セレブにも人気?ココナッツジュースのすすめ


ハリウッドが注目しているとかで、最近マスコミに取り上げられることも多いココナッツジュース。ココナツとも、ヤシの実ともいいますね。
美容にいい、とかで、モデルや女優やセレブがこぞって飲んでいるとか。
ベトナムではずっと前から飲んでおりますよ~。

添乗でココナッツジュースを置いているお店に行った際には、ご案内しているのですが、日本ではまだまだ馴染みのない飲み物かもしれません。
とっても栄養のある飲み物で、甘味のうすいスポーツ飲料というところでしょうか。
「疲れた~」という時に飲むと元気がでる感じがします。
ただ、根拠はわかりませんが、ホーチミンでは、夜にたくさん飲むのはあまり良くないと言われたものです。私があまりにどこでも頼んでいたからなのか、理由はわかりません(ご存じの方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さい)。

ベトナムではココナッツは捨てるところがない、と言われるほど、大活躍です。
ジュースは飲んでよし、肉を煮込むときに使ってよし。
白い果肉(固形胚乳というそう)はそのまま食べてもよし。
ジュースと一緒に撹拌してもみだしたものはココナッツミルク。
外の皮からは天然繊維が取れて、ロープやマットになりますし、
殻は燃料や工芸品として利用されています。
白い果肉は便通に良いという噂もありますし、この果肉やココナッツミルクを使ったお菓子もたくさんあります。お菓子はまたの機会にご紹介いたしますね★

Exif_JPEG_PICTURE

ベトナムのもとはお正月料理で現在では日常的に食べられる料理のひとつになった
Thịt kho nước dừa(ティッ・コー・ヌック・ズア)は、お肉を似るときにココナツジュースを使います。
実はコレ、私でもできるベトナム料理のひとつなのですが、お水で煮るのとココナツジュースで煮るのだと、出来上がりが全然違うのです。もちろん、日本ではなかなか手に入らないので、自宅で作る際には、伊藤忍先生の料理本に載っていた、「リンゴジュースを薄めた液体」で煮ています。

ベトナムのローカル食堂では必ずあるThịt kho nước dừa。まだ食べたことがない、という方はぜひともベトナムでお試しください★

なお、文中に登場した伊藤忍先生を講師にお迎えした食文化セミナー、今年度もお申込みを開始しておりますが、なんと、早くも定員に達してしまい、本日現在お申込みをストップしております。またお申込みを開始ということになりましたら、このブログやFACEBOOKなどでもご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

http://www.pitt.jp/others/tabisen2015.php

 

 

★ピースインツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト