CAMBODIA

 HOME  >   カンボジア  >   月刊シェムリアップ  >   カンボジア現地情報 2006年6月号

カンボジア現地情報 2006年6月号

カンボジア現地情報2006年6月号

スタッフ紹介パート2(シェムリアップ事務所から)

ガイドのマッカラー(26歳)申年
弊社の社員ガイドになって2年半
性格は、元気!明るい!お世話好きです。
身長144cmと小柄なマッカラーは、弊社の元気印です。NHKドラマのおしん似の前向きなガイドです。
看護士の免許はないけれど、近くに住む叔母が医師ということで、医療のことも詳しいです。お客様には、いつも安心して遺跡見学をして頂くようなサービスを心がけているそうです。ガイドのマッカラー
※次号はガイドのモニーをご紹介します

大人気のアンコールクッキー!

アンコールクッキー日本の新聞やテレビにも取り上げられました。カンボジア国内で、今一番売れているお土産です。カンボジア産カシューナッツがたっぷり入った美味しいアンコールクッキーは、いかがでしょうか?

雨季に入っています!

雨具のご用意をお忘れなく!又、雨が降ると蚊も発生します。虫除けスプレーもご用意されるといいでしょう。
雨季の為、今月から10月中旬までは、朝日、夕日が観られる機会は少ないと予想されます。

General Information

日の出時刻:AM5時50分
日の入時刻:PM6時15分頃

★6月18日は王妃の誕生日です

雨季には雨季の楽しみ方があります!

1. 観光客が少ないので、落ち着いて遺跡見学ができます。
2. 雨に濡れたアンコールワットは、風情あります。
3. 雨水で遊ぶ子供達を見て、自然のありがたみや子供達の逞しさを感じます。
4. 魚がたくさん獲れる時期なので、美味しい魚料理が食べられます。
5. 蛋白源の美味しいコオロギが店頭に並びます。

カンボジア・フリーペーパーのご紹介!
① Nyo Nyum(便利な生活情報誌!カンボジアの文化・風習なども丁寧に書かれている)
② はうとう@かんぼじあ(遺跡のことも詳しい)

カンボジアからめぐみ日記
カンボジアでの生活も長くなりました。カンボジアに住んでいるからこそ味わえることはたくさんあります。
最近は少なくなりましたが、停電、断水もそうです。それに国道で横たわる牛を、慌てることもなく避けていく乗用車や、突如、なまずが家の排水口から上がってきたり、はたまた、赤の他人がいつの間にか弊社の門の前で、飯ごうと蚊帳を持参して生活ライフを楽しんでしまったりと、日本では想像もつかないことが、ここカンボジアでは起きるのです。

最近こんなことがありました。それは、かかりつけの病院での出来事でした。普段、風邪をひいても風邪薬を処方してもらう程度ですんでいたのですが、その日は熱が高かったので注射を打ってもらったのです。注射針が嫌いな私は医師に「針は痛くないか」と何度も尋ねました。すると医師は自信ありげに「大丈夫」を連発し、狙いを定めた臀部(お尻)に注射針を刺そうとした瞬間、大手を上げて臀部めがけてパンパン叩き、一瞬のうちに注射を終えてしまったのです。
その時、医師に平手打ちされた痛みの方が強烈で、注射針がいつ臀部に刺さったのかもわからなかったほどでした。
日本ではありえない神業の注射でした。 完 


運転手のチョムラン
PEACE IN TOUR ANGKOR
シェムリアップ本社:
Siem Reap Office
House No.318,Road Shivatha,Mondol-1, Sangkat-2,Siem Reap.
TEL:063-964827
FAX:063-760439
営業時間:08:00~11:30、14:00~17:00

NEWS

一覧へ

2017.11.16

2018年1月28日 カンボジア交流会のご案内 〜カンボジア好き全員集合〜

2017.11.08

【レポート】上智大学の石澤良昭教授のラモンマグサイサイ賞記念講演

2017.10.23

ANAとベトナム航空、ベトナム〜シェムリアップ線でコードシェア開始
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • カンボジア旅のニュース
  • カンボジア遺跡 修復情報
  • カンボジア現地法人 ピースインツアー・アンコール
  • スタッフの体験レポート
  • パンフレットのご案内