ベトナムの地方の名産


最近は、外国からの輸入お菓子や、ベトナム国内でもそこそこおいしいお菓子が売られていますが、

ベトナムで一番おいしいと思うのは、昔から伝えられているお菓子。

例えば、お茶にあう梅やモモなどをほして甘辛く味をつけたものや

ムッと呼ばれる、ベトナム人は「ジャム」と称しますが、日本の感覚のジャムではなく、

果物の砂糖煮のようなお菓子、ココナツを加工したお菓子などはとてもおいしいです。

 

ハノイやホーチミンにはその専門店があったりしますし、

市場ではその町の名産であるお菓子を売っています。

 

P1030329

P1030331

そのひとつ。

元同僚が田舎に帰った時に買ってきたというココナツのお菓子です。

ココナツのなかの白いところを乾燥させた、素朴なお菓子なのですが、近年まれにみるヒットでした。

カリカリ感と、甘味がほとんどないのにかみしめると甘さを感じる、本当においしいお菓子でした。

 

残念なのはこういうお菓子がその町に行かなくては手に入らない事。

日本では、地方都市の名産も、物産展やサテライトショップなどで手に入りやすいですが、

ベトナムではまだまだ。

メコンデルタの出身の友人にもらった、タマリンドの飴や、

中部出身の友人にもらった水あめ。

ベトナムにはまだまだおいしいものが眠っていますよ!

 

★ハノイで買うお土産のおすすめはこちらから→「はちみつ」
http://www.pitt.jp/blog/?p=882

 

くいしんぼうさんにもおすすめ、ベトナム旅行はピースインツアー

http://www.pitt.jp/vietnam/


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト