世界遺産ハロン湾~バーヤ号①


ベトナムの世界遺産の中でも有名なものがハロン湾(HA LONG BAY)。龍が舞い降りる場所という意味もあり、数々の奇岩は神秘的です。カトリーヌ・ドヌーブ主演の『インドシナ』でもこのハロン湾が登場しますね。
このハロン湾、地図ではちかく見えるのですが、実はハノイから車で3時間半くらい。
旅行会社によっては、日本からハノイに到着した日にそのままハロンまで車で移動するツアーもあるようですが、クルーズ船の出航がたいだい正午くらいなので、できたらハノイに到着した夜は、のんびり旧市街やホアンキエム湖あたりで過ごし、翌日にハロンまで移動したほうが、夕暮れのハノイや、ビアホイ、朝焼けのハノイを楽しめるのでお勧めです。
ところで、ハロン湾ですが、時間の関係で難しいという方もいらっしゃるかと思いますが、おすすめはハロン湾のクルーズ船での一泊です。片道3時間半かかるとなると、ハロンについてぐるっ、とハロン湾の入り口あたりを見て、ハノイに戻るという行程は個人的にはあまりお勧めできません。

DSCN2233
実は昨年、両親や親戚と一緒にバーヤ号(BHAYA)クルーズに行ってきました。バーヤ号は、ベトナム伝統の船のスタイルで、ジャンク船という形の船で、帆を張って風ですすむこともできます。
私たちが行ったのは11月のハロン湾で、ちょうど台風が数日前にベトナムを荒らしていった後だったこともあり、あいにくの空模様でしたが、雨に濡れた奇岩の数々がとっても美しく、水墨画を見ているようでした。服装は長袖でちょうどいい気候でした。私たち夫婦以外はほぼ70代以上というメンバーでしたが、みんな体調も崩さず、元気で過ごすことができました。

http://www.pitt.jp/cityinfo/bhaya-sp.php

また、船のなかではいろいろなアクティビティがあり、カヤックやイカ釣り、料理教室など、参加するしないは自由ですが、その日はスウェーデンやパキスタン、トルコ、ベトナムからの方々と一緒にアクティビティを楽しんだり、国の紹介をしたり、それぞれの国の歌を歌ったり、また朝には一緒にタイチという太極拳を楽しんだり、とても楽しいクルーズとなりました。アクティビティの数々は、またの機会にご紹介したいと思います。

船のスタッフは、みんなベトナム人でしたが、英語はしっかり話せますし、私の家族も普段英語を使う生活をしていませんが、アナウンスやスタッフが何を話しているかわかりましたので、特に心配はないかと思います。また、いつも笑顔でとても気持ちのいい対応でした。

DSCN2372

 

それから、驚いたのが、夕食のメインディッシュを選べたこと。私たちはなぜかみんなビーフを選んだのですが、焼き方も、またそれにあうワインなども夕方に指定しておけるのです。夕食だけでなく、昼食も朝食もきちんとしていて、バーヤ号を選んで良かった、と思いました。

IMG_0414

ハロン湾に宿泊するクルーズは1泊から。2泊できるものもありますし、船を選ぶ楽しみもあります。

http://www.pitt.jp/tour/cplan.php?tour_code=VNC-HALONG03

 

詳しく案内をしているページがありますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

http://www.pitt.jp/tour/cplan.php?tour_code=VNC-HALONG01

 

「世界遺産ハロン湾~バーヤ号②」の記事はこちらから!

http://www.pitt.jp/blog/?p=778

 

★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト