BRIEFING, EVENT
説明会・イベント

カンボジア市民フォーラムのご案内です。

▼上智大学四谷キャンパス12号館2階201 2018年7月8日(日) 12:30-17:00(開場12:00)
2018年総選挙直前セミナー
カンボジアのいま -1993年UNTAC総選挙から25年、 カンボジア和平を検証する
http://www.pefocj.org/index.php?action=pages_view_main


① 選挙以外の方法をつうじた説明責任をはかる取組紹介
② カンボジア2018総選挙に向けて、NGO、政府はどう考え、どう動こうとしているのか。


【対象】学生・院生,NGOスタッフ・ボランティア,研究者,メディア, 関心ある一般市民など 
【会場】上智大学四谷キャンパス12号館2階201
    上智大学アクセス: https://www.sophia.ac.jp/jpn/ info/access/index.html (日曜日は正門から入場をお願いします)
【主催】カンボジア市民フォーラム【共催】上智大学アジア文化研究所、 アー ユス仏教国際協力ネットワーク
【助成】庭野平和財団 
【参加費】①会員無料 ②一般1,000円 ③学生500円
【お申込み方法】 事前申込み制。申込:カンボジア市民フォーラムのホームページ http://www.pefocj.org/からです。



【趣旨・概要】 

【第1部】 選挙以外の方法をつうじた説明責任をはかる取組紹介

人々の生活に直接かかわる学校や保健センター, 地方自治体事務所のサービス.これまでは, 選挙や官僚組織内によるコントロールによって改善が行われようと してきたが,かならずしもうまく機能していない.そのため, 最近では,子どもをふくめた市民がこうしたサービスの評価・ 改善要求をおこない,行政機関がこれに応えるという「 社会アカウンタビリティ」 と呼ばれるサイクルをつくろうとする動きがある. このセッションでは,カンボジアにおける取組を報告する.


【第2部】 カンボジア2018総選挙に向けて、NGO、政府はどう考え、 どう動こうとしているのか。

国連カンボジア暫定統治機構管理下での第1回総選挙( 1993年)から25年、カンボジア政治・ 人権状況は大きく悪化した。 2013年第5回総選挙で与野党伯仲の結果が出て以来、 政府はNGO法制定、政党法改定等を通して、NGO職員逮捕、 英字紙の廃刊、野党「救国党」党首逮捕から同党解党( 最高裁判断)に至り、2018年総選挙は、自由・ 公正選挙の基盤を失った。この間、NGOは、 また日本政府をふくむ各国政府、国連はどう動いたのか? どう動くのか?


【スケジュール】
12:00 開場
12:30 開会挨拶・趣旨説明等 (上智大学アジア文化研究所 丸井雅子研究員)

<第1部>
開会挨拶・趣旨説明 (フォーラム共同代表。立教大学 教員 宇井志緒利)
12:40 報告「社会アカウンタビリティ—カンボジアにおける教育・保健・ 地方分権分野の取組紹介」
    (フォーラム世話人 /C-Rights 理事 /大阪大谷大学 教員)
14:00 休憩

<第2部>
14:15 報告「カンボジアにおける最近の政治・人権状況と総選挙」 ・司会(日本映画大学 教員 熊岡路矢)
14:40 パネル・ディスカッション「2018総選挙に向けて、NGO、 政府はどう考え、どう動こうとしているのか」
パネリスト:・伊藤和子事務局長(HRN=ヒューマンライツ・ナウ)                 
      ・斉田幸雄課長(外務省南東アジア第一課)交渉中
                 ・米倉雪子さん(昭和女子大学 教員) 
                 ・佐藤安信(フォーラム世話人 /東京大学 教員 /UNTAC人権担当官)
      ・岡島克樹(フォーラム世話人。第一部肩書と同じ)
16:20〜  質疑応答の部  
16:50 閉会挨拶 枝木美香事務局長(アーユス)
16:55 事務連絡・今後の予定等 甲斐田万智子(フォーラム世話人 /C-Rights代表理事 /文京学院大学 教員)