カンボジアとタイの国境の今~プレアヴィヒア遺跡より~


皆様、チョムリアップスーオ!
スタディツアー営業部の小林です。

先月の4月、カンボジアの第二の世界遺産!
プレアヴィヒア遺跡に行ってきました!

4月といえば、カンボジアの中でも一番暑い季節。。
気温も暑いのですが、プレアヴィヒアの注目も熱いとのことで、
今話題の観光スポットプレアビヒア寺院にいってきました!!

プレアヴィヒア遺跡は、2008年に世界遺産登録をされました。
実は、私自身も初めて足を踏み入れるだけあって
とても楽しみにしておりました。

プレアヴィヒア遺跡は、記憶にも新しい2011年まで、
タイとカンボジアの交戦が続いてました。
しばらくの間、軍事的な緊張状態は長く続いてましたが、
2013年に国際司法裁判所によって、同遺跡をカンボジアに帰属するとし、
現在は紛争の解決に向け動き出しており、2016年4月現在の治安は落ち着いている状況です。

本来であれば、観光エリアのこの場所ですが、
今回は視察ということで安全を考慮した上で、
タイとの国境まで足を運んでみました。

DSCN0839

プレアヴィヒア遺跡は、山のてっぺんまで進んでいくと断崖があり、そこからの景色は
まさに天空の城!と呼ばれることの絶景で有名な遺跡ですが、タイとの国境は遺跡とは逆側。
下山をして国境へ向かいます。

DSCN0842

大きな階段をくだると、そこには大きな看板が。
「ここはカンボジアの領土だ!」といわんとばかりに
カンボジアの国旗が掲げられていました。

DSCN0846

更に下に行くと遂に国境が!

島国である日本に住んでいるわたしからすると、
【国境を超える】というのは、とても大きなことのように感じますが、
ここには私の想像をはるかに超える歴史がからみあった場所でした。

はい、これが以前使われていた国境です。

DSCN0853

・・・?

よーくみていただくと、ここに扉があります。

DSCN0860

これが国境であるそう。

今は草木が生い茂り、ここは全く利用されていません。

ここは入国管理(パスポートを見せる場所)でつかわれていた場所だそう・・・。

DSCN0856

プレアヴィヒアは今となっては第二の世界遺産として、注目をあつめ、
遺跡の入り口についたときは、
「本当に交戦がおこなわれていたのここは?」と感じてしまうほど、
治安が落ち着き観光地化されつつあるなと感じたのですが、
よくよくみるとさまざまな場所へ爪痕が残されています。

国境の周りは鉄格子でおおわれており、
DSCN0859

そして今もなお残る地雷。
(みなさんが観光で歩く場所は撤去が確認されてますよ。)

DSCN0864

日本のような島国にいると色々感じることができない
陸地でつながるカンボジアとタイだからこその歴史がここにあったのだ!と感じることができました。

と、、、ここまで読むと怖いところでは?!という
イメージを持ってしまう方も多いのでは。

しかし、実際はそんなことはありません。
プレアヴィヒア遺跡近辺には、
カンボジアらしいゆるーい時間が流れています。

兵士は、今も国境エリアへ小屋を立て待機をしています。

DSCN0850

しかし、銃を構えたりはせず、兵士同士で座談中。
他の州と同じように(むしろそれ以上に)、
とてもゆったりとした時間が流れるカンボジアであることは変わりません。

実際に近寄ってみると、外国人である私たちを見て、
怪訝な顔をすることなく、むしろ満面の笑みを浮かべ近寄ってきては、
「ここ(小屋)は屋根が低いから頭をぶつけないように気をつけてね!」と
私たちをエスコート。

私が勝手に抱いていた、兵士のイメージとは真逆な方々・・・。
やはり「ここはカンボジアだ。」と感じました。

↓この写真は写真をとるよといったので笑ってないですが、
実際は終始笑顔で良く笑っているおじさんでした(笑)

IMG_2936 (2)

そして、国境のエリアではありますが、カンボジア人家族が日陰に腰を掛けて休んでいました。
クメール語を知っている限り使い(といってもとても簡単な言葉ばかりですが)
話をした後は、なんだか仲良くなりました!

仲良くなった証として、最後に、子どもと1枚写真をとってもらいました。

DSCN0862

———-

今回は視察として、
初めてのプレアヴィヒアへの訪問でしたが、
とっても良かったです!自身を持って、お薦めできます!

プレアヴィヒアエリアは、
今後の両国の政治情勢の変化によって再び緊張が高まる可能性は排除できず、
引き続き注意が必要とされております。

しかし、実際に私が目にした光景は、平和に近づいており、
これからもっともっと観光立国として大きくなるであろうカンボジアを
感じることができました。

そして、やはりこれからどんどん観光地化されていくであろう
プレアビヒア遺跡!

まだまだこれからの世界遺産だからこそ、
「今」観光してほしい!そんな姿がそこにありました。

ちなみにその後にみた、断崖からの絶景は素晴らしいものでした!!

DSCN0896

とっても風が気持ちいい!!(4月でも涼しいと感じるほどでした♪)
IMG_3168

そして、プレアヴィヒアを下から見るとこんな感じ。
とても高いところにいたのだなと体感(笑)
DSCN0945

今だからこそお薦めできるプレアビヒアを感じに、是非みなさんも行ってみてはいかが?

※今回いった国境エリアは、視察のため立ち寄りを行いましたが、
観光地ではないため、弊社では治安の問題上、ご案内できかねます。
予めご了承くださいませ。

(小林)


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト