの施設も充実しており、
フランス人や日本人の観光客が多く宿泊しています。
ロイヤルクラウンホテル紹介ページへ
 

【ホテルインターンシップ6日間】
今回インタビューにお答えいただいた田中さんがご参加されたインターンシップはこちら↓
カンボジアでインターンシップツアー
  • メルマガ
  • 海外ボランティア・スタディツアー説明会
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • 高校生にもおススメ!海外ボランティア
  • 教えて!海外ボランティア
  • 古本でリサイクル募金!~特定非営利活動法人エファジャパン
  • パンフレットのご案内