CAMBODIA

 HOME  >   カンボジア  >   月刊シェムリアップ  >   カンボジア現地情報 2006年7月号

カンボジア現地情報 2006年7月号

カンボジア現地情報7月号  
7月のカンボジアは特に行事はございません。一日中雨なんていう日も多いです。
なので、雨具のご用意をお忘れなく!

 

スタッフ紹介その3

ガイドのモニー(39歳)未年
弊社の社員ガイドになって2年半経ちます。若いガイドが多い中、唯一、ポルポト時代を体験したガイドです。ポルポト時代に父を亡くし、兄弟を亡くしたモニーは、プノンペンの日本語センターで勉強をし、日本語ガイドのライセンスを取った苦労人です。現在は妻と子供3人を養っている良きパパです。真面目が取柄のガイドです。


スタッフ紹介は、現地情報5月号から始めています。
8月号は、弊社のムードメーカー、ガイドの
MR.ア・シィエンをご紹介いたします。

◎バックナンバーを見る→

 

General information

最高気温:約35
最低気温:約26
雨が降ると気温が下がります。長袖のシャツをご用意されるといいでしょう。又、この時期の朝日、夕日鑑賞は、できないことが多いでしょう。 

雨季のご注意

1.雨水が入りこむような屋台でのお食事は控えて下さい。
2.蚊も多く発生します。虫には刺されないよう、虫除けスプレーを小まめにつけてください。
3.外から戻ったら必ず手を洗い、嗽をして下さい。
4.遺跡の石が滑りやすくなっています。なので、滑り止めのついたスニーカーを履いて遺跡見学に望んでください。軍手がありますと便利です。
5.天候によっては、行かれなくなる遺跡も出てきます。なので、決して無理をされないよう、ガイドと相談しながら見学をして下さい。

ゴルフ場Openのお知らせ!

緑豊かなシェムリアップに、ゴルフ場がオープンしました。美味しい空気を吸いながらのプレーは如何ですか?詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
     
カンボジアからめぐみ日記
「カンボジア人は、ハングリー精神がありますね」
という言葉を日本からみえるお客様からよく聞きます。それは、カンボジア人の語学力を指して仰っている方が大半です。ここシェムリアップでは、観光に携わっているカンボジア人が多く、覚えたての言葉を直ぐに使おうと、観光客相手に積極的に声をかけてくることがあるのです。そんな光景を目にして日本のお客様は、カンボジア人の語学に対する努力や積極性を感じているのでしょう。随分前にこんなことがありました。それは、マッサージ店で足を強く揉まれた時のことでした。思わず、「チュウ(痛い)」とカンボジア語で声をあげたら、マッサージ師は覚えたての英語で「アイム・
ソーリ!ノーベンバー」と答えたのでした。「ノーベンバーって何?11月」と聞き返すと、マッサージ師は自信満々な顔で、「アッパァニィハァ(問題ない)よ!」とカンボジア語で返してきたのでした。「NovemberとNo problem」の違いを指摘してあげると「Thank You!」と言って仕事中であるにも関わらず、マッサージの手を止め、ポケットから紙と鉛筆を取り出し、言葉の意味の違いを書きとめたのでした。マッサージ師の語学に対する努力と積極性を目の当たりにして、
ハングリー精神はもちろんのこと!まずは勇気をもって話すということが、言語を覚えるステップなのだと思いました。完

お土産に!大・大人気のアンコールクッキーを!

日本の新聞やテレビにも取り上げられました。カンボジア国内で、今一番売れているお土産です。カンボジア産カシューナッツがたっぷり入った美味しいアンコールクッキーは、いかがでしょうか?

 
★ご好評の椰子砂糖とレモングラスの葉もPITAにて販売しています!

PEACE IN TOUR ANGKOR
シェムリアップ本社:
Siem Reap Office
House No.318,Road Shivatha,Mondol-1, Sangkat-2,Siem Reap.
TEL:063-964827
FAX:063-760439
営業時間:08:00~11:30、14:00~17:00
     

NEWS

一覧へ

2017.11.16

2018年1月28日 カンボジア交流会のご案内 〜カンボジア好き全員集合〜

2017.11.08

【レポート】上智大学の石澤良昭教授のラモンマグサイサイ賞記念講演

2017.10.23

ANAとベトナム航空、ベトナム〜シェムリアップ線でコードシェア開始
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • カンボジア旅のニュース
  • カンボジア遺跡 修復情報
  • カンボジア現地法人 ピースインツアー・アンコール
  • スタッフの体験レポート
  • パンフレットのご案内