鍋の季節になりました~ヤギ鍋~


ついに秋が始まり、鍋料理が恋しい季節となりました。

日本では鍋料理は主に寒い季節の料理ですが、ベトナムでは年中食べられています。

もちろんアツイ気候なので、汗はガンガン出ますが、食べたあとはスッキリ。

シメに麺をいれるのも日本と同じです。

 

とにかくいろんな種類の鍋料理がありますが、今日のご紹介はヤギ鍋です。

ヤギ~?と思うことなかれ。これがまたおいしいのです。

トリ、ブタ、ギュウではないお肉にはなかなか縁がない、という方もいらっしゃるかと思いますが、ベトナムの食文化を語るには、ヤギ肉は欠かせません。

また、下処理をしっかりしていること、またスパイスをしっかりきかせることもあり、匂いなどは気になりません。

 

ベトナムのヤギ鍋はまず、ヤギ焼肉から始まります。

ヤギ焼肉を食べてから、ヤギ鍋なのです。

P1030365

ヤギ肉を炭火で焼き、ハーブなどを撒いて食べるのですが、これが柔らかくてジューシー。腐乳でつくったつけだれも、うまさをひきたてる味わいで、ビールが進みます!そしてなぜかどの店もオクラが一緒についてきます。陰陽のバランスを取る、といいますか、ベトナムの食事はアツイものを食べたら冷たいものを、という考え方があり、バランスをとるためにオクラなのではないかと思います。

 

そしてそのあと、やっとヤギ鍋が始まります。

DSC_1019

ヤギのいろいろな部位と、野菜をいれて沸騰したら、食べごろ。どの店もレンコンと、タロイモが入っているのですが、ねっとりとしたタロイモに味がしみてて、とってもおいしいです。

肉のうまみと、スパイスが溶け込んだスープは旨みがたっぷりで最高です。

シメは日本と同じく、ミーという縮れた中華めんやフォーをいれて食べます。

ここまで、焼肉、鍋に、ビールなどの飲み物と、かなりおなかはタプタプですが、食べ終わりは達成感でいっぱいになります。

 

ヤギ肉か~、という方もぜひともベトナムでお試しください!目からうろこです。

 

 

ベトナム料理研究家の伊藤忍さんが監修した「ホーチミン編 ベトナムの食と暮らし探訪 3泊5日」では、このヤギ鍋が堪能できます。

詳しくはこちらから

http://www.pitt.jp/tour/detail.php?tour_code=VNP-09

 

 

★ピースインツアー★ベトナム旅行は弊社まで、
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト