雨季に入ったインドシナ!実際のところ、雨季の旅行ってどうなの!?


皆さま、こんにちは。
最近は散歩が趣味の八井です。
日本は春の暖かい日差しが心地良い季節になりましたね。

私たちがご案内するインドシナの多くの地域では、
5月から10月頃まで、雨の多い雨季の季節となります。

雨季には、突然こんな雲が現れ、スコールという天気雨のような雨が降ります。

こんな季節に旅行に行くとどうなっちゃうの!?
びしょ濡れで観光しなくちゃいけないの。。。!?
今回は、この疑問にお答えしたいと思います。

もちろん、雨に降られる可能性は高くなりますが、このスコール、
日本の梅雨のように1日中しとしとと降っていることはあまりなく、
ゲリラ豪雨的に、午後の一時だけバケツをひっくり返したような雨が降ることが多いです。
この時間帯をうまく過ごすことができれば、雨季の旅行、実はメリットがいっぱいです!

1、雨季にしか見られない景色がある!
豊富な水資源に支えられ繁栄したのがアンコール王朝。
水が豊かになる雨季はアンコール本来の姿が見られる季節ともいえます。
シェムリアップ川の源流にあるクバールスピアンという遺跡。
ここは川の水底にあるレリーフが有名ですが、雨季と乾季で趣が違います。

こちらが乾季。

こちらが雨季。

また、ラオス・ルアンパバーンのセー滝。


どちらが雨季かはおわかりですね。水量がこんなに違います。

カンボジアのアンコール遺跡やミャンマーのバガン遺跡は雨季になると、
青々とした新緑と遺跡のコントラストが映え、乾季では見られない鮮やかな景色がご覧いただけます。

写真撮影をされる方は、敢えて雨季にご旅行される方もいる位で、
個人的にも、乾季よりも雨季の遺跡の景色が好みです。

また、一般的にはオフシーズンなので、観光客が少なく、
あの混んでいる遺跡を独り占め!という贅沢ができてしまうかもしれません。

2、果物が豊富!
この時期にしか実らない果物が楽しめます。
マンゴスチン、ランブーダン、ザボンなどなど、私の大好きな
南国フルーツはこの時期がいちばんおいしいです。


おいしそうなマンゴスチン。食べすぎ注意です!

3、お得にラグジュアリーホテルに泊まれます!
乾季のオンシーズンよりも、ホテル料金が安く、
ホテルによっては、雨季のキャンペーンを出してくれることもあります。
この時期であれば、あの5つ星のホテルに、オンシーズンの
半額で泊まれてしまうといったこともありますよ!

という訳で、雨季のインドシナに行きたいかも!と思われた方は、
是非、ピース・イン・ツアーまでお気軽にご相談ください!

【簡単見積もりフォーム】
https://www.pitt.jp/company/mitsumori.php

筆)八井


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト