CAMBODIA

 HOME  >   カンボジア  >   月刊シェムリアップ  >   カンボジア現地情報 2006年11月号

カンボジア現地情報 2006年11月号

 

 

 

スタッフ紹介(パート7)9人目

「カンボジアの女性はとても恥ずかしがり屋です」と少し歯に噛みながら、日本語で話すガイドのシーダエは、1982年生まれの戌年です。ガイド暦は2年半で、いつも笑顔を絶やさない、そして、常にお客様の要望に応ようと前向きに努力をしているガイドです。優しい声と満面な笑顔は安心感すら抱きます。

スタッフ紹介は、現地情報5月号から始めています。


◎バックナンバーを見る→

モォーイ・モォーイ・カンボジア!

バイクの3人乗り、4人乗りは当たり前で、年齢制限もなく子供がバイクに乗っています。ヘルメットもつけなければ、大半のバイクは格好が悪いからと言ってミラーを取ってしまっています。このところ事故も多くなってきているので交通規制をした方がいいと考えます。
モォーイ・モォーイの意味
=ひとつ、ひとつ
 

11月の行事

11月4日~6日:水祭り
11月09日:フランス独立記念日
11月17日:マラソン大会!(午前6時30分にスタートを切るので、当日は渋滞が予想されます。なので、この日に朝日鑑賞を入れるは止めた方がよいでしょう)
 

待ちに待った雨季明けです!

最高気温:約34度 / 最低気温:約24度
日の出時刻:5時50分頃/日の入時刻:17時50分頃

カンボジアでのご注意

カンボジア国内は、米ドルでお買い物ができます。現地紙幣に両替をして使いきれずに現地紙幣が余ってしまった場合は、米ドルや日本円に両替することはできません。なので、なるべく現地紙幣を持たず、米ドルをご用意下さい。
・市場の中の食品は、時々、古い物や虫が混入していることがございます。なので、お土産に市場の食品類をお買い求めになりたい方は、品物を十分に確認して下さい。
High Season中のご注意!
・朝晩は冷え込みますので長袖のシャツをご用意下さい。
・アプサラ(天女の舞)ディナーショーは、ご予約をしていないと良い席が取れないこともございます。なので、なるべく日本の旅行社を通されてご予約をして下さい。
・観光客が増えている時期です。又、日も短い時期なので、詰め込み式の遺跡見学はお控え下さい。
     
カンボジアからめぐみ日記

町を歩いていたら、「ティーラ~リララ~ラリラリラリ・リララァ~」というラテン系の懐かしい音楽が聞こえてきました。曲の聞こえる方を向くと、カセットデッキを肩にかけた男の後ろ姿が目に止まりました。男はまるで乳母車を押しているかのような格好で歩いていました。一体何を押しているのかと追いかけてみると、体重、身長、心拍数が同時に計れるという電動測定器を押していました。

珍しい物好きの私は直ぐにこの男に声をかけ、体重、身長、心拍数を計ってもらいました。料金は一回千リエル(日本円にしたら28円)。男の指示通りに体重計に足を乗せました。すると、頭上約30cm離れた所から、ヒマワリサイズのシャワーヘッドような物が、「ズッズッズ」と音を立てて自動的に下へと降りてきました。それが頭の先端に着くとピタッと止まったのです。これが身長計りかと関心していると、今度は測定器から赤いハートマークが点滅しだしたので驚き、男にハートマークの意味を尋ねると、心拍数を計っていると返ってきたので、体重計に乗るだけで心拍数が計れるなんて随分と画期的な機械だと関心していたら、最後は下の方から「ダッダッダー」という音と共に、自動的に一枚の紙が出てきました。

どうも検査結果のようです。その紙を手にした男は、私の顔を見るなり少し困った表情を浮かべながら、「身長と心臓はOK!体重は、もっともっと痩せる様に」と言って、再び曲に合わせて電動測定器を押しながら去って行きました。

そんな男の後姿を見て、何だかインチキ臭い気もするが、色々な商売があるものだと関心していたら、検査結果の紙を受け取るのをすっかり忘れてしまいました。完


カンボジアに来たらカンボジア料理を食べよう!

★お奨め料理のご紹介★
シェムリアップ州は、トンレサップという大湖があります。ここは魚の宝庫とも言われているほど、美味しい淡水魚がたくさん獲れます。カンボジア人の多くは、カルシウム豊富な淡水魚を食べているせいか、骨格がしっかりしています。そんなカンボジア人の健康を司っているお魚料理を今月もご紹介いたします。
食をそそる甘辛の煮魚は如何ですか?
煮魚に使う魚は、雷魚や銀鮒が美味しいです。椰子砂糖と魚醤で煮詰め、仕上に黒胡椒を少しかけると、甘辛の煮魚が出来上がりです。

煮魚料理は少し時間がかかるので、レストランに予約を入れておくとよいでしょう。若しくは、出来合いの煮魚が食べれる市場食堂もお奨めです。
煮魚をカンボジア語で言うと「コォートゥレイ」と言います。
なかなか通じない場合は、ガイドの協力を求めて注文して下さい。

 

アンコールクッキー

カンボジアで大人気のアンコールクッキーが、日本の目覚ましテレビや朝日新聞の全国版にも取り上げられました!

カンボジアの原料で、カンボジア人の手で作っている美味しいクッキーは、世界に一つしかありません。
又、カンボジア産胡椒やミネラル豊富なカンボジア産椰子砂糖も販売しております。商品管理を徹底しているということで、空港や市場には置いていません。

興味のある方は、担当ガイドにお申し伝え下されば、アンコールクッキー店までご案内いたします。

PEACE IN TOUR ANGKOR
シェムリアップ本社:
Siem Reap Office
House No.318,Road Shivatha,Mondol-1, Sangkat-2,Siem Reap.
TEL:063-964827
FAX:063-760439
営業時間:08:00~11:30、14:00~17:00
     

NEWS

一覧へ

2017.11.16

2018年1月28日 カンボジア交流会のご案内 〜カンボジア好き全員集合〜

2017.11.08

【レポート】上智大学の石澤良昭教授のラモンマグサイサイ賞記念講演

2017.10.23

ANAとベトナム航空、ベトナム〜シェムリアップ線でコードシェア開始
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • カンボジア旅のニュース
  • カンボジア遺跡 修復情報
  • カンボジア現地法人 ピースインツアー・アンコール
  • スタッフの体験レポート
  • パンフレットのご案内