HOME  >   ミャンマー・バガン近郊での地震について

ミャンマー・バガン近郊での地震について


2016/08/31

追記あり(9/2)→

ミャンマーから最新の現地情報です。
8月24日、バガンの約30キロ南にある町チャウク(Chauk)近郊にて、
マグニチュード6.8の地震が発生しました。

現地からの最新情報によると、今回の地震で、
住宅、建物、橋などの倒壊は起きておりません。
電気、水道などの生活インフラも影響はなく、ホテルやレストランも、
通常通りの営業とのことです。
また、現時点では、余震も発生しておりません。

観光地への影響としましては、パガンのパゴダまたは寺院の一部が損壊しており、
本日現在、以下の状況となっております。

シュエサンドパゴダ⇒見学禁止
ビャッダジー寺院⇒見学禁止
グビャウジー寺院⇒入場禁止、外観のみ
スラムニ寺院⇒入場禁止、外観のみ
アーナンダ寺院⇒被害はほとんどないようですが、現時点では入場禁止

地震発生の翌日より、ユネスコの専門家による調査が始まり、危険性がないと確認され次第、オープンされるとのことです。調査したところ、今回、崩れ落ちた遺跡の多くは、近年修復した部分で、修復の手抜き工事が原因のようです。

現在、現地のボランティアの人々の手によって、修復作業が進められています。

現状、上記の通り、一部、パゴダや寺院のご案内ができない部分がございますが、
通常の観光に際しては、問題ございません。

また、最新情報が届き次第、ご案内させていただきます。

↓追記(2016/09/02)↓
-------------------------------------------------
現地からの最新情報によると、本日現在、
バガン遺跡のパゴダ、寺院の見学状況は以下の通りとなります。

【見学可能】
①シュエズィーコンパゴダ
②タビニューー寺院
③アーナンダ寺院
④ダマヤンジー寺院
⑤マヌーハ寺院
⑥ブーパヤーパゴダ
⑥ティローミンロー寺院
⑦ローカナンダパゴダ
⑧マハボーディ寺院
⑨ダマヤザカパゴダ
⑩シュエグゥジーパゴダ
※上記以外にも、通常通り観光可能な寺院、パゴダもございます。

【見学不可】
①シュエサンドーパゴダ⇒テラスへの登頂禁止
②ビャッダジー寺院⇒テラスへの登頂禁止
③スラムニ寺院⇒入場禁止(外観のみ)
④ナンプヤ寺院⇒入場禁止

※現在、テラスに登り、朝日又は夕日鑑賞ができるのは、
以下のパゴダまたは寺院となります。
①ブーレティパゴダ
②ケミンガオッジャン
③シュエナンイントゥパゴダ

見学の可否については、今後も変わる可能性が高いため、
近々にご出発のお客様には、現地にて担当ガイドが状況を見ながら
ご案内させていただきます。
-------------------------------------------------

ニュース一覧へ >>
ミャンマートップページへ >>


お知らせ

2017.09.07

臨時休業のお知らせ 9月30日(土)

NEWS

一覧へ

2017.09.07

臨時休業のお知らせ 9月30日(土)

2017.08.31

第2弾!!カンボジア同窓会&ツアー相談会のご案内〜カンボジア好き全員集合〜

2017.08.09

トリップアドバイザー2017年 人気のランドマーク1位はアンコール・ワット!
  • フォトコンテスト
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • ブログ
  • スタッフの体験レポート
  • ご利用可能なクレジットカードのご案内
  • 東京海上日動火災保険
  • AIU
  • 三井住友銀行外貨宅配
  • コードプロジェクト
  • イモトの海外wifi
  • パンフレットのご案内