出会って9年、あっという間に人は大きく成長するのですね【Mr.savy編】


皆さま、こんにちは。
漢数字の「八」に井戸の「井」で八井(やつい)です。

自分の名前を相手に伝えたいとき、皆さんは何と言って伝えますか?
私は電話口でこのように伝えることが多いです。

現地のガイドたちも皆さんとお会いしたときに、
すぐに覚えてもらおうといろんな自己紹介を持っています。

カンボジア、ピース・イン・ツアーアンコール社のイケメンガイド、
MRサヴィーは日本の皆さんに覚えてもらおうとこんな風に言います。

「日本の食べ物、わさびのさびと同じサヴィーです!」

今回は出会って9年、MR.サヴィーを紹介したいと思います。



9年前、私が初めて彼に出会ったのはこのツアー。
◆「児童養護施設 NGOスナーダイ・クマエを訪ねて」
http://www.pitt.jp/study/tour/stp-rep.php?tour_code=STP-REP

その頃、彼はスナーダイ・クマエで暮らしていました。
添乗員としてツアーに同行した私は、最初は仕事のパートナーとしてではなく、
現地訪問先で生活する子どもたちの一人として、彼と出会ったのです。

懐かしい当時の写真はをご紹介。
まだ幼さの残る表情、少年ですね(先頭)。

参加者の皆さんの前でリコーダーを演奏しています(後列右)。

年に数回訪問する度に、小さな子どもたちに慕われる
お兄さんになっていく彼を頼もしく見ていました。

2010年に卒院をした後は、施設で学んだ日本語力を活かして、
ガイド免許を取得し、晴れて日本語ガイドへ!

バスの中でマイクを持ち、初めてガイドとして自己紹介をしている姿を
見たときは、お客様に見られないようにそっと涙を拭ったものです。

その後、何度もツアーで一緒に仕事をするようになり、
お客様の前で話すこと、その日本語能力にも
どんどん磨きがかかっていくのを身近で感じさせてくれます。

休憩時間のあるとき、私のペディキュアされた足の爪をみて、
「八井さんの足の爪はきれいですね。さくら色です!」
と言ってくれました。
「何て素敵な日本語を覚えているんだろう!」と感心したものです。

お客様を喜ばせるための努力もかかしません。
大好きなカンボジアを知ってもらうため、
説明用に自作でこんなアイテムも作っています。

「これは何…?」象だそうです。

今では、欠かすことのできない大切な現地パートナーの一人です。
仕事を通じて、一人の人の成長をこんなにも近くで
感じさせてくれるMR.サヴィーにはいつも感謝と
敬意でいっぱいです。
オークンチュランナッ!!

そんな彼が兄弟のように仲のいいMR. パナーとともに
得意とするのがこちらのツアー。

◆パナーかサヴィと巡る!アンコール遺跡&田舎道を走るサイクリングツアー3泊5日【初級編】
http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=CBP-13

今後、中級&上級編も発表予定です!乞ご期待!!

筆)八井


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト