きっとまた会えますから。

どうしているかなあ、みんな。
と時々思い出すベトナムの風景が、私にはいくつもあります。
自分が働いていた場所や、
住んでいた家の近所の人たち
通勤途中によく寄っていたお店の人たち。
また、日系企業に教えに行っていた時のワーカーさんたちや、
日本に研修に行くために懸命に勉強をしていたひとたち。
いまのようにfacebookもなく、メールアドレス交換も一般的でなく、
当時使っていたベトナムの電話番号しか知らない状態でのお別れ。
日本は多分お金を払い続ければ、携帯電話の番号はキープしておけるのでしょうが、
ベトナムでは一定期間使わないと、その番号は消滅してしまうそうです。
あわてて書きとめましたが、なくしてしまった番号も多く、
なにかのきっかけやつながりがないと再会できないだろうなという
同僚や友人や教え子がたくさんいます。

でも再会できたんです。
それも何人も。

そのきっかけの一つがfacebookでした。
「友達ですか?」
と一つつながれば、当時教えていたクラスのメンバーとどんどんつながっていけるんですね。
もちろん、全員とはつながっていませんし、
いまでは当時焼いた写真の中の笑顔でしか、つながっていない人の方が大多数ではありますが。

もう一つの再会のきっかけは、「偶然」。
元同僚は、もともと2足のわらじを履いていて、
日中は日本のとても有名な商社で働いていました。その彼が
「日本の本社に転勤になりました」
と。
ベトナムの現地採用で、日本の本社に転勤になるベトナム人って、すごい!彼も会社も!
日本で連絡とって会おうね!と約束していたのですが、交換した連絡先はベトナムの電話番号…。
その彼と再会したのは、
日本に本帰国したあと、たまたま寄った新宿のデパートのエスカレーターでした。
彼の後ろに私と友人がたち、しゃべっていたところ、
「もしかして、ああ!」
と再会したのです。
すごい偶然ですよね、今思いだしてもびっくりです。
その彼とは、あの大震災の前までは時々会って、情報交換などをしていたのですが、
あれ依頼、音沙汰なく、帰国してしまったのかなあと思っていたある日。
成田空港で偶然再会したのです。
スゴイですね・・・。

もっともっと前のことです。ベトナムで担当していたクラスの、熱心だった学生の一人が
「実は明日、アメリカに出発します」
と。
留学でもなんでもなく、親戚をたどって移住すると。ビザがおりたと。
私のいたホーチミンには、「ビザまち」の人や「家族で一人だけビザが下りなかった人」が実はたくさんいました。
いつかでるか、また自分だけでないかもしれないビザをひたすら待つ。
その気持ち、想像しても、寄り添うことはできても完全にわかることはできないと思うほどの、つらい気持ちだと思います。
その、やっとビザが出たという学生が
「いつかきっと会えますから」
と別れ際に言った言葉が、ずっと忘れられません。
いつかきっと会える。
そんなことある?と思っていたけれども、
一度会えなくなってしまったベトナム人と再会できたことがこの数年、私のまわりでたくさんありました。
そして再会できたら、昔と同じような付き合いが始まる。
一度仲間になった、友達になった人はいつまでもつながって大切にする。
ベトナム人らしいなと感心するとともに、私もそうありたいと感じます。

多分、日本から旅行する少なくない人たちにとって、
ベトナム人の第一印象は必ずしも「アジアのキラキラした純粋な笑顔★」ではないと思います。
(日本人だって、自分たちが考えているほど…)
でも、付き合っていけば付き合うほど、味わい深い民族だと思います。

奥深いベトナム。
はじめの一歩、そして久しぶりの一歩。
ピースインツアーと一緒にいかがでしょうか。

http://www.pitt.jp/vietnam/

ベトナム旅行の計画をたてるには。

IMG_0576

春休みの予定は、もうたててますか?

お日にちによっては、まだ航空券に空きがありますよ~~。

また、もうすでに夏休みや、年末の旅行のお手配も入っている弊社。

そろそろこの長い冬が終わるころです。

人も気候もあったかいベトナムへ遊びにいきませんか?

ステキなお写真がたくさん載った、弊社のパンフレットで旅行の計画をたてましょう!

資料請求はこちらからどうぞ~~~

https://www.pitt.jp/company/entry.php

ベトナム女性の美の秘訣【食事】

日本のテレビで、ベトナムの民族衣装アオザイが紹介されたようですね。
アオザイの美しさに、魅了された方も多かったことでしょう。
このブログでもあれこれブログやベトナム人女性の美しさについて記事をUPしていますので、ぜひご確認ください。

ベトナム市民の服 アオババとドーボー
http://www.pitt.jp/blog/?p=609

いつかはアオザイ
http://www.pitt.jp/blog/?p=86

アオザイ、バンザイ!
http://www.pitt.jp/blog/?p=81

豆乳~ベトナム人女性の美の秘密?
http://www.pitt.jp/blog/?p=250

 

ベトナム人女性の美の秘訣をぜひとも知りたいのは通い続けて15年の私だけではないかと思いますが、
「えええええええええ」
とびっくりしたことがひとつあります。

大学生くらいのベトナム人の男女に
「一日何回ご飯を食べますか」
と聞いたことがあります。
「何回」という練習をしたかったからなのですが、
「私は3回食べます。朝と昼と夜です」
という模範解答をしたあとに、聞いて行ったら、
「私は5回たべます」
という、育ち盛りの男子学生がいました。
朝起きてすぐ、朝ご飯、昼ごはん、夕ご飯に、寝る前で5回ということらしく。
私もおやつ入れたらそのくらいかも、と内心おもっておりました。
そのあとに、日本人に人気だろうなあという顔立ちの女子学生に聞いたところ、
「私は5回食べます」
と。

え?
よく理解できてなかったかな?と戸惑った私に、他の女の子がベトナム語で聞いていて
「わあ、5回なんだ」
と言っているのを聞いて、ああ、本当に5回なんだとビックリしました。
しかし、男子学生が日に5回もご飯を食べているならともかく、見目麗しいこの女子学生が?どうして?と頭にハテナマークが。
「何を食べているの?」
と聞いたところ、
がっつり一食ではないようでした。
少しづつを5回。
例えば、早朝におかゆ、朝学校についてからベトナム風サンドイッチのバインミー、お昼にはフォー、夕方にスップクア(蟹スープ)、夜に肉まん、という程度だそうで、男子学生のようにがっつり山盛りご飯を5回ではないとのことでした。

最近、とある日本のタレントさんも「1日5回、少しずつ」とテレビで美の秘訣を話していました。食べたものが脂肪として体につく前に、ムリなく消化できて、健康にも美容にもいい、とのことでしたが、どうやらあの彼女がしていたことはそれと同じようです。

ベトナムでは「猫のように食べる」という言い方があります。
食べ方ではなくて、「少しだけ食べる」という意味のようです。
実際、私と同じ量食べるベトナム人女性に会ったことがあまりないですし、
「腹6分目」くらいで止めている方が多いような気がします。

また、朝早く、運動してから通勤や通学をする、という方も多いですし、ヨガやエアロビなどの人気もとても高いのがベトナムです。
ベトナム人女性の爪の垢でも、と思いつつ…。

ベトナムの民族衣装アオザイを作りに行ってみませんか?
ピースインツアー
03-3207-3690

https://www.pitt.jp/company/entry.php

 

恋しくて~くいいじ、バインテト。

ベトナムに住む友人知人のfacebookが、だんだん忘年会や
「テトまであと少し!」
という楽しそうな記事になってきました。
いよいよ、テトですね。

この時期、いろいろなお店の軒先に飾られるのが、
「あらかじめ詰め合わせにしたベトナム版お歳暮」と、

「バインテト」と呼ばれる、もち米でつくったお正月料理です。

テト食事

昔は、この「バインテト」はその家庭家庭で作ったそうです。
私が住んでいたおうちのまわりでも、家の前にかまどを出して
朝からこのバインテトを蒸す作業の取り掛かる家族を
たくさん見かけました。

住み始めたころ。
「すっごくおいしいんです」
と聞いていたせいか、
わけていただいたバインテトを期待しすぎて食べたせいか、
正直なところ
「すっごく、ではないかも」
と思いながらいただいておりました。
いま思えば罰あたりです。
しかし、それから毎年、この季節がくるとなんとなく楽しみにするようになり、
「飽きてきたら、うすく切って油で揚げるとおいしいんです」
と聞いていたのを実際にやってみたら、
バインテトの真ん中につまっているブタのお肉と油がとろ~~んとして、
おいしいのなんの。

お手製の「バインテトといっしょに食べること!」というお漬物もおいしくて、
家庭教師をしていたお宅からいただいたバインテト、
ほとんど一人で平らげてしまいました。

日本に戻ってからは、ますますバインテトが恋しくなります。
どっしりとしたもち米の真ん中に、
緑豆のあんや、豚肉などが入っていて、
家庭ごと、地域ごとにつくりや味わいが異なるんです。

中秋節に食べるバインチュンは空港で見かけることもあるのですが、
バインテトは本当に季節限定のせいか、見かけることがほとんどありません。
そのため、もう何年ご無沙汰なのでしょう…、バインテト。

ホーチミンなら、ニューランという有名なパン屋さんでも売ってます。
御話のたねに、お土産にしてはいかがでしょうか。

https://www.pitt.jp/company/entry.php

ベトナムの伝統芸能 水上人形劇

ハノイに旅行したことがある、出張したことがあるという方で
ご覧になったかたは多いのが、水上人形劇ではないでしょうか?

ホアンキエム湖のそばに、劇場があり、そこでごらんになったという方も多いはず。
私も数えてみれば、何回みたことでしょうか。
ただ、一番初めにみたときよりも、
エンターテイメント性が強くなっており、
日本語をはじめ、英語やフランス語などの、演目を開設したパンフレットが増えたり、
ロビーの展示物が増えたりしているような気がします。

この水上人形劇ですが、もともとはタイビン省の農民たちが、村のお祭りなどの時に演じていたものです。
今では、ハノイだけではなく他の都市でも鑑賞できるようになりました。

ベトナムの伝統音楽の調べと、人形たちのコミカルな動き、またエンターテイメント性の強くなった演出など、みたことがあるかたも、久しぶりにどうでしょうか?

なお、ホアンキエム湖ほとりのこの水上人形劇場の注意としては、客席が狭いこと…。
多分、ベトナム人の体にあわせて設計したのではないかと思われます。
大きな荷物なども、ホテルにおいてからお越しになったほうがいいかと思います。

 

水上人形劇を見に来た~~い!という方はこちらよりお問合せください!!

https://www.pitt.jp/company/entry.php

女子におススメ、シントージュース★

ベトナムに出張や、転勤や、現地採用、
駐在員の配偶者に同行して、
ベトナム人と結婚してなどなど、
ベトナムに住むことになった理由は、
それぞれ異なると思いますが、住みだした人がまず直面するのが、
「歩かない」ということ。
日本では、なんだかんだ言って歩いています。
通勤・通学で駅まで、バス停まで、仕事の営業でなど、
あまり意識することなく、日常的に歩いている筈です。
が。
ベトナムに住むようになった外国人がまず直面するのは、「運動不足」。
また異国のストレスです。
それによって、「太る」は「やせる」かのどちらかです。
勿論、全く変わらないよ、という方もいますし、
意識的にトレーニングをしている方もいるかと思います。

私はやせて太りました。
移動の足はマウンテンバイクだったので、
それに乗ってどこへでも行きましたが、
バイクに乗るようになってから、みるみるうちに(笑)。

そしてもう一つの原因は「シントー」という練乳がたくさん入ったフルーツジュース。
練乳が入っているわりに、そんなに甘くないんですよ。
しかも、オーダーすると、その日にお店に入っている果物を切って作ってくれるので、
新鮮で、氷も入っているので、つめたくておいしい!
ベトナムのアイスコーヒー(カフェスアダー)もおいしいですが、
それと日替わりで頼みたくなるのが、このシントーなのです。

P1030113

私のお勧めは、マンカウという果物。このお写真はシントーマンカウです。
英語名はシュガーアップルというそうで、日本名も釈迦頭とついています。
が、このマンカウは2種類あるらしく、
シントーにするのは釈迦頭ではないほうのマンカウだそうです。
爽やかな甘さで、疲れた、そしてすさんだ心も癒してくれる味わいです。
このマンカウのシントーは、比較的万人向けです。

上級者の味としては「アボカド」です。
ええ、あのアボカドですよ。
「日本では、ワサビしょうゆでたべる人もいる」
とベトナム人に言ったら「げ~~~、まじで~~?」と言われました。
まあ、そうでしょうね。
そして、日本でも
「ジュースにしたり、アボカドアイスにする」
というと同じように反応する人がまだまだいることでしょう。
このアボカドシントーですが、とにかく濃厚でクリーミー!!
青臭さとか全然ないですね。
シントーボーと言います。
ぜひぜひベトナムに行ったら、アボカドシントー、お試しください。
本当においしいです。

ただし。
私が横に成長してベトナムから帰国したのは、
このシントーと、ブタの煮物による、と最後にお伝えしておきます。

ベトナムと日本の習慣の違い【食後にすること】

ベトナムに住み、
ごくごく一般のベトナム人と食事をとるようになってはじめて、
目の当たりにするようになった習慣の一つとして、
食後のつまようじがあります。
食べおわり、デザートもとり、
最後の最後につまようじで歯のお手入れをするのです。

いやいや、日本もご年配の男性がしてますよ、と言われそうですが、
大学生の男の子も女の子もするのですよ、これが。

本などでは読んでいて、情報としては知っていたのですが、
実際に目にするとびっくり。
勿論、片手を添えて、見えないようにしていますが、
ああ、つまようじでお掃除しているんですね~、というのは一目瞭然です。

はじめては
「ありえない!」
と思っていた私ですが、
「ベトナムではこれをしない方が、よくないです」
と何人かの人に言われたこともあり、
郷に入れば郷に従えだ!!
と住んでいた時は、同じようにしていました。

日本から日本人のお客様と一緒にベトナムにいくようになってからは
お客様の前では一切やっておりませんよ。

多分ですね、ベトナムにてベトナム人の方と一緒に食事をとると、最後に
「はい」
と手渡してくれると思います。
これは日本と違う食事の時の習慣ということで、
受け取っていただきたいと思います。

それから。
地元に方が主に利用するスーパーでは、
いろいろな種類のつまようじを売っています。
日本のものに比べて、細かいところまで入り込むタイプのものや、
ミントやシナモンの風味をつけたものも売っていますので、
興味のある方はぜひおためしください。

 
★ピース・イン・ツアー★ベトナム旅行は弊社まで。
「記事でみたこの体験がしてみたい」等お問合せください。03-3207-3690
http://www.pitt.jp/

これからもよろしくお願いします。

 

イメージ:ランタン2

十月に始まったこのブログ、

毎日たくさんのアクセスをいただき、

ありがとうございます。

 

ベトナムになんらかの関わりがある方も、

ベトナムにはまだ足を踏み入れたことがない方にも、

読んでいただけるブログとして、今後も続けていきたいと思います。

 

これからもよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルを選ぶ条件in Hochiminh(Saigon)ホーチミン!

ホテルを選ぶとき、あなたがはずせない条件って、なんでしょうか。
日本語が通じること。
バスタブがあること。
カジノがないこと。
スパがあること。
プールや事務が充実していること。

私の場合、一人旅なら「安全」
ツレと一緒の場合は「ジムがあること」でしょうか。
ツレは旅先でも体を動かしたい性分なので、宿泊したホテルにジムがあると必ず
そこに行ってなにかしています。
「毎日プールで泳いでいるから、プールがあること」が条件の方もいらっしゃるかと思います。

プールでしっかり泳ぎたい方にはホーチミンならソフィテルホテル(SOFITEL SAIGON PLAZA HOTEL)がおススメです。
プールは屋上にあり、25メートルはありませんが、比較的まっすぐ、長距離泳げます。
また、下の階にあるジムの会員で泳ぎに来ている人も多いので、しっかり泳ぎたい方におすすめ。眺めもとてもいいので、日中はプールデッキで読書に励む欧米人、夜は夜景を見ながらロマンチックな雰囲気のなかでスイミングを楽しむことができます。

SofitelSaigonPlaza-Swimmingpool[1]

 

また、エクアトリアルホテル(HOTEL EQUATORIAL HOTEL)。ここはけっこう穴場です。
客室の棟に囲まれる形でまんなかにプールがあるのですが、大きなまっすぐしたプールがあります。その脇には子ども用のプールもあるので、お子様連れの方にも安心です。
またジムも午前中はそんなに混んでいないので、いいですよ~。

それから、レジェンドホテル(LOTTE LEGEND HOTEL SAIGON)。
数年前に韓国資本にかわりました。ここも中庭にプールがありますが、円形のため、まっすぐ泳ぐにはちょっと難しいですが、水中ウォーキングや、せっかくだからプールに入りたい、という方におススメです。

Facade[1]

日航サイゴンホテル(HOTEL NIKKO SAIGON)のジムとプールはやや小さめですが、スパと同じフロアにあり、使い勝手がとてもいいです。またヨガマットなども準備されていて、しっかりいつもと同じトレーニングをこなし方方におすすめです。

プール2

最後に、泳ぐというよりは雰囲気を楽しみたいというかたにはマジェスティックホテル(HOTEL MAJESTIC SAIGON)のプールを。
美しいホテルの建物も楽しめる、素敵なプールです。

WimmingPool[1]

今回はホーチミン版でしたが、他の都市版もいずれお届けしたいと思います。

ホテル選び、迷ったらこちらまで
ピースインツアー
03-3207-3690

https://www.pitt.jp/company/entry.php

ホーチミンのタンソンニャット空港

新しくできたハノイの空港について、ここしばらくあれこれ書いてきましたが、
ホーチミンにあるタンソンニャット空港のおすすめについてもご紹介したいと思います。

新しくできたハノイノイバイ空港の記事は下記からご確認くださいね。
ハノイのノイバイ空港レポート①→http://www.pitt.jp/blog/?p=739
ハノイのノイバイ空港レポート②→http://www.pitt.jp/blog/?p=745
ハノイのノイバイ空港レポート③→http://www.pitt.jp/blog/?p=757
ハノイのノイバイ空港レポート④→http://www.pitt.jp/blog/?p=766

P1030414

国際線からの乗り継ぎをするにしても、ベトナムから出国するにしても、
手続きを終えたらまず最初につくのが、搭乗ゲートが立ち並ぶフロア。
動く歩道がありがたくなるほどの、横に長~~~いフロアです。
荷物検査を終えて搭乗フロアに入ったところ、
国際線からの乗り継ぎを終えてエスカレーターを上がってきたあたりが、
ちょうど真ん中あたり。
ここにある化粧品、香水売り場には結構掘り出し物があります。
価格としてはお得感はさほどありませんが、
「愛用してたのに、日本での販売が終わっちゃった」
という商品を見つけたことが何度かあります。

それから、ベトナムのお菓子やちょっとした小物を販売するお店もあります。
ドンコイ通りやベンタイン市場に並ぶ最新モデルのベトナム雑貨には及びませんが、
「あの人へのお土産、買うのを忘れてしまった」とか
「ドンを使い切りたい」
という時に便利だと思います。
ただし、市内ではそこそこの金額だったのが、
ここでは「えええ、こんなにするの?」
という金額になってたりしますので、ご注意を。

マイレージをお持ちの方のラウンジもこのフロアにあります。
なかなかわかりにくい入口になっていますが、
中では軽食やドリンクが楽しめ、トイレなども広くてきれいです。

 

IMG_0103

そして、私のお勧めは、このさらに一つ上のフロアです。
数年前にバーガーキングができ、
「ハンバーガーが食べたい」という方にはおすすめ。
また、このフロアからは、飛行場の様子が見えますよ~。
日本に就航していない航空会社の飛行機も駐機しています。
待機している飛行機や離着陸の様子がよく見えるので、
次の搭乗時間までちょっと時間がある、という方など、
時間をのんびり過ごしたい方におすすめです。

IMG_0841

 

なかでも、右端にあるfin barは自分もよく利用します。
かなり開放感のある作りになっていて、席と席の間もゆったり。
店員さんのサービスも良くて、
「あれ、お久しぶりです」
と覚えていてくれます。しかも数か月間をおいても。
また、このフロアにあるレストランは、wifiフリー。
もちろんパスワードが必要ですので、席に座って注文してから、
パスワードを聞いてくださいね。

ハノイ経由で行きたい、
ホーチミン経由で行きたい、
ダナンに直行便で行きたい、
ビジネスクラス、お得に搭乗できませんか?
など、あれこれ聞いてください。
ピースインツアー
03-3207-3690
http://www.pitt.jp/tariff/vietnam/index.php