PITの来る年、2018年を迎えて【小林編】


みなさま、明けましておめでとうございます

ピース・イン・ツアー毎年恒例の
「2018年はこんな年にしたい」新年の抱負シリーズ 第4弾!!
スタディツアーを担当する小林が綴ります。

今年の年末年始はカンボジアで過ごし、
元旦は、アンコールワットの初日の出を拝めました。

長文となりますが、是非お読みください☆

Q.今年のPITの目標はどんなことですか??

————————————————————–
スタディツアーといえば、PITだよね!!

子どもも参加者も笑顔になるそんな旅つくりがしたい☆
————————————————————–

毎年同じことを言っている気もしますが、
やはり今年もこれを目標に行きたいです。

ここまでスタディツアーにこだわるには理由があります。

話はさかのぼること8年前。
Pitのツアーに参加者として参加したことでした。
このツアーに参加をし、色々な意味で感動の衝撃を受けた時のこと今も鮮明に思い出せます。

それから、なにも社会を理解していなかった
大学生3年の時から「なにかプラスになるような旅作り」
に携わりたいという強く思い、それを実現するために
社会人になりたいとずーとそんな夢を抱いていました。

しかし、実際に就職活動を始めた大学3年生の時。
「あなたのやりたいことはビジネスにならない」と、
大手の最終面接でことごとく落とされ、
このまま社会人になれるのか。。。という不安を抱きながら、
続けた就職活動で、学生をビジネスに取り扱う
専門の会社に入社をすることができました。

もちろん学生の旅行部門に希望を出したのですが、
現実は甘くなく、旅行部門には配属されず、
なぜか不動産の部門への配属・・・・・・・。

配属発表の日は、完全に頭真っ白でした。

今思い出しても、わたしが未熟だったこともあり、
精神的にも大変で、本当にトイレで
何度泣いたかわからないくらい、大変な1年でした。笑

しかし、毎日大変な思いをしながらも続けたこの2年間で
社会人としての厳しさも働くことの楽しさを教えてもらい、
自分で言うのもなんですが、大きく成長できたのもこの時期です。

この間は目の前のことに必死で、
カンボジアとは疎遠となった2年だったのですが、
今となっては、意味があった時間だったと思っています。

なぜかというと、社会人として働くことが楽しくなってきたこの時期に、
今だからこそ改めて、「夢を追いかけたい!」
と自分の夢を再確認できたからです。

結局、私はこのタイミングで前職を退職しました。

それから、自分のやりたいことを叶えられる会社を探しました。
しかし、なかなか見つからず、最後は、人材募集をしていなかった当時のPITへ、
社長宛てに長文でスタディツアーの愛を綴ったラブレターを一方的に書き、
その手紙に目にとめてもらったことがきっかけでPITに入社しました(笑)
たまたま退職者が決定していた時期で、
私がPITに入社できたのは、実は能力ではなく、ラッキー以外の何物でもなかったのです・・・笑。

初めて夢を抱いてから、7年の月日が経った今も、
ありがたいことに、やりたいことは全く変わっておらず、
むしろその夢は大きくなっています。

夢を叶えられなかった挫折の時期があったからこそ、
気持ちはより一層強くなって、
入社してからも4年間ツアーと真剣に向き合ってきたからこそ、
今が一番、ツアーのことを大事に思っています。

今年はもっとこんなことがしてみたい!という想いを
ツアーとして実現する年にしたいですね。


Q.今年個人で挑戦したいことは?

そうですねー・・・。ずばり、

社会人がスタディツアーに参加しやすい環境を作ること!

私たちが扱うテーマは、ずばり「現地に住む人々との交流」です。
ですので、実は、参加をして欲しい人は学生だけではないのです。

スタディツアー=学生のため

というイメージがどうしても先行してしまい、
「興味があるけど、参加しずらい。」そんな社会人がいることと想像します。

いくら【社会人参加OK】と記載があっても、
しかし、実際は、学生の中で一人?という不安はあるかと思いますし、
スタディという年齢でもないし、わたしは対象なのかしら?….なんて、
色々な不安を抱く思います。
(わたしも同じ社会人なので、お客様の立場だったらそう思うので。。。)

その不安を、できるだけ解消する旅作りを目指したい!!
と思い、昨年度から初の試みとして、社会人向けのスタディツアーの企画を始めました!


↑昨年度のに実施された初の社会人限定!スタディツアー!
社会人限定!図工の楽しさを伝える活動 ⇒現在の募集はこちら

実は地球の歩き方サイト内でも社会人限定ツアーを実施している会社はなく、
企画当初は「人を集められるのだろうか・・・」と不安をいだいたことも事実です。

しかし、実際は予想をはるかに上回る問い合わせをいただき、
予想以上の反響をいただくことができました。
その時は本当に嬉しい気持ちになりました!

そして、この年末も多数の社会人限定ツアーが実施されました!

社会人にしかない良さを最大限に活かせるお手伝いを
そして参加する皆さんが不安に感じずに参加できる、
そんなツアーに今年は、もっとチカラを入れて作っていきたいです。
是非、みなさんこの後の社会人のためのスタディツアーにも乞うご期待!!

Q.カンボジア強化年!何に注目?

やはり…
PITの新体制始動開始です!

今年はわたしの同じチームである佐々木がカンボジアに赴任し、
現代表である大塚から佐々木へと、バトンを渡すそんな節目の年なのです!
「1からつくりあげることを楽しみたい!」
なんてことを口癖にする佐々木からは、いつもカンボジアに対する愛で溢れています。
東京側もそうですが、現地を本気に大切に想うスタッフと作る企画ツアーは
どれも愛がこもったものとなります。

本気で現地・お客様を大切に思う気持ちがなければ、絶対に良いツアーは作れません。
そして、愛情をもったツアーこそ、参加者に感動体験を与えられるのだと
現在、現地代表をつとめる大塚から学びました。

専門店ということもそうですが、カンボジアを大切に想う
その気持ちもしっかりこの後、受け継いでいきたいと強く思っています。

ピースインツアーにしかできない旅作りができる準備は整い始めています。
それを実現するのが2018年です!


田舎の村を訪問する サムロム村ツアーはこちら!

-プライベートで叶えたい夢は?

今年こそ、写真を始めたい!
去年もこんなことをいっていたような??

今年強く実感したことのひとつなのですが、
写真にはその場所の良さを伝えたり、その時の大切な瞬間を残すことができます。
そんな写真に凝ってみたいと思っています。

愛犬をテーマに、ニヤニヤするムービーを作りたいですなー。

あ、でも。カメラをそろえたり、必要なものを集めるのにお金がかかるなー。
ボーナス目指し、お仕事、頑張ります・・・!!笑笑

Q.読者のみなさまに一言!

わたしの夢はPITなしには、
もっというとPITを支えてくれるお客様なしには、
叶えられていかなったです。

なので、まずは皆様のおかげで、
大切にしたいツアーをたくさん催行にするチャンスをもらえたこと、
心から感謝しています。

今年もいろいろ恐れずに挑戦をしていきますので、
どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

これからもPITを大切にしてくださるお客様と
PITスタッフは、一緒に歩み続けていきます。

みなさまにとっても良い1年となりますように。
今年もよろしくお願いいたします!!


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト