中学生・高校生限定?ツアー企画の裏側!


みなさん、チョムリアップスーオ!
小林です。

2月ももう半ばですが、本当に時間がすぎるのは早い。
みなさんはいかがお過ごしですか?

この時期になると決まって、
過去にPITのツアーに参加をしてもらった参加者から、
「ななさん、学校の卒論や研究発表でカンボジアのことを書いたので、
内容をみてもらいませんか?」

そんな依頼をもらいます。

そんな重要な場面をわたしでいいのだろうかと恐縮しながらも、
つい先日も、一年前に音楽でつながる交流活動に参加をした
学生さんが店舗に来店してくれました。

約20枚にまとめれられたスライドには
カンボジアでとった写真が並べられるとともに、
スライド1枚1枚を丁寧に「この場面では
こんなことを思ったよ!」と説明を丁寧に教えてくれました。

本人の優秀さに、とても感激するとともに、
それと同時に、インドシナを専門でやっている
私たちのスタッフたちとは全く別の視線で、
カンボジアを見ていてくれたんだと気がつきます。


※交流活動の様子

私自身も初海外!がカンボジアでしたが、
初めて訪れたカンボジアでは、見るもの全てが
刺激的で、学び・学びの連続でした。

そして何より、カンボジアで味わったその感動が忘れられず、
帰国後カンボジアの歴史、文化、その他のことを
調べてみる大きなきっかけとなりました。

私たちは、学校の先生ではないので、教科書に
載っている勉強は教えてあげることはできませんが、
しかし、逆にいうと『教科書に載っていない
大切なことを教えてあげれるのかもしれない!』
そんな風に感じましたし、これが旅行会社としてできる
スタディの本当の要素なんではないかと感じました。

それと同時にそんな学びを最大限に活かせる
ツアーを作りたいと思い始めました。

そして、企画をしたのがこちらのツアー。↓クリック↓

中・高校生限定!カンボジアで特別授業
村の子どもたちと体育・音楽を楽しむ交流活動6日間

今回の新規ツアーは、中学生・高校生限定!


※写真は女の子だらけですが、男の子の参加も歓迎です!

学生の中盤となるこの時期は、
色々な人と出会い、そこから色々学んで欲しい!と思うのです。

また、なによりPITは14年以上続けて、学生向けツアーを
成功させてきた実績がある!

ピースインツアーのスタディツアーは、
全てのツアーそれぞれ企画の”理由”や、
実施の目的が決まっているプログラムばかりです。

今回は、学生さんが最大限に学ぶにはどうしたらいいのか?
ということに重点を置き、企画を考えました。

年に数回スタディツアーの添乗員として現場に行く私ですが、
数を重ねるごとに見えてくる“学び”。

それは、ずばり、

見て、感じて、そして、発信する!

そんなことだと思っています。

わたしが学生時代もそうでしたが、学校では
色々ことを学んでもそれを外に発信する場所が少ない。

初めての海外で色々な人と触れ合い、
そこから学ぶことって本当に本当に、多いと思うのです。

それをもっと発信する機会が必要だと思っています。

そこで今回のプログラムでは、
事前学習会&事後学習会を行ないます。

学生の皆さんには、出発前に日本で、事前学習をお願いしています。

忙しい毎日を過ごすみなさんは、
なかなか当日まで勉強という時間が取れず、
出発前にカンボジアという国について詳しく知った
という人が多いのが実情です。

もちろんそれはそれでいいのですが、
カンボジアを訪問する前に、
カンボジアの明るい部分も暗い部分も知ってほしい。

そうすることで、学びは更に深いものと
なるのではないかと私は考えます。

行ったことない国や場所に行く前に、その国ことを知ろうとする。
それは、本などから得た情報によるイメージとなりますが、
イメージを持って参加をしてもらうことで、それが後から
とても為になるんだということをとてもよく知っています!

こちらは別のツアーですが、事前学習の様子です。
学生さん、とっても真剣です。

そして現地に行き、交流を通じて
様々なことを見て、聞いて、感じる。

そして、それをみんなの意見として、
全員で発表し合う。

高いお金と大切な時間をかけて、ツアーに参加してくださる皆さんには、
絶対にお金や時間以上のものをお届けしたい。
そんな思いで企画をしました。

ピースインツアーの自信があるものを
これでもかって詰め込んだのがこのツアー。

ぜひたくさんの中学生、高校生に参加してほしい!

 

最後に、ピースインツアーのスタディツアーの強みとは、ずばり三つ!

現地にピースインツアーアンコールがあるので安心!

今回は、中・高生限定としているので、年齢がみんな似ています。
さらには、8割以上が1名参加。

学生さんがしっかりと活躍できるように、
授業で学んだことを行かせるプログラムを実行しています。

—————–

何かのやらせではなく、本当の姿の
カンボジアに触れ、色々ことを学んでほしい。
それを最大限にしていくことが私たちの仕事であり、
この仕事のやりがいだと思っています!
その為であれば、なんだってへっちゃらです。

春休みの日程が決まった、娘さん、息子さん、を
がいらっしゃる、お母様、お父様。

春休みを有効活用し、カンボジアにお子様を
連れて行ってみませんか??
詳細はこちら!

※添乗員も同行しますので安心です!残席6席!

最後に、初海外カンボジア、すっごくおすすめです!
↑体験者は語る。

以上、小林でした!


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト