スタディツアー営業部とは?帰国後の再会に密着!


皆様、こんにちは!
海外スタディツアー担当の小林です。
さてさて、本日はわたしの所属する
スタディツアー営業部について紹介をしたいと思います。

さっそくですが、スタディツアーと聞いて、
まずは何を思い浮かべますか??
スタディツアー=学びの旅?

という漠然としたイメージをもっている方も多いかと思います。
私たちスタディツアー営業部は、
【現地との交流を通じてさまざまな体験】を皆様に提供できる、
そんな旅行を作っていきたいと頑張っている部署です。

私が今主に担当しているのは、
地球の歩き方とのコラボツアー、
【海外ボランティア・海外スタディツアー】シリーズの企画・運営!
学生さんをメインとしたカンボジアでの交流旅行を担当しています。
 
top_stp_spt
スタディツアー営業部は現在3名で運営をしています。
 
先日、今期の夏のツアーに関しての打ち合わせを行いました。
 
 IMG_1136
 IMG_1137 (1)
過去の資料や皆様のアンケートを用いて、改善点を洗い出しします。
皆様のご意見をもとに、実際のツアー内容の修正を行います。


ツアーの企画を練る際は今までの経験や現在に求められていること、
資料を使って参考としていきます。
IMG_1141
2時間にわたるミーティングの末、ある程度が形になりました!
 ————————————————————————
そして、本日より、2016年4月以降の申込も受付開始!
HPもリニューアルをしましたので、是非是非のぞきに来てください~~★

 ————————————————————————

 私たちがツアーを作る際に一番重要視しているものは、【皆様からの感想】そのもの。
ご参加の方に皆様には毎回最後にアンケートを記入してもらっています。
このアンケートは、私たちとって宝物です。
 IMG_1142
私自身が、添乗員として皆様とご一緒する機会も多いため、
実際に自分たちが作ったツアーを参加者の姿を自分の目でみて
さらには皆様からダイレクトに感想をもらえるのです。

こんな恵まれた環境、取り入れないわけにはいかない!

ということで、1つ1つの感想をじっくり聞き、大事なことはメモに取り
次のツアーにつなげていきたいと日々思っています。
 
————————————————————————

感想ももちろん大事ですが、それだけだは物足りず、
『リアルな声ほど大事なものはない!』
 
ということで直接、帰国後の参加者へ会いに行くことも少なくありません。
私が担当している海外スタディツアーシリーズは、
参加者の年齢が近いこともありますが、
“同じ目的”を持ったものが集まるからこそ、日本に帰国してからもとても仲良くなります。

先日、去年の夏ツアー9月5日発、【体育を教える活動】ご参加いただいた皆様の東京での交流会があるとのことで添乗員であった私も参加をさせていただきました!


岐阜、名古屋と、静岡、大阪など日本各国からみんなと再会したい!と、
はるばる東京へきてくれたみんな!(ありがとう!)

東京発のメンバーもが集まり、合計10名にてお食事。
カンボジアに行った時の思い出話、今頑張っていることなど
みんなで話すと時間はあっというま!!

カンボジアに行っていなければ、みんなに会えていなかったと思うと
やはり出会いの素晴らしさを感じました!素敵な再会となりました。

(この日は午前中にディズニーランドへ行き、
夜はみんなで月島でもんじゃ焼きを食べました!
IMG_1122

とてもチュガイン(おいしかった)ですね。

そして、みなさんから
来年の再訪ツアーのこととかもお話できてうれしかったです。
時期を決めて、早速話を進めていきましょうね。

1人だけ20代後半というわたしでしたが、
若い皆様からパワーと元気をもらいました!
みんなオークンチュラン!

その後、2次会は、元気な男子メンバーと私。
(わたしだけ、浮いてますが・・・笑)

IMG_1123 (2)
こじんまりとした居酒屋でカンボジアにいってどんな変化があったか、
話をたっぷり聞かせてもらいました。

ツアー中は、リーダーをつとめてくれたM君。
わたしよりしっかりしているのではないかと思うほど、
とても物腰やわらかで子ども達からも人気がありました。
 
大学のボランティアセンターで冊子を見つけて参加を決めてくれた
そうですが、この経験が本当よかった!というお話がとても印象的でした。

IMG_1128
すごく元気のよいK君。
一見いかつい彼(笑)ですが、実はすごく優しい心の持ち主。
ツアーに参加をして「カンボジアに行って
180度世界観がかわった!もっと色々な世界観を知りたいと思った!」
この後は世界の人ともっと触れ合いたいと世界1周旅行を企画しているとか。

IMG_6534
落ち着きのあって癒し系のR君。
何かの日々の変化をもとめて体育ツアーへ参加。
就職活動が始まるお忙しい中、静岡から参加をしてくれた彼。
本当に優しいオーラが全開で、子ども達からも大人気でした。

IMG_1130
海外スタディツアーは1週間という短い間ですが、
本当に1名1名の変化を肌で感じることができます。
そして、皆様の感想は私たちスタディツアー営業部の
もっと頑張ろうという活力となります。


みんなの前向きな変化をみていると、
自分がやっているこの仕事のことを、とても誇りに思える大事な時間です。

またみんなで集まりましょう!

素敵な時間をありがとうございました!

(小林)

ピース・イン・ツアー 03-3207-3690
体育を教える活動 2016年4月~6月 出発

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト