ベトナムの3部地方 ~南部~


ベトナムの3部地方、最後は南部ベトナムです。

かつてサイゴンと呼ばれたホーチミン市。いまだに「ここはサイゴンだ」という方もいらっしゃいますよ。

SGN大教会

 

肥沃なメコンデルタの町カントーやミトー、海沿いの町ブンタウ、ファンティエット(ムイネー)、ニャチャン。

P1100378

 

フランス統治時代にひらかれたダラット。また、最近ホエールウォッチングもできるというコンダオ島やベトナム一美しい海、美しい夕日が見られると言われるフーコック島。この夕日はフーコックで撮ったものです。

IMG_1267
大都市のパワーはもちろん、自然のたくましさ、美しさも堪能できるのが南部だと思います。
今のところ空港がないので陸路移動になるファンティエットやカントー、チャウドックなども、面白いところがたくさんです。

大都市ホーチミンには、ベトナム国内からだけではなく、世界中からいろいろな人が集まっています。街はどんどん拡大し、ますますパワーを持っているよう。
バイクの喧噪や、路地裏で駆け回って遊ぶ子ども達の笑い声、市場で懸命に値段交渉をする声、そうしたものが全て合わさって、今日のホーチミンがあると思います。
実は私はホーチミンに約5年と少し、住んでいました。
普通のベトナム人と同じような家に住み、同じようなものを食べ、同じように自転車に乗って職場に向かう生活でした。話すベトナム語も、メコンデルタなまりのホーチミン弁です。
「ホーチミン」といって、多くの方がイメージするような、ベンタン市場から歩いて行ける範囲だけでない、いろいろな顔をしたホーチミンをお届けしていきたいと思います。

最後に。
地下鉄工事や再開発で、サイゴン時代からあった建物がなくなり、街の顔がどんどん変化しています。町の発展に変化はつきものとわかっていても寂しいもの。以

以前、30年前のサイゴンに住んでいたんだ、というベトナム系アメリカ人の方とお話をしたことがあります。「かわっちゃってて、全然わからないよ、でもすっごくワクワクしていることは確か」と笑って話してくれたのが印象に残っています。
今はもう閉鎖されてしまったホーチミンのランドマーク、TAXデパートの写真をUPしておきます。

P1030289

 

 

 

★ピースインツアー★ベトナム旅行の専門店です。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト