【絵になる】 青モン族とムーカンチャイ周辺の棚田


シンチャオ!阿部です。

今週のハノイは最高気温が45度!!
40年ぶりの猛暑を記録したそうです。
外はサウナのように蒸し暑く、外に出る気が
失せてしまうのが5~6月のハノイです。
でも、嫌なことばかりではありません。
日本と同じく四季があるハノイでは季節ごとに
旬の果物があり、この蒸し暑い時期はライチが旬です。
日本ではあまり食べる機会が無いと思いますが、
ハノイの市場ではどっさり山盛りのライチが。
これを食べれば酷暑も乗り切れる?

さて、酷暑のハノイとは遠く離れたイェンバイ省
今回のブログのテーマです。
一言で言うと、とにかく「絵になる」場所です。

これはトゥーレの棚田。「べトナムでもっとも美しい棚田」
の1つに数えられています。
5月下旬頃が田植え時期で見ごろです。稲の収穫は9月です。
(田植えと収穫の時期は毎年少しずつ異なります)

イェンバイ省はハノイの北西。ハノイとサパとの間にあります。
峠のクネクネした道もある山間部(車酔いに注意)ですが、
数多くの美しい棚田が見られます。
あっちも棚田こっちも棚田という感じで、現地の人々が
長年に渡り、せっせと山を切り開いたと考えると、
そのスケールに圧倒されます。

ムーカンチャイという小さな街の周辺にある棚田の数々は
近年ベトナム人観光客に人気を集めていますよ!

同じ時期でも場所(高度)によって、稲の状態が異なり、
ある場所は田植え後、ある場所は水張り前など、とにかく
見ていて飽きません!

そして、イェンバイ省に多く住むのが青モン族です。
サパ周辺の黒モン族、バックハー周辺の花モン族と
同系統の民族で、ズバリ衣装に青色を多用しています。

この地域はまだ外国人観光客が少ないため、
彼らもまだ外国人慣れしてないようです。
サパ市内の商魂たくましい黒モン族ように
英語で話しかけてくることはありません。
まだまだシャイですが、素朴な笑顔が見ら
れるとホッとします。

棚田で農作業をするその姿は青い衣装が
写真映えしますね~。
田植え時期と収穫時期は「風景&人」の
写真を撮るには絶好のシーズンだと思います。

あれ?何だか自分が写真が上手くなったような・・・。
と言うのも、1年前はこんな有様でしたから。

言い換えると、写真の腕が上達したと錯覚するくらい
写真映えする場所だと思います。イェンバイ省。
個人的にはベトナムで一番好きな場所かもしれません。

ハノイから車でイェンバイ省、そしてサパという
ルートがオススメです。
そのコースを具体化したのが↓
サパに通い続ける私が最もオススメするコースですよ!

いちばん美しい棚田と少数民族のくらし 4泊6日
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-40

以上、阿部でしたっ〆


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト