PITのゆく年、2016年を振り返る 【小山編】


年末を振り返るシリーズ第4弾!

続いてはスタディツアー営業部
マネージャー小山が語る
「2016年は、どんな年だった?」をお届けします!

unnamed

スタディツアー営業部 小山
(アップ写真!笑 ちゃっかり隣には堀江も!)

なぜか毎年、クリスマスは、カンボジアで過ごす小山。
(添乗の仕事としてカンボジア入りをしています!)

「今年も3年連続でカンボジアの添乗に始まり
カンボジアの添乗で終わる。

しかし、それぐらいカンボジアには、縁があるんだ。」

と笑って話してくれました!

今回も堀江と同様、インタビュー形式でお伝えいたします。

Q1 今年はどんなことに力をいれましたか?

今年は今まで以上に教育旅行に力をいれることが
出来ました。大学のゼミをはじめ、スーパー
グローバルハイスクールの教育旅行にも携われた
1年となりました。

9

※今年の夏に行なわれた高校生限定ツアーの様子

Q2 ツアーを通じてどんな経験を学生さんに届けることができましたか??
また、これから力をいれたいことはなんですか?

現地や日本の参加者の皆さまどちらかだけでなく、
お互いに学び、触れ合い、そしれ
その国の魅力を感じる。そんなツアーを
創り上げることができたのでは?と思っています。

しかし、一方で問題点も出てきました。

世代交代が進み、日本でもそうですが、戦争を知らない世代の割合が

多くなってきてるなと感じています。

今年でちょうど、ベトナム戦争終結後、41年が経ちます。

20代以下のベトナムの方は本当にベトナムで戦争があったの?
とおっしゃる方もいるくらい、薄れています。

ベトナム経済成長が著しく、
貧富の格差の問題もありますが、
平和を考えるためには過去を振りかえること、
知ることはとても重要だと思っています。

このような理由から、
私自身が手配をする旅行では、
必ずこのような現場を知る機会を旅行中に
取り入れる工程の手配をするようにしています。

カンボジアでは内戦、ベトナムでは戦争について
その国の今日があるバックグランドとして学んで頂いてます。

今後も、平和につながるたびの一環として、
戦争について学ぶことができるツアーを作っていきたいです。

<ベトナム戦争証跡博物館の一例>

%e6%88%a6%e4%ba%89%e8%a8%bc%e8%b7%a1%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8-2

%e6%88%a6%e4%ba%89%e8%a8%bc%e8%b7%a1%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8-12

Q3 今年一番印象に残っていることとは?

今年はなんといっても、
スタディツアー部のマネージャーとして、
弊社の体育を教える活動がツアーグランプリで賞を受賞したのはとても嬉しかったですね。
現地スタッフや東京のスタッフが試行錯誤をし、
現地、日本一体となって育んだツアーが認められました。

これまでご参加頂いた皆様、現地スタッフ、
現地代表の大塚めぐみさん、
東京スタッフに感謝です!

%e2%98%85%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2

また、個人的な話ですが、
プライベートでは、普段殆ど会うことがない家族と
海外に旅行へ行き、家族団らんができた事は
ここ近年なかったのでとても良かったです。笑。

Q4 読者の皆さまに一言!

今年もメルマガをご愛読いただき、
誠にありがとうございました。
来年はPITだからできる特殊なツアーを
どんどん発表したいと計画しております。
メルマガでは最新情報をいち早くあげさせて頂きますので、
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様にとって良い年になりますように!

 

img_4620

(最後にベトナムの美女と楽しそうなショットを1枚・・・笑。)

 

以上、小山からのふりかえりでした!


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト