COMPANY
PITのスタディツアーとは

PITのスタディツアーとは

旅のチカラ×学び×体験・交流=スタディ&ボランティア

「百聞は一見にしかず」の持つ旅のチカラと、学び、出会い、交流というかけがえのない体験価値を掛け合わせて、現地をより深く知り、何が必要かを理解する、そして、できることから少しずつでも現地に貢献する。
そんなスタディ&ボランティア体験を通じて、私たちは、本当の豊かさとは何か、日本や自分に足りないものは何かを自らに問い、上から目線ではない本当の気づきが得られる旅づくりを目指しています。

スタディツアー 7つのポイント!

1
ポイント① イメージ画像

現地と日本、双方の明るい未来へ!

人と人との出逢いによって学び、考え、成長する。それはすべての人に共通します。
皆さんひとりひとりが「子どもたちが元気な国の未来は明るい!」ということを実感し、交流などの体験を通して「英語」だけではないグローバル化の実現を図ることができます。

2
ポイント② イメージ画像

ピース・イン・ツアーオリジナルの
体験価値に富んだプログラム

「体験&交流」をテーマに、施設や学校を訪問。
わたしたちは、ボランティア活動や地元の子どもたちとの交流など、体験価値に富んだプログラムをご提案します。

3
ポイント③ イメージ画像

事前説明会から事後報告会まで

ご相談・御見積もりの段階から、ご旅行手配まで、専任スタッフがトータルでサポートします。
また、ご希望に合わせて事前学習会や事後報告会に参加し、おひとりおひとりと親身に向き合います。

4
ポイント④ イメージ画像

経験豊富なスタッフが担当

視察や添乗員同行で頻繁に現地へと足を運び、現地事情をよく知る経験豊富なスタッフが担当します。
旅行手配からアフターサポートまで細かくご案内します。

5
ポイント⑤ イメージ画像

現地とのネットワークを通じてしっかりサポート

カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマーの現地手配は、現地法人、現地オフィスまたはツアーデスクのネットワークを通じておこなっておりますので、現地での不測のトラブル時にも、しっかりサポートします。

6
ポイント⑥ イメージ画像

素朴な暮らしと豊かな自然「本当の豊かさとは?」

経済的には中国に次ぐアジアの生産拠点として、ベトナムを筆頭に経済は大きく拡大し、街の姿も劇的に変わりつつあるインドシナ地域。
その一方で、まだまだ素朴な暮らしが息づいています。また、大河メコンの恵みに育まれた豊かな大地があります。
「人間にとって本当の豊かさとは何か?」を深く考えるきっかけとなることでしょう。

7
ポイント⑦ イメージ画像

世界有数の遺産に学ぼう!

アジア随一の世界遺産であるアンコールワット遺跡群、街全体が世界遺産に登録されているルアンパバーンの街並みなど、インドシナ地域には世界に誇る遺産が多数存在します。
悠久に歴史に触れることで、より深く世界を学ぶことができるでしょう。