WE LOVE VIETNAM COFFEE! ベトナムコーヒー大好き!

ベトナムはカフェ文化、喫茶文化が盛んです。50mあるけばカフェがあると言っても過言ではないくらい、街中にいろいろなカフェがあるのです。
スターバックスやillyをはじめとした外資系のカフェや、ベトナムのカフェがあります。近年上陸したスターバックスカフェは、結構いい値段のマグカップがお土産の目玉になっているようです。私も自分用とコレクションしている友人用に購入しましたが、安いホテルなら宿泊できるくらいの金額をはらった記憶があります。

P1030349

 

有名な外資系のカフェが上陸することによって、ベトナムのコーヒー文化が変化してしまうのでは?とひそかに心配しておりましたが、こってり濃くて甘いベトナムコーヒーも引き続き強く愛されています。
ベトナムのカフェはおしゃれなところから、路上にお風呂の椅子のようなプラスチックの椅子を並べて開店しているカフェまであります。また、歌手の生歌や生演奏が聞けたり、メイドカフェだったり、ハンモックカフェだったり、店内が真っ暗だったり、いろいろです。

なかでも、ローカルカフェは、長年コーヒーやドリンクを作っていることもあるのか、それらの飲み物は黄金比率を保っており、無造作にいれているように見えるコーヒーや練乳が、ぴったりと最高の味を作っており、店構えやカフェのおばちゃんがぶっきらぼうであろうとも、「またこのとってもおいしいコーヒーを飲みに来なくては」と思うのです。

 

P1030083

特に、私がおススメなのは練乳が入った冷たいベトナムのコーヒー、Cà phê sữa đá カフェスアダー(コーヒー+ミルク+氷)です。
できたら、ローカルカフェのものをお勧めします。
こってりと甘い練乳と、ベトナムコーヒー。
サーブされてすぐは、かなり濃いのですが、時間をかけながら飲むことを想定されているので、グラスに汗をかいてきたころのものが飲み頃です。また、ホーチミンでは、一緒にお茶が冷たいお茶がでてきます。コーヒーを飲み終えてもこのお茶はエンドレスで注いでくれます。このお茶は無料なのですが、おしぼりは有料なのが、ベトナムの面白いところです。

また、このカフェスアダーの作法ですが、場所やお店で異なります。あらかじめ練乳とコーヒーがまぜられた状態ででてくることもあれば、あのアルミなどで作ったフィルターをのっけたカップと、氷がたくさん入ったグラスがでてきて、自分で混ぜるカフェもあります。

一方で、熱いブラックコーヒーは、かなり濃いです。ホーチミンのカフェで注文すると、ほぼ同量の白湯が出てくることが多いです。かなり濃いので、この白湯をいれて薄めながら好みの味にするのです。

私はあいにくまだ未体験なのですが、ヨーグルト入りのコーヒーや、卵入りのコーヒーがあるとか・・・。意外とイケる!という意見も聞くので、今度ベトナムにいく時には試してみなくては、と思っております。

そして、じつはまだ行ったことがないのですが、いつか行ってみたい場所にバンメトートがあります。コーヒー豆の一大生産地で、ここでなければ飲めないコーヒーがあるとか。しかも、象に乗って湖も渡れるアクティビティがあるらしく、ますます行きたいぞ!

http://www.pitt.jp/tour/cplan.php?tour_code=VNC-DLI_BMV04

 

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

行くなら今! ベトナム有名観光地の入場料が値上がりします。

来年の春から、ベトナムの有名観光地の入場料が少し値上がりするようです。買い物するときには、値切れるベトナムですが、さすがにこれはムリなようです。
Exif_JPEG_PICTURE
≪クチ(Cu chi)≫
南部ベトナムの有名観光地・クチのベンディン(Ben Dinh)トンネルが入場料が2015年3月1日より約5.5US$となります。
(従来)VND90,000/PAX(約US$4.5) → (新)VND110,000/PAX(約US$5.5)

クチトンネルはホーチミンから渋滞しなければ1時間半くらいのところにあるベトナム戦争時代に掘られた全長250KMにも及ぶ地下トンネルです。解放戦線の拠点がおかれて、彼らは地下で暮らしながら、アメリカ軍と戦いました。
トンネルの内部には、台所や作戦会議室、司令官室などがあり、観光用に広げられたトンネルを通って見学をすることができるのですが、広げられたと聞いても、狭いのです。写真のように、いろいろなところに隠し入口があったそうです。

激戦地ではありましたが、クチ周辺はまだ水田が広がり、運が良ければ水牛をみることができるかもしれません。

★クチトンネルって?行ってみたいなあと思ったからはこちらから。
http://www.pitt.jp/tour/local_tour.php?select_country=vn&x=29&y=30&select_city=SGN&cplan_flag=0

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
≪フエの遺跡群≫
2015年4月1日より、フエ市内にある遺跡入場料が値上がりします。
また、王宮の堀の外側にありますフラッグタワーはこれまで無料で見学が可能でしたが、今回の値上げに伴い入場料が新設されることになりました。今回の値上げ分は、遺跡の保存や修復に充てられる予定です。
いったいいくらに?は下記からどうぞ。
http://www.pitt.jp/others/news-hui-charge.php

★古都フエを存分に堪能するにはこのツアー!こちらからどうぞ。
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-02
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

フエ「子どもの家」をたずねて ★運動会★

「子どもの家」の子どもたちとの交流は、年々変化しています。
というのも、「子ども達がやってみたいこと」「今、子どもたちに必要なこと」をメインに、交流内容を決めているからです。

P1060259
現在、子ども達がとても楽しみにしていてくれるものの一つとして、「運動会」があります。写真の遊具は大切に大切に使い続けています。
もともと、みんなで走ったり、綱引きをしたり体を動かして楽しく遊ぼう!というのが目的だったのですが、ベトナム人と日本人の混合チームをいくつか作って競争をするので、チームごとに「頑張ろう」と団結力が強くなり、またすぐに仲良くなれるようです。

P1090535

P1090533

綱引きや、玉入れなど、日本でもおなじみの競技から、以外に難しいビール瓶に少しずつ水をいれていく競技など、なかなか難しく、一喜一憂。
競技が終わってみると、子ども達と参加者が見違えるように仲良くなって、おしゃべりしたり、歌を歌ったり、いろいろな交流が始まっています。

P1090578

この「子どもの家」に入所している子ども達はさまざまな理由で親や家族と離れて暮らしています。そのため、大人とたくさん遊ぶ機会にあまり恵まれていません。ましてや日本からこの活動のために来た大学生との交流は、子ども達にもいい刺激になっており、一生懸命勉強して上の学校に進んだり、自分の自立の道を見つけて歩んでいくなかでの一つのきっかけとなっているようです。

なお、優勝したチームには商品として飴玉が配られます。めったなことでは食べられないお菓子に、子ども達は大喜びです。日本ではないような味の飴もあるので、「これは何ですか?」
と話を膨らませていくこともできますね。

また、教員や保育士、ボランティアで地域の子供会のリーダーをしているという方の参加が多いのも、このツアーの特徴。日本の運動会で最近人気という競技などがありましたら、ご提案いただけると大変たすかります。

 

面白そう、参加してみたい!もう少しお話を聞いてみたい!という方はこちらからご連絡ください。お待ちしております。

http://arukikata-campus.jp/tour/volunteer/interchange/030_2.html
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

ベトナムの、道路をわたるコツ

ベトナムの代名詞となっている「バイクの大群」。
どうやって道を渡ればいいのだろう、と横断歩道で躊躇する旅行者もいるかと思いますが、実はあのバイク、あまり早くはしっておりません。バイクのほうも、歩行者がいるなあと思って運転しているので、いきなり歩行者のスピードが早くなったり、飛び出したりということをしない限りはなにもおきません。
コツとしては、
「走ってくるバイクの方向を見ながらゆっくり歩いて渡ること。決して走らない」
「横断歩道をわたる」
「小さい子供は親がだっこする」
「貴重品は持ち歩かない」
だと思います。

P1030335
また、この緑色の制服をきた人が、観光スポットのそばや大通りで旅行者の案内をしたり、道を渡る手助けをしてくれたりします。最近では英語や日本語も片言ですが、話せる人もいますので、困った時に話しかけてみるのもいいかと思います。
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

サパ~少数民族との出会い~

ベトナムにはいくつ民族があるかご存知でしょうか。
全部で54あるといわれています。
そのなかの一つがキン族で、のこりの53の民族がいわゆる少数民族となります。ただ、この53というのも様々な理由から減ったり増えたり、変化していく可能性はあると思います。
この少数民族の多くは、北部の山岳地域サパの周辺に多く居住していると言われています。
もちろん、中部やメコンデルタにも彼らの居住地域はありますし、
「私の母は○○族の出身です」
という方にホーチミンで会ったこともあります。その時代時代で変化しつつあるのだと思います。

その少数民族が多く暮らしている地域に、サパがあります。
サパへ行くには、ハノイから列車に乗り、約8~10時間揺られてまずはラオカイへ。ここは中国との国境の町で、駅前のバスターミナルはいつも大きな荷物をつんだ車やバスで賑やかです。じつはラオカイまでの高速道路が開通したそうですが、ハノイからの寝台列車、特にビクトリアエクスプレス(VICTORIA EXPRESS)は風情があっておすすめです。

 

★ビクトリアエクスプレスで行く!ベトナム・少数民族の里サパ
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-05V

VICTORIA SAPA2

ビクトリアエクスプレスにのって、泊まるはビクトリアホテル!

 

ラオカイから山道を1時間くらい走るとサパなのですが、その道中も色々な民族衣装や髪形などをした人を見かけます。だんだんその数が多くなってくると、いよいよサパです。

Sapa city 02

サパ市内のツーリストエリアはぐるりと歩いて回れるほどの広さなのですが、そのいろいろなところに、民族ごとに固まってなにか商売をしたり、話し合ったり、観光客のガイドをしたりしています。
民族ごとに違う衣装や被り物は、本当に美しいです。世界中さがしても、限られたエリアにこれだくの少数民族が住んでいるのは、珍しいとおもいます。しかも、結婚したら眉をそる、とか、お歯黒をするなど、民族ごとの慣習もあるそうです。

Sapa city 01

Lao Chai village 03

サパに1泊してハノイに戻るという強行軍のツアーもなかにはあるようですが、せっかくですし、数泊してトレッキングやホームステイも楽しみたいもの。棚田だけではなく、藍染のための藍の畑もたくさん、また水牛もたくさん草をはんでいました。

弊社の担当者が実際に歩いてみたレポートはこちらです。
http://www.pitt.jp/report/vn-sapa.php

この私も実際に2日間にわたって、棚田のあっちやこっちを歩きまわってみました。トレッキング用の靴と、強い日差しをよける服装は必要ですが、素晴らしい絶景ポイントがたくさんあるエリアです。
日本発着も考えると、長い御休みを利用しないとなかなか行けない場所ではありますが、ぜひ一度サパに足を向けてみて下さい。

★ベトナム少数民族の里サパ3泊5日
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-05
★ピースインツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

ベトナムの住所

P1030357

ベトナムの住所の見方ですが「通り」が基本となっています。
例えば、HILTON HANOI OPERA(ハノイヒルトンオペラ)ですと、
1 Le Thanh Tong, Hoan Kiem, Ha Noi
となり、日本語を入れていくと
1 Le Thanh Tong通り, Hoan Kiem区, Ha Noi市
となります。
通りの片側が奇数で、向かいが偶数の数字となります。また小道にはいると、15/326/1,Le Thanh Tongというように数字が増えていきます。
ベトナムの通りですが、ハノイ、ダナン、ホーチミン、ニャチャンとどの都市に行ってもLe Thanh Tong通り(レタントン通り)があったり、Tran Hung Dao通り(チャンフンダオ通り)があったりします。これは歴史上の出来事や、重要人物の名前が付けられているからです。ハノイやホーチミンで同じ名前の通りをたずねてみるもの面白いかもしれません。また、新しくできた道で、まだそうした名前が付けられていない場合などはD2などの番号がふられることもあります。

さて、ベトナムで道を尋ねたい時は、地図ではなく、住所をみせて尋ねてください。日本人は地図の読み方を学校で習いますが、ベトナムでは「地図が読めない人がほとんどなのは学校で習わないし、スパイだと疑われるのが嫌だから」説がまことしやかにささやかれていたりします。

また、住所もできたら「区」まで書いてあるものを見せるのがベター。というのも1区と3区で一方通行だったり、全然違うところから通りの続きが始まっていたりするのです。
そして、タクシーに乗るとき、運転手には住所を読み上げるのではなく、紙に書いた住所を見せたほうがいいです。ベトナムには声調があるのですが、その声調の上がり下がりや子音の発音で全く違う住所につれて行かれてしまうこともあるので、要注意。経験者は語る、です。

また、町散策の時に、「迷ったかな」と思ったら、その通りにあるお店の看板を見てみましょう。住所が書いてありますので、それをもとに今どこにいるのか手持ちの地図をもとに割り出すこともできます。

最後の御写真は、フエのフラッグタワー前で撮ったものです。
フエは通りの名前の看板も世界遺産らしく、王宮の絵柄がついたものでした。こうした遊び心がいたるところにあるのもベトナムの特徴です。他にも、珍しい看板があるかも。ぜひ、探してみてください。

P1060211

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

世界遺産ハロン湾~バーヤ号①

ベトナムの世界遺産の中でも有名なものがハロン湾(HA LONG BAY)。龍が舞い降りる場所という意味もあり、数々の奇岩は神秘的です。カトリーヌ・ドヌーブ主演の『インドシナ』でもこのハロン湾が登場しますね。
このハロン湾、地図ではちかく見えるのですが、実はハノイから車で3時間半くらい。
旅行会社によっては、日本からハノイに到着した日にそのままハロンまで車で移動するツアーもあるようですが、クルーズ船の出航がたいだい正午くらいなので、できたらハノイに到着した夜は、のんびり旧市街やホアンキエム湖あたりで過ごし、翌日にハロンまで移動したほうが、夕暮れのハノイや、ビアホイ、朝焼けのハノイを楽しめるのでお勧めです。
ところで、ハロン湾ですが、時間の関係で難しいという方もいらっしゃるかと思いますが、おすすめはハロン湾のクルーズ船での一泊です。片道3時間半かかるとなると、ハロンについてぐるっ、とハロン湾の入り口あたりを見て、ハノイに戻るという行程は個人的にはあまりお勧めできません。

DSCN2233
実は昨年、両親や親戚と一緒にバーヤ号(BHAYA)クルーズに行ってきました。バーヤ号は、ベトナム伝統の船のスタイルで、ジャンク船という形の船で、帆を張って風ですすむこともできます。
私たちが行ったのは11月のハロン湾で、ちょうど台風が数日前にベトナムを荒らしていった後だったこともあり、あいにくの空模様でしたが、雨に濡れた奇岩の数々がとっても美しく、水墨画を見ているようでした。服装は長袖でちょうどいい気候でした。私たち夫婦以外はほぼ70代以上というメンバーでしたが、みんな体調も崩さず、元気で過ごすことができました。

http://www.pitt.jp/cityinfo/bhaya-sp.php

また、船のなかではいろいろなアクティビティがあり、カヤックやイカ釣り、料理教室など、参加するしないは自由ですが、その日はスウェーデンやパキスタン、トルコ、ベトナムからの方々と一緒にアクティビティを楽しんだり、国の紹介をしたり、それぞれの国の歌を歌ったり、また朝には一緒にタイチという太極拳を楽しんだり、とても楽しいクルーズとなりました。アクティビティの数々は、またの機会にご紹介したいと思います。

船のスタッフは、みんなベトナム人でしたが、英語はしっかり話せますし、私の家族も普段英語を使う生活をしていませんが、アナウンスやスタッフが何を話しているかわかりましたので、特に心配はないかと思います。また、いつも笑顔でとても気持ちのいい対応でした。

DSCN2372

 

それから、驚いたのが、夕食のメインディッシュを選べたこと。私たちはなぜかみんなビーフを選んだのですが、焼き方も、またそれにあうワインなども夕方に指定しておけるのです。夕食だけでなく、昼食も朝食もきちんとしていて、バーヤ号を選んで良かった、と思いました。

IMG_0414

ハロン湾に宿泊するクルーズは1泊から。2泊できるものもありますし、船を選ぶ楽しみもあります。

http://www.pitt.jp/tour/cplan.php?tour_code=VNC-HALONG03

 

詳しく案内をしているページがありますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

http://www.pitt.jp/tour/cplan.php?tour_code=VNC-HALONG01

 

「世界遺産ハロン湾~バーヤ号②」の記事はこちらから!

http://www.pitt.jp/blog/?p=778

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

空港送迎のすすめ タクシーにご注意を。

P1070708

最近では、ホテルも航空券も自分で手配という方も増えていますが、空港からホテルまでの送迎、お忘れではないでしょうか?
長いフライトを終え、空港に着き、入国審査や荷物のピックアップをおえ、そこからタクシーを手配というのはけっこう大変です。
しかも、ベトナムのTAXI タクシーは「なんちゃってタクシー」もとても多いのです。
タクシーの見分け方としては車体の側面に書いてある電話番号。この番号をみて、マイリンタクシーだ、ビナサンタクシーだ、と見分けるのですが、偽物タクシーもよく似た番号、よく似た会社名を書いています。似ているけれども、あくまでも「偽物」なのです。
そのタクシーを、正規のタクシーか偽物のタクシーかを空港で見分けて、行先を告げて、適正な料金なのか確認をしなくてはいけないというのは、よほどベトナムに慣れた方ではなくては難しいかと思います。
最近では、タクシーに乗るときにタクシーの番号と連絡先を渡してくれることもありますが、なにかあっても連絡はベトナム語。外国で電話を掛けることも、ややハードルが高いことだと思います。

そのため、ホテルも航空券も自分で、という方におススメしているのが、空港送迎です。
せめて、空港からホテルまではつけたほうがベターだと思います。
特にピースインツアーの空港送迎は、専用車ですし、ガイドはベトナム滞在の注意やおすすめポイントなどの案内しますので、「保険」だと思ってご依頼いただければと思います。

 

★ハノイ 空港送迎
http://www.pitt.jp/tour/local_tour.php?select_country=vn&x=10&y=37&select_city=HAN&cplan_flag=0

★ダナン 空港送迎
http://www.pitt.jp/tour/local_tour.php?select_country=vn&x=9&y=24&select_city=DAD&cplan_flag=0

★ホーチミン 空港送迎
http://www.pitt.jp/tour/local_tour.php?select_country=vn&x=28&y=31&select_city=SGN&cplan_flag=0
★ピースインツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

ベトナムのおこわ

P1020582 - コピー

棒売りから屋台の店を持って、レストランまで建ったというサクセスストーリーは、ベトナムではよく聞くことがあります。

たとえば、有名なコムガー(鶏肉ごはん)のお店。もともとはちいさな屋台だったのが、いまは何階建てなのかとても大きなレストランが建ったお店があります。

また、自宅の軒先で持ち帰りのベトナムコーヒーを売っていた主婦が1階を改装してカフェを始めたり、食堂を開いたり等、本当によく聞きます。

それは誰でもできることではなく、何よりおいしい味をみんなが評価し、口コミが広がり、一人ひとりのお客さんを店主が大切にしているからだと思います。

 

そうしたお店のひとつ。

ずいぶん前から人々に評価され、お店の前はいつもバイクで渋滞していたお店。なんだかとっても立派なビルになっていました。

立派な建物になったからといって、お客さんの扱いがぞんざいになることもなく、慇懃無礼になることもなく、今日もチェ(ベトナム風ぜんざい)とおこわを売っています。

そのナはChe xoi 111。

きっと行ったこともある、という方も多いでしょう。

 

実はこのお店、自分が勇気を振り絞って一人で買いに行ったお店の一つなのです。

ベトナムに住んでいたころ。はじめの2年はほとんどベトナム語が話せず、どうにか乗り切っていました。

そのころの話です。

職場のベトナム人が時々、とってもおいしいおこわを買ってきてくれることがあり、またあのおこわ食べたいなあと思うことがよくありました。

しかし。そのおこわを売っていたお店は自分が住んでいたあたりからとにかく遠い。

自転車ももちろんバイクもなかった私は、まずベンタインバスターミナルまでバスに乗り、バックパッカーのあつまるファングーラオ通りを抜け、途切れることのなくバイクがぐるんぐるんまわってるロータリーを抜けてやっとの思いでたどり着いたのがこのお店。

当時、ほとんどベトナム語を話せなかった私でしたが、片言のベトナム語と手振り身振りでオーダーするしかなく、でもそんな自分のベトナム語をきちんと聞いて、店員さんが出してくれたのがこのお店のおこわなのです。

それ以来、何度もかようお店となりました。

店内はいつも混んでいるので、あわただしくもありますが、外国人にたいしてもキチンと対応してくれますので、ご安心を。

おいしいものを食べるぞ~という若者の熱気でむんむんしている店内ですが(言い回しが古い)、丈の低いイスに座って食べるお店でも大丈夫♪という方、ぜひ行ってみてください。

 

なお、お写真のおこわは牛のものです。左上に見えるベトナム風なますとよく合います。牛肉には味がしっかりしみてて、かつとても柔らかく、おこわも小盛りなのでこのあとチェも十分楽しめます。日本だと、お赤飯くらいしか味わう機会もありませんが、ベトナムは日常のなかにおこわがあるんですよ~。ぜひ、お試しください。

 

Che xoi111 111,Bui thi xuan,Q1,TP.HCM

ベトナム山岳少数民族カトゥー族の村訪問② 民族の文化

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Exif_JPEG_PICTURE

「フエ『子どもの家』をたずねて」8日間のツアーで訪問する山岳少数民族カトゥー族のみなさんは、独自の言語、生活文化を持つ彼らもベトナム人でもありますが、彼らのが日常的に話す言葉はベトナム語ではありません。一般には、学校に通うようになってからベトナム語を覚えるそうです。この交流の時は大人であれ、子どもであれ、ベトナム語が得意な人たちが来てくれるのですが、それでもやっぱり、キン族のベトナム語とはやや違うようです。

フエ市内からバスで山道を走ること約2時間。入域する時間もあらかじめ決められています。

Exif_JPEG_PICTURE

交流は、先ず、お互いの文化紹介から始まります。参加者の皆さんは「子どもの家」で披露した歌を歌ったり、「ふるさと」「幸せなら手をたたこう」などの歌を披露することが多いようです。なかには、空手の構えを披露してくれたり、特技を披露してくれる参加者もいます。
自由時間もしっかりとってありますので、ビーチボールや長縄、折り紙や風船などの遊び道具を持っていくと、交流もスムーズかと思います。

P1090868
村人たちは、彼らの民族に代々伝わってきた舞踊や、愛を告白するときの「歌垣」を披露してくれたり、また彼らのスタイルのじゃんけんをしたり。また折り紙で「ツル」のおり方が日本とベトナムと違うようで、お互いに教えあったり、またベトナムのよく知られている折り紙を教えてもらったり。

実はこの交流の時間に披露してくれる舞踊や歌垣などは、受け継ぐ人がいなくて、すたれかけた時代もあったそうです。それでも、こうしてこのツアーで村を訪問したみなさんが目を輝かせて聞いたり見たり、喜んでくれる姿を見て、彼らも民族の誇りやアイデンティティを意識し、村の年長者を訪ねては、若い世代にそれらを受け継いでいくために聞いてまわって、それを練習している村人もいるのです。

このツアー、本当に演出も華美な盛り上げもありません。
ありのままの彼らの姿を見て、感じていただければと思います。

 http://arukikata-campus.jp/tour/volunteer/interchange/030_2.html
★ピースインツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/