ベトナムフエ「子どもの家」をたずねて


シンチャオ!

ベトナム担当でもあり、スタディツアー担当でもある私。
今日は、ベトナムのスタディツアーについてもご紹介したいと思います。

誕生して10年になる「フエ『こどもの家』をたずねて」ツアー。
20年以上前に、単身ベトナムに渡られ、ストリートチルドレンの支援を始められた小山道夫さん。小山さんが多くの支援や応援を受け、フエに開いたのが「子どもの家」です。

Exif_JPEG_PICTURE
時は流れ、入所者は経済的な理由で家族とは暮らせない子どもがほとんどになりました。さらには、入所中の子ども達の支援だけではなく、在宅支援や少数民族の村の支援、職業訓練も行っています。
P1060270

(↑子ども達との運動会)
このツアーでは、まず初めにベトナムと日本の歴史についてのレクチャーを受けていただいております。現在のベトナムを理解するには、複雑な歴史を知ることが大切と考えているからです。

Exif_JPEG_PICTURE
そしてそのあと、「子どもの家」を訪問し、入所している子ども達との交流、彼らをバックアップするスタッフのみなさんとの交流、また、フエで日本語を勉強する学生との交流、そしてなかなか入域することができない少数民族の村人との交流と、本当に盛りだくさんです。
詳しい内容は追ってご紹介していきたいと思います。

このスタディツアーに参加される方は、ほとんどが初めてベトナムを訪問される方です。見るもの聞くもの食べるもの、初めて尽くしの中、多くの学びや交流を通して、現在の自分と日本が見えてきた、という感想を聞くことが多いです。
そして、自分が何をすべきなのか明確になった。自分のステージで成長できたらその姿を見せにフエに戻ってきます!と有難い言葉をいただくことも。

IMG_0300

 

一口に20年というのはカンタンですが、赤ちゃんが成人するほどの長い時間をかけて、フエの子ども達の支援を続けてきた小山さんのアツイ思い。

8日間という短い期間ではありますが、学びと体験が盛りだくさん。参加者の多くは大学生ではありますが、教員の方や退職された方、高校生、またこのツアーへの参加を推奨している大学もあるほどです。

この2月~3月の募集も始まりました。2月27日出発は、早くも催行決定です。
一人でも多くの方に、真摯に活動を続けているフエの「子どもの家」をご自身の目で見ていただければと思います。

説明会はこちらから↓↓

http://www.pitt.jp/others/study-setsumei2014.php

 

 

 

★ピースインツアー★ベトナム旅行の弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

 


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト