CAMBODIA

 HOME  >   カンボジア  >   月刊シェムリアップ  >   カンボジア現地情報 2006年10月号

カンボジア現地情報 2006年10月号

 

 

カンボジア現地情報10月号  
そろそろ雨季明けの頃ですが、全く降らないとは断言できないので雨具のご用意はお忘れなく★

スタッフ紹介(パート6)8人目

「日本語を一つ覚えるたびに、髪の毛が10本抜けていきました」と薄くなった頭を掻きながら、自己紹介をし、お客さんから笑いをとっているのが、我が社のエンターテイナーガイドのポゥキィです。1974年生まれの寅年です。趣味は花と木の名前を覚えること、釣りをすること、草笛を吹いたり鼻ギターを弾いたりすることです。植物の知識は日本の某大学の先生からもお墨付きで、2年半前からガイドの仕事の他、日本の大学の先生と一緒に、トンレサップ周辺に生存する植物・動物研究班のスタッフとして、調査関係の仕事もしています。今年の9月に日本へ招待され、金沢大学サテライトプラザにて開かれた国際シンポジウムでは「カンボジアの人と自然」がテーマの舞台で、カンボジアの観光について語りました。我が社の中では一番古いガイドです。 
スタッフ紹介は、現地情報5月号から始めています。次号は、とてもチャーミングな女性ガイド、MS.シーダエをご紹介いたします。

◎バックナンバーを見る→

 

10月・11月の行事

10月29 日:パリ和平協定
10月31日:シハァヌーク前国王の誕生日
11月4日~6日:水祭り
11月09日:フランス独立記念日
※水祭りはどこも大渋滞が予想されます。なので、ご日程の詰めすぎには注意しましょう。
 

Weather Information

最高気温:約34度 / 最低気温:約25度
日の出時刻:6時10分頃/日の入時刻:18時10分頃 
※そろそろ雨季明けの頃ですが、
全く雨が降らないとは断言できないので、雨具のご用意はお忘れなくお願いします。虫除けスプレーも必需品です。


大影絵芝居&ディナーはいかがでしょうか

シェムリアップに、大影絵芝居が見れるレストランが
OPENしました。旅行社を通して早めのご予約であれば、良いお席をおとりすることが出来ます。
天女の舞いで有名な、アプサラショー付きのレストランもお奨めです!是非、ご予約を!!!
     
カンボジアからめぐみ日記

シェムリアップの町を散歩していた時のこと、ある一軒家の外壁に、大きく落書きされた矢印の形が目に飛び込んで来ました。そして、その矢印の下には、カンボジア文字が見えました。いったい何が書いてあるのだろうと好奇心旺盛に近づいてみると、「カット・ソッ(床屋)」とありました。
この家が床屋なのかと思い、失礼ながら中の様子を伺うと、床屋の道具はありませんでした。おかしいなぁと首を傾げ、外壁に書かれた矢印の方向を見てみると、この家から5~6m後ろ手に、小さな掘っ立て小屋が建っているのが目に付きました。
その中で、やせ細った男性が、客の髪を切っていたのです。ここが床屋でした。外壁の落書きは、まさにこの床屋の看板となっていたのです。落書きのある家主と床屋の主人は、きっと兄弟か親戚なのだろうと思い、床屋の主人に尋ねると、あの家主とは兄弟でも親戚でもない、仲のよい友人だという答えが返ってきました。

それにしてもいくら仲が良いとは言え、自分の家の外壁に、落書きかと見間違うような矢印と文字を書くのは如何なものかと思っていたら、床屋の主人は落書きの家を指して「ペール・カッソッ・アッ・ダエル・トットゥル・ロイ・ピィ・プテアッ・ヌッ・テー(あの家から床屋代はとったことはない)」と誇らしげな顔で言ってきたのでした。

小さな町で、お互いに共存し合って生活している様子が手に取るようにわかったひと時でした。完

カンボジアに来たらカンボジア料理を食べよう!

★お奨め料理のご紹介★

シェムリアップ州は、トンレサップという大湖があります。ここは魚の宝庫とも言われているほど、美味しい淡水魚がたくさん獲れます。なので、カンボジア料理はお魚をふんだんに使ったものが多いです。
特に魚の薫製は有名です。今月は、鯰の薫製が入ったサラダをご紹介いたしましょう。
熟れていない酸っぱい青マンゴ(時期によっては青マンゴは無いので、その場合は別の果実となります)と鯰の燻製を、魚醤と砂糖、塩少々にライムと味の素で味付けをすると、魚の臭みもとれて、酸っぱい青マンゴのしゃきしゃき感と、燻製から出る程よい塩気が絶妙に合い、お酒のつまみにもなります。
マンゴと鯰の燻製を合えたサラダを注文する時は、「ニョアム・スワァイ・ダッ・トゥレイチャァート」と言って下さい。なかなか通じない場合は、ガイドの協力を求めて注文して下さい。

 

 

 

モォーイ・モォーイ・カンボジア!

農業国カンボジアは、いたるところで牛の姿を見かけます。牛は農耕用として大事に扱います。道路標識に「牛に注意」の看板はよく見かけますが「人間に注意」の看板は、あまり見た事がありません。
モォーイ・モォーイの意味
=ひとつ、ひとつ

アンコールクッキー

カンボジアで大人気のアンコールクッキーが、日本の目覚ましテレビや、朝日新聞の全国版にも取り上げられました!カンボジアの原料で、カンボジア人の手で作るという美味しいクッキーは、世界に一つしかありません。是非、お土産に如何でしょうか!
PEACE IN TOUR ANGKOR
シェムリアップ本社:
Siem Reap Office
House No.318,Road Shivatha,Mondol-1, Sangkat-2,Siem Reap.
TEL:063-964827
FAX:063-760439
営業時間:08:00~11:30、14:00~17:00
     

NEWS

一覧へ

2017.11.16

2018年1月28日 カンボジア交流会のご案内 〜カンボジア好き全員集合〜

2017.11.08

【レポート】上智大学の石澤良昭教授のラモンマグサイサイ賞記念講演

2017.10.23

ANAとベトナム航空、ベトナム〜シェムリアップ線でコードシェア開始
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • カンボジア旅のニュース
  • カンボジア遺跡 修復情報
  • カンボジア現地法人 ピースインツアー・アンコール
  • スタッフの体験レポート
  • パンフレットのご案内