ベトナム南部の味 フーティウ HU TIU


P1030130

ベトナム南部で、ぜひともご賞味いただきたいのが、フーティウ(Hu tiu)。カンボジアのクイティウがルーツと言われており、実際に両方を食べてみると、澄んだたっぷりのスープ、こしのある麺、そして具の種類など共通点がたくさんあります。また、南部ではフォーよりもフーティウがよく食べられています。
さて、ベトナムのフーティウですが、1杯目はスープのあるフーティウをどうぞ。
まず、フォーと大きく異なるのが、麺のこしです。フォーと同じく米粉でできていますが、乾燥という行程を経て、こしが生まれるのです。また、緑豆が少し含まれたもの、ほとんど緑豆でできたものと、フーティウの麺でも種類が色々です。
そしてフーティウというと、スープもおいしいのです。豚をメインに、するめや干しえびでしっかり出汁をとり、お店お店で秘伝の隠し味があり、そのため、こくのあるスープが生まれるのです。吸い口のねぎや揚げねぎ、にんにくなどにも一工夫を凝らしているお店が多く、お店お店の味を楽しむことができます。
具は、豚肉や、豚ひき肉、内臓、海老などです。フォーと同じように、野菜もテーブルの上で各自が好きな野菜を千切っていれます。レタスや、春菊、ハーブやもやしなど、こんもりとのせて麺が多いか、野菜が多いかという人もいるほどです。
そしてなんと!砂糖を少しだけ入れる人もいます。味に深みが生まれるとか・・・。私も勧められてためしてみましたが、なかなか興味深い味わいでした。機会がありましたら、是非ためしてみてください。
2杯目のフーティウは、スープのないフーティウコー(Hu tiu kho)をおすすめします。私は2杯いきますよっ!
麺と具を、甘辛いたれでからめて食べるのですが、スープは別のお椀で出てきます。スープだけを飲む人もいますし、少しだけ麺と絡めて食べる人もいます。個人的には、飲んだあとの締めに最高です。
ホーチミンのバックパッカー街ファングーラオ通りの近くには、「ホーチミンでフーティウと言ったらここ!」という有名店があります。NGUYEN TRAI通り(グエンチャイ通り)のQUYNH(クイン)です。なんと、24時間営業だとか。確かに、夜中にどうしても食べたくなって行った時も営業してました!うしみつ時にも、多くの人で賑わっている有名店で、ここのフーティウは麺のこしが強く、味付けも絶妙。ぜひ、お試しください。
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 

 

 


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト