ベトナムでバスに乗ってみませんか?

DSC_0405

市内移動の足といったら、
立場によってことなりますが、
ベトナム人ならバイク
旅行者は専用車やタクシー、勇気を出して路線バスでしょうか。

私も住んでいたころ、初めは路線バスを主に利用していました。
当時は2000ドンくらいで、
私の住んでいたエリアからホーチミンの市内までよくバスで出たものです。
昼休みが3時間くらいありましたので、
たまの気分転換に昼食をホーチミン1区にある日本料理や漫画喫茶などに行きました。
今は運賃もだんだん値上がりして、都市によっては5000ドン以上のところも。
時代の流れですね。

そういえば自分が路線バスに乗り出したころに、
バスにいきなり物売りが乗ってきて、
「シャツ」や「サンダル」のたたき売りを始めることがありました。
初めから最後まで乗ってはおらず、途中からのってきて、
「これは売れそうだ」
と思ったら、いくつかのバス停をやり過ごし、
「今回の客は買わないな」
と思ったら、次のバス停で降りたり。
同僚に「売れてるところをみたことがない」と話したら、男性の同僚が
「このシャツはバスの中で買いました」と。
結構品質が良く、彼はたまに買うということでした。
これもいつの間にか見なくなりましたね。
禁止されたのかもしれません。

また、バスの運転手によっては途中でいきなり止めてコーヒーを買ってきたり、
なにか荷物を預かったり。
日本じゃ考えられないですよね。

でも、ベトナムじゃ考えられないこととして、お年寄りが車内でたっていること。
ご年配の方が載ってくると、何人もの人がさっ、と立ち上がります。
これ、日本ではどうでしょうか?

路線バスに乗ってみたい!
という方はピースインツアーまで。
03-3207-3690

https://www.pitt.jp/company/entry.php

日本に持ち込みできない果物!ダメ、ゼッタイ!

ベトナムのおいしい果物、日本に持って帰りたいなあ~と思う気持ち、わかる~~。
でも、日本に入国の時に持ち込めない制限植物品国というものがあるのです。
ベトナムをはじめ、アジア域内の国より(朝鮮半島をのぞく)ご帰国の際に、日本国内に持ち込めない主な果物は次の通りです。
これ、あくまでも「主な」果物なので、ご注意を。

マンゴー
マンゴスチン
パパイヤ
ランブータン(ベトナム語はチョムチョム)
ライチ
グアバ
リュウガン
ピタヤ(ドラゴンフルーツ)

詳しくは農林水産省・植物検疫所の運営するウェブサイトでご確認を。
http://www.maff.go.jp/pps/j/trip/oversea/faq/

ベトナムおススメのお土産 スーパーで買えますよ

かつてシンガポールに旅行した先に、
スーツケース満杯のラーメンを買いだめしてきた私ですが、
ベトナムでも、気にいったものを大量に買ってくる癖があります。
そのなかでも、毎回必ずかってくるものはこれ。

P1030402

さあ、なんでしょうか。
これは、ジャックフルーツのドライフルーツ。(木になってるのはこんな感じです)

P1030203
ナマで食べるときもとってもおいしいのですが、このドライ状態のものも、
「やめられない、とまらない」
になります。
いくつもメーカーがありますが、このメーカーのものが
一番、サクサク感があり、また甘さもちょうどいいです。
デザインが変更になっているかもしれませんが、
スーパーでのお土産選びのご参考になさってください。

chanh muối ベトナムの塩レモン

日本人の同僚に「やばい」と言われた飲み物ですが、
私はベトナムの喫茶店でメニューにあると必ず頼む飲み物があります。
メニューに載っていなくても「あるよ」と言われて、
出してくれることもとても多い飲み物です。
それがchanh muối(チャンムオイ/塩レモン)
日本では最近塩レモンなるものが流行っているようですが、
豆乳と同じく、ベトナムでは昔からだも~~ん(笑)

これは、ベトナムのレモン、日本的な感覚でいうと小粒なライムになるかと思います。
これを塩漬けして発酵させたもの、多くの家庭にはホームメイドなchanh muốiがあります。
初めてこれを飲んだのは、ベトナム人の同僚や教え子と一緒にカラオケに行った時でした。
ちょうど、ベトナムの生活が始まり、排気ガスに喉をやられてしまっていたころ。
「それならこれを試してみてください」
とカラオケでオーダーしてもらったのが、chanh muối

実際に飲むときは、かなりの量のお砂糖をいれて、ホットまたはアイスで飲むのですが、
喉のためを思って、というときはホットがおススメ。
はじめてのchanh muốiは、酸っぱくて、しょっぱくて甘くて、不思議な味わいでしたが、
翌日から喉のイガイガが少し晴れたような気がしました。

それから「ああ、疲れたな~」というときにはchanh muối
オフィスで行き詰った時に、近くにある路上喫茶店でもよく頼んだものです。

ただ、日本人の同僚に「やばい」と言われた代物なので、
口にあわない方もいるようです。
ただ私はスーパーで、日本に持って帰るために大量に買いだめするくらい、大好きです。

P1030410

町歩きに疲れたら、冷たいchanh muối
喉がイガイガするなあと思ったら、温かいchanh muối
ぜひ、おためしください。

 

★こちらもおすすめ→「女子におススメ、シントージュース★」
http://www.pitt.jp/blog/?p=925

 

この時期のおすすめ、青いマンゴー

今、ベトナム、カンボジア、ミャンマーあたりを旅しているリピーターのお客様から

「ブログを見て、シントーを飲みに行ってきました」

と嬉しいメッセージがハノイから届きました。

読んでくださっているんだなと嬉しい気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

 

この時期のベトナム、そろそろマンゴーがおいしい季節です。

しかし、日本の感覚でいう甘いマンゴーにはまだ早い。

ベトナム女性が大好きな、熟する前のマンゴーの旬です。

サラダにしてもおいしいですし、道端で売っている果物屋さんでは、あらかじめ切った青いマンゴーを売っています。

 

日本ではなかなか食べる機会のない青いマンゴー。

もし、機会がありましたら、ぜひご賞味ください!

なくなってしまうもの、新しくできるもの

つい先ほど、代々木にあるベトナム大使館から戻ってきました。

ベトナムビザの申請ですね。

最近はほぼ毎週のように行っております。

テトの休み明けということもあり、どれだけ混んでいるんだろうと覚悟して出たのですが、

案外すいておりました。

 

このベトナム大使館の前には、由緒ありげな洋館が建っていたのですが、

昨年あたりに取り壊されて、マンションが。

夏はその洋館を通る風がとても涼しく、私にとって癒しの空間だったので、なんだかちょっぴり残念。

 

ベトナムも実は同じことが起きています。

前にここにあったはずの洋館がない!とか、コロニアル風の建物があったはずなのに、

ぴかぴかガラス張りのビルになっている!とか。

 

地下鉄工事がずいぶんすすんだり、町はどんどん発展しています。

しかし、「あったほうがいいんじゃないかなあ」というものもなくなってしまっている感じがして

勿体ないなあ、と思うことも。

町の変化は大都市だけにはとどまらない感じがします。

 

いつかベトナムに行ってみたいなあ、また行きたいなあという方は、

お早目に。

ヤギ貸出します。

土曜日の朝にNHKを見ていたら

「ベトナム お正月にヤギかしだし」

というトピックが。

お~、どんなニュースだ?と思ったら、時間がないのか、そのニュースを見ることはできませんでした。

 

今年の干支は「ヤギ」。

縁起がいいものをテトに拝みたくなりますよね。

干支の話はこちらから↓

http://www.pitt.jp/blog/?p=710

 

しかし、貸出しても、ちゃんと帰ってくるのかやや心配。

だって、ベトナムのヤギ、おいしいんですもの。

美味しい話はこちらから↓

http://www.pitt.jp/blog/?p=253

 

そうそう、ツレが横浜でヤギ肉を買ってきました。

おいしかったのですが、なんでも売っているんだなと思った2015年のはじまりでした。

 

これからもベトナム情報をどんどんお届けしていきたいと思います。

応援よろしくお願いします!

 

 

 

初詣

ベトナムはお正月まっただなか。

この時期に日本にお買い物に来ているベトナム人も多いです。

なぜそんなに大量に?と思う位、大量買いをする方のお手伝いをしたことがありますが、

気持ちいいくらい買いますね。

「この棚全部いただくわ」みたいな。

 

さてさて。

ベトナム人も初詣をしますよ~。

その土地その土地の人気のあるお寺は、お正月は激コミです。

あの「絶対に願い事がかなう」というチャウドックにあるバーチュアスー廟も、きっとすごいことになってるでしょう。

 

P1060844

ホーチミンだと、永厳寺。

空港から市内に向かう道にある大きなお寺です。

高くそびえる塔があったり、精進料理の食堂があったり、かっこいい仏像が鎮座されていたり。

P1060838

そしてその指にジャスミン。

こういうところがにくいね、ベトナム。

 

こちらもご覧くださいね★

ベトナムのお正月① テトについて
http://www.pitt.jp/blog/?p=655

ベトナムのお正月②家の中でのきまりごと
http://www.pitt.jp/blog/?p=869

ベトナムのお正月③ お年玉
http://www.pitt.jp/blog/?p=874

ベトナムのお正月④ テトの花市
http://www.pitt.jp/blog/?p=952

ベトナムのお正月④花を求めて~テトの花市

さあ、もうあと少しでベトナムのお正月、テトです。
街中では、テトの飾りつけが始まり、花市がたつころになりました。
この時期、まちの中心には花の市場がたち、
テト用のお花を買い求める人が行き来します。
また、バイクの後ろに売れた盆栽を括り付け、駆け抜けていく人も。
日本にいながら、ウキウキしている私です。

写真がなくて申し訳ありませんが、
黄色いhoa maiというお花が買い求められて行きます。
ホテルのロビーにも立派な盆栽が飾り付けられ、
またお店というお店の入り口にはhoa maiをかたどった黄色いお花のシールや、
干支のシールなどがきれいに飾られています。

かつての教え子のお父さんは、盆栽屋をしていて、
テトに合わせて花を咲かせたり、枝振りを調整するお仕事で大忙しだ、
と聞いたことがあります。
テトが終わると、また預かって、来年のために養生させるそうです。

最近では、ドラゴンフルーツの盆栽など変わり種もありますし、
日本から石を輸入したり、日本風の庭園をこしらえる業者さんもできました。
テトの間じゅう、家の前や玄関に飾られる、ベトナム人にとってとても大切なお花です。
日本にはお花を持って帰れませんが、
テトの飾りやhoa maiのシールをお土産にしてはいかがでしょうか?

なお、このテトは
ベトナム人にとり、とても大切な時期です。
敬意をもって行動したいですね。

 
ベトナムのお正月① テトについて
http://www.pitt.jp/blog/?p=655

ベトナムのお正月②家の中でのきまりごと
http://www.pitt.jp/blog/?p=869

ベトナムのお正月③ お年玉
http://www.pitt.jp/blog/?p=874

 

 

 
ピースインツアー