「ヴェトナム」で「夏ヴァカンス」inフーコック


こんにちは。割と本屋さんが好きな八井です。

今回、本屋さんで目についたのが、
おしゃれ雑誌FIGARO8月号の特集記事。
「ヴェトナム、タイの夏ヴァカンス。碧い海と太陽と」
http://madamefigaro.jp/magazine/figaro/201608.html

ベトナムを「ヴェトナム」と言っちゃうあたりも
なんだか、おしゃれ感の格が違いますね。

「ヴェトナム」リゾート特集の中に、フーコック島も紹介されていました。

土色ばかりの土地を訪問していて、あまりリゾート色のない私ですが、
実はフーコックを満喫したことがあるのです!

実際の行った者の感想からすると、ダナンやニャチャンは、
「ヴェトナム」リゾート地の王道として有名ですが、
フーコックはちょっとだけコアなビーチリゾートとしてお薦めです。

ビーチの様子はこんな感じです。
IMG_1239

透明度が伝わりますか?
IMG_1235

ビーチの食といえば新鮮なシーフード!
IMG_1255
こちらはフーコック名物のいわしのマリネ。
IMG_1208
島の夜市では、地元民に交じって海鮮BBQが楽しめます。
IMG_1285

そして、フーコックは「ヴェトナム」で欠かせない
調味料ヌクマム&胡椒の産地です。
こちらは胡椒畑の様子。
IMG_1218

そして、意外と知られていませんが、「ヴェトナム」で
水平線に沈む夕日が見られる数少ないスポットなんです。

IMG_1271

最近は、リゾート開発が進み、素敵なホテルも増えてきてます。
私が滞在時にお世話になったのは、FIGAROにも掲載されていた
LA VERANDA RESORT。
IMG_1224

インテリアや食事にもこわだりがあり、おしゃれ空間が演出されたホテル。
私も頑張って、朝食のデザートをおしゃれに盛り付けしてみました。
IMG_1296

ホーチミンの喧騒に疲れたら、アイランドへひとっ飛び!というのが、
フーコックの粋な滞在の仕方かと思います。

ピース・イン・ツアーは、何気に、リゾートも取り扱ってます。
フーコック島が気になる方は、是非、お問い合わせください♪

筆記:八井


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト